【シーバス】をルアーで夜(ナイトゲーム)釣るための【基礎知識】、時期、場所(ポイント)、釣り方(アクション)、カラー(色)、ルアーの種類【まとめ】

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%90%e3%82%b9-%e5%a4%9c

シーバスをルアーで夜釣るための基礎知識、釣り方、カラー(色)、ルアーの種類について【まとめ】てみました。



スポンサードリンク




夜のシーバスの行動パターン

シーバスは、昼はボトム(底)付近にいる場合が多く、夜は水面付近を意識すると言われています。




夜のシーバスの釣り方

シーバスの行動パターンに合わせて釣る事が重要です。昼はボトム付近に居る事が多いため、ワーム、バイブレーション等に良く反応します。夜は、ミノー等の表層付近を意識するので、表層付近を泳ぐルアーが有効的です。




どんな時期(季節)、潮が良いの!?


時期(季節)


バチ抜けが起きる春は、夜釣りに適した季節(時期)です。

バチ抜け
バチ抜けパターンについては、こちらの記事をご覧ください。
・バチ抜けシーズン到来!春のシーバスはこうやれば釣れる!おすすめルアーは何!?


夜のシーバスフィッシングは、夜に潮が大きく動く冬がお勧めです。一方、夏は昼間の方が潮の動きが多きため、昼の釣りがお勧めです。夏でも釣れないわけではないので、また、釣り人にとっては、夜の方が気温も下がり釣りやすいですね。



シーバスフィッシングの潮の考え方については、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスフィッシングで釣れやすい潮回りってどんな時!?大潮、中潮、小潮!?上げ潮、下げ潮どっちがいいの!?




装備


フローティングベスト

夜は、足場も見えなくなり危険なため、安全を確保するために、必ず、フローティングベストを着用してください。

フローティングベスト
フローティングベストについては、こちらの記事をご覧ください。
・シーバス用フローティングベストの選び方、機能から考えるおすすめはこれだ!【ランキング】


ヘッドライト


その他のシーバスフィッシングに必要な道具(装備)

シーバス-道具
シーバスフィッシングの道具(装備)については、こちらの記事をご覧ください。
・初心者必見!シーバスに必要なアイテム(道具)一式調べてみた、予算はどれくらい必要?




どんな場所(ポイント)が釣れるの!?

昼間釣れる場所であれば、サーフ河川堤防等、どこでも釣ることができます。特に夜は、シーバスの警戒心も薄れるため、夜は釣り易くなります


明暗の境目は狙い目!

シーバスを釣るためには、『明暗』が重要になります。橋脚の下なんかでは、ライトに照らされた水面と、橋自体でできた影の部分で、『明暗』が生まれます。漁港の常夜灯なんかでも、照らされた明るい部分と周りの暗い所で『明暗』が生まれます。シーバスはこういう明暗の暗の部分に隠れて、エサが流れてくるのを待ち伏せします。




釣り方

河川だと流れがあるため、上流の明るい部分にルアーを投げて、下流に流されながら暗い部分に流し込む『ドリフト』や『U字メソッド』が有効的です。

橋の下でシーバスを釣る場合、いきなり橋脚に向かってルアーを投げるよりも、明るい少し橋桁から離れたところから、暗い場所へルアーを流し込むのが有効的です。

漁港の常夜灯周りなども明るい部分にルアーを投げ、暗い部分との境目を通してみてください。

直接、暗い部分に投げると、その着水温で、シーバスに逃げられてしまう場合もあるので注意が必要です。




ルアーのアクション(動き)

デットスローが有効的です。シーバスは捕食が下手な魚です。特に夜は、ゆっくり(スロー)を心がけてください。

基本的にはゆっくり(スロー)が有効ですが、トゥイッチやジャークなど、アクションも有効な場合もあるので、臨機応変に対応してください。

シーバスは、流れの変化などで自然にルアーがバランスを崩したタイミングなどで釣れる場合が多いので、タダ巻きで釣れなかったらアクションを付けるのも有効な場合があります。

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%90%e3%82%b9-%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%bc-%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3
ルアーのアクションについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスのルアーのアクションはどおすればいいの!?どんなアクションが釣れるの!?やり方【まとめ】




ルアーのカラーについて

シーバスはよる水面を意識しています。つまり下から上を見上げています。この時にシーバスに認識される色が釣れやすいとされています。実際には、シーバスが完全に目でルアーを追っているかは不明ですが、以下の様な事が一般的に言われています。


光量が多い場所

光量が多い場所では、黒などのダーク系のカラーが有効です。下から見た時に、下から見上げた時に、全体的に光が差す中、黒いルアーが目立つためです。


光量が少ない場所

白などの膨張色が有効です。下から見上げた場合に、黒い光の中に、白いルアーが目立つためです。

▼おすすめ



スポンサードリンク




夜におすすめのルアーは!?

表層系のルアーが有効的です。色は黒(ブラック)、白系のルアーがおすすめです。


トップウォーター


シンキングペンシル


ミノー

<名作>
 ・カウントダウン ラパラ




まとめ

いかがでしたか!?夜はシーバスも昼間と違い警戒心が薄れます。どちらかというと昼間より釣れやすくなります。出来るだけ広範囲を狙う事で効率的に釣る事ができます。是非挑戦してみてください。


関連記事

【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】 【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】


シーバス ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ