冬(12月、1月、2月)のシーバス攻略、どおすれば釣れるの!?ルアー、ポイント(場所)はどこがいいの!?

冬-シーバス

冬のシーバス攻略はどの様にすれば釣れるのか!?またルアーの選定や、ポイント(場所)の選定はどおすればいいのか!?今回は『冬のシーバス攻略』と題して解説させて頂きます。



スポンサードリンク



冬の定義

ここで解説する冬とは、初冬~晩冬(12月~翌2月頃)を示しています。



冬のシーバスはどのような状態!?

冬のシーバスは産卵を行う時期です。



冬のシーバスはどこにいるの!?

大半のシーバスは産卵のため沖の深場へと移動します。但し、全てのシーバスが一斉に深場へと移動するわけではありません。産卵の時期は固体によって一定ではありません。冬のシーバスは以下の3パターンに分けることができます。


  • 産卵前の固体
  • 産卵後の固体
  • 産卵に関係ない固体


産卵前の固体の特徴

産卵前の個体は秋の荒食いで良く肥えています。


産卵後の固体の特徴

産卵後の固体はゲッソリと痩せています。


産卵に関係ない固体の特徴

産卵に関係ない個体はセイゴクラスの幼魚(当歳魚)の割合が多く、まだ産卵できるほどに成熟して固体です。



スポンサードリンク



冬のシーバスはどんなポイントで釣れるの!?

冬の時期は冷たい北風と冷雨によって表層の海水温が下がりやすく、またプランクトンの活動が鈍いため海水の透明度が高くなります。また、沿岸部の浅場には魚が寄ってこない傾向にあります。

このため、シーバスは水温が安定している沖の深場、温排水が流れ込んでいる場所、潮汐や海流によって温かい海水が運ばれてくる場所などが魚が集まります。シーバスが釣れるポイント(場所)は周囲より水温が高いという共通点があります。

具体的なポイントとしては発電所の温排水や温度変化の少ない小魚が寄っている岸壁などになります。



冬のシーバスはどんなルアーがおすすめ!?

シーバスは水温が下がると動きが鈍くなり高速で動くルアーには食ってこなくなります。この様な状況下では、バイブレーションのずる引きやワームのずる引きが有効になります。

シーバス用バイブレーションルアーの選び方(種類、メリット・デメリット)をまとめてみた。おすすめはどんなルアー? シーバス用バイブレーションルアーの選び方(種類、メリット・デメリット)をまとめてみた。おすすめはどんなルアー?
シーバスを『ワーム』で釣ろう!釣り方、『ワーム』『ジグヘッド』についてまとめてみた!おすすめは!? シーバスを『ワーム』で釣ろう!釣り方、『ワーム』『ジグヘッド』についてまとめてみた!おすすめは!?



雨が降ったらシーバス釣りに行こう!

冬の雨にはシーバスを釣りやすくしてくれる要素が色々とあります。これは雨により適度な濁りが入るためです。このためシーバスの警戒心が和らぎ釣れる可能性が高くなるからです。

但し、気温や水温を下げてしまう冷たい雨や雪の場合は、逆に活性が下がる事もあります。この辺りは見極めは重要になります。

季節毎にシーバスが捕食しているベイトについてはこちらの記事をご覧ください。
・シーバスは季節毎に食べる餌が違う!春・夏・秋・冬、シーバスは何を食べてる(捕食してる)の!?【マッチザベイト】
シーバスのシーズナルパターン、【春・夏・秋・冬】シーバスの釣り方、パターン、おすすめルアー等 シーバスのシーズナルパターン、【春・夏・秋・冬】シーバスの釣り方、パターン、おすすめルアー等


関連記事

【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】 【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】


シーバス ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ