春(3月、4月、5月)のブラックバス攻略、どおすればバスは釣れるのか!?ポイント(場所)、ルアーについてまとめてみました

ブラックバス-00

ブラックバスが最も釣れると言っても過言ではない春、どの様な戦略でブラックバスを釣っていけばいいか、ポイント(場所)、ルアーなどについてまとめてみました。



スポンサードリンク




なぜ春は大型のブラックバスが最も釣れる時期!?

春はブラックバスが最も釣れる時期と言っても過言ではない。その理由は、スポーニングというブラックバスの1年の中で最も重要なイベントが控えているからだ。

スポーニングというのは産卵のことで春4~5月ごろに浅場のハードボトムで行われる。大型のバスは2~3回ほどスポーニングを行う。一部秋にもスポーニングを行う個体も存在する様だ。

この時期、バスは、たくさん卵を産むためにたくさん食べる。食べることに全力を捧げているのがプリスポーンと呼ばれるスポーニングの前の期間。この期間が1番釣れるシーズンで体力のある大型の個体からスポーニングが始まる。




スポーニング時はどんな時が釣果を伸ばせる!?

一般的に毎年3月初旬からブラックバスはシャロー(浅場)に現れ、ベイトを追い始める。4月になると大型のバスに続き中型のバスもプリスポーン(産卵準備)に入る。この時は、ルアーにかなり良い反応を示すため、数釣りが見込める。


大潮の日を狙え!

ブラックバスは産卵の前に荒食いをする習性がある。プリスポーンのバスを釣るポイントは、潮に関係している。潮の影響を受けない淡水の湖や野池であっても、大潮に産卵となるためこの大潮の時が狙い目になる。釣行は大潮を狙うのが良いだろう。




スポーニング(産卵)時期に合わせたポイント(場所)、ルアー戦略

春バスはシャロー(浅場)を意識している場合が多い。水温が上がりきらない3月はシャローとディープを行き来しているのでシャローに入りやすいディープを探すのが良いだろう。

4月に入るとシャローで荒食いするので基本的にシャロー狙いで基本的には問題ない。特にストラクチャー周りにバスが付いていることが多く、シャローのカバーがベストポイントとなる場合が多い。

5月頃になるとプリスポーン、産卵行動中のミッドスポーン、産卵後のアフタースポーンの3種類のバスが入り乱れそれぞれ釣り方が異なる。


スポーニングのコンディション別戦略


プレスポーン(産卵前)

プリスポーン(産卵前)は荒食い状態でベイトを追い回す。シャローをうろつく魚はクランクベイトやスピナーベイトなどの巻物系で効率よく釣れる。


ミッドスポーン(産卵中)

ミッドスポーン(産卵中)は産卵に集中しているので釣るのがやや難しい。ワームのライトリグなどでスローに釣るのが良いだろう。

バスは卵と卵から生まれたばかりの稚魚を守る習性がある。このためベッドをオスが守る。このオスバスは、ベットに近ずく小魚などを攻撃するため、ベッドの卵を狙う小魚っぽくルアーを通せば釣ることができる。


アフタースポーン(産卵後)

アフタースポーンのバスは産卵により体力を使いきってしまい、回復のためにしばらく口を使わなくなる。このため、ワームのライトリグ等を使い、スローに攻めるのが有効的だ。梅雨頃になると疲れが取れた魚から体力を回復させようと荒食いし始めるので釣りやすくなる。


おすすめのルアーは何!?

春は気温の変化が激しいため、日々釣れるパターンが変わる場合が多い。なのでいくつかのルアーをローテーションしながらパターンを見つけるのが良いだろう。代表的なルアーをいくつかご紹介させて頂きます。


スピナーベイト


クランクベイト


ラバージグ


ワーム



スポンサードリンク



まとめ

春は、最もバスが釣れるシーズンと言っても過言ではありません。この時期だけでも釣行してバスフィッシングの魅力に触れてみるのも良いでしょう。


春はルアーフィッシングの季節

ソルトから淡水まで春は最強の『ルアーフィッシング』シーズンです。


関連記事

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】



バス釣り ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!
スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ