シーバスを『ワーム』で釣ろう!釣り方(アクション)、仕掛け(リグ)、サイズ(大きさ)、『ワーム』『ジグヘッド』について【まとめ】てみた!おすすめは!?

シーバス-ワーム

近年、シーバスを『ワーム』で釣るのが流行っています。これにはいくつかの理由があります。これらの理由も含め、今回はシーバスを『ワーム』で釣る方法について解説させていただきます。



『ワーム』とは!?

ワーム

『ワーム』は、ソフトルアーとも呼ばれ、『ジグヘッド』と呼ばれる重りつきの針につけて使うルアーの事を言います。 ここ数年で急激にシーバス釣りに浸透しはじめた『ルアー』です。



『ワーム』の特徴

ハードルアーは巻くだけでアクションをしてアピールし魚を寄せてくるのに対し、『ワーム』は動きが少なくアピールが少ないのが特徴です。

アクションの大きなルアーに対して警戒心を持ち、口を使わないシーバスに対して効果があります。また『ワーム』の自然なアクションはハードルアーには見向きもしないスレてるシーバスが食うことが良くあります。

最近ではアピールが弱く魚を寄せてこない欠点を解消するために、銀粉を練り込み、光の反射を強くしてアピールする製品も発売されています。

ミノーやバイブレーションを投げても魚の反応がない時などに使用すると釣れることがあります。



スポンサードリンク



『ワーム』フィッシングの【メリット・デメリット】

『ワーム』フィッシングの【メリット・デメリット】について簡単にまとめてみました。どちらかというと、メリットが多い様に思います。


メリット


  • 音が出ないため警戒心あまり与えない
  • スレてるシーバスでも釣れる可能性が高い
  • スレづらいので連続ヒットする可能性がある
  • 波動が弱った魚に近い
  • 動きがナチュラル
  • 柔らかいためバイト時に深く食う、追い食いしやすい
  • ハードルアーに比べ価格が安価


デメリット


  • アピール力がないため集魚効果が少ない、回遊待ちには不向き
  • 柔らかいためちぎれやすい
  • セッティングを間違えると動きが悪くなる
  • 手返しが悪い



『ワーム』の種類・サイズ・カラーについて

シーバス用の『ワーム』には様々な種類・サイズ・カラーがあります。どの様なシーバスを釣るにはどの様な『ワーム』を使用すればいいのか解説します。


ワームの種類

シーバスフィッシング用のワームは大きく分けて『シャッドテールタイプ』『ピンテールタイプ』の2種類になります。

シャッドテールタイプ

エコギア-グラスミノー

グラスミノーを代表とするシャッドテールタイプは、パイロット的に使用します。このワームはアピール力の高いタイプ で、ただ引きするよ様な時に使用します。『ワーム』釣りの基本となるルアーです。


ピンテールタイプ

エコギア-ミノー

テールの先端がストレート形状になっているワームです。アクションをつける釣り方に向いているのがこのピンテールタイプのワームです。

シャッドテールでは釣れない場合などに使用します。ナチュラルにながしたい場合、上下のアクションで 誘う釣りに最適です。


『ワーム』のサイズ

一般的には、ワームのサイズが3~4インチ、ジグヘッドの重さが1oz~1/2oz程度を使用します。サイズは各メーカ大体2インチ~5インチをラインナップしています。
『ワーム』のサイズはベイトに合わせた大きさの物を使用します。ベイトの大きさはそのポイントで泳いでるベイトの大きさに合わせましょう。

シーバス ベイト
季節毎にシーバスが捕食しているベイトについては、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスは季節毎に食べる餌が違う!春・夏・秋・冬、シーバスは何を食べてる(捕食してる)の!?【マッチザベイト】


『ワーム』のカラー

各メーカ様々なカラーをラインナップしています。ベイトの種類や時間、時期に合わせて使い分けましょう。


ナチュラル系のカラー

ナチュラル

ナチュラル系のカラーはシーバスゲームで使用するワームの一番基本的なカラーです。主に、イワシカラーやアジカラーなど、自然のベイトに近いカラーをナチュラル系カラーと言います。ナチュラル系はベイトに一番似せたカラーなので、シーバスもワームに違和感なく喰いついてきます。

デイゲームや、水色のいい時に使用するのが基本になります。このカラーのワームは必ず揃えましょう。


チャート系のカラー

チャート

チャート系カラーは目立つカラーになります。但し、長時間同じポイントで使用してるとスレてしまう可能性があります。実際のベイトのカラーとしては存在しないカラーですがシーバスを釣ることが可能です。

主にナイトゲームや濁りの強いときに威力を発揮します。また、ベイトの数が多い場合などで『ルアー』に反応が薄い時などに有効です。


グロー系カラー

グロー

グローカラーとは、ワームに夜行塗料が含まれていて暗いところで光るカラーのことです。グローカラーはエビや小魚が暗闇で光る色に似せて作られています。使用するポイントはナイトゲームの暗く、視界の悪いときに使用します。


ホワイト・ブラック

ホワイト、ブラックはシーバスからの視認性が抜群にいいカラーです。特にナイトゲームでの効果は抜群です。また、濁りの中でも効果を発揮します。このカラーは必ず持っておきましょう。

▼おすすめ



『ジグヘッド』の種類・重さについて

『ワーム』フィッシングをはじめるにあたり使用する道具である『ジグヘッド』を準備する必要があります。


『ジグヘッド』について

ジグヘッド


ジグヘッドの種類

『ジグヘッド』は大きく分けて『ただ巻き』用とルアーを左右に動かす『ダート』『ワインド』用の2種類に分けることができる。大部分の『ジグヘッド』は『ただ巻き』である。『ダート』『ワインド』についてはそのパッケージに『ダート』『ワインド』と記載されている。


『ただ巻き』用の『ジグヘッド』の使い方

言葉の通りアクションをつけずに『ただ巻き』ます。


『ダート』『ワインド』用の『ジグヘッそ』の使い方

ルアーを弾くように竿を動かすとルアーが左右に飛び跳ねるアクションをする。


ジグヘッドの重さ

シーバスの『ワーム』フィッシングでは、この様なジグヘッドに『ワーム』を装着して使用します。ジグヘッドで重要な要素は重さです。

重すぎるとワームが不自然な動きになったり、ワームとのバランスが悪くなり釣れる波動が生まれなくなる可能性があります。目安としては4インチのワームを使う場合は1/2oz程度のジグヘッドがおすすめです。

通常ジグヘッドは『oz』表示されている場合が多いです。
※1常用オンス。16常用オンス≒450gなので、1oz≒約28gになります。


シャロー(浅場)エリアの場合

3.7~7.5gのジグヘッドを使用します。潮の流れが無いような時には、ノーシンカで釣る場合もあります。


堤防やサーフの場合

3/16oz~3/4ozをロケーションに合わせて使い分けています。堤防からキャストする場合、3/16~1/2oz程度のジグヘッドを使い分けます。サーフの場合、飛距離がほしいため3/4ozを使用する場合が多いです。

ボトム(底)をノックする方法もありますが、トレースした方が、釣果が良い場合が多いため、潮の流れに合わせて着底がギリギリわかる程度の重さを使用します。



スポンサードリンク



おすすめの『ワーム』と『ジグヘッド』は!?

これだけあれば先ずは大丈夫という『ワーム』と『ジグヘッド』の組み合わせです。

  • 1位 マーズ R32

    altタグ

    シーバス用ワームの先駆け『マーズ R32』。ピンテールからの波動やボディーの細かいリブ構造から生まれる波動、カラーリング全てがシーバスが居る場所で投げていれば、誰でもヒットするくらいシーバスを獲る為に作られたワーム。

    Yahoo知恵袋より
    R-32が一番でしょう! あれはすごいですよ!
    引用元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1047698150

    Yahoo知恵袋より
    シーバス専用のワームで正直これ以外に何があるの?っていうくらい定番です。引用元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1047698150

    Yahoo知恵袋より
    私も「マーズR-32」がお勧めです。というかソフトルアーでシーバスは、これでしか釣ったことありません^^;
    引用元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1047698150

    静ヘッド

    altタグ

    『マーズ R32』は『静ヘッド』との組み合わせがベストです。



  • 2位 コアマン アルカリ

    altタグ

    極小マイクロテールとかいう小さいシャッドテールになっているワーム。扁平のボディがフラッシングを生み出して、シーバスにアピールします。

    コアマン ADH-01 アルカリダートヘッド(プロトタイプ)

    altタグ

    コアマン アルカリは専用の『ジグヘッド』をご使用ください。

シーバス用ワーム『売れ筋ランキング』売れ筋ワームを手に入れよう! シーバス用ワーム『売れ筋ランキング』売れ筋ワームを手に入れよう!



『ワーム』での釣り方


ただ巻き

基本的にはただ巻きで釣れます。食いが渋い時は、少しアクションを加えると釣れる場合があります。


『ダート』『ワインド』

ワームを左右に飛び跳ねる様に動かすアクション。

▼おすすめ

爆釣間違いナシ!これでシーバスから青物まで絶対に釣れます!【ワインド釣法まとめ】 爆釣間違いナシ!これでシーバスから青物まで絶対に釣れます!【ワインド釣法まとめ】


アマラバリグ

ワームをたくさんつけ、ベイトが群れている様に見せる釣り方です。アラバマリグ専用の仕掛けが販売されています。



ワームを使用するポイント(場所)

基本的にどこでも釣れます。スレたシーバスには最適のルアーです。ここぞという時に使用してみてください。



まとめ

いかがでしたか?『ワーム』フィッシングについて概要を解説させていただきました。『ワーム』で釣りをしてみたくなったのではないでしょうか?

これ以外にもこんな使い方したら良く釣れたなどのご意見あれば教えてください。早々『ワーム』でシーバスを釣りに行きましょう!


関連記事

【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】 【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】


シーバス ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ