【ノーシンカーリグ】メリット・デメリット、釣り方(アクション)、付け方、おすすめ(人気)のワームは!?

ワームのノーシンカーリグはどうすれば釣れるか分からないという人もいらっしゃるのではないでしょうか!?そこで今回は、そのノーシンカーリグについて、釣り方(アクション)、付け方、おすすめ(人気)のワーム等について解説させていただきます。



スポンサードリンク


目次

ノーシンカーリグとは!?

ノーシンカーリグとは、シンカー(錘)を付けないで、直接ラインとフックを結び、ワームを取り付ける仕掛け(リグ)を言います。シンカー(錘)がないため、ワームのアクションがナチュラル(自然)になり、ゆっくり(スロー)でバスを誘いたい時に有効なリグ(仕掛け)です。


なぜノーシンカーリグが有効なの!?

ノーシンカーリグは、ワームのアクションを生かしてゆっくり沈める事が可能です。このため、バスが釣れない使用する場合が多く、巻物ルアーが高活性なバスを探しながらスピーディーに釣って行くのに対し、ノーシンカーは、バスが絶対に居るエリア(ポイント)でスローに誘うのに有効な釣りです。


ノーシンカーリグ(仕掛け)の【メリット・デメリット】

ワームのノーシンカーリグ(仕掛け)は、万能とも言えるルアーです。このノーシンカーリグで表層・中層・ボトム(底)を釣ることが可能です。


メリット


  • 良く釣れる
  • キャスティングしやすい


良く釣れる

シンカー(錘)が無いため、ワームのアクションがナチュラル(自然)になり、圧倒的な釣果があります。釣りきったと思ったエリアでも、ノーシンカーリグを使う事で、さらなるバスを釣ることが出来る場合があります。


キャスティングがしやすい

シンカー(錘)がないため、ワーム本体に重心が集中するため、狙ったところに比較的キャスティングしやすいリグ(仕掛け)です。少し大きめのワームを使ってカバーの下等のピンポイントを狙う場合等に最適です。


デメリット


  • 飛ばない
  • 沈みにくい
  • 流れに弱い
  • 効率が悪い


飛ばない

シンカー(錘)が無いためシンカー(錘)付きのリグに比較して飛びにくくなります。重いワームは、高比重のワームを使う事で飛距離を稼ぐ事が可能です。


沈みにくい

ワームの種類にもよりますが、沈みにくく、沈む沈む速度も遅いため、効率の良い釣りが出来ません。効率良く釣るためには、ゲーリーヤマモト製のワームのような高比重ワームがおすすめです。


流れに弱い

シンカー(錘)が無いため、流れがある場所には向いていません。


効率が悪い

ノーシンカーリグは狭いエリアをゆっくり釣るため、巻きもルアーに比べて効率が悪い釣りになります。コツは、必ずバスが付いている場所で釣ることです。



スポンサードリンク


ノーシンカーリグ(仕掛け)に必要道具


フック

フックは、オフセットフックがおすすめです。


ワーム

ノーシンカーリグの場合は、キャスティング性能、沈下速度の観点から、ゲーリーヤマモトの高比重素材を使用したワームがおすすめです。一方で、沈下速度を遅くして、ゆっくりさせたい場合等は、逆に低比重のワームを使用します。


ワームの付け方(セット方法)

ワームの付け方は、どのリグ、どのワームでも共通です。どんなワームでも、必ずフックを付け終わった後に、ワームが真っ直ぐ(ストレート)になっているかを確認してください。ワームが真っ直ぐ(ストレート)に付けられていないと、ワーム本来のアクション(動作)にならない場合があります。釣果が悪くなる場合があります。


タックル

一言でノーシンカーリグと言ってもその重さは様々です。基本的には、ルアーの重さでタックルを選択する必要があります。

重さの基準をノーシンカーワーム最強のヤマセンコーを基準とします。普通:ヤマセンコー4インチとしそれ以下の重さを軽い、それ以上の重さを重いとしてタックルを選ぶのがおすすめです。

重さ タックル ライン
軽い スピニングタックル 6lb以下
フロロカーボン
普通 スピニングタックル
ベイトフィネスタックル
6~10lb
フロロカーボン
重い ベイトタックル 10lb以上
フロロカーボン


軽いノーシンカーリグのタックル

4インチでもカットテールのように細いワームや、4インチ以下のソフトルアーをノーシンカーで使う場合は釣り自体も繊細になります。使用タックルはスピニングタックルがメインになり、繊細な動きをしやすいロッドと6lb以下の細いラインがおすすめです。

軽この釣り方では誘う釣りがメインになります。 これはリールを巻くのは弛んだラインを巻きとるだけで、ルアーの繊細な動きはロッドの先端で演じます。従って、先端は柔らかくて、全体でバスを寄せれるパワーもあるロッドがおすすめです。


普通のノーシンカーリグ

ヤマセンコーの4インチ程度の重さのノーシンカーリグでは、柔らかすぎる繊細なスピニングロッドでは投げにくく、硬いベイトロッドだと投げにくくなります。従って、ロッドアクションは、
中間的なロッドがおすすめです。

スピニングだと固めでベイトだと柔らかめのロッドで、ラインは6~10LBのフロロカーボンがおすすめです。立木の根が沈んでいるようなストラクチャーを狙う場合は、ベイトロッドがおすすめです。


タックルの選び方


ロッド
バス-ロッド
バスフィッシング用のロッドの選び方については、こちらの記事をご覧ください。
・ブラックバス用のロッド(竿)の選び方『長さ・硬さ』『ベイト・スピニング用』何を選べばいいの!?おすすめは!?


リール

【スピニングリール】については、こちらの記事をご覧ください。
・『バスフィッシング』に使うスピニングリールは何を選べばいい【シマノ・ダイワ】おすすめは!?

【ベイトリールの選び方】については、こちらの記事をご覧ください。
・『ベイトリール(バス釣り用)』の【メリット・デメリット】選び方、おすすめは!?


ライン



スポンサードリンク


釣り方(アクション)


  • フォール
  • ステイ
  • リフト&フォール
  • トゥイッチ&ジャーク
  • バジング
  • スイミング(ただ巻き)


フォール

ルアーをキャストして、フォールさせます。この際にバイトが出る場合が結構あります。フォールには、ラインを完全に緩めた状態でフォールさせるフリーフォール、ラインを張った状態でフォールさせるカーブフォールがあります。状況に応じて使い分けてください。

ノーシンカーで最も有効なアクションはフォールです。水を押しのけたり、微妙に振動しながら落ちていくのがバスには魅力的に見えます。ノーシンカーリグはフォールで食わせる場合がほと温度です。

フォールで重要なのはルアーが落ちていく姿勢です。ノーシンカーはシンカーは付いていませんが、フックの重みでも沈みます。ゆっくりフォールさせるには、水平にする必要があります。実際に、ワームが縦向きよりも水平の方がゆっくり水抵抗を受けて沈んでいきます。
 
使用するワームによってフックの位置や大きさ、ラインの抵抗などで姿勢も微妙に変わるため、最適なフックの取り付け位置と取付方を探してください。


ステイ

意外とワームを放置(ステイ)させた状態でバイトになる場合があります。フォール後ある程度の時間が経過してバイトが無い場合は、次のアクションに移行してください。


リフト&フォール

ロッドを上下させながらリトリーブしてきます。上下させる幅を調整しながら試してみてください。


トゥイッチ&ジャーク

ストレートワームで表層をトゥイッチ&ジャークさせます。ミノーの様な使い方でワームを左右にスライドさせるように使用します。


バジング

バジングは、バズベイトのように表層をトレースしトップウォーター的に使用する方法です。バジングにおすすめのワームは、ゲーリーヤマモトのグラブ、OSPのシャッドテール:ドライブシャッドがおすすめです。


グラブ

グラブはバジングをするのに適したワームです。おすすめのワームはゲーリーヤマモトのグラブです。


シャッドテール

シャッドテールワームにもテールが付いていて、水面を水しぶきを出しながらトレースすることができます。シャッドテールでおすすめは、OSPのドライブシャッドです。ドライブシャッドは、シャッドテールワームの従来の課題(フォール中にアクションしない)を解決した、画期的なシャッドテールワームです。


スイミング(ただ巻き)

スイムベイトの場合は、スイミング(ただ巻き)で使用します。


ワームのアクション

【ワームの動かし方(アクション)】については、こちらの記事をご覧ください。
・『バス釣り』ワームの動かし方(アクション)と合わせ方


ワームを引く速度はどれくらいが良い!?

ワームのリトリーブスピードは、よく言われるのが『アリの歩くスピード』が目安と言われています。


ルアーサイズは!?


ルアーカラーは!?


ワームのカラー(色)について

バスプロが評価する、バスフィッシング(バス釣り)用のワームのカラーについて【まとめ】ました。迷ったら、ブラック・スモーク。ウォーターメロン等がおすすめです。

▼おすすめ


ルアーの見えやすさが解明されていた

実験により、魚が反応しやすい色があるようです。

▼おすすめ


ワームの選び方のコツ

ノーシンカーワームは、どのようにワームをフォールさせたいかにより、選ぶワームが異なります。ワームを早く沈めたい場合は、ゲーリーヤマモト製のワームのような高比重ワームを使用します。さらに沈下速度を上げたい場合は、ボディが太いワームを使用します。例えば、ゆっくり沈めたい場合は、ヤマセンコー、早く雀対場合は、イモグラブ、ファットイカの様なワームを選んでください。一方、ゆっくり沈ませたい場合は、低比重のワームそ選んでください。



スポンサードリンク


おすすめ(人気)のワーム【ランキング】

ノーシンカーに使用するワームのランキングを【まとめ】てみました。ワームの選び方は、ワームのアクションにより選ぶのがおすすめです。


フォール・ステイ

これらのワームで、ほぼ全てのシチュエーション(オープンウォーター・カバー・スト楽シャー)に対応できます。オープンウォーターでは、概ね全てのワームで対応可能です。カバー周り、ストラクチャー周り等は、キャストコントロールしやすいグラブ系のワームがおすすめです。

順位 画像 商品名 評価・評判・口コミ(レビュー) 販売サイト
1位 グラブ(シングルテール) 何しろ万能なワーム、迷ったらこれだけあれば何とかなります! ・Amazon
・ナチュラム
・楽天
2位 ヤマセンコー 困ったときはこれを投げて放置しておけば、ラインが勝手に走ります。はっきり言って餌にちかいワームです。 ・Amazon
・ナチュラム
・楽天
3位 altタグ イモグラブ イモグラブ最強。タフった時、困った時はやっぱりコレが一番効きます。 ・Amazon
・ナチュラム
・楽天
4位 altタグ カットテール 文句なく釣れるワームでしょう。いつでもどこでも手放せません。特にネコリグで威力を発揮します。 ・Amazon
・ナチュラム
・楽天
5位 ファットイカ ファットイカ ぶっ飛びます。釣れます。ただ少々お高いですね ・Amazon
・ナチュラム
・楽天


トゥイッチ&ジャーク

ストレート系のワームがおすすめです。

順位 画像 商品名 評価・評判・口コミ(レビュー) 販売サイト
1位 ヤマセンコー 困ったときはこれを投げて放置しておけば、ラインが勝手に走ります。はっきり言って餌にちかいワームです。 ・Amazon
・ナチュラム
・楽天
2位 altタグ カットテール 文句なく釣れるワームでしょう。いつでもどこでも手放せません。特にネコリグで威力を発揮します。 ・Amazon
・ナチュラム
・楽天


リフト&フォール

グラブ系のワームがおすすめです。

順位 画像 商品名 評価・評判・口コミ(レビュー) 販売サイト
1位 グラブ(シングルテール) 何しろ万能なワーム、迷ったらこれだけあれば何とかなります! ・Amazon
・ナチュラム
・楽天
2位 altタグ イモグラブ イモグラブ最強。タフった時、困った時はやっぱりコレが一番効きます。 ・Amazon
・ナチュラム
・楽天
3位 ファットイカ ファットイカ ぶっ飛びます。釣れます。ただ少々お高いですね ・Amazon
・ナチュラム
・楽天


バジング

バジングはバズベイトの様に、水面トップウォーター的に使う方法です。

順位 画像 商品名 評価・評判・口コミ(レビュー) 販売サイト
1位 OSPドライブシャッド シャッドテールとしては最強 ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
2位 グラブ(シングルテール) 何しろ万能なワーム、迷ったらこれだけあれば何とかなります! ・Amazon
・ナチュラム
・楽天


スイミング(ただ巻き)

スイミングについては、ハートテールが圧倒的におすすめです。

順位 画像 商品名 評価・評判・口コミ(レビュー) 販売サイト
1位 OSPドライブシャッド シャッドテールとしては最強 ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
2位 ハートテール ゲーリーのシャッドテール ・Amazon
・楽天
・ナチュラム



スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか!?今回は、ノーシンカーリグについて解説させていただきました。是非、参考にしてみてください。気づいたら大部分がゲーリーヤマモトのワームになってしまいました…


ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)

その他ゲーリーヤマモトのワームについては、以下の記事をご覧ください。

ゲーリーヤマモト
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)ワームランキングについては、こちらの記事をご覧ください。
・【最強ワーム】ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)のワームランキング、おすすめは!?

<名作> イモグラブ

【釣れる】ルアーだけ集めてみました!【名作・定番・最強】はどれ!?バス・シーバス・ヒラメ・マゴチ・青物【まとめ】 【釣れる】ルアーだけ集めてみました!【名作・定番・最強】はどれ!?バス・シーバス・ヒラメ・マゴチ・青物【まとめ】



スポンサードリンク


関連記事

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】


バス釣り ブログランキングへ
 


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ