ブラックバス用のロッド(竿)の選び方『長さ・硬さ』『ベイト・スピニング用』何を選べばいいの!?おすすめは!?

バス-ロッド

ブラックバス用のロッド程、バリエーション(種類)がありどれを選んでいいか分からないという悩みが生まれる釣りは他にはないでしょう。しかしなんでこれほどの種類が必要なんでしょうか!?

今回は、このブラックバス用のロッド(竿)について、どのように選定すればいいか等、解説させて頂きます。



スポンサードリンク




ロッドの種類

バスフィッシング用ロッド(竿)には大きく分けて2種類存在します。


  • ベイト用
  • スピニング用


ベイト用とスピニング用は何が違うの!?

画像の下側がベイトロッドです。ベイトロッドは、ロッドの上にリールを付ける構造になっていて、グリップの付近に突起が付いているのが特徴です。外観上の区別はこの突起で判断するのが良いでしょう。ロッドの表記は『B』等で示されます。

一方のスピニングロッドは、リールをロッドの下に取り付ける構造になっています。ロッドの表記は『S』等で示されます。


ベイト用とスピニング用はどのように使い分けるの!?

メリット・デメリットに分けて表にまとめてみました。

リールの種類 メリット デメリット
スピニング ・軽いルアーでも投げられる
・キャスティングが容易
・当りを取りやすい
・重心が下なので疲れにくい
・連続キャストに向かない
・糸グセがつき易い
・遠投力が劣る
ベイト ・パワーのある釣りに向いている
・キャスティングの制度が高い
・連続キャストが容易
・遠投が容易
・軽いものは投げずらい
・キャスティングに技術を要する




ロッド(竿)を選ぶポイント

ロッド(竿)を選ぶ際には以下のような事を考慮します。実際にはまだまだありますが、大まかにこんなところではないでしょうか。


  • 足場(丘っぱり、ボート)
  • ルアーの種類、重さ
  • 操作性


初心者

考えれば切りが無いんですが、初心者という事になると、操作性等、出来るだけ汎用性の高いロッドを選ぶ事をおすすめします。その意味では、テクニックもいらず、すぐに釣りが始められて、トラブルも少ない、スピニングロッドがおすすめです。


中級者以上

・現在作成中




長さはどの程度がいいの!?

まずはバス用のロッドの表記は、『フィート・インチ』で表記されています。

1インチ:約2.54 cm
1フィート:約30.48 cm

例)
6フィート 6インチのロッド長さは、
 →6フィート×30.48cm+6インチ×2.54cm
  →182.88cm+15.24cm
   →198.12cm

一般的なロッドの長さは、6フィート~7フィート程度の長さが多く、ロッドの種類としても最も多いのではないでしょうか。


初心者

バスフィッシングをはじめたばかりの方には、6フィート程度の長さがおすすめです。短すぎても長すぎても扱いづらくなります。この程度の長さで実践釣行して、必要な長さのロッドを買い足していくのが良いいでしょう。


中級者以上

・現在作成中




硬さは何がいいの!?

バスフィッシング用の硬さの表記は以下のようになっています。

表記 長さ
UL ウルトラライト
L ライト
ML ミディアムライト
MH ミディアムヘビー
H ヘビー
XH エクストラヘビー

硬さは、ULが一番柔らかく、XHが一番硬くなります。実際には、MMHとかXXHとか、もっと細かく分類される場合もありますが、基本的にはこの位の段階で表記されるのが一般的です。

ただ、パワー表記に関しては、「この位のパワーならミディアム」といった明確な基準や規格は無く、あくまで各ロッドメーカーでの独自の基準で表記されています。

従って、「A社のミディアムライトとB社のミディアムが同じ位の硬さ」になっていることもあります。


初心者

基本的に、ルアーはロッドの反発力で投げるため、投げる時(ロッドを振った時)にルアーの重みでロッドがしっかりと曲り、曲がったロッドが真っ直ぐに戻ろうとする力でルアーを弾き出すイメージになります。

この感覚はガチガチに硬いロッドよりも、柔らかめのロッドの方がよりハッキリと身体で感じ取れますし、キャストの基本の1つとなりますので、最初の1本に硬いロッドを選ぶのはあまりおすすめできません。

次に、ロッドのパワーに応じて、投げられるルアーの重量範囲がそれぞれ変わってきます。ちなみに、ルアーの重量はg(グラム)ではなく、oz(オンス)で表記されるのが一般的で、どのロッドにも適合範囲のウエイトが必ず表記されています。

1オンス(oz):約28.35g
→28gと考えればOKです。

例)
「3/8~1oz Lures」や「Lure wt 3/16~1/2oz」のように表記されています。

初心者におすすめのロッドは、以下の2本がおすすめです。

ロッド種類 長さ 硬さ 適合ルアーウェイト
スピニング 6フィート程度 L、ML 1/16~1/4oz(1.8~7g)
ベイト 6フィート~7フィート ML、M 1/4~3/4oz(7~21g)

この2本であれば、パワーレンジ的にも問題なく、キャストもしやすく、一般的な重量のルアーの大部分を使用することが可能です。

理想を言えば、ベイト(M)とスピニング(L)の2本があれば、かなり幅広い釣りが展開可能となります。予算的に厳しい場合は、先ずはスピニングでOKです。


中級者以上

・現在作成中




おすすめのロッドは!?


初心者


スピニング

・現在作成中


ベイト

・現在作成中


中級者以上

・用途別おすすめロッド




まとめ

バスフィッシング用のロッドは無限というレベルで存在します。なのでどのような用途でどのように使用したいかを明確にして、ロッド選定を行うのが良いでしょう。

初心者の場合は、その先手基準もいまいち分からないのではないかと思います。先ずは、1本購入し、その後、こんなことがしたい等の欲求が湧いてきたら、次の1本を考えれば良いのではないでしょうか。先ずは、バスフィッシングを始め、最初の1本を釣る事に専念してみてください。


関連記事

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】



バス釣り ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!
スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ