【名作・最強】『シンキングミノー』【カウントダウン ラパラ(Rapara)】の歴史、使い方等を【まとめ】シーバス・ヒラメ・ブラックバス・トラウト等に最適!

今回は、不朽の名作と言われている、カウントダウン ラパラ(Rapara)について、その歴史、【メリット・デメリット】等についてご紹介させていただきます。このカウントダウン ラパラ(Rapara)は、シーバスをはじめ、ブラックバス、トラウトフィッシングにも最適なルアーです。



スポンサードリンク




ラパラ(Rapara)の歴史

ラパラ(Rapara)は、大変歴史のあるルアーブランドです。誰もが一度は見たことがあるルアーではないでしょうか。ラパラ(Rapara)は、フィンランドで1936年にスタートし、創業者であるラウリ・ラパラは当時、世界恐慌も相まって非常に貧しい暮らしの中、生活のために漁に出ていました。その時の漁生活の経験をもとに、コルクに銀紙を巻いた疑似餌を作ったのがラパラのルアーの始まりだそうです。

その後、ラウリ・ラパラは兵役に就きますが、食料調達の際にも、ラパラルアーは活躍を見せます。徐々にラパラの存在が世に知れ渡ることになり、今では世界中の人たちに愛用される人気ルアーメーカーへとなりました。




【メリット・デメリット】



メリット

ここでは、ラパラ(Rapara)の代表作でもある『カウントダウン ラパラ(Rapara)』についてその【メリット・デメリット】について解説させて頂きます。


  • バルサ特有のアクションで良く釣れる
  • 安価
  • サイズ・カラーバリエーションが豊富
  • 対象魚を選ばない釣果
  • 表層から底(ボトム)まで探ることが可能



バルサ特有のアクションで良く釣れる

ラパラの大部分のルアーの素材はバルサになります。このバルサで作られたカウントダウン ラパラ(Rapara)は、特有のアクションを作り出します。リトリーブ時、フォール時に特有のアクションでシーバス等のバイトを誘発します。近年のプラスチック(樹脂)製のルアーには再現出来ない動きが特徴です。

バルサとは!?
南米の熱帯地域からメキシコ南部が原産で成長が早く、樹高は 30 メートルに達する常緑樹である。幹は木目が粗く、非常に軽く軟らかい材木になる。一昔前は、ブラックバス用のルアー素材としても良く使われていました。



安価

安価と言うのも大きな魅力の1つです。最近発売されている人気のシーバス用ミノーは、1,500~2,000円程度に対し、カウントダウン ラパラ(Rapara)は、概1,500円以下で購入する事ができます。このため、多くのバリエーションを持つ事も容易になります。



サイズ・カラーバリエーションが豊富

釣る季節や時間等により、サイズ・カラーバリエーションは出来るだけ多く持っておくと、フレキシブルに対応が可能になります。カウントダウン ラパラ(Rapara)は、そのニーズに答えるべく、多くのバリーションがあります。



バルサ特有のアクションで良く釣れる

 
カウントダウン ラパラ(Rapara)は、ありとあらゆる魚を釣ることが出来ます。シーバス、ブラックバス、トラウトをはじめ、試せば何でも釣れるのではないかと思うくらい、良く釣れます。



対象魚を選ばない釣果

シーバス、ブラックバス、トラウト等、対象魚を選ぶ事無く釣ることが出来ます。



表層から底(ボトム)まで探ることが可能

 
カウントダウンとリトリーブスピードのコントロールで、表層から底(ボトム)まで、全水深をカウントダウン ラパラ(Rapara)で釣ることが出来ます。つまり、このルアーだけあれば何とかなります。



デメリット


  • 飛ばない



飛ばない

材質がバルサであるため、最近のルアーに比べ、飛距離がでません。唯一の欠点でもあります。




使い方(アクション)

基本的には、ただ巻きで釣れます。独特のアクションでフォール時にも良くバイトがあります。カウントダウン後のただ巻き、ストップ&ゴー等も有効です。バイトがあるまで幾つかパターンを試し、その日のバイトするパターンを見つけるのが良いでしょう。


  • ただ巻き
  • フォール
  • ストップ&ゴー




サイズ・カラー



サイズ

サイズについては、出来るだけ多くのサイズを持つ事をおすすめします。ベイトサイズに合わせるのが基本ですが、大型のベイトを捕食しているであろう時期でも、小型のルアーに反応が多い場合もあります。多くのサイズを持つことで、フレキシブルにそのフィールドに対応出来る場合があります。

型式 サイズ 重さ 魚種
CD-1 2.5cm 2.7g トラウト
CD-3 3.0cm 4.0g トラウト
CD-5 5.0cm 5.0g トラウト
CD-7 7.0cm 8.0g ブラックバス・シーバス
CD-9 9.0cm 12.0g ブラックバス・シーバス
CD-11 11.0cm 16/0g ブラックバス・シーバス

※魚種については、あくまで目安です。



カラー

カラーは、ルアーの背景色とルアーのコントラストが大きいと魚に認識されやすくなるようです。カラー選定は、以下の記事を参考にしてみてください。

▼おすすめ




まとめ

これだけ長い間指示されているルアーも無い気がします。私が子供のころは、今ほどルアーバリエーションも無かった時代です。当時はどこに行ってもラパラ(Rapara)しか選択肢が無いと言うぐらいの時代でした。そのころからほとんどデザインも変わっていません。あの時代から、こんなに釣れるルアーを製造できていたラパラ(Rapara)には感動すら覚えます。初心者から、上級者まで、確実に釣果を約束してくれるルアーです。是非、ラインナップに加えてみてください。

  • カウントダウン ラパラ(Rapara)

    altタグ

    口コミ(レビュー)1
    飛距離は出ないが、河川シーバスでの小場所でいつも活躍してくれます。

    口コミ(レビュー)2
    短時間釣行ばかりですがバス、太刀魚すぐに連れてきてくれました。

    口コミ(レビュー)3
    これってどこでも使えますね。トラウトで良い感じで使ってます。


シーバス用ミノー

その他の、シーバス用ミノーについては、こちらの記事をご覧ください。


バスフィッシング用ミノー

バスフィッシング用ミノーも使う事が可能です。バス用ミノーについては、こちらの記事をご覧ください。


関連記事

【ルアーフィッシングをはじめよう!】ブラックバス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、青物まで【ルアーフィッシングの全て】 【ルアーフィッシングをはじめよう!】ブラックバス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、青物まで【ルアーフィッシングの全て】
【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】 【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】


シーバス ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ