【春(3月、4月、5月)のバス釣り攻略】ポイント(場所)、釣り方、人気おすすめ【ランキング】

ブラックバス-00

春(3月、4月、5月)は、大型のデカバスが最も釣れる時期です。大型のバスと合わせて、小型のバスの数釣りも可能です。今回は、その春のバス釣りについて、ポイント(場所)、釣り方、人気おすすめのルアー【ランキング】等をご紹介させて頂きます。



スポンサードリンク


春はバスが最も釣れる時期

春はバスが最も釣れる時期と言っても過言ではない。その理由は、スポーニングというバスにとって最も重要なイベントが控えているためです。スポーニングというのは産卵のことで、春4~5月ごろに浅場のハードボトムで行われます。従って、この時期にバスは、たくさん餌を食べます。


スレたデカバスもルアーに反応が良くなる

普段、なかなか釣れないデカバスも、この時期は特別で、産卵のためにルアーに反応しやすくなります。デカバスを釣りたいと考えている人は、この時期に狙うのがおすすめです。


大型のバスからスポーニングがはじまる

一般的に毎年3月初旬からブラックバスはシャロー(浅場)に現れ、ベイトを追いはじめます。4月になると大型のバスに続き中型のバスもプリスポーン(産卵準備)に入ります。

スポーニングについて



スポンサードリンク


温度(水温)

春は三寒四温と言われ、徐々に気温の上昇と共に、水温も上昇しはじめます。バスが産卵(スポーニング)を行う温度は、16℃~18℃と言われています。従って、この16℃を下回る時期は、プリスポーン(産卵前)になります。

的確に、ポイント(場所)の水温を把握するためには水温計でポイント(場所)の温度を測定しながら釣りをすると確実です。温度計が無い場合は、桜を目安にするとその温度変化を視覚的に把握できます。桜が咲きはじめて散るまでで、大まかな温度変化を把握することが可能です。

桜が咲きはじめる時が、概ねスポーニングの準備をはじめるプリスポーン(産卵前)、桜が満開になると実際に産卵をはじめます。桜の状況は、出来るだけ、釣り場に近いフィールドの桜を参考にしてください。



スポンサードリンク


ポイント(場所)

春バスはシャロー(浅場)がポイント(場所)になります。水温が上がりきらない3月はシャローとディープを行き来しているため、シャロー(浅場)に入りやすいディープ(深場)をランガンするのが基本になる。

4月に入ると完全にシャロー(浅場)に入ります。特にストラクチャー周りにバスが付いていることが多く、ディープ(深場)に近いシャロー(浅場)にあるストラクチャーがベストポイントとなる場合が多くなります。

5月頃になるとプリスポーン、産卵行動中のミッドスポーン、産卵後のアフタースポーンの3種類のバスが入り乱れた状態になります。

バスを釣るためには、バスが、プリスポーン、ミッドスポーン、アフタースポーンのどの状態なのかを見極める必要があります。

大まかな水深の目安は、シャロー(浅場)が水深1.5m以下、ディープ(深場)が、水深1.5m以上と考えれば良いでしょう。


スポーニングのコンディション別戦略


プリスポーン(産卵前)

プリスポーン(産卵前)は、冬場の低活性状態から、産卵に備えて餌を食べはじめます。この時期は、比較的大きめのルアーにバスが良い反応を示す事が多いのが特徴です。

この時期は、先ず、バスの居る場所を把握する必要があります。これは、バスが釣れた場所で、概ね、そのコンディションを掴むことが出来ます。例えば、深場(ディープ)に近いエリアで釣れた場合は、まだプリスポーンでも初期の状態です。一方、浅場(シャロー)に近いエリア、または、シャロー(浅場)でしかバスが釣れない場合は、プリスポーンも終盤に近い状態です。この細かいエリアを釣り分けることで釣果を伸ばす事が可能になります。

プリスポーンからミッドスポーンに移行する場合、ディープ(深場)とシャロー(浅場)の境目付近にあるストラクチャー(構造物)にバスが付きます。このようなストラクチャー(構造物)を見つけることが出来れば、釣果を伸ばす事が可能です。


ミッドスポーン(産卵中)

ミッドスポーン(産卵中)になるとバスは産卵を控え神経質な状態になります。この時は、多くのバスがシャロー(浅場)に居ます。また、大きめのルアーには反応が薄くなり、ゆっくりした動きのルアーにしか反応しなくなります。

バスは卵と卵から生まれたばかりの稚魚を守る習性がある。このためベッドをオスが守る。このオスバスは、ベットに近ずく小魚などを攻撃するため、ベッドの卵を狙う小魚っぽくルアーを通せば釣ることができる。


アフタースポーン(産卵後)

アフタースポーンは、オスが卵を守り、メスは、ふらふらと泳ぎまわり、体力の回復を図る時期です。回復のためにすこしの時間口を使わなくなる場合があります。この時期は、特に天候の影響が大きく、晴れた日は、比較的スローな動きのルアーに反応をしまします。バスの目の前にスローなルアーを落とすと有効です。一方で、天候が曇り、雨、風が吹いた場合は、バスの活性が上がり、釣りやすい状況になります。この場合は、大きめのルアーで比較的早い動きに反応します。天候の変化により釣り方を変えることで釣果を伸ばすことが可能です。



スポンサードリンク


人気おすすめ【ルアー】


プリスポーン

この時期は、比較的大きめのルアーに反応することが多く、バスの居場所は、ディープ、シャローの両方にバスが居ます。このため、先ずは、バスがディープ(深場)にいるのかシャロー(浅場)に居るかを見極めるために、サーチ系のルアーが有効になります。サーチ系のルアーとしては、ミノー、シャッド、クランクベイト、スピナーベイトが有効です。


ミッドスポーン

ミッドスポーンでは、ネストと言われる産卵場所、および近い場所にバスが居ます。この時は、バスが神経質になっています。おすすめのルアーは、ワーム、ラバージグ等、スローにピンポイントを狙えるルアーが有効です。


アフタースポーン

産卵を終えたオスバスは、卵から孵化したバスの稚魚を外敵から守るため、ネストに居ます。一方、産卵を終えたメスは、ネストから離れ、ふらふらと泳ぎまわり、産卵で低下した体力を回復するため、餌を捕食しはじめます。この時は、ミノー、シャッド、クランクベイト、スピナーベイト等が有効になります。

アフタースポーンで回復したバスは、徐々に活発に動き始め、気温の上昇と共に、夏パターンに移行しはじめます。表層を意識しはじめ、トップウォーターやビックベイト等にも反応するようになります。

バス釣り用のルアー【TOP】
トップウォーター【TOP】
ポッパー ノイジー ペンシルベイト スイッシャー フロッグ バズベイト
ミノー
シャッド
クランクベイト
バイブレーション
スピナーベイト
チャターベイト
スピンテールジグ
メタルジグ
ラバージグ
ワーム
アラバマリグ
ビックベイト



スポンサードリンク


まとめ

春は、最もバスが釣れるシーズンと言っても過言ではありません。この時期だけでも釣行してバスフィッシングの魅力に触れてみるのも良いでしょう。

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】


バス釣り ブログランキングへ
 

スポンサードリンク


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ