『ベイトリール(バス釣り用)』の【メリット・デメリット】選び方、おすすめは!?

ベイトリールを購入したいけど、何を購入したらいいかわからないという人も多いのではないでしょうか!?そこで今回は、ベイトリールについて、【メリット】【デメリット】選び方、おすすめ【ランキング】についてまとめてみました。



スポンサードリンク




ベイトリールとは!?

ベイトリールは重いルアーを巻く力が強いく、太ラインを巻く事が可能です。 投げた時にスプールの回転抵抗があり、飛距離的はスピニングに劣ります。

※高性能ベイトリールに関しては、スピニングリールよりも飛距離を出す事が可能な場合があります。ここではあくまでも一般的なリールと言う意味で記載させて頂いております。

しかし、その一方で、投げて巻く動作の手返しのよさや、近距離へルアーを投げ易い事から、バスフィッシングでは大変重宝するリールです。




ベイトリールの【メリット・デメリット】



メリット


  • 重いルアーを投げる事ができる
  • 太い糸が巻ける
  • 糸よれが発生しにくい
  • コントロールしやすい
  • 手返しがいい



重いルアーを投げる事ができる

ベイトリールは巻きとる力が強いため、重いルアーを使うのに適しています。ベイトリールは構造上スプールに同じ方向で糸が引き出され、そのままの方向で巻き取ります。これは糸に負担をかけにくく、小型で巻き上げ力の強いリールを作ることが可能です。

最近ではベイトフィネスという軽いルアーを投げる事ができる、ベイトリールが大ヒットしています。ベイトフィネスの台頭でベイトリールの概念が大きく変わりました。



糸よれが発生しにくい

スピニングリールはその構造上(最近ツイストバスターやら糸よれ防止機能が発達はしてきましたが)よれが必ず発生します。これが発生しないのもベイトリールの特徴です。



ラインでもトラブルが少ない

スピニングリールのデメリットは、その巻き取り方法に問題があります。スピニングリールは、ラインを一度折り曲げながら巻きます。このため、ラインに対してルアーが軽すぎる、引き抵抗が少ない場合テンションを張れずに巻き取ることになり、次のキャストでトラブルが起きやすくなります。

一方、ベイトリールでは、少し位テンションが掛らないで巻かれてもトラブルは起きづらいです。逆に細すぎるラインの場合はやはり噛んでしまいます。ベイトリールで細番手のPEがトラブルになりやすくなります。

スピニングの場合、太いラインはスプールに馴染み辛くトラブルになり易くなります。このため、太い糸の場合、ベイトの方が扱いやすいという事になります。



コントロールしやすい

ベイトリールはスピニングリールよりコントロールがしやすい特徴があります。



手返しがいい

スピニングとその動作工程を比較します。ベイトリールは、スピニングに比べ2工程少なく、手返しのいいベイトリールのほうが、多くのポイントを短時間で探る事が可能になるため、釣果に対して有利になります。

スピニングリールのアクションと、ベイトリールのアクションを比較してみると、ベイトリールの方が2工程少なくなり、動作効率が良い事が分かります。

工程 スピニング ベイト
工程1 ラインを人差し指に引っ掛ける スプール(ライン)を親指で押さえると同時にクラッチを切る
工程2 ベイルを倒す キャスト
工程3 キャスト ルアー着水と同時にサミングでラインを止める
工程4 ルアー着水と同時にフェザーリングでラインを止める リーリング
工程5 ベイルを戻す
工程6 リーリング



デメリット


  • 操作性になれが必要
  • 着水後のラインだし



操作性に慣れと技術がが必要

スピニングに比べ、バックラッシュなどやや操作性が難しい。慣れればこの限りではありません。

バックラッシュとは!?

ベイトキャスティングリールの場合は、キャストするときにスプール自身が回転し、ルアーを遠くへ飛ばすように作られています。

この際、初速でスプールは一気に回転します。しかし、飛んでいくルアーが何らかの抵抗(外力)を受けると、スプールが、勢いよく回転しているにも関わらず、ルアーが抵抗を受けて原則する場合があります。

この際、ルアーの飛んでいく速度に対して、スプールの回転速度が上回り、スプールのオーバーランによりラインだけが出ようとしてしまうため、グシャグシャのバックラッシュが起きます。



着水後のラインだし

ベイトリールを使用する場合、着水してから着底するまでの間(フォーリング)のアタリを取るために、サミングのタイミングを遅らせたり、ラインを繰り出してやらなければならないという面倒臭い手間が掛かります。

一方、スピニングだとベイルを戻さなければラインは出っ放し、ラインの動きに集中することができます。



スポンサードリンク




ベイトリールの選び方

ベイトリールを選ぶときは以下の事を念頭に選定してください。


  • 右利き、左利き?
  • ブレーキ性能
  • ローギア・ハイギア
  • 価格帯は!?



右利き、左利き?

スピニングリールと違い、ベイトリールはハンドルを付け変えて、右巻き用、左巻き用を切り替える事ができません。従って、必ず、購入前に必ずどちらのハンドルがいいか決めてから購入してください。


右ハンドルと左ハンドルどっちがいいの!?

ロッドを持ち変えないで巻ける方にハンドルがあった方が効率が良くなります。つまり、右利きの人は右手で投げ左ハンドルで巻くのが効率が良くなります。

しかし、右利きだけど、左ハンドルは、苦手という人もいます。この場合は右利きでも右ハンドルを選びましょう。



ブレーキ性能

ブレーキ性能は、大きく分けて3種類あります。


  • 遠心ブレーキ
  • マグネットブレーキ
  • デジタルコントロール

以下にその特徴を示します。

ブレーキの種類 機能 特徴
遠心ブレーキ ●キャスト時のスプールの回転による遠心力でブレーキがかかる。
●キャスト直後が最もブレーキが強く、遠心力が弱まるにつれてブレーキが弱くなる。
●バックラッシュの可能性は高いが遠投性能に優れている。
■アナログ方式
・最も古いシステム
・遠心力によりブレーキの効きが変化
・釣行中の変更が面倒
・初心者向きでない
・メンテナンスが必要
マグネットブレーキ ●マグネットの強弱を変えることでブレーキ性能を調整可能。
●キャスト時から着水までブレーキの効きが一定である。
●遠心ブレーキに比べ、バックラッシュしにくい。
●遠心ブレーキのリールより飛距離が出にくい。
■アナログ方式
・ダイヤルでブレーキ強度を簡単に変更可能
・バックラッシュしにくい
・ほぼメンテナンスフリー
デジタルコントロール ●電子制御によりキャストした瞬間から着水までの遠心力の変化を読み取り、ブレーキを自動調整。
●バックラッシュしにくいが、遠心ブレーキのリールより飛距離が伸びにくい。
■デジタル方式
・プログラム制御
・ブレーキをダイヤルモードで変更可能
・バックラッシュしにくい
・ほぼメンテナンス不要


どっちを選べばいいの!?

飛距離がほしい時は、遠心ブレーキのリールがおすすめです。実際にベイトで飛距離がほしいという状況はあまりないので、それ以外の場合は、メンテナンスもほぼ不要なマグネットブレーキがおすすめです。



ローギアとハイギアの使い分け

リールにはローギア、ハイギアの2種類が存在します。ベイトリールも同様です。ギア比とは、ハンドル1回転あたりのスプールの回転数で、表記としては6.3:1(ハイギア)であれば、ハンドル1回転でスプールが6.3回転するリールになります。



ローギア

ローギアは巻くスピードを調整しやすいので、主に、スピナーベイト、クランクベイト、バイブレーションなどのルアーに適しています。



ハイギア

ハイギアは巻くスピードが速いので、テキサスリグ、ラバージグなどのカバー撃ちなどに適しています。回収スピードが速いため手返し良く、効率を上げる事が可能です。



価格帯について

価格帯については、機能面、信頼性の観点から2万円前後のリールがおすすめです。




おすすめのベイトリールは!?

ベイトリール-おすすめ
バスフィッシング用のベイトリールおすすめ【ランキング】については、こちらの記事をご覧ください。
・『バスフィッシング』用ベイトリール価格帯別【ランキング】シマノ・ダイワおすすめは!?




まとめ

いかがでしたか!?ベイトリールにもかなり多くの種類が存在します。予備知識として今回ご紹介した事を頭にいれて商品選定をしてみてください。

ブラックバスフィッシングを始めるために必要な道具一式【初心者(入門)でもこれだけあれば大丈夫!】 ブラックバスフィッシングを始めるために必要な道具一式【初心者(入門)でもこれだけあれば大丈夫!】
【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】



バス釣り ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!
スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ