【スモールマウスバスをルアーで釣る方法】釣り方、タックル、場所、仕掛け(リグ)・人気おすすめ【ランキング】

【スモールマウスバス】をルアーで釣りたいと考えている人もおおいのではないでしょうか。そこで今回は、【スモールマウスバス】を釣る方法について、釣り方、時期、時間、場所、人気おすすめのルアー【ランキング】等について【まとめ】てみました。



スポンサードリンク


【スモールマウスバス】について

現在、日本には大きく分けてラージマウスバスとスモールマウスバスの2種類が生息しています。スモールマウスバスは、その名のとおり口が小さいのが特徴です。ラージマウスバスがオオクチバスと呼ばれる一方、スモールマウスバスは、コクチバスと呼ばれています。

ラージマウスと比べて身体の模様も異なり、よく【虎模様】と言われています。黄金色をした綺麗な個体も存在するようです。また、外観的な特徴としては、目が赤いという特徴もあります。

画像はラージマウスバスとスモールマウスバスを比較したものです。(上:ラージマウスバス、下:スモールマウスバス)

ラージマウスバス スモールマウスバス


魅力と特徴


  • 引きが強い
  • 夏の昼間でも高活性
  • 中層よりトップかボトムで釣れる


引きが強い

スモールマウスバスは、その引きの強さが魅力のひとつです。筋肉質でサイズ関係なく、その引きはパワフル。ラージマウスバスは横方向へ逃げることが多く、一方の、スモールマウスバスは下へ下へ突っ込むような引きが特徴です。


夏の昼間でも高活性

ラージマウスバスが動かなくなるような夏の日中でもスモールは活発にエサを追います。従って、真昼間でも釣ることができるため1日中釣りを楽しむことができます。


中層よりトップかボトムで釣れる

ラージマウスバスでは、中層で釣れることがありますが、スモールマウスバスは、比較的、トップかボトムで食うことが多い魚です。



スポンサードリンク


天候

ラージマウスバスは、ローライトを好みます。一方、スモールマウスバスは、晴天を好むと言われています。このため、比較的昼間でも釣ることが可能です。


時期(季節)

スモールマウスバスもラージマウスバスと同様に、1年中釣ることが出来ます。特にスポーニングの時期は、ラージマウスバス同様に、プリスポーン時は荒食い、アフタースポーン時は、回復のために餌を良く食います。


春(3月 4月 5月)

この時期は、ラージマウスバスと同様にスモールマウスバスも産卵を行います。産卵前の荒食いを行う時期でもあり、数を釣ることが可能です。檜原湖や野尻湖では、シャッド系のプラグやワームのライトリグで簡単に釣ることができます。

産卵のためにネストを作るこの時期は、その周辺に多くのスモールマウスバスが居る可能性が高くなります。クリアレイクの檜原湖や野尻湖等では、水面から、そのネストを確認することが可能です。

関連コンテンツ

スポーニング


夏(6月 7月 8月)

この時期は虫を多く捕食する個体が多いため虫パターンが有効な時期です。好きな虫系のルアーを準備して釣るのがおすすめです。意外とカラー(色)や大きさに好みがあります。ルアーは、投げたらアクションさせずに30秒くらい待つという【ほっとけ】釣りが有効な場合が多いです。


秋(9月 10月 11月)

釣りとしては最も中途半端な季節です。適水温でフィールド全体にバスが散らばるため広範囲を探れるルアーで釣るのがおすすめです。


冬(12月 1月 2月)

ラージマウスバス同様、比較的釣り難い季節です。丹念に高活性なバスを探す釣りになります。



スポンサードリンク


タックル

スモールマウスバスを釣るタックルは、小型のルアーが比較的釣れやすいルアーであるため、スピニングタックルがおすすめです。また、ベイトフィネスタックルも同様におすすめです。



スポンサードリンク


ポイント(場所)

スモールマウスバスはラージマウスバスよりも川の流れの中を好みます。原産国の北米では、スモールマウスは渓谷のようなフィールドで良く釣れます。

関東近郊では、多摩川や相模川等に生息していて、以前は、ラージマウスバスの生息数が多かったのに対し、近年ではスモールマウスバスの数が増えているようです。この理由は、繁殖力の強さと、川というフィールドに強いからだと考えられます。

スモールマウスバスは、川でもより流れが早い場所や、流れが当たる所を好み、流れの中でエサを捕食する場合が多いのが特徴です。日本で有名なスモールマウスバスが釣れる湖としては、長野県の野尻湖、福島県の桧原湖等があります。


  • 川(河川)


湖などのスモールマウスバスとラージマウスバスが混在するようなポイントでは、ラージマウスバスと同じ釣り方(アクション)で釣ることが可能です。ラージマウスバスと比較して、より低水温を好むスモールマウスバスは、水温の低い場所を好む傾向があります。

スモールマウスバスが釣れない場合は、少し水深を落としたポイント(場所)を探るのが良いでしょう。春はワカサギ等の群れについて沖のディープフラット、夏はオーバーハングが形成するシェードで虫を待ち受けていることが多くなります。


釣り方

アクションは、ラージマウスバスの場合、比較的長い時間ポーズ(停止)をする釣りが有効な場合が多いが、スモールマウスバスは、連続的なアクションを続ける方が釣れる場合があります。


川(河川)

スモールマウスバスは、川の流れの中なども好んで生息しています。川は1年を通して水温も低いため、スモールマウスバスが好んで生息する場所でもあります。川では、流れが合流する場所、堰の下、流れのヨレ、反転流、川の蛇行地点など、流れの変化がある場所を好みます。

ルアーはミノーやワームが良く釣れます。川の流れの中にミノーを通す場合、バス用のミノーでは、バランスを崩しうまく泳がない場合があります。このため、流れの中でもうまく泳ぐ様に設計されている、トラウト用のシンキングミノー等も有効です。

ワームの場合は4インチグラブ等に5g~7g程度(流れの速さによります)のジグヘッドを付けて斜め下流にキャストしてゆっくり引きます。

釣り方(アクション)はドリフトが有効です。斜め下流側ににキャストしてゆっくりリトリーブして時折トウィッチなどを行うのが有効です。


  • 川の流れがある場所
  • 流れの境目
  • 深場
  • 岬と堰
  • 草の多い場所
  • ウィードライン
  • 流木やゴミ周り
  • テトラポット


川の流れがある場所

スモールマウスバスは流の速い場所を好みます。特に部分的に深くなっている場所が好みで、水面から見て色がより濃い部分(深場)を好みます。


流れの境目

流れの境い目を好みます。判別方法は、さざ波がたっている場所です。流速の早い水と遅い水が交わる部分にはさざ波が立つことが多いです。スモールマウスバスは、早い流れを好みますが、その中でも遅い流れの中に居て、ベイトが灰早い流れから遅い流れの中に入ってくるのを待ち受けています。


深場

川の水深の一部が深くなったところに居る場合が多く、その中にあるストラクチャー(木材、岩等)を好みます。暑い時期等は、特にこのようなエリアが有効です。


岬と堰

流れを止める岩の岬や堰はスモールマウスにとって居心地の良い場所です。


草の多い場所

草の多いショアライン沿いの深場、または、影のできる場所を好みます。このような場所で、虫などが落ちてくるのを待ち受けています。


ウィード

川の流れはウィードを押し倒します。スモールマウスは揺れるウィードの後ろや、茎が曲がってできたカバーや影に隠れる習性があります。まばらなウィードにも付いている場合があります。


流木やゴミ周り

スモールマウスは川にある木に付く習性があります。レイダウン、流木、スタンプ、古い桟橋、その他の木材がある状況場所は、虫の幼虫などがいるため、ベイトフィッシュも多くなるため有効なポイントになります。


テトラポット

川の早い流れがあたり、遅い流れを作り出すテトラポット周辺にはスモールマウスバスが居る可能性が高い場所です。

関連コンテンツ

河川でのバス釣り



スポンサードリンク


動画

スモールマウスバスを釣る動画でイメージを作ってみてください。


村上晴彦


秦拓馬


並木敏成



スポンサードリンク


人気おすすめ【ランキング】

スモールマウスバスは、ワームで釣ることがメジャーになっていますが、それ以外のルアーでも釣ることは可能です。中層で良く釣れるラージマウスバスに比べ、トップ(表層)とボトム(底)でバイトが集中するのがスモールマウスバスの特徴です。トップ(表層)で反応が無い場合は、ボトム(底)に割り切って釣りをすると釣果を伸ばす事が可能です。


  • ワーム
  • トップウォーター
  • ミノー
  • クランクベイト


ワーム

ワームについては、比較的小さめの2インチ、3インチ程度を使うと釣果を伸ばすことが可能です。大きいサイズのワームが釣れない訳ではありませんが、檜原湖の様に捕食しているベイトが小さいサイズの場合は、小型のワームを使用した方が釣果を伸ばすことができます。

川等で釣る場合は、捕食しているベイトが大きい場合があります。この場合は、特に問題なく大きめのワームでも釣ることが可能です。

おすすめのリグは、ノーシンカーリグネコリグ、ダウンショットリグ等がおすすめです。


ストレート系ワーム

どんな状況にも対応できるのでおすすめです。

順位 画像 名称 販売サイト
1位
カットテール ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
ここ一番のビッグバスへのアプローチはもちろん、コンスタントにバスのサイズを選んでキャッチすることができる優れものです。
評価・評判・口コミ(インプレ)

夏場はいつもこればかりでした。空振りなしの逸品。ノーシンカー、ネコリグなど少しずつパターンを変えてキャスト数を増やせば必ず釣れました。

定番ながらよく釣れますね!

昔から愛用してて、これは手放せないアイテムです!

2位
ヤマセンコー ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
ベイトタックルにヘビーなラインというセッティングでも圧倒的な飛距離を叩き出し、ノーシンカーとパワーフィッシングの両立を可能にしました。そしてワイドなエスケープダートアクションは、生命感のある抜群のパフォーマンスを演出します。
評価・評判・口コミ(インプレ)

7インチヤマセンコーは10ポンドバスに必須アイテムです。

これでつれなければ何で釣れる!? 相変わらず釣れます。やっぱり 釣れます。

3位
フリックシェイク ジャッカル(JACKALL) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
固定概念を覆す曲がったワーム「フリックシェイク4.8インチ」。ストレートワームを計算し尽くした微妙なカーブに曲げることにより、圧倒的な釣果の差を生み出しましたジグヘッドワッキーリグ専用のこのワームは、フォール時には両端をピクピクと振動させ、ロッドワークによるジグヘッドの動きに合わせて、ボディに予測不能なロールアクションを与えます。魚の本能を刺激する、水中で身もだえる「生きたミミズ」のような動きには、既存のルアーには反応しなかったバス達を嘘のように飛びつかせる魔力が秘められています。
評価・評判・口コミ(インプレ)

個人的にストレートワームの中ではフリックシェイクが好きで使い込んでます!

4位
スワンプクローラー ズーム(ZBC/ZOOM) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
今や定番釣法となったジグヘッドワッキーを世に広めるきっかけとなった定番ワームです。
評価・評判・口コミ(インプレ)

今シーズンはお世話になりました。やはりというかジグヘッドワッキーとの相性は抜群で、何尾もの40cmアップのバスを仕留めさせてもらいました!

5位
ドライブクローラー OSP ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
シンプルな形状ゆえ、性能差が曖昧であったストレートワーム。しかし、ドライブクローラーは、形状・素材硬度・比重の黄金バランスを導き出し、バスにとっては未体験ゾーンとなる自発的クロールアクションを新開拓した。ロッドアクションにおいても、全身を細かく波打たせる生々しい震え、クネリを発生。明確な性能差をもってタフバスに対峙するドライブクローラー、この身悶えに抗えるバスは、いない。
評価・評判・口コミ(インプレ)

威力発揮しました。急場しのぎに大変助かりました。また機会有りましたら発注します。


シュリンプ系ワーム
順位 画像 名称 販売サイト
1位
シュリンプ ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
2008年JB TOP50旧吉野川戦に於いて、優勝~4位までゲーリーファミリーが表彰台に上がった原動力!この製品の特徴は全てのリグに対応し、さらに今までに無い動きを出せることです。スピニングタックルではノーシンカー、ネコリグ、キャロライナ、ジグヘッド、アンダーショット等に、ベイトタックルではテキサス、キャロライナ、ジグヘッド、アンダーショット、ラバージグトレーラー等あらゆるリグに対応します。水平フォールでは足が生命感たっぷりに左右に振れ、バスを誘います。また、オフセットフックの逆刺しも可能で、バックスライドアクションはお手の物。ネコリグではネイルシンカーをボディサイドから入れ、重心をずらすことにより様々なスライドアクションが可能です。今まで反応しなかったバスを釣るためのマストアイテムです。
評価・評判・口コミ(インプレ)

フォールでのバイトが多くテキサスで使えば最強です!

川スモールにスプリットリグで使用するとかなり連れます。

2位
TK TWISTER Jr メガバス(Megabass) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
TKツイスターは、あらゆるリグで使用可能なスーパー・マルチファンクションワーム。軽くトゥイッチを加えれば、テールをくねらせながら左右へとダートアクションを発生。ノーシンカーやテキサスリグでは、甲殻類を思わせる2本のテールが生み出す繊細なバイブレーションとボディがかもし出す独特な存在感によってモンスターの意識をロックオンします。実釣テストから、用途・アクションなど多くの要求品質について多角的な検証を行い、アイテムごとにベストな硬度とハリ、質感を算出。ソフトベイトの命とも言える「マテリアルの生物的質感」について細部にまでこだわった、完全実戦主義のカスタムベイトです。
評価・評判・口コミ(インプレ)

ワーム自体にボリュームがあり、アピール満点です。 動きも2本の触手が甲殻類のようにいい動きをします。

プレッシャーの高い場所ではやっぱりこのサイズですね。

3位
C-4 シュリンプ エバーグリーン(EVERGREEN) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
まさにエサだと思ってバスが喰う。福島健デザインの「C-4シュリンプ」は、シルエットとナチュラルを極めた生命感溢れるスモールシュリンプです。ダブルパドルから触手が出る独特のデザインは、福島のこだわり。
理屈ではなく「バスが好むシルエット」と福島が断言するボディデザインと絶妙なボリュームは、動かさなくても置いておくだけでバイトを誘発。スモラバトレーラー、キャロライナリグ、ダウンショットetc。激タフに勝ち抜く究極のスモールシュリンプ。その威力は福島自身が2011JBワールドチャンピオン獲得で証明してみせました。
評価・評判・口コミ(インプレ)

間違いなく釣れます。いいルアーです。


虫系ワーム

檜原湖では、夏の虫パターン時は、以下のワームが有効です。

順位 画像 名称 販売サイト
1位
エアバッグバグ フィッシュアロー(FishArrow) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
「喰わせの切り札」、中空ワームボディ「表層虫系」 エアバッグバグは、浮く 柔らかい つぶれる だから、釣れる シルエットとボリュームにこだわった究極の「虫系ワーム」中空ボディの空気室はお腹側を厚く、背中側を薄くしたことで着水時に一定方向を向くように設定されています。マス針チョン掛けではカバー回りで使うことが出来ます。ダウンショットで使えばシリコンラバーが今までのワームにはない「拡散波動」を起し、スレバスを魅了します。
評価・評判・口コミ(インプレ)

トップ系のワームで何か…と言うならお勧めです。

虫系ワームをいろいろ使っていますが、完全に浮くタイプなので、状況に合わせて使っています。ちなみに、普段はマスバリをセットしています。

青木虫と並んで良いワームです!

2位
青木虫(アオキムシ)バークレイ(Berkley ) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
JBトッププロの青木大介プロ監修のもと、度重なるテストを経て完成された「青木虫」。以下青木大介プロからのコメントです。 「Berkleyのパワーベイト素材を用いたムシワームの開発に着手したのは2012年の春。幾度かのテストを重ね理想に近づいた。 特にこだわった点でありコンセプトでもあるのが、シェイクした際の微波動と静止時の存在感。足の動きとラバーの存在感がすれたバスをも魅了します。トップウォーターでの爆釣間違いなしです!
評価・評判・口コミ(インプレ)

カバー手前はもちろん、奥まで入れてみたり枝にひっかけてチャポチャポさせたり色々できます!活チューでやっていたことを青木虫でやっても飛距離以外は問題ないですね。根掛りしてロストしても心痛まない分思いっきり攻められて、ここ最近のダムや野池の釣果がかわりました!1日1匹釣れればよかった釣行が、3匹~8匹になりました。

水面でチョンチョンしているだけでバコ!っと食ってきます。見てて面白いです。

3位
活虫(イケチュウ) ジャッカル(JACKALL) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム

関連コンテンツ

虫パターン
【最強・定番・名作】バス釣り用【ワーム】人気(おすすめ)【ランキング】これだけあればバスは必ず釣れる! 【最強・定番・名作】バス釣り用【ワーム】人気(おすすめ)【ランキング】これだけあればバスは必ず釣れる!


ミノー

檜原湖や野尻湖では、スモールマウスバスがワカサギを捕食する時期があります。このような時期はミノーが有効です。

順位 画像 名称 販売サイト
1位
フェイス エバーグリーン(EVERGREEN)
・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
清水盛三氏のこだわりを凝縮した究極のグローバルサーチベイト。
評価・評判・口コミ(インプレ)

早春のジャークには欠かせません一つ持っておくといいと思います。

春にはコレでしょ!って定番だね。

初めてジャークベイトでバスを釣りました。 その時のジャークベイトが「フェイス」でした。 それ以来、信頼してずっと愛用しています。

2位
ダウズビドー90SP ジャッカル
(JACKALL)
・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
琵琶湖屈指のプロガイドとしてこれまで数々のビッグバスと対峙してきたプロアングラー秦拓馬が、狡猾なターゲットを騙す為に求めた最終兵器。それがDOWZVIDO(ダウズビドー)。モンスタークラスに捕食行動を促す究極のスイッチとして、彼が求めたのは逃げ惑うベイトフィッシュの再現でした。特筆すべきは高速リトリーブに対応するバランスの良さと軽快な引き心地。そして何より、理想の生命感をダウズビドーにもたらしたのは、他に類をみないハイピッチローリングアクション。3連の移動重心機構により手に入れた抜群のキャスタビティにより、ロール主体のアクションながら安定した2m以上の潜行深度を実現しました。理想的なアクションを保ったまま」狙いのレンジをより長くトレースする」。この効率よくストレスの無い広域サーチ能力こそがバイトチャンスを増加させるカギとなります。
評価・評判・口コミ(インプレ)

トゥイッチした後のポーズで、ガバって食ってきました。

なぜだか釣れるわかんないけど釣れるとことん釣れるこのルアー。

使っていて飽きないルアーです。 何気に何時間も投げ続けていたりします。 説明でも、 ”特筆すべきは高速リトリーブに対応するバランスの良さと軽快な引き心地” と書いていますが、その通りでした。 軽快な引き心地は、無意識にキャストし続けられる要素でもあり、 魚にめぐりあえるチャンスも高まりますね。

3位
サイドステップ エバーグリーン
(EVERGREEN)
・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
魚を狂わせ一気にバイトに持ち込むジャークベイト・サイドステップシリーズに、食べごろサイズの「サイドステップ95」がラインナップ。しかしこのサイドステップ95、単なるダウンサイジングモデルではありません。オリジナルとの最大の違いはタングステン重心移動システムを採用したところ。空気抵抗を抑えたボディと相まって、クラス最長飛距離を実現。琵琶湖のような広大なフィールドはもちろん、逆風時やハイプレッシャーな状況など様々なシーンで圧倒的なアドバンテージを誇ります。ジャーキングでは、オリジナルの切れ味鋭い左右へのステップアクションをしっかり継承。加えて、アクション中にタングステンウエイトが移動することによって上下方向へのイレギュラーアクションがランダムに発生し、リアクションバイトを誘発します。一方、リトリーブ時はタイトなローリングアクションに設定。この控えめなナチュラルアクションが、「ただ巻き」や「ストップ&ゴー」などのクランキングテクニックで驚異の釣果をたたき出します。「食べごろサイズ」「かっ飛び性能」「多彩なアクション」であらゆるフィールドに対応するハイポテンシャル・ジャークベイト、サイドステップ95。
評価・評判・口コミ(インプレ)

以前このルアーのストップアンドゴーでよく釣れたので、ちなみにカラーはクラウンデ下。別のカラーが欲しくなったので購入しました。とにかくよく釣れます。

サトシンさんのDVDを見て購入を決めました。 琵琶湖のシャローで50UP釣ることができました。 ホントにただ巻きで釣れました。

このジャークベイトの横っ飛びアクションは想像以上でした。クリアレイクで試すとよくわかりますが、横っ飛びアクション時のギラギラッとフラッシュし、その後のステイでふらふらーと浮いてくる動きはよく考えられていると思います。

4位
レベルミノー
RAIDJAPAN(レイドジャパン)
・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
LEVEL MINNOWは、「飛距離」「アクションレスポンス」「レンジ対応能力」という3つのキーワードを徹底追求した125mmクラスのミノープラグです。衝撃の飛距離:LEVEL MINNOWは、マグネット式重心移動機構を搭載。ラインの重みだけで動き出す、驚異のアクションレスポンス:一般的にロングミノーは、その長さゆえにアクションのもたつきや動き出しの悪さが目立ちます。アングラーの意思を酌むレンジ対応能力:レベルミノーは、リップに設けたセミ・カタパルトシステムによって、浅い潜行角で、水平姿勢を維持して泳ぎます。
評価・評判・口コミ(インプレ)

巻くだけで簡単に 釣れました。

着水してからの立ち上がりが非常に早く使いやすいミノーです。 この手のミノーは回転して飛んでいくものが多いですが、このミノーに限ってはそんなことがなく飛距離もいいです。 おかっぱりにはもってこいですね。

ようやく色によっては買えるようになってきた。他のミノーより飛距離が出るのが気に入っています。

5位
ヴァルナ オーエスピー(O.S.P) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
伝統のフルフラットボディによるフラッシングと強い水押しは確実にバイトを倍増。小口径トリプルタングステン重心移動はウエイトを尻尾付近にまで到達させ、安定した飛行姿勢によるアキュラシーとロングキャスト性能を実現。これは独特のサウンドやウエイトの低重心化にも貢献し、軽量化と強度を両立したハニカムスーパーHPボディとの融合でハイレスポンスで泳ぎ出しの良いストップアンドゴー、さらにはストレートリトリーブでのバイト誘発力も最上点に達した。また、ありがちな早巻きでのバタつきも抑えオールスピードで食わせられことは強力な武器となる。トゥイッチやジャークでは軽い力で簡単にキレの良い首振りができることでプレッシャーをかけず、移動距離を抑え、低水温期のスローなバスでも広範囲から引き付ける時間を稼いでくれる。VARUNAは全性能を最高次元に到達させた最強の11cmミノーとなる。
動画


名作
順位 画像 名称 販売サイト
1位
メガバス
(Megabass)
VISION ONETEN
・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
アイティオー・スーパーハイドロディフュージングボディ。110の、その特徴的なボディフォルムは、ただ単にリアルなだけではありません。「ギュッ」と絞られたテイル、フラット・ベリー構造が生み出すディフューズ効果により、ビッグミノーとは思えないキビキビとしたタイトローリングアクションと異次元の長距離ダートを実現。新次元の「飛び」と「トリックアクション」を叩き出す、高比重タングステン小径バランサーの搭載により、スリムなボディフォルムでありながら、超ロングなウエイトレーンを確保。キャスト時にボディ最後尾まで移動する2つの高比重小径バランサーにより、従来のバスミノーの飛距離をはるかに上回る新次元の「飛び」を実現。さらに、ジャークやトゥイッチで、多彩なトリックアクションを生み出します。また、ボディ・フロント部にセットされた低重心固定式ウエイトは、ストレートリリーブ時におけるバツグンの安定感とキレのあるタイトローリング・アクションを発揮します。ファーストリトリーブにより、SR-X系フラツキ蛇行軌道。
評価・評判・口コミ(インプレ)

釣り歴30年以上ですが、かなり有名なのに初めて手にしました。シンキングでないので焦らず誘え、しかもアクションが強めのジャークから艶めかしいスローなトゥイッチ、様々なスピードのただ引きとバリエーション豊かに魚の活性に合わせて誘える目から鱗のルアーでした。冬場の低水温では、潜らせた後浮かばず沈まずその場にステイしてるに近い浮力です。夏場だともう少し浮くのかな。すごく繊細な浮力設定だと思いました。あまりに良いアクションなので、追加検討中です。

ジャークでは左右にダートし普通に巻いてもフラッシングしていい感じ。 飛距離も申し分なし。

釣れ過ぎて文句なし。

2位
メガバス
(Megabass)
VISION-ONETEN-Hi-FLOAT
・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
VISION ONETEN Hi-FLOATは、VISION ONETEN を高浮力化し、リトリーブに対するスイミングレスポンスを特化してみがきをかけています。超スローリトリーブにおいてもキレ味鋭いハイピッチ・ローリングアクションを生み出すセッティングが施されています。低水温期のシャローエリアや、タフな状況下におけるビッグレイクのウィードエリアなど、ジャーキングによるビビッドなアクションに反応しない魚に対し、無防備に泳ぐベイトフィッシュを演出してビッグフィッシュを反応させてしまう 「超スローリトリーブメソッド」 に高次元で対応します。なお、シャローに出てきたフィーディングフィッシュを仕留める、ハイテンポなジャーキングにも対応。ハイフロートボディによって、シャローカバーをかわしながら左右へとダートする、「ライズアップ&ダート」 アクションが、フィーディングフィッシュの闘争本能に火をつけます。アイティオーエンジニアリングの匠のチューニングをぜひお確かめください。
評価・評判・口コミ(インプレ)

ハイフロートだからこそキャッチできるバスがいます。

ただ巻きで釣れます。ウィードエリアで重宝しますよ。

3位
メガバス
(Megabass)
VISION ONETEN Jr.
・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
世界には、「ONETEN」でなければ釣れないバスがいる」いつしか、誰からともなく、そんな声が聞こえるようになりました。事実「ONETEN」は、春のプリスポーンで他のルアーを寄せ付けないほどの釣果をたたき出し、タフなトーナメントシーンではいく度となくトロフィーフィッシュを勝ち獲り続けてきました。いうまでもなく、中層の一定レンジをじっくり、ていねいに探るには、「ジャストサスペンド」のミノーやジャークベイトが必要不可欠。ワームやクランクベイトなど他のルアーでは、絶対に代えがきかないのです。なかでもONETENは、優れた中性浮力を実現し、絶妙な前傾姿勢を保ち続けます。これに加え、パワージャーキングによる左右への驚異的な水中スライドアクションと、フラットサイドボディによる激しい明滅効果が、他を圧倒する釣果を生み出します。そんなONETENファミリーに、ダウンサイジングモデルが加わります。野池や年々過酷さを増すフィールドを攻略するために設計されたこのモデルは、オリジナルのアクションをさらにアクティブにパワーアップするための緻密な浮力計算がなされています。
評価・評判・口コミ(インプレ)

産卵後に沖目をフラフラ泳いでるやつにトゥイッチ&ポーズ。 よく動く泳ぎ出しのよいナイロン使用がよい。


クランクベイト

順位 画像 名称 販売サイト
1位
ワイルドハンチ
エバーグリーン(EVERGREEN)
・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
清水盛三がクランクベイトに求める第一条件は「太いラインでも、高速リトリーブでも、とにかくしっかり泳ぐこと。」という極めてシンプルなものだ。一見するとあまりにも単純なこの答えの裏には、過酷なアメリカのトーナメントを転戦する盛三の経験が凝縮されている。この「しっかり泳ぐ。」という盛三なりの言葉の中には、トーナメントプロとして「本当に信じて引き倒せる。」というルアーへの最上級の意味が隠されている。「このワイルドハンチは、他のトーナメントアングラーに使って欲しくないルアーだ。」という盛三のこの言葉は、同時にこのルアーに対する絶対的な自信を意味するものだ。発売前のプロトタイプの時からずっと現在も常に盛三がTVやビデオ、雑誌などのメディアで驚異的なデカバス、そして怒濤の入れ喰いシーンを演じ続けているのは、ワイルドハンチが本当の、本物のシャロークランクだという何よりの証明なのだ。もちろんアメリカツアーにおいても、盛三のFLW3位入賞の原動力になるなど次々と実績を重ね続けている。バイト誘発型クランクベイト「ワイルドハンチ」。潜行深度1.5m。根掛かり知らずでバイトを誘う。
評価・評判・口コミ(インプレ)

クランク一つ持っていくならコレでしょ。

何故か、このクランクは大きいバスが良く釣れます。

野池等で色違いを使用していますが、安定して釣果があります。

安定感と広範囲に探れるので最高です。

安定感と広範囲に探れるので最高です。

順位 画像 名称 販売サイト
2位
コンバットクランク
エバーグリーン(EVERGREEN)
・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
ハイポテンシャル・システムクランクの中核。シリーズ共通の圧倒的な飛距離を誇るコンバットクランク320。コンパクトな形状にもかかわらず、楽々3mレンジへと到達。バスを狂わせる集魚力とバイト誘発力を発揮する、ナチュラルかつハイピッチなローリング&ビビッドウォブリングアクションは同シリーズの250よりタイト、480よりワイドな3m前後のレンジで魚を狂わせるアクションを実現。3mオーバー潜行のクランクベイトとして、異常なまでのバイト誘発能力に秀でたアクションのキラーベイトです。特にビッグレイクにおいて風に負けない飛距離は絶対的なアドバンテージとなり、ロングレンジトレースをよりイージーにしました。また、ウィードがらみのしにくさも特筆モノ。快適に投げ続け、巻き続けられる私達の自信作。釣果が全てを証明する。コンバットクランク320。
評価・評判・口コミ(インプレ)

ゆっくり巻いてもぶりぶりと泳ぐので、気に入っています。 アピールが強いので台風あとの濁った時に使います。

クランク初めて買いましたが、初日にバスを連れてきてくれました。

ウィードびっしり生えたスレスレをファストリトリーブで使ってみました。 やっぱり釣れました。

順位 画像 名称 販売サイト
3位
ピーナッツ 2
ダイワ(Daiwa)
・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
発売以来、天文学的な数のピーナッツが数多のアングラーに使われ続けてきたが、その理由はただ一つ、釣れるから。これ以外ない。数えきれないほどのクランクベイトが存在する中、今なお埋もれない本物の食わせのサイズとアクションの黄金比は初心者からトップトーナメンターまで幅広い層に愛され続けている。とにかくよく飛び・よく泳ぎ・よく釣れる。釣り人の意思を忠実に実行するその素直さは、クランクベイトの不変不朽のスタンダードと呼ぶにふさわしい。まさにピーナッツさながらの小粒なボディにも関わらず、小気味よいワイドウォブリングとローリングの派手なアクションで広範囲・高活性のバスにアピール。カバーにコンタクトした際にエスケープするアクションで着実にバイトを誘う。バスのみならず管理釣り場でのトラウトゲームでも威力を発揮する。SSR=スーパーシャローランナー、SR=シャローランナー、DR=ディープランナーの3タイプで水深に応じた攻略が可能。
評価・評判・口コミ(インプレ)

昔からの定番クランクですね。 値段が安くてよく釣れます。

コスパが良くて、よく釣れる。

安い。使いやすい。釣れる。

順位 画像 名称 販売サイト
4位
マッシュボブ 50MR
ジャッカル(JACKALL)
・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
「狙って仕掛ける」スモールクランク。房総半島のスーパーロコアングラー川島勉が手掛けたスモールサイズのクランクベイト。カバーを恐れることなく攻められる秘密はリップにあります。幅広な形状が盾となって根掛かりを防ぎつつも、適度に引っかかりのある使い心地をもたらします。あえて障害物に軽くスタックさせることで、次にルアーが外れる瞬間に発生する「鋭い動き」を狙います。カバーに潜むバスもこの動きにたまらずリアクションバイトをしてしまうことでしょう。川島勉のクランキング理論に基づいて生まれた「狙って仕掛ける」クランクベイトです。
評価・評判・口コミ(インプレ)

釣りに行くたびに釣果を上げているルアーです。 常にタックルボックスに入れています。 よく飛ぶし、リアクションも良い。

タイトなところに投げても引っ掛からず帰って来てくれるので、かなり釣れてます。 カラーもいい、やっぱ春は赤ですね!

小粒ですがマグネット式重心移動システム搭載でよく飛びます。

順位 画像 名称 販売サイト
5位
チャブル SR
ジャッカル(JACKALL)
・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
ミノー×クランクベイトの革命的融合!これまでいくつものルアーデザインを手掛け、また誰よりもクランクベイトを投げ、日々研究を重ねてきた加藤誠司にとって、「サイズ」・「シェイプ」の重要性は見逃せないものでした。その経験から導き出されたのが、ミノーシェイプのクランクベイト「CHUBBLE」。スクエアリップを備えたフローティングボディにより高いカバー回避性能を誇り、これまでミノーでは攻めきることが出来なかった入り組んだカバーやシャローのロックエリアなどに効率の良いアプローチを実現。オイカワやボラの幼魚など中型ベイトフィッシュをイメージさせるフォルムが、特定の餌に執着するバス捕食本能を強烈に刺激し、また使い手の意のままに操作できる対応能力の広さも持ち味の一つ。ストップ&ゴーやトゥイッチといった小技はもちろん、直進安定性能も極めて高く、高速リトリーブでのアプローチにも対応。ミノーとクランクベイトそれぞれのアドバンテージが1つに凝縮された次世代プラグ「CHUBBLE」の威力を体感して下さい。
評価・評判・口コミ(インプレ)

最高です!!2投目で50up。

霞ヶ浦で最近最も出番の多いクランクです! 春は特に活躍してくれます! フロロ12ポンドで、1.7m位潜ります。

ソウルシャッドと併用してます。信頼度の高いルアーです。

順位 画像 名称 販売サイト
6位
ウィグルワート
STORM(ストーム)
・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
アメリカ生まれのオリジナル、完全復刻。ストラクチャーに接触させることで発生するイレギュラーアクションでリアクションバイトを誘発させるのがクランクベイトの基本的な使い方ですが、この旧タイプはタダ巻きでも尚且つ水面から飛び出しません。つまり誰がどのフィールドで使っても常に最高のクランキングを楽しむことができるのです。これが長年唯一無二をいわれ続けるこのクランクベイトの秘密です。
評価・評判・口コミ(インプレ)

絶大なる信頼を寄せているルアーです。

何も言う事ございません! 最高です。

小生、小学生の頃からかれこれ30年以上バスフィッシングをしてますが、その頃からずっと使っている一軍溺愛ルアーです!

順位 画像 名称 販売サイト
7位
New SR-X GRIFFON(グリフォン)
メガバス(Megabass)
・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
初代グリフォンのコンセプトをパフォーマンスUpしたNewグリフォン。伊東由樹の経験値と感性が生み出す「機能的で心地良いカタチ」。最新のハイドロダイナミクス・フォルムが、卓越したパフォーマンスを発揮します。障害物やボトムに接触した際に起こる「ピンボールアクション」がパワーUp。脱軌道・エスケープアクションからの素早い復帰は、Newグリフォンならではのもの。新次元へとステージアップしたNewグリフォンを是非お確かめください。



スポンサードリンク


バス釣り用の【ルアー】

バス釣り用のルアー【TOP】
トップウォーター【TOP】
ポッパー ノイジー ペンシルベイト スイッシャー フロッグ バズベイト
ミノー
シャッド
クランクベイト
バイブレーション
スピナーベイト
チャターベイト
スピンテールジグ
メタルジグ
ラバージグ
ワーム
アラバマリグ
ビックベイト
【最強・一軍・名作】釣れるバス釣り用の【ルアー(ハード・プラグ)】人気おすすめ【ランキング】 【最強・一軍・名作】釣れるバス釣り用の【ルアー(ハード・プラグ)】人気おすすめ【ランキング】
【最強・定番・名作】釣れるバス釣り用【ワーム(ソフトルアー)】人気(おすすめ)【ランキング】 【最強・定番・名作】釣れるバス釣り用【ワーム(ソフトルアー)】人気(おすすめ)【ランキング】



スポンサードリンク


まとめ

近年ではその引きの強さから、このスモールマウスバスフィッシングが人気です。自分が通うポイントや近くの河川で釣れる場合があります。是非スモールマウスバスを釣ってその引きを体感してみてはいかがでしょうか。

▼おすすめ

これだけ読めば『スモールマウスバスは釣れる!』スモールマウスバスフィッシングのあれこれ これだけ読めば『スモールマウスバスは釣れる!』スモールマウスバスフィッシングのあれこれ


バス釣り ブログランキングへ



スポンサードリンク


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ