【夜釣りに使うヘッドライトの選び方】明るさ、重さ、防水性能、値段(価格)、人気おすすめ【ランキング】、評価・評判・インプレ・レビュー

ヘッドライト

夜釣りに使う【ヘッドライト】はどのように選べば良いか迷っている人も多いのではないでしょうか。今回はその【ヘッドライト】を釣りに使う場合、明るさ、重さ、充電方式、価格面からどのような【ヘッドライト】を選べば良いかについてご紹介させて頂きます。



スポンサードリンク


【ヘッドライト】について

釣り用の【ヘッドライト】と言っても、釣り目的のみの使用に限定して販売されている商品はあまり多くなく、どちらかと言うと、キャンプや登山等のアウトドア全般に使える商品、建築関係や設備関係の仕事に使うような商品として販売されているのが一般的です。

従って、釣りに使う【ヘッドライト】を選ぶ際は、【ヘッドライト】に求める機能・性能が何かを明確にし【ヘッドライト】を選ぶ必要があります。


必要性

【ヘッドライト】は、手持ちの証明器具に比べ、頭につけることができるため、両手を自由に使うことができます。従って、頭に【ヘッドライト】を付けることで、アクティブに釣りをすることができます。


【ヘッドライト】があると便利


必要な機能

用途からどのような機能が必要かを以下に整理してみました。


  • 明るさ
  • 重さ
  • 防水性能


明るさ

【ヘッドライト】の機能として、最も重要な要素は【明るさ】になります。明るさを表す指標として【ルーメン(im)】という単位が用いられています。ルーメン(lm)は、大雑把に言うと、電球などの照明器具から発せられる光の量を表します。数値が多いほど明るい【ヘッドライト】になります。できるだけ明るい【ヘッドライト】が有利になります。


重さ

釣行の間長時間【ヘッドライト】を付けるため重さはできるだけ軽量なものが有利になります。


前後の重量バランスが重要

『ヘッドライト』はライト部分と、バッテリー(電池)部分が分かれっている商品があります。これは、重い部品を分散させて、軽く感じさせるのが目的です。少し明るい大き目の『ヘッドライト』を選ぶ場合は、この別体式のライトが便利です。


ベルトの構造


防水性能

防水性能は『IPX6』以上がおすすめです。夜釣りで小雨などの場合もあります。防水になっているものがおすすめです。理想は『IPX6』以上のもの。

防水性能について
防水性能
これはIP(International Protection)コードといって、2003年に国際電気標準会議で決められた機器の保護性能を表す規格になります。
ちなみに、数字がふたつ並んでいるものを見たことはありますか? 「IP68」といったものです。この場合、ひとつ目の数字は防塵性能、ふたつ目の数字は防水性能になります。どちらか一方だけ表示する場合は、もう一方は「X」を入れて省略します。

[水の侵入に対する保護等級]
0級:特に保護がされていない
1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)


安い【ヘッドライト】について

最近、アマゾン等で売っている数百円程度の『ヘッドライト』についてですが、私もいくつか(5個程度)購入しました。

  • 壊れやすい
  • ゴムが伸びやすい


壊れやすい

値段相応という感じでしょうか、割と壊れやすいという印象です。私も通算5個(3~4年の間)買いましたが、現在使用出来るものは2個です。ライトが点灯しなくなりました。


ゴムが伸びやすい

安物の『ヘッドライト』は『ヘッドライト』を付けるゴム(バンド)が伸びやすい傾向があります。何回か使用し置いておいて、再度、1年後に使用しようと思ったらゴム(バンド)が伸びて使えないという状態になりました。


300円程度の『ヘッドライト』まとめ

数回の使用に割り切って使う目的であれば十分使用可能です。品質も年々上がっている様です。目的と使用頻度で選ぶのが良いでしょう。



スポンサードリンク


おすすめの『ヘッドライト』は!?

売れ筋はアマゾンのレビュー数が多い順に並べています。

検索キーワード:ヘッドライト

  • 1位 ジェントス ヘッドライト ヘッドウォーズ 【明るさ230ルーメン/実用点灯8時間】 HW-999H

    altタグ

    口コミ(レビュー)1
    キャンプの夜の散策で使用しましたが、4人がそれぞれライトを持っていても私のこのライト1個の方が明るくひとつで用が足りるくらいです。ただし、これをつけたまま人の方を振り返ると目つぶし光線で危険です。他の人も欲しがっていました。

    口コミ(レビュー)2
    文句なしに明るいです!その分電池の消費もすごいので、常に使用する人は充電式電池が便利ですね。

    口コミ(レビュー)3
    明るい、軽い、ボタンは押しやすい、角度調整が細かくてやりやすい、デザインがいい、操作がシンプルで余計な赤ライトは付いてない、安い、滑らないヘルメット用のバンドが付いている。

  • 2位 ジェントス ヘッドライト ヘッドウォーズ 【明るさ300ルーメン/実用点灯8時間】 HW-000X

    altタグ

    口コミ(レビュー)1
    ヘッドライトは今までジェントスをずっと使い続けています。価格の割に性能が良くてお気に入りです。こちらの商品は他と比べても送料込みで一番安かったのでAmazonで買いました。機能性は期待通りで申し分ないです!

    口コミ(レビュー)2
    前のライトに不満が出てきたので、こちらに替えてみました。光量も十分で、満足しています。シリコンのバンドも入っていましたが、必要ないのでsの分安かったらいいのにと思いました。フォーカス調整は慣れないとやりにくいですが、あればいいなくらいなので、特に不満ではありません。

    口コミ(レビュー)3
    ヘッドバンドがはめづらいですが外して洗濯できるのはいいですね。メインランプも明るくて問題なし。背面電池パックのバックライト(赤)はあればよかった的なものですが、ヘルメット用固定具なども付いてくるのですが、私もこれは別売りでいいんじゃないかなーと思いました。

【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】 【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】


シーバス ブログランキングへ
 


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!



スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ