【シーバス釣りののシーズナルパターン】【春・夏・秋・冬】釣り方、パターン、人気おすすめの【ルアー】ランキング

シーバス

季節毎のシーバスの釣り方について、パターン、ポイント(場所)、おすすめルアー等についてまとめました。



スポンサードリンク


春(3月、4月、5月)のシーバスの釣り方

3月後半から4月の桜が咲きはじめる季節になると、バチが浮き始め、水面を漂うバチがシーバスの捕食対象になります。地域によって始まる時期が異なりますが、表層でバチを確認出来なくても、ボトム周りで漂っている事もあります。バチの存在を確認することが釣果を上げる有効な方法になります。

5月の後半ごろから、昼間の時間帯に潮が大きく動く様になります。明るい時間帯のデイゲームを楽しめるようになります。この時期は、バチを意識したシーバスや、ベイトへ移行しているシーバスが混在する時期です。釣り場の特徴とベイトとなる対象に合わせて、レンジ(層)を振って釣るようにしてください。


バチ抜けパターン

バチ抜け
バチ抜けパターンについては、こちらの記事をご覧ください。
・バチ抜けシーズン到来!春のシーバスはこうやれば釣れる!おすすめルアーは何!?


夏(6月、7月、8月)のシーバスの釣り方

夏になると、湾奥の明暗部はボラに占領され、潮通しの良い場所や、河川の釣りが中心になります。水深のある釣り場が有効です。日によってシーバスが居るレンジが変化します。メタルジグやバイブレーションで効率的にレンジを探る釣りがおすすめです。


秋(9月、10月、11月)のシーバスの釣り方

夏の終わりから秋の始まりにかけては、魚の反応するパターンやベイトの種類を特定するのは難しく時期です。釣り場に合わせたレンジサーチが重要です。

10月~11月になると、一年の中で最も良いシーズンになります。ベイトを食べたいシーバスは水面を意識している事も多く、表層に追い詰められたベイトに対して、頻繁にボイルが起こります。ボトムを探るよりは、スイッチの入っているシーバスを相手に効率良く表層を釣っていくのがおすすめです。

この時期は、丘っぱりでも安定してベイトが居るため釣果があがる季節ですが、同じ表層でも微妙なレンジの違いで、ルアーに対する反応が変わってきます。ベイトが多い中でも、その場に適したレンジを引けるよう、数パターンのルアーで対応するのが良いでしょう。


コノシロパターン

・現在作成中


冬(12月、1月、2月)のシーバスの釣り方

荒食いの季節も終盤を迎える冬はシーバスも深場に移動しはじめる季節です。今までボイルが出ていた場所もベイトが居なくなります。しかし、この時期もまだ、ボトム(底)にベイトが残っていて、シーバスも居る可能性があります。秋よりも少しだけレンジの入るルアーで対応すると釣れる可能性が上がります。



スポンサードリンク


関連記事

【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】 【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】


シーバス ブログランキングへ
 



スポンサードリンク


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ