『バスフィッシング』に使うスピニングリールは何を選べばいい【シマノ・ダイワ】おすすめは!?

バスフィッシングに使うスピニングリールは、どんなものを選べばいいのだろう!?今回は、そのスピニングリールの選び方、浅溝・深溝スプール、ギア比、おすすめのリール等について解説させて頂きます。



スポンサードリンク




リールのサイズはどのくらいがいいの!?

一般的にバスフィッシングに使用するスピニングリールの番手は、2,000番、2,500番になります。各メーカの番手表示は、番号が大きくなればなるほど、数字が大きくなります。

リールの代表メーカの型番で、概そのリールがどのような性能かを判断することが出来ます。


シマノ
No. 型番 仕様
1 2500 ・スプールが深溝:ラインは大量に巻ける。
ノーマルギア
2 2500S ・スプールが浅溝(Sはシャロースプールの意味):細糸が充分な量だけ巻ける。
ノーマルギア
3 2500HGS ・スプールが浅溝HGSは(ハイギア・シャロースプールの意味)
糸巻き量は2500Sと同じ
シマノ-リール-型番-見方-意味
【シマノ】リールの【型番・型式】の表示(表記)の意味(見方)については、こちらの記事をご覧ください。
・【シマノ】のリールの表記【型番・型式】の意味と見方【まとめ】


ダイワ
No. 型番 仕様
1 2500 ・スプールが深溝:ラインは大量に巻ける。
ノーマルギア
2 2506 末尾の数字で糸巻き量を表す。この場合は6ポンドが100メートル巻ける。浅溝。
3 2506H H:ハイギアの意味。その他は2506と共通。




【浅溝・深溝】どっちがいいの!?【メリット・デメリット】

区分 メリット デメリット
浅溝 細いライン向き 太いラインに不向き
深溝 太いライン向き 細いラインに不向き


浅溝と浅溝について

画像の左側が深溝スプール、右が、浅溝スプールです。画像を見れば分かりますが、深溝は糸を多く巻くことが可能です。浅溝はその逆で、あまり多くの糸を巻けません。

バスフィッシングでは、~6lb程度の糸を巻くのがメインになります。深溝で6lbを巻こうとすると、下巻きなどを巻く必要があり、下巻きを巻かない場合、かなりの量を巻く必要があります。

また、下巻きを巻かない場合で、少ない量しか巻かない場合は、キャスティングの際に、溝の底と、スプールエッジの距離が遠くなり、キャスティングする際に、スプールエッジと糸が擦れ、抵抗になり、飛距離が伸びなくなります。

なので、あまり遠投を前提としないバスフィッシングにおいては、浅溝がおすすめになります。




ハイギアとローギアどっちがいいの!?【メリット・デメリット】


ハイギアとローギアって何!?

ハイギア、ローギアの違いは、ハンドル1回転あたりのスプール回転量です。つまり、ハイギアの場合は、ハンドルを1回転させると、ローギアより多くスプールが回転します。なので、同一の型番のハイギアとローギアでは、ハンドル1回転で巻きとりスピードが代わります。巻きとりスピードは、ギア比とスプール径で決まります。


ハイギアとローギアどっちがいいの!?

No. メリット デメリット
ハイギア ●早く巻ける
ルアーの立ち上がりが早い
早く回収できる
早巻き可能
糸ふけを早くとれる。
●ルアーの変化がハンドルに感じやすい。
●回転が重い
特に巻き始めが重くなります。
●スローな釣りに適してない。

※ローギアは、概この逆の特性になります。


回転が重い

自転車で坂道を登る想像をしてみてください。ローギアでは割と楽に登れますが、ハイギアだと重くて登りにくいと感じるでしょう。リールもこれと同じで、一定の力で巻きとろうとすると、ローギアの方が軽く回ります。


結論

バスフィッシングの場合は、ローギアの方が汎用性も高く、特に早巻きしたいと言うことが無ければ、ローギアで十分です。特に初心者の方で、バスフィッシングを始めたいと言う方は、ローギアがおすすめです。

ハイギア-ローギア
ハイギアとローギアの使い分けについては、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスに使うリールのハイギア・ローギアのメリット・デメリット【まとめ】



スポンサードリンク




おすすめのスピニングリール【ランキング】

基本的には、有名メーカの【シマノ・ダイワ】が安くても大変性能が良くおすすめです。シーバスの記事でリールランキングを【まとめ】ました。ランキングについては、こちらの記事をご覧ください。

バスフィッシング用としては、【シマノ】2000番、2500番、【ダイワ】2000番になります。また、スプールのタイプは、浅溝タイプがおすすめです。

ステラ
シーバス用のリールの選定については、こちらの記事をご覧ください。
・シーバス用のリールは何を選べばいい!?【機能・選び方】おすすめのリールは!?




まとめ

いかがでしたか!?スピニングリールは、操作にそれほどの技術も必要なく、すぐに使う事ができるので、初心者の方にはおすすめです。

ブラックバスフィッシングを始めるために必要な道具一式【初心者(入門)でもこれだけあれば大丈夫!】 ブラックバスフィッシングを始めるために必要な道具一式【初心者(入門)でもこれだけあれば大丈夫!】
【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】



バス釣り ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!
スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ