バス釣り【最強・名作】ワーム【ファットイカ(ゲーリーヤマモト)】はなぜ釣れる!?釣果(淡水・海水)、釣り方(仕掛け・アクションの)コツ、タックル(ロッド・リール・ライン)、サイズ、カラー、人気(おすすめ・売れ筋)【ランキング】

バス釣り【最強・名作】ワーム【ファットイカ(ゲーリーヤマモト)】について、釣り方(仕掛け・アクションの)コツ、サイズ、カラー、人気おすすめ【ランキング】等を【まとめ】てみました。ファットイカはバス釣り用のワームですが、淡水・海水のあらゆるフィッシュイーターを釣る事が可能です。



スポンサードリンク


目次

ファットイカとは!?

ゲーリーヤマモトが販売している【最強】の名作ワームです。形状はイモグラブの頭にフラスカートが付いているワームです。イモグラブも良く釣れますが、ファットイカはさらに釣れるイメージです。


ファットイカはなぜ釣れる!?

ファットイカにはフラスカート(イカの足)が付いています。この足がバスの食い気を誘います。水中でこのスカート(イカの足)が、水流により【ふわふわ】動きます。これがバスの食い気を誘うと言われています。


ファットイカの種類

ファットイカには3種類あります。用途に応じて選定してください。


  • ファットイカ
  • ベビーファットイカ
  • ヘビーカバーファットイカ
種類 特徴
ファットイカ 全長100mm、重さ12g、スタンダードモデルのファットイカ。推奨フックサイズは♯4/0-5/0となります。高いすり抜け性能を誇り、逆刺しのバックスライド、ノーマルセッティングでのダートアクション等、高い操作性を誇るモデルです。
ベビーファットイカ 全長80mm、重さ6g、ファットイカの小型モデルとなります。推奨フックサイズは♯2/0となります。フラスカートの本数が12本とスタンダードモデルと比べ半分の本数となり、ボリューム、フォールスピードを抑えたいという場面で使用します。
ヘビーカバーファットイカ 全長100mm、重さ11g、耐久性を向上させたセミハードマテリアルモデル。推奨フックは♯4/0-5/0となります。ヘビーカバーの奥に突っ込む時、陸っぱりからのフルキャストに最適なモデル。



スポンサードリンク


ファットイカで釣れる魚魚と釣果

区分 画像 魚種
淡水 ラージマウスバス・スモールマウスバス・雷魚(ライギョ)・鯰(ナマズ)等
海水 カサゴ・クロソイ・アイナメ・ハタ等



スポンサードリンク


ファットイカの【メリット・デメリット】


メリット


  • 飛距離が出る(良く飛ぶ)
  • フックの付ける方向を変えるとバックスライドする
  • 引っ掛かりにくい
  • 素材が柔らかい
  • 塩が入っている


飛距離が出る(良く飛ぶ)

ゲーリーヤマモトの高比重素材であるため良く飛びます。ノーシンカーリグでもかなりの飛距離を稼ぐ事が出来ます。このため、ノーシンカーリグの最大のメリットであるナチュラルな動き(アクション)が出来て、尚且つ広範囲を探る事ができます。丘っぱり等では、飛距離が出ることにより魚を釣る確率を上げることができます。


フックの付ける方向を変えるとバックスライドする

ファットイカは、フックの付ける方向を反転(逆)に付けることで、フォーリングの際のフォール方向を変える事が出来ます。ヘビーカバーの様に、カバーの奥までキャスティングで入れられない場合に、ヘビーカバーの手前にファットイカを落とし、水中でバックスライドさせてヘビーカバーの中に入れる場合に有効です。


引っ掛かりにくい

ストレートワームと比較すると、形状が小さいため、ヘビーカバーの様なポイント(場所)を攻める場合にヘビーカバーに引っ掛かりにくく扱いやすい形状です。


素材が柔らかい

素材が柔らかいため魚が一旦加えるとなかなか離さないため、バラシが少なく魚を釣りあげられる可能性が高くなります。


塩が入っている

塩がワームに含まれるため、魚が一旦加えたらなかなか離しません。塩は、魚の体液をイメージしていると言われています。食われた魚が血(体液)を出しているように感じると言われています。


デメリット


  • 値段(価格)が高い
  • ワームが切れやすい


値段(価格)が高い

通常のワームに比べ割高な値段(価格)設定です。


ワームが切れやすい

ゲーリーヤマモトのワームは素材に塩(ソルト)が含まれているため、樹脂(素材)の結合力が弱く切れやすいのが特徴です。ファットイカは、同じゲーリーヤマモト製のヤマセンコー、カットテール等に比べ、ボディーが太いため、切れにくくはなっていますが、一般の塩(ソルト)無しワームに比べれば切れやすいと言えます。



スポンサードリンク


仕掛け(リグ)

ノーシンカーリグ、テキサスがおすすめのです。ノーシンカーリグでは、バックスライドさせることでカバーの奥までファットイカを入れることが可能です。


仕掛け


  • ノーシンカーリグ
  • 逆付け(バックスライド)リグ
  • テキサスリグ
  • キャロライナリグ


ノーシンカーリグ

ヘビーカバー、オープンウォーターでおすすめです。フォーリング中のナチュラルなアクションをさせたい場合に有効なリグ(仕掛け)です。

ノーシンカーリグ


逆付け(バックスライド)リグ

バックスライドリグでは、着水してから水底へ垂直にフォールしないで、後ろへ下がフォールをします。つまり、着水ポイントより奥にフォールさせたい場合に使用します。バックスライドさせるポイントとしては、オーバーハングと水面の隙間が少ないような場所、護岸で護岸の下がえぐれている様な場所に適しています。

ファットイカは、その重が後方(フラスカートと逆)側にあり、フックの付け方を逆にすることでフォールする方向をコントロールすることが可能です。この下には必ずバスが居ると思えるポイントでは、このバックスライドリグが有効です。フォールの際に、バイトする可能性もあるためラインの挙動に注意を払ってください。


テキサスリグ

ヘビーカバー、オープンウォーターでおすすめです。フォーリングのスピードを早くしたい場合に使用します。バスは、その日のコンディションによりフォールスピードにより釣果に差が出る場合があります。ノーシンカーで反応が悪い場合に、シンカー(ジグヘッド等)で早く落とすと反応が良くなる場合があります。

テキサスリグ


キャロライナリグ

オープンウォーターでおすすめです。スイミング的に使用したい場合は、このリグ(仕掛け)でも良いでしょう。


ワームの仕掛け(リグ)



スポンサードリンク


アクション


  • ズル引き
  • フォーリング
  • ステイ
  • リフト&フォール


ズル引き

ズル引きの基本的な方法は、キャストし着底するまで待ちます。この際にラインには注意を払ってください。ラインが動いているときは着底していません。ラインが動かなくなったら着底です。

着底が確認できたらズル引きます。この際に、ラインを張りすぎないように注意してください。水面から出ているラインが少し弛んでいるくらいが最適です。ラインを張り過ぎていると確実なボトムキープが出来ていない場合があります。

ズル引いて行くとボトム(底)の変化が分かります。何か障害物等に当たった場合は、その場所でストップしたりシェイク等を入れると釣れる可能性が高くなります。

ズル引きは、底(ボトム)の変化を感じながら、ボトム(底)が変化しているポイントを探しながら釣る方法です。バスは障害物周りに付いてベイトを狙っています。釣れるポイントが分かれば、集中的にそのポイントを釣ることで数を追加できる可能性があります。


フォーリング

フォーリングさせるだけでバイトします。フォーリングで食う場合は、バスが浮いている場合が多いです。この場合は、ノーシンカー等で出来るだけゆっくり落とすのがおすすめです。フォーリングには、ラインを張らないでフォースさせるフリーフォール、ラインを張った状態でフォールさせるカーブフォールがあり、垂直に落としたいポイントでは、フリーフォール、カーブさせながら手前側にフォールさせたい場合はカーブフォールがおすすめです。フリーフォールは、カバー等があり垂直に落としたい場合、カーブフォールは、オープンエリア等で中層に居るバスにアピールさせたい場合等に使います。


ステイ

フォーリング後ステイさせます。これだけでバイト可能です。むしろ下手なアクションをさせるより、ステイさせた方が有効な場合があります。ステイで食う場合はバスがボトムのベイトを意識している場合に有効です。特に有効なのは見えてるバスに対してアプローチする場合です。キャストがバスに気づかれない様に、バスの進行方向の数メートル先に投げてステイさせてみてください。


リフト&フォール

ステイ後、リフト&フォールさせるとバイトする場合があります。また、オープンウォーターでも有効なアクションです。基本的には、着水後、ボトムまでフォールングさせ、ステイ後、リフト&フォールさせながらスイミングさせるとバイトします。


ウェッピング

カバーを狙う釣りで、どうしても下から入れられない場合に、カバーの上からファットイカを投げて釣る釣り方です。バスプロの青木大介さん等が、霞ヶ浦水系のおかっぱりで使用しているアクションです。カバー(木の枝等)に向かってファットイカを投げます。この木の枝にライン掛けてファットイカを水面に付けたり離したりを繰り返します。バスが居る場合は、下からバスがバイトする場合があります。



スポンサードリンク


ファットイカに最適な【タックル】

ファットイカは6インチで10g前後の重さになります。従ってタックルはベイトタックルが最適です。


ロッド

ロッドは7ft前後で、硬さはMH程度がおすすめです。シチュエーションにもよりますが、ハードカバーから引きづり出す場合この程度の硬さがおすすめです。


リール

リールはハイギアのベイトリールがおすすめです。基本的にはカバーフィッシングメインで使うため、カバーを打ったらすばやく回収出来るハイギアが効率良く釣りをできるためおすすめです。


ライン

カバー打ちがメインで有ると考えると最低14lb程度が良いでしょう。カバーの深さを見て、16lb、18lbと太さを変えてください。スピニングの場合は、フロロ5lb、6lbまたはPE1号にフロロカーボンの10lbリーダー等で対応するのがおすすめです。

ロッド
ベイトリール
ライン


ファットイカに最適な【フックサイズ】

ファットイカで通常使用するフックは、オフセットフックの#4/0もしくは#5/0が最適です。


バスプロの奥田学の釣り方

奥田学さんは、オフセットフックの#2/0を使うという方法を多様しています。フックサイズを小さくすることで、ファットイカを巻いて使った時にフラフラとバイブレーションしながらアクションさせるためだそうです。大きいサイズだと真っ直ぐ泳いできてしまい、釣果に差がでるそうです。シチュエーションに合わせて、フックサイズを変更しながら釣ってみてください。

ワームフック



スポンサードリンク


ファットイカのチューニング


  • スリット(切り込み)
  • ネイルシンカー


スリット(切り込み)

ファットイカはその太いボディ形状により、飛距離を伸ばして釣果を上げられるメリットがあります。その一方で、合わせの際には、その太いボディを貫いてフッキングさせる必要があります。

フッキングのしやすさは、針とワームの接触面積によります。ストレートワーム等は、針とワームの接触面が少ないことから、合わせの際は、それほど力を入れなくてもフッキングします。一方、ファットイカは、その太いボディゆえ、合わせに大きな力が必要になります。

この問題を解決するため、ワームボディとフックの摩擦力を低減するために、ワームボディーを切ってフッキングしやすいようにチューニングします。

これにより、ファットイカのメリットを生かしつつ、フッキングもしやすい最強のワームが出来あがります。是非実践してみてください。今までよりもフッキングしやすくなったことが分かると思います。


ネイルシンカー

ファットイカで最もおすすめのリグは、ノーシンカーリグですが、水深があるポイントや確実にバスがボトム(底)に付いていると確信できる場合は、ネイルシンカーをファットイカのボディーに挿入して使う方法がおすすめです。シンカーの重さは2g~3g程度です。シンカーの重さは、風や流れの強さで変えるのが良いでしょう。シンカーを挿入する場所は、ボディーの真ん中、ボディーの先端等、人によって違います。色々な場所に挿入してみてアクションを確認してみてください。

ネイルシンカー


ファットイカの付け方


バックスライド

通常のフックの付け方は、フラスカートの逆側からフックの先端をさします。


バックスライドは逆にフックを付ける

バックスライドさせたい場合は、スカート側の逆側からフックの先端を刺します。これにより、重心が先端になるため、飛距離が出るようになり、またフォーリングの際に、バックスライドしながらフォーリングする様になります。※バックスライドさせたい場合は、着水後、ラインをフリー(張らない状態)にしてください。

ベイトリールの場合は、サミング後にラインを送り出してください。スピニングの場合には、着水後、ベールをそのままの状態にしておけばラインがフリーの状態が保たれます。フォーリングでバイトがある場合があるので、ラインの挙動には十分気を付けてください。



スポンサードリンク


ファットイカのカラー(色)

おすすめのカラー(色)は、そのシルエットがはっきり見えるウォーターメロン(ソリッド)等がおすすめです。その他、定番のグリーンパンプキン、ブラック系もおすすめです。


神カラー

ファットイカは巷で【神カラー】と呼ばれているカラーが存在します。これは、カラーNo.【206】です。カラー(色)の名称は、シナモン/グリーンフレークです。【神カラー】と呼ばれている理由は、JB TOPプロの青木大介さんが多用しているからだそうです。カラー(色)クリアー系の色(カラー)で、藻エビのような小型の甲殻類をイミテートした様なカラー(色)で、クリア、ステイン系の水質に強そうなカラー(色)です。

画像 品名 販売サイト
ファットイカ(カラー:シナモン/グリーンフレーク【206】) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム


ワームのカラー(色)について

バスプロが評価する、バスフィッシング(バス釣り)用のワームのカラーについて【まとめ】ました。迷ったら、ブラック・スモーク。ウォーターメロン等がおすすめです。

良く釣れるワームカラー(色)
魚から良く見えるカラー(色)



スポンサードリンク


人気(おすすめ・売れ筋)【ランキング】

ランキングは大手通販サイトのナチュラムの売れ筋ランキングを使用しています。

順位 商品名 販売サイト
1位 ベビー【ファットイカ】 ・Amazon
・ナチュラム
・楽天
2位 ヘビーカバー【ファットイカ】 ・Amazon
・ナチュラム
・楽天
3位 【ファットイカ】 ・Amazon
・ナチュラム
・楽天


評価・評判・インプレ・口コミ(レビュー)

ノーシンカーでも良く飛びます。 霞ヶ浦で葦際を打つときに使用してますが、えぐれに良く入りこんでくれるので放せません。

ぶっ飛びます。釣れます。ただ少々お高いですね。

動きき飛距離全て満足です。 唯一の欠点は値段が高すぎることです。



スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか!?ファットイカについて、釣り方(仕掛け・アクションの)コツ、サイズ、カラー、人気(おすすめ・売れ筋)【ランキング】等をご紹介させて頂きました。ゲーリーヤマモトには、これ以外にも【ヤマセンコー】【カットテール】【イモグラブ】等、他社のワームを圧倒する商品がありますが、もしかしたらこの『ファットイカ』が最強のワームかもしれません。是非、実践してみてください。また、ソルトウォーターの根魚(ロックフィッシュ)でも使用可能です。

ゲーリーヤマモト
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)ワームランキングについては、こちらの記事をご覧ください。
・【最強ワーム】ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)のワームランキング、おすすめは!?
【最強・定番・名作】バス釣り用【ワーム】人気(おすすめ)【ランキング】これだけあればバスは必ず釣れる! 【最強・定番・名作】バス釣り用【ワーム】人気(おすすめ)【ランキング】これだけあればバスは必ず釣れる!


バス釣り ブログランキングへ



スポンサードリンク


関連記事


ワームの釣り方

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ