バズベイトでの釣り方(使い方)、アクション、使用する場所(ポイント)、使用時期・時間、おすすめのバズベイト【まとめ】

一見、スピナーベイトかと思ってしまう外観、このバズベイトについて、釣り方(使い方)、種類、選定方法、使用時期・時間、どんな場所で使えばいいか!?、また、おすすめのバズベイトについて【まとめ】てみました。



スポンサードリンク




バズベイトとは!?


%e3%83%90%e3%82%ba%e3%83%99%e3%82%a4%e3%83%88-01

バズベイトとは、ワイヤーでヘッドとプロペラを結んだルアーを言います。一見、スピナーベイトに似たルアーですが、その特性は大きくことなり、バズベイトは、水面を引いて使用するトップウォーターです。

ヘッド、スカート、フックの構成は、スピナーベイトと同じです。プロペラが水面を切り音を発しながら動きます。この発生する音によりバスを集めます。ラインは、ワイヤーの中間部分にあるアイに結び使用します。




バズベイトでの釣り方(アクション)


%e3%83%90%e3%82%ba%e3%83%99%e3%82%a4%e3%83%88-00

一般的には、プロペラの中心を水面に合わせリトリーブ(巻く)だけで釣る事ができる。プロペラが水面を切る音でバスが反応しバイトする。

バスプロの今江克隆さんは、昔、バズベイトを水中で引いてバスを釣っていた。時にフォーリング等でも使用する事ができる。




バズベイトの種類

バズベイトは、プロペラの枚数、材質、形状、ヘッドの重さ等により種類分け出来る。プロペラは金属製と樹脂製があり、金属製の物は、キンキンとした金属音を発し、樹脂製の物は、マイルドな音色になる。

プロペラの枚数は、多ければ多いほど、スローリトリーブに適している。

重さについては、リトリーブスピードを変えたいときに使い分ける。早く巻きたいときは、重い物を使用し、ゆっくり巻きたいときは軽いものを選定する。


トレーラーは使用した方が良い!?

バズベイトにトレーラーを使用した方が良いか迷う人も多いのではないでしょうか!?トレーラーを使用する目的は、バズベイトの浮力向上です。

従ってバズベイトをゆっくり引いてきたい場合にトレーラーを使用するのが一般的です。トレーラーに使用するワームの大きさは、大きくなればなるほど、浮力が増します。つまり小さいワームは早く巻きたいとき、ゆっくり巻きたいときは、大きいワームを使用するのが良いでしょう。

トレーラーに限らず、重さもこの巻きとり(リトリーブ)スピードで選定します。自分がどの程度のスピードで巻きたいかを常に意識することで、使用するバズベイトの重さや、トレーラーの使用可否を決めれば良いでしょう。




何時使えばいいの!?使用時期・時間


時期

バズベイトは、一般的に、梅雨時期~晩秋までで、特に雨が降りそうな梅雨時は、効果を発揮する場合が多く、でかバスをキャッチできる場合があります。

バスが他のルアーに反応しない状況でも、バズベイトが発する水切り(スウィッシュ)音でリアクションバイトを誘う事ができます。

乗らなかった時はフォローでスピナーベイトで水面直下を通すと食ってくることがある。フィールドやポイント(場所)の状況に合わせて、何パターンか試してみるのが良いだろう。


時間

基本的には、どんな時間でもバイトはある。但し、朝マズメ、夕マズメなどが特に友好的で、この際風などが吹いていると最高の状況になる場合がある。




バズベイトはどんな場所で使えばいいの!?

基本的には、岸際、ストラクチャー周りで使用するのが効果的だ。岸際ギリギリから、数メートル離れたところまで使用できる。

また、立木等のストラクチャー周り、立木の間等を通すのも効果的だ。ボイル等がある場合は、オープンウォーターで使用しバイトを誘う事もできる。

オープンウォーターでの、水中のストラクチャーが確認出来ない場合も多く、その様なストラクチャーを通過した際などにバイトがある場合もある。




おすすめのバズベイトは!?【人気・ランキング】

ランキングは、フィッシング専門サイトの『ナチュラム』で口コミの多い順番にランキングしました。

引用元:https://search2.naturum.co.jp/?l=20&o=0&s=7&sd=0&v=2&path=%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%BC%3A%E3%83%90%E3%82%B9%E7%94%A8%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%BC%3A%E3%83%90%E3%82%BA%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%88&s1=%E6%B1%A0%2F%E6%B9%96&n10=0&n14=2&group=1

  • 1位 ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) バズベイト

    altタグ

    口コミ(レビュー)1
    やはり定番バズ。 飛距離も出るし音もいいです。

    口コミ(レビュー)2
    使いやすいですよ!一つ持っておくと良いと思います。

    口コミ(レビュー)3
    シンプルなバズでマズメ時のチェックに使います。非常に釣れます。

  • 2位 エバーグリーン(EVERGREEN)バブルトルネード

    altタグ

    口コミ(レビュー)1
    購入して5投目で46センチが釣れ、さらに10投目でバイトあり。 音が良く、飛距離もバズベイトにしては良いと思います。 蓮が生い茂っている場所でも根掛かりしにくいです。 が、20投目でペラの後ろの球とバネが何処かに飛んでいってしまい、使い物にならなくなりました。 私の購入した個体だけの不具合なのか、全体的に壊れやすいルアーなのか分からないので☆4つです。

    口コミ(レビュー)2
    バブルトルネードはバス最強!うるさいバズです。 でも釣れます。5月頃から9月頃まで、使えます。 飛距離も十分だし、強度もあります。 デカバスがつれますよ~

    口コミ(レビュー)3
    清水盛三プロが手掛けたバズベイトですが、盛三プロが言っている様に「良く飛ぶこと、まっすぐ引けること、うるさいこと」まさにそのままです。主に春から夏にかけてのサーチに使っています。

  • 3位 メガバス(Megabass) V-FLAT BUZZ

    altタグ

    口コミ(レビュー)1
    メガバスのバズベイトの中では、一番ウィードレス効果があるのでは?ウィードが水面直下20センチぐらいの野池で重宝しています。

    口コミ(レビュー)2
    水面をかく音が気に入って買ってます。 遠くに居るバスにアピールできるので 遠投や雨の日にも有効です。

    口コミ(レビュー)3
    水をかく時の音が非常に良かったです このバズベイトで50upを2匹釣る事が出来ました 本当にありがたいです




まとめ

バズベイトは、トップウォータールアーであるため、バスのバイトの瞬間を見る事ができるエキサイティングな釣りです。

短所は、バイトしても乗りにくい点です。この場合は、フォローで他のルアーを使用する事でバイトを再度得る事も可能です。バズベイトは、広範囲を探る事ができるため、バズベイトで手返し良くバスの居る場所を探し、他のルアーでフォローするのも効率的に釣果を上げるコツです。

是非、バズベイトの釣りを実践してみてください。

altタグ
トップウォーターについては、こちらの記事をご覧ください。
・バスフィッシング用の『トップウォータープラグ』の種類【まとめ】おすすめは!?


関連記事

これだけ読めば『バスは釣れる!』バスフィッシングのあれこれ これだけ読めば『バスは釣れる!』バスフィッシングのあれこれ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!
スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ