【ルアーのカラー(色)はどう選べば良い】(シーバス・ヒラメ・マゴチ・ブラックバス)】釣れるカラー(色)は実験で解明されていた!

なぜこんなにルアーには【カラー(色)】があるのかと疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。実際にこれらのルアーの【カラー(色)】については多くの意見があります。しかし、根拠も曖昧なものが多く、実際にルアーの【カラー(色)】は釣果にどの程度関係があるのか疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。今回は、その【ルアーカラー(色)】について実験を行い、【カラー(色)】別の魚の反応をまとめた論文を見つけたので、その内容をご紹介させて頂きます。



スポンサードリンク


論文の概要

論文:異なる背景色におけるスズキのルアー色の選択


実験目的

魚(シーバス:鱸)がどのカラー(色)のルアーに反応しやすいかを確認するため。


魚種

シーバス:鱸


実験方法

背景色が変更できる水槽の中に、スズキを放し、背景色(白、赤、緑、青)を変化させながら、色の異なる擬餌(ルアー)5種類(透明、白、赤、緑、青)を落とし魚の反応を測定。


実験結果


1.スズキ(シーバス)が捕食した擬餌は背景色により異なった。
2.背景色が赤と青の時、白の擬餌に対する捕食頻度が高かった。
3.背景色が白の時、緑の擬餌にたいする捕食頻度が顕著に高かった。
 →スズキの選択する餌は、コントラストが大きい色の組合せで捕食頻度が高くなる。
 →特定の水色における効果的な疑餌の色を見つけることは可能。
4.透明な疑餌は、総捕食回数が高かった。
→コントラストの閾値が人より低いため、人には見えにくい色も識別可能である事に起因してると推定。
→通常捕食している餌と似ている透明な色に反応す事に起因してると推定。


コントラストについて

コントラストとは、対比のことを指します。対比される内容は、明度(明るい・暗い)・彩度(鮮やかさ)などがありますが、色の対比で、明暗の差が大きい場合には「コントラストが高い」「コントラストが大きい」、明暗の差が小さい場合には「コントラストが低い」「コントラストが小さい」と表現されます。

スポンサードリンク


ルアーの【カラー(色)】の選び方

上記実験結果より、コントラストが大きい場合、魚の捕食確率が高くなるため、ターゲットにするブラックバス、シーバス、ヒラメ、マゴチ等の目線に対して、コントラストの大きいルアーカラーを選択すれば、効率良くルアーを発見されやすくなるため釣果が伸びる可能性があると言えるのではないでしょうか。

但し、この実験は、シーバス(鱸)を使った実験で、その他の魚(ヒラメ・マゴチ・ブラックバス等)が、シーバス(鱸)と同じ色覚能力を持っているかは分かりません。

ここでは、全ての魚が、シーバス(鱸)と同じ色覚を持っていると仮定して、話を進めます。

画像は、カラーチャートです。対角に結ばれた組合せが最もコントラストが大きい組合せになります。これらの組み合わせでルアーカラーの選定を行うと、最も魚から認識されやすくなります。


バス釣りの場合


想定条件:マッディーウォーターで中層にサスペンドしている場合

■マッディーウォーターの水中

この場合、最も目立つカラーはグリーン系の反対側にある紫~赤系のカラーがコントラストの大きい(認識されやすい)色と推定出来る。マッディーウォーターで中層を狙うクランクベイト等の色は、これらの色が良いのかもしれない。

関連コンテンツ

バス釣り用の【ルアー】カラー(色)の選び方


想定条件:砂、ゴロタ石がある湖底を見てる場合

■砂とゴロタ石が混在する湖底

最も目立つカラーは、グリーン系の反対側にある紫~赤系のカラーがコントラストの大きい(認識されやすい)色と言えます。従って、ボトムを攻めるワーム等のカラーは、これらの色が良いのかもしれない。


バス釣り用【ワーム】の人気カラー(色)

ゲーリーヤマモトのバス釣り用ワームで、バスプロが選んだ人気の【カラー(色)】について【まとめ】ました。最も釣れる人気カラー(色)としては、ブラックが選ばれました。

関連コンテンツ

【バスプロ】が選ぶ人気のワームカラー(色)
バス釣り用の【ワーム】カラー(色)の選び方
【最強・定番・名作】バス釣り用【ワーム】人気(おすすめ)【ランキング】これだけあればバスは必ず釣れる! 【最強・定番・名作】バス釣り用【ワーム】人気(おすすめ)【ランキング】これだけあればバスは必ず釣れる!



スポンサードリンク


シーバスの場合


想定条件:夜回遊している場合

■夜中の水中

夜間で空の色が暗く、海の中が濃紺に近い場合、カラーチャートで濃紺の反対側にある黄色系の色が、コントラストが大きく目立つ色と推定出来る。なので、夜に使うミノー等の色は、これらの色が良いのかもしれない。

関連コンテンツ

シーバス釣りのルアーカラー(色)の選び方
最強・定番・名作 【釣れるシーバス用ルアー】人気おすすめ【ランキング】これだけあればシーバスは釣れる! 最強・定番・名作 【釣れるシーバス用ルアー】人気おすすめ【ランキング】これだけあればシーバスは釣れる!


ヒラメ(平目)の場合


想定条件:早朝で晴れていて水質がクリアーに近い場合

■昼間の水中

晴れた日にヒラメを昼間に釣る場合、ヒラメは常時上を通るベイトを気にしているとすると仮定した場合、晴れた空の色は、水色や青に見えます。コントラストの大きい目立つ色は、青系のカラーチャートの反対側にある、赤系~オレンジ系の色が目立つカラー(色)と言えます。ボトム付近を狙うミノー、ワーム、バイブレーション等は、これらのカラー(色)が良いと言えるのではないでしょうか。

最強(人気・おすすめ)【サーフで釣れるヒラメ(平目)ルアー】これだ持ってれば必ず釣れます! 最強(人気・おすすめ)【サーフで釣れるヒラメ(平目)ルアー】これだ持ってれば必ず釣れます!


透明は万能

実験結果では、透明のルアーは、背景色に依存することなく(関係なく)釣果を期待出来る可能性があるとのデータでした。透明のルアーは背景色に関係なく持っていると釣果を増やす事ができるかも知れません。


レッドヘッドの優位性

レッドヘッドは、昔からシーバス・ヒラメ・マゴチ等が良く釣れるルアーカラー(色)としてその地位を不動のものとしてきました。しかし、理論的な根拠については、分からないままでした。

関連コンテンツ

レッドヘッドの優位性



スポンサードリンク

まとめ

この文献を発見した時、正直感動しました。今までは、どちらかというと、上級者の方の経験的な感覚でルアーカラー推奨がされていました。また、人によって微妙に見解が異なる等、一般人には少しカラー選定に迷いがあったような気がします。

一方で、この論文のように実際の実験データを拠所にした考え方はなかったように思います。これらデータを生かし、実際に実践して、釣果の差が実感出来れば、大変良いデータであると言う事が言えるかも知れません。

ただ、狙った魚がどの様な色でどこを見ているかによって、選ぶカラーが変わってしまうため、その魚目線がどの様な背景色になっているか、また、どのように想定するかが、釣果を左右することになるのではないでしょうか。

【釣れる】ルアーだけ集めてみました!【名作・定番・最強】はどれ!?バス・シーバス・ヒラメ・マゴチ・青物【まとめ】 【釣れる】ルアーだけ集めてみました!【名作・定番・最強】はどれ!?バス・シーバス・ヒラメ・マゴチ・青物【まとめ】



スポンサードリンク


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ