シーバス用バイブレーションルアーの選び方(種類、メリット・デメリット)をまとめてみた。おすすめはどんなルアー?

バイブレーション

シーバスフィッシングでミノーやジグスピナーと並んで重要なルアーがこのバイブレーションルアーになります。今回はこのバイブレーションルアーについて解説いたします。

バイブレーションルアーは飛距離を稼ぐことが可能であるため、新しいフォールどなどで魚の存在を確認するのに有効なルアーです。手返しがいいため効率の良い釣りができます。


スポンサードリンク




バイブレーションルアーってどんなルアー?

バイブレーションとはその名の通り、リールを巻くと小刻みに震えながら動くルアーである。小刻みに水を切りながら動くので、アピール力が強く広範囲からシーバスを寄せてくる。小型のもので50mm、大型のもので90mm程度の大きさのルアー。




バイブレーションルアーのメリット・デメリット


メリット


アピールが強い

リーリングするとブルブル振動しボディのフラッシングや、波動でリアクションバイトさせることができます。スレが入ってない回遊型の個体や、ベイトについたシーバスなどに効果的です。高活性向けのルアーです。


飛距離がかせげる

7cm程のボディに重りが詰まっているので小さくて重いです。1オンス(28g)のバイブをロングロッドで飛ばすと、100m近い飛距離がだせます。これはミノーやシンペンなどで届かない場所のシーバスにアピールできるため結果、釣果をのばすことができます。


ボトムを探るのが簡単

重いので速いスピードでボトムを取れます。従って効率良くボトムにいるシーバスにアピールすることが可能となります。


比較的安価

すべて金属でできたメタルバイブなどは1000円~1500円以下で購入できる事が多くリップレスミノーなどと比べ安価なのが特徴です。 


使い方が簡単

シンペンやリップレスミノーは流れのある場所でドリフトさせたり、トゥイッチなどで誘ったりと意外と使い方が面倒です。一方のバイブレーションルアーは投げて巻くだけなので簡単です。特に夏や秋のイワシパターンや、マズメ時の時合いなど、活性が高い時などはファストリトリーブだけで食うことが結構あるので初心者でも簡単に釣る事ができます。


デメリット


スレやすい

私は小場所や中場所などで釣りをすることが多いのですがあまり多用するとスれすぎて他のルアーにも反応しにくくなることがあります。大場所や比較的回遊が多い地域などは成り立ちやすいですが、閉鎖的な港や、小規模河川などで釣りすることが多い方は控え気味に使用するのが良いかもしれません。


根がかりしやすい

ボトムを速く攻略できるの反面、根がかりしやすいのがデメリットです。気をつけていてもゴミや牡蠣などに引っかかりロストします。

スポンサードリンク




バイブレーションルアーの種類

バイブレーションと言っても細かく分かれる。まずはバイブレーションの種類についての基本知識について解説いたします。


中空ボディタイプ

ルアー内部に空気が入っている中空ボディー。表層をゆっくり攻めるときに有効なルアー。中空のボディーにラトルと呼ばれる金属などでできた球が入っていて泳がせると音が鳴る。

ラトルが非常に効く場面があり、濁りが入った時や朝夕まずめ時にはよく釣れるのでバリエーションとして持っていてもいいタイプ。最近では中空ボディータイプでもラトルの入っていないサイレントタイプが最近は主流になっている様だ。


代表的(おすすめ)な中空タイプのバイブレーションルアー

・スライス70(Maria)

スライス70

ブラックバス用のルアーもシーバス用ルアーとして使用するのも有効

TDバイブレーション(ダイワ)、ラトリンラップ(ラパラ)などは実績もあり有効なルアーとなります。但し、フックが淡水用なので、シーバス用として使用する場合は海水用のフックに交換して使用するのが良いでしょう。

TDバイブレーションなど一般的なバス用のルアーは、シーバスなどのソルトウォーターには使えないですか?

TDバイブレーションなど一般的なバス用のルアーは、シーバスなどのソルトウォーターには使えないですか?やはり強度面などに問題がありますか?よろしくお願いします。

私の使っているのは、ほとんどバス用ルアーの海用フックに交換したやつですよ。確かに強度的に若干の不安は感じはしますが、全く問題なく釣っています。注意するならば、サスペンドルアーだと微妙なフローティングになったり、微妙なシンキングになります。これは作製時の想定使用場所が淡水なためなんで仕方ないですね。

私も使いますが、針は海用に取り替えれば大丈夫ですが、問題といえばカラーチャート位です。海で使いにくい色(使い馴染みの低い)がバス用には多いと思います。でも、パターンにハマれば爆釣できます。(経験談)

抜粋:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1347784188


ソリッドタイプ

中身が詰まったタイプ。比重が高くオカッパリでも飛距離が稼げるタイプなのでシーバス用のバイブレーションとしては一番使われているタイプである。これらのルアーは実績が高くシーバスバイブレーションと言えばこのタイプと考えてもいい。ルアー内部に空気がないソリッドボディ。海底をゆっくり攻めるときに有効なルアーだ。


代表的(おすすめ)なソリッドタイプのバイブレーションルアー

・マールアミーゴII 65(Maria)

マールアミーゴII 65

頭がフラットなマールアミーゴタイプは引き重りがあるがアピール力が高く実績が高い。

・レンジバイブ70(Bassday)

レンジバイブ70

頭がフラットでないタイプの代表がレンジバイブである。このタイプは引き重りが少ないため柔らかいシーバスロッドでも扱いやすい。同様に実績も高い。


鉄板タイプ

なりより鉄板タイプのバイブレーションルアーは良く飛ぶ。これは、表面積が小さく、重いため風の抵抗を受けにくくいためだ。また、波動が強くアピール力高い。沈降速度が速いため、より深い所を探れるのも特徴だ。

鉄板タイプは最近出てきたタイプでブラックバスではすでに10年以上前から冬の切り札としてメジャーなアイテムであった。シーバスでもこの鉄板タイプは非常によく釣れるということが知られるようになりここ数年で常識的に使われるようになって来た。

動きは非常にワイドで水を動かす力が一番強いバイブレーション。昼のシーバス釣りではまさになくてはならない鉄板ルアー。

シーバスをバイブレーションで攻略するための基本知識


代表的(おすすめ)な鉄板タイプのバイブレーションルアー

・爆岸VIBバイブ(クロスウォーター)

爆岸VIBバイブ(クロスウォーター)

『夏のデイゲームといえば、爆岸じゃね』とメタルバイブレーションの代名詞的存在。良く飛び、良く釣れる。後ろにフェザーフックを標準装備している。

・mamesanマメサン(DAMIKI JAPAN)

mamesanマメサン(DAMIKI JAPAN)

飛距離を考え、シャープな形状の多いシーバス用の鉄板タイプの中では珍しく、ずんぐりした丸い形状のマメサン。特徴的なのは、シャロー攻略を意識して開発されたというところ。着水後の立ち上がりが早く、短い距離でブルブルの強い波動アクションをし始めるので、シャローのショートレンジでも投入できる。

・TRACYトレイシー25(BlueBlue)

TRACYトレイシー25

村岡昌憲氏が満を持して2014年春に送り出したメタルバイブレーション。「釣れる」性能を突き詰めた3拍子。バイブレーションを使っていて、イライラするのは着水時にフックがリーダーに引っかかる現象。このトレーシーは、この現象になりにくい設計となっている。




バイブレーションルアーの使い方

基本的には普通に巻いてくれば釣れるのがバイブレーションルアーだ。細かく分けるといくつか方法があるのでご解説します。これらを全て試してだめだったらそこには魚がいないか、地合が悪いと判断しましょう。


ファーストリトリーブ

これは巻ける速さの最高速度で巻く方法です。パニックになった小魚は高速で逃げます。最速で巻かないと捕食のスイッチが入らないことがあります。普通の巻き方で反応がない時は高速で巻いてみましょう。いきなりガツンと当たる場合があります。

魚は人間が思っているより早く魚を追いかけています。海の魚は、川や湖の魚と違い、魚を追い詰めて捕食しづらい環境です。このため捕食する速が早いと言えます。


普通の速さのリトリーブ

食い気のあるシーバスがいれば普通の速さのリトリーブで簡単に釣ることができます。普通の速さで巻く場合の注意点はどうやってシーバスが食うコースに通すかということになります。10cm刻みでシーバスが食う層が変わることもあるので、小刻みに通す層を変えたりするのも重要です。


ストップアンドゴー

その名の通り巻いて止めまた巻く。食わせの間を与える巻き方です。止めた瞬間ガツン!か止めて巻き始めた瞬間ガツン!止める時間は、一瞬または長い間のどちらでも問題ありません。

長い間止めるとリフトアンドフォールと言うテクニックになります。シーバスはは縦に急激に動くアクションに敏感に反応します。リフトアンドフォールはシーバスを食わせることの出来る重要なテクニックです。




バイブレーションルアーはどこで使用するのが良いの?

特に使用場所は選ばないルアーですが、根などの相が物がある場合は少し使いづらくなります。沖堤防、沖の潮目打ち、大型河川、大きい河口などで使用するのがベストです。テトラや岬の先端などで回遊待ちで使用したりもできます。




バイブレーションルアーはどんな時期に使用するのが良いの?


夏や秋などがオススメです。夏や秋は水温が高いのシーバスの運動能力も高いです。速く巻いてリアクションさせていきましょう。昼夜問わず早巻きがオススメです。中途半端に遅く巻くならミノーやシンペンでじっくり探りましょう。冬やプレッシャーが高い場所などでは控えるか使わない方がスレを抑えるためにはよいかもしれません。




おすすめのバイブレーションルアー


中空タイプのおすすめバイブレーションルアー

  • スライス70(Maria)

    スライス70-01

    日中のファーストリトリーブはもちろん、夜間のスローリトリーブでも扱いやすい『24時間対応バイブレーション』!後発バイブだけあってよく考えられて作られてます。特に湾奥ライムはよく釣れるのでおすすめです。


ソリッドタイプのおすすめのバイブレーションルアー

  • マールアミーゴII 65(Maria)

    マールアミーゴII 65-01

    マールアミーゴは引き重りがあるがアピール力が高く実績が高いのでおすすめ。

  • レンジバイブ70(Bassday)

    レンジバイブ70-01

    引き重りが少なく柔らかいシーバスロッドでも扱いやすく実績も高いのでおすすめ。

シーバス用バイブレーションルアー(ソリッドタイプ)【口コミランキング】おすすめ(最新)

メーカの開発状況等により日々変化するメタル(鉄板)バイブのランキングを不定期に更新しています。

シーバス用バイブレーションルアー【口コミランキング】おすすめ(最新) シーバス用バイブレーションルアー【口コミランキング】おすすめ(最新)
シーバス用『バイブレーション』の購入に迷ったら、先ずは『アマゾン(Amazon)』ランキングを確認しよう! シーバス用『バイブレーション』の購入に迷ったら、先ずは『アマゾン(Amazon)』ランキングを確認しよう!


鉄板タイプのおすすめのバイブレーションルアー

  • 爆岸VIBバイブ(クロスウォーター)

    爆岸VIBバイブ(クロスウォーター)

    『夏のデイゲームといえば、爆岸じゃね』とメタルバイブレーションの代名詞的存在。良く飛び、良く釣れるのでおすすめ。

  • mamesanマメサン(DAMIKI JAPAN)

    mamesanマメサン(DAMIKI JAPAN)

    特徴的なのは、シャロー攻略を意識して開発されたというところ。着水後の立ち上がりが早く、短い距離でブルブルの強い波動アクションをし始めるので、シャローのショートレンジでも投入できるのでおすすめ。

  • TRACYトレイシー25(BlueBlue)

    TRACYトレイシー25

    村岡昌憲氏が満を持して2014年春に送り出したメタルバイブレーション。着水時にフックがリーダーに引っかかる現象を解消する設計となっているのでおすすめ。

シーバス用メタル(鉄板)バイブ【売上ランキング】おすすめ(最新)

メーカの開発状況等により日々変化するメタル(鉄板)バイブのランキングを不定期に更新しています。

シーバス用メタル(鉄板)バイブ【売上ランキング】おすすめ シーバス用メタル(鉄板)バイブ【売上ランキング】おすすめ


関連記事

【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】 【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】


シーバス ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ