ブラックバス用の『ミノー』の種類、選び方、釣り方(アクション)、使い方、おすすめ【まとめ】

バスフィッシングで使うミノーについて、種類、選び方、釣り方(アクション)、おすすめの『ミノー』についてまとめてみました。



スポンサードリンク




『ミノー』とは!?


%e3%83%9f%e3%83%8e%e3%83%bc

ミノーとは、形状が魚の形をしたルアーをいいます。この外観が魚に似ていることから、釣れ安そうなルアーに見えるのではないでしょう!?




ミノーの種類と特徴

ミノーには、リップの形状、また、ルアーを止めた時に、浮くタイプ、止まるタイプ、沈むタイプで分類することができる。


リップのタイプ

%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97

ミノーは大きくリップの大きさで分類することができる。リップとは、ミノーの先端部分にある、水の抵抗を受ける部分でこのリップの大きさで、大きく2種類に分類することができる。使い分けは、狙う水深によって、ショートビル、ロングビルを使い分ける。


  • ショートビル
  • ロングビル


ショートビル

%e3%83%9f%e3%83%8e%e3%83%bc-%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e5%b0%8f

リップが小さく、短いタイプ。上層を狙う時に使用する。上層を引いてくるため、基本的には根掛かりしにくい。バスが上層を意識しているときに有効なルアーです。


ロングビル

%e3%83%9f%e3%83%8e%e3%83%bc-%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e5%a4%a7

リップが大きく、長いタイプ。中層~ボトム(低層)を狙う時に使用する。深く潜るため、浅場等で使用すると根掛かりの可能性が高くなるので注意が必要。一方で、ボートフィッシング等で、足元までしっかり泳がせたい場合等は、逆に有効です。バスが中層~ボトム(低層)を意識しているときに有効です。


フローティング(F)、サスペンド(SP)、シンキング(S)

ミノーは水中で止めた時の挙動によりタイプ分けがされています。基本的には、フローティング、サスペンドを使用する場合が多いのではないでしょうか。もし購入に迷う事があれば、ひとますフローティング、またはサスペンドを持っていれば問題ありません。

同一のルアーでも、各々のタイプがある場合があります。購入時には、必ずどのタイプのルアーか確認をしましょう。


  • フローーティング
  • サスペンド
  • シンキング


フローティング

フローティングタイプは、ルアーを止めると浮き上がってきます。巻いてきて何かに引っかかりそうになったときでも、巻くのを止めればフワッと浮いて根掛かりを回避してくれます。水面近くまで、障害物がある場合等に有効です。表記は一般的に『F』と書かれている場合が多い。


サスペンド

サスペンドタイプは、ルアーを止めるとその場で止まります。止めるとその場に止まるため、バスに食うタイミングを与えるため、大変良く釣れます。一般的にこのタイプを多く使用する場合が多い気がします。表記は一般的に『SP』と書かれている場合が多い。


シンキング

シンキングタイプは、ルアーを止めると沈みます。バスが表層から下のレンジを意識しているときに有効です。表記は一般的に『S』と書かれている場合が多い。



スポンサードリンク




ミノーでの釣り方(アクション)はどおすればいいの!?

ミノーの基本的な釣り方(動かし方:アクション)をご紹介いたします。


  • ただ巻き
  • ストップ&ゴー
  • トゥイッチ&ジャーク


ただ巻き

ただ巻きはそのまま巻くだけのアクションです。バイトが無ければ、リトリーブ(巻きとり)スピードを調整し試してみましょう。


ストップ&ゴー

ストップ&ゴーはリトリーブ(巻きとり)と停止を繰り返すアクションです。時より停止を入れる事で、バスに食うタイミングを与えます。停止から、リトリーブ(巻きとり)に入った瞬間にバイトする場合があります。


トゥイッチ&ジャーク

トゥイッチングは、水中でミノーを左右にクイックイッと頭を左右に小刻みに振らせるテクニックです。投げて少し巻いて潜らせたあとに、竿の先をチョンと動かしてはたるませ、またチョンと動かしてはたるませという動作を繰り返すと、水中でミノーが跳ねるように動く。ただ巻きのミノーは食わないバスも、この動きには反応する場合があります。
 
トゥイッチに対してして、ルアーの動き幅をもっと大きくしたのがジャーキングです。トゥイッチより竿先を大きく、長く動かすと、ミノーがより大きく動く。ジャークベイトと呼ばれるジャーキング用のルアーなら、ダートといってルアーが数十センチも横っ飛びする動きも出せる。アクションが派手なためフラッシング効果、波動も大きくなり、広範囲を効率良く探る事ができます。




おすすめ(人気・ランキング)の『ミノー』は!?

あまりに種類の多い『ミノー』。何を選んでいいか分からないと言う人も多いのではないでしょうか。ここでは、フィッシングアウトドア専門サイトの『ナチュラム』の口コミランキングを使用しご紹介させて頂きます。

口コミが多いと言う事は、実際に使用し結果を出している場合が多いので、これらランキングを参考にして購入するのも一つの方法ではないかと思います。

引用元:https://search2.naturum.co.jp/?l=20&o=0&s=7&sd=0&v=2&path=%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%BC%3A%E3%83%90%E3%82%B9%E7%94%A8%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%BC%3A%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%83%BC&s1=%E6%B1%A0%2F%E6%B9%96&n10=0&n14=2&group=1

  • 1位 エバーグリーン(EVERGREEN) フェイス

    altタグ

    口コミ(レビュー)1
    早春のジャークには欠かせません一つ持っておくといいと思います

    口コミ(レビュー)2
    春にはコレでしょ!って定番だね。

    口コミ(レビュー)3
    初めてジャークベイトでバスを釣りました。 その時のジャークベイトが「フェイス」でした。 それ以来、信頼してずっと愛用しています。

  • 2位 ジャッカル(JACKALL) ダウズビドー 90SP

    altタグ

    口コミ(レビュー)1
    トゥイッチした後のポーズで、ガバって食ってきました。

    口コミ(レビュー)2

    なぜだか釣れるわかんないけど釣れるとことん釣れるこのルアー

    口コミ(レビュー)3
    使っていて飽きないルアーです。 何気に何時間も投げ続けていたりします。 説明でも、 ”特筆すべきは高速リトリーブに対応するバランスの良さと軽快な引き心地” と書いていますが、その通りでした。 軽快な引き心地は、無意識にキャストし続けられる要素でもあり、 魚にめぐりあえるチャンスも高まりますね。

  • 3位 エバーグリーン(EVERGREEN)サイドステップ

    altタグ

    口コミ(レビュー)1
    以前このルアーのストップアンドゴーでよく釣れたので、ちなみにカラーはクラウンデ下。別のカラーが欲しくなったので購入しました。とにかくよく釣れます

    口コミ(レビュー)2
    サトシンさんのDVDを見て購入を決めました。 琵琶湖のシャローで50UP釣ることができました。 ホントにただ巻きで釣れました。

    口コミ(レビュー)3
    このジャークベイトの横っ飛びアクションは想像以上でした。クリアレイクで試すとよくわかりますが、横っ飛びアクション時のギラギラッとフラッシュし、その後のステイでふらふらーと浮いてくる動きはよく考えられていると思います。

<名作>




まとめ

ミノーフィッシングの醍醐味は、やはりジャークではないでしょうか!?是非、ジャークで大物を仕留めてみてください。


その他のバスフィッシング用ルアー

altタグ
バスフィッシング用のルアーについては、こちらの記事をご覧ください。
・バスフィッシングに使う、ルアーの種類【まとめ】


関連記事

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】



バス釣り ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!
スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ