バス釣り【最強・名作】ワーム『ファットイカ(ゲーリーヤマモト)』はなぜ釣れる!?釣果(淡水・海水)、釣り方(仕掛け・アクションの)コツ、タックル(ロッド・リール・ライン)、サイズ、カラー、人気(おすすめ・売れ筋)【ランキング】

バス釣り【最強・名作】ワーム『ファットイカ(ゲーリーヤマモト)』について、釣り方(仕掛け・アクションの)コツ、サイズ、カラー、人気(おすすめ・売れ筋)【ランキング】を【まとめ】てみました。バスフィッシング用のワームですが、あらゆる魚(淡水・海水)を釣る事が可能です。




ファットイカとは!?

ゲーリーヤマモトが販売している【最強】の名作ワームです。形状はイモグラブの頭にラバージグの様な形状のイカの足の様なものが付いているワームです。イモグラブも良く釣れますが、ファットイカは、さらに釣れるイメージです。




ファットイカで釣れる魚(釣果)


淡水

ブラックバス用のワームですが、淡水のフィッシュイーターは全て釣る事が可能です。


ブラックバス

ラージマウスバス、スモールマウスバスを釣る事が出来ます。


雷魚(ライギョ)

雷魚(ライギョ)も釣れます。


鯰(ナマズ)

鯰(ナマズ)も釣れます。


海水


クロソイ

海水のルアーフィッシングでも使用可能で、特にクロソイ、アイナメ、カサゴ等の根魚(ロックフィシュ)を釣る事が得意です。




ファットイカの【メリット・デメリット】


メリット


  • 飛距離が出る(良く飛ぶ)
  • フックの付ける方向を変えるとバックスライドする
  • 引っ掛かりにくい


飛距離が出る(良く飛ぶ)

ゲーリーヤマモトの高比重素材であるため良く飛びます。ノーシンカーリグでもかなりの飛距離を稼ぐ事が出来ます。このため、ノーシンカーリグの最大のメリットであるナチュラルな動き(アクション)で広範囲を探る事ができます。


フックの付ける方向を変えるとバックスライドする

ファットイカは、フックの付ける方向を反転(逆)に付けることで、フォーリングの際のフォール方向を変える事が出来ます。

ヘビーカバーの様に、カバーの奥までキャスティングで入れられない場合に、ヘビーカバーの手前にファットイカを落とし、水中でバックスライドさせてヘビーカバーの中に入れる場合に有効です。


引っ掛かりにくい

ストレートワームと比較すると、形状が小さいため、ヘビーカバーの様なポイント(場所)を攻める場合、ヘビーカバーに引っ掛かりにくく扱いやすい形状です。


デメリット


  • 値段(価格)が高い
  • ワームが切れやすい


値段(価格)が高い

通常のワームに比べ割高な値段(価格)設定です。また、ゲーリーヤマモトのワームの中でも高い値段(価格)設定になっています。


ワームが切れやすい

ゲーリーヤマモトのワームは素材に塩(ソルト)が含まれているため、樹脂(素材)の結合力が弱く切れやすいのが特徴です。ファットイカは、同じゲーリーヤマモト製のヤマセンコー、カットテール等に比べ、ボディーが太いため、切れにくくはなっていますが、一般の塩(ソルト)無しワームに比べれば切れやすいと言えます。




ファットイカはなぜ釣れる!?

ファットイカに近いワームとして、イモグラブがあります。このイモグラブもかなり釣れるワームです。これに加えファットイカには、スカート(イカの足)が付いています。この足が、さらにバスの食い気を誘います。水中でこのスカート(イカの足)が、水流により『ふわふわ』動きます。これがバスの食い気を誘うと言われています。




釣り方(仕掛け・アクション)のコツ


仕掛け


  • ノーシンカーリグ
  • ジグヘッドリグ・テキサスリグ
  • キャロライナリグ


ノーシンカーリグ

ヘビーカバー、オープンウォーターでおすすめです。フォーリング中のナチュラルなアクションをさせたい場合に有効なリグ(仕掛け)です。個人的には、最も釣れると思っているリグ(仕掛け)です。


逆付け(バックスライド)リグ

ノーシンカーリグで、ファットイカを逆に付ける事で、ファットイカをカバーの中に入れるリグです。


ジグヘッドリグ・テキサスリグ

ヘビーカバー、オープンウォーターでおすすめです。フォーリングのスピードを早くしたい場合に使用します。バスは、その日のコンディションによりフォールスピードにより釣果に差が出る場合があります。

ノーシンカーで反応が悪い場合に、シンカー(ジグヘッド等)で早く落とすと反応が良くなる場合があります。


キャロライナリグ

オープンウォーターでおすすめです。スイミング的に使用したい場合は、このリグ(仕掛け)でも良いでしょう。


おすすめのリグ仕掛けは!?

ファットイカは、ノーシンカー、ジグヘッド(テキサス)リグが圧倒的におすすめのリグ(仕掛け)です。


アクション


  • フォーリング
  • ステイ
  • リフト&フォール


フォーリング

フォーリングさせるだけでバイトします。フォーリングで食う場合は、バスが浮いている場合が多いです。この場合は、ノーシンカー等で出来るだけゆっくり落とすのがおすすめです。


ステイ

フォーリング後ステイさせます。これだけでバイト可能です。むしろ下手なアクションをさせるより、ステイさせた方が有効な場合があります。ステイで食う場合はバスが沈んでいる場合が多いです。ジグヘッド(テキサス)リグが有効な場合があります。


リフト&フォール

ステイ後、リフト&フォールさせるとバイトする場合があります。また、オープンウォーターでも有効なアクションです。基本的には、着水後、ボトムまでフォールングさせ、ステイ後、リフト&フォールさせながらスイミングさせるとバイトします。


ウェッピング

カバーを狙う釣りで、どうしても下から入れられない場合に、カバーの上からファットイカを投げて釣る釣り方です。バスプロの青木大介さん等が、霞ヶ浦水系のおかっぱりで使用しているアクションです。


バスフィッシングのワームアクション(動かし方)については、こちらの記事をご覧ください。
・『バス釣り』ワームの動かし方(アクション)、合わせ方は!?



スポンサードリンク




ファットイカに最適な『タックル』

ファットイカは6インチで10g前後の重さになります。従ってタックルはベイトタックルが丁度いいタックルと言えます。


ロッド

ロッドは7ft前後で、硬さはMH程度がおすすめです。シチュエーションにもよりますが、ハードカバーから引きづり出す場合この程度の硬さがおすすめです。


リール

リールはハイギアのベイトリールがおすすめです。基本的にはカバーフィッシングメインで使うため、カバーを打ったらすばやく回収出来るハイギアが効率良く釣りをできるためおすすめです。


ライン

カバー打ちがメインで有ると考えると最低14lb程度が良いでしょう。カバーの深さを見て、16lb、18lbと太さを変えてください。

スピニングの場合は、フロロ5lb、6lbまたはPE1号にフロロカーボンの10lbリーダー等で対応するのがおすすめです。




ファットイカに最適な『フックサイズ』

ファットイカで通常使用するフックは、オフセットフックの#4/0もしくは#5/0が最適です。バスプロの奥田学さんはファットイカを工夫し使い良くでかバスをキャッチしています。


バスプロの奥田学の釣り方

奥田学さんは、オフセットフックの#2/0を使うという方法を多様しています。フックサイズを小さくすることで、ファットイカを巻いて使った時にフラフラとバイブレーションしながらアクションさせるためだそうです。大きいサイズだと真っ直ぐ泳いできてしまい、釣果に差がでるそうです。シチュエーションに合わせて、フックサイズを変更しながら釣ってみてください。




ファットイカにスリットを入れる理由


ファットイカはその太いボディ形状により、飛距離を伸ばして釣果を上げられるメリットがあります。その一方で、合わせの際には、その太いボディを貫いてフッキングさせる必要があります。

フッキングのしやすさは、針とワームの接触面積によります。ストレートワーム等は、針とワームの接触面が少ないことから、合わせの際は、それほど力を入れなくてもフッキングします。一方、ファットイカは、その太いボディゆえ、合わせに大きな力が必要になります。

この問題を解決するため、ワームボディとフックの摩擦力を低減するために、ワームボディーを切ってフッキングしやすいようにチューニングします。

これにより、ファットイカのメリットを生かしつつ、フッキングもしやすい最強のワームが出来あがります。是非実践してみてください。今までよりもフッキングしやすくなったことが分かると思います。




ファットイカの付け方


標準

通常のフックの付け方は、スカート側からフックの先端をさします。


バックスライド

バックスライドさせたい場合は、スカート側の逆側からフックの先端を刺します。これにより、重心が先端になるため、飛距離が出るようになり、またフォーリングの際に、バックスライドしながらフォーリングする様になります。※バックスライドさせたい場合は、着水後、ラインをフリー(張らない状態)にしてください。

ベイトリールの場合は、サミング後にラインを送り出してください。スピニングの場合には、着水後、ベールをそのままの状態にしておけばラインがフリーの状態が保たれます。フォーリングでバイトがある場合があるので、ラインの挙動には十分気を付けてください。




ファットイカの種類

ファットイカには3種類あります。用途に応じて選定してください。


  • ファットイカ
  • ベビーファットイカ
  • ヘビーカバーファットイカ


ファットイカ

全長100mm、自重12g、スタンダードモデルのファットイカ。推奨フックサイズは♯4/0-5/0となります。高いすり抜け性能を誇り、逆刺しのバックスライド、ノーマルセッティングでのダートアクション等、高い操作性を誇るモデルです。


ベビーファットイカ

全長80mm、自重6g、ファットイカの小型モデルとなります。推奨フックサイズは♯2/0となります。フラスカートの本数が12本とスタンダードモデルと比べ半分の本数となり、ボリューム、フォールスピードを抑えたいという場面で使用します。


ヘビーカバーファットイカ

全長100mm、自重11g、耐久性を向上させたセミハードマテリアルモデル。推奨フックは♯4/0-5/0となります。ヘビーカバーの奥に突っ込む時、陸っぱりからのフルキャストに最適なモデル。


カラー

通常のワームを選ぶ際の選定方法で良いと思います。


ルアーカラーの選定について

シーバスを使った実験で、背景色により反応するルアーカラーの傾向について解説しています。

▼おすすめ




人気(おすすめ・売れ筋)【ランキング】

ランキングはナチュラムのランキングを使用しています。

順位 商品名 販売サイト
1位 ベビー【ファットイカ】 ・Amazon
・ナチュラム
・楽天
2位 ヘビーカバー【ファットイカ】 ・Amazon
・ナチュラム
・楽天
3位 【ファットイカ】 ・Amazon
・ナチュラム
・楽天


評価・評判・口コミ(レビュー)

ノーシンカーでも良く飛びます。 霞ヶ浦で葦際を打つときに使用してますが、えぐれに良く入りこんでくれるので放せません。
ぶっ飛びます。釣れます。ただ少々お高いですね
動き飛距離全て満足です。 唯一の欠点は値段が高すぎることです。

評価は、代表して【ファットイカ】のものを掲載しています。



スポンサードリンク




まとめ

いかがでしたか!?ファットイカについて、釣り方(仕掛け・アクションの)コツ、サイズ、カラー、人気(おすすめ・売れ筋)【ランキング】等をご紹介させて頂きました。

ゲーリーヤマモトには、これ以外にも『ヤマセンコー』『カットテール』『イモグラブ』等、他社のワームを圧倒する商品がありますが、もしかしたらこの『ファットイカ』が最強のワームかもしれません。是非、実践してみてください。また、ソルトウォーターの根魚(ロックフィッシュ)でも使用可能です。


ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)

ゲーリーヤマモト
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)ワームランキングについては、こちらの記事をご覧ください。
・【最強ワーム】ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)のワームランキング、おすすめは!?

<ゲーリーヤマモトの名作ワーム>
 ・ヤマセンコー
 ・カットテール
 ・イモグラブ


名作ワーム


バスフィッシング用ルアー

altタグ
バスフィッシング用のルアーについては、こちらの記事をご覧ください。
・バスフィッシングに使う、ルアーの種類【まとめ】



バス釣り ブログランキングへ


関連記事

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!
スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ