春のシーバスパターン、釣り方(アクション)、場所(ポイント)、時間、おすすめのルアーは!?

春のシーバスフィッシングについて、パターン、釣り方(アクション)、場所(ポイント)、時間、おすすめのルアー等についてまとめてみました。



スポンサードリンク




春のシーバス

冬場に産卵を終えたシーバスにとって、春は、産卵で失われた体力を回復するために多くの栄養分を必要とするが、 この時期のシーバスは体力を使い果たしており、また低下している水温の影響もあって、活発に動いてベイトフィッシュを捕食することができない。




バチ抜けパターン

このような状況下では、シーバスが好んで捕食するのが、イソメやゴカイなどの『バチ』と呼ばれる動きの遅い多毛類になる。バチは、海底や岸壁から出てきて大量発生する。これを『バチ抜け』という現象が起こる。

これらのバチは、体力を失ったシーバスには格好のエサとなるのだ。これをシーバスアングラーは、『バチ抜けパターン』と呼んでいる。

『バチ抜け』については、こちらの記事をご覧ください。
・バチ抜けシーズン到来!春のシーバスはこうやれば釣れる!おすすめルアーは何!?



スポンサードリンク




春は『バチ抜け』パターンだけじゃない!

春は『バチ抜け』ばかりが注目されてますが、実際には、小魚が生まれてくるシーズンです。 稚アユ、サケの子供、シラスなども多くいるため、バチ以外にも、これらの小さなベイトフィッシュを捕食します。バチ抜けは夜にしか起こらないため、昼間のシーバスフィッシングは、ベイトパターンになります。『バチ抜け』パターンに固執せずに、釣果が上がらなければ、ミノーやバイブレーションを試してください。




釣り方(アクション)はどおすればいいの!?

春は、特に小型のベイトが多くなるため、小型のルアーがおすすめです。またアクションは、まだ水温も低く、産卵後の個体は、体力が低下しているため、出来るだけスローにルアーを動かす事が重要です。




場所(ポイント)は!?

産卵後の個体は、稚アユや小型のベイトを追って岸際に接岸します。ベイトフィッシュがいる場所(ポイント)であれば、釣れる可能性が高くなります。河口等は一般的に有望なポイントです。




おすすめのルアーは!?


『バチ抜け』パターン

『バチ抜け』パターンには、シンキングペンシルが最適です。

altタグ

・シーバスを『シンキングペンシル』で釣ろう!使い方(アクション)、おすすめ(ランキング)は!?


ベイトパターン

春は日差しが意外に強いため、魚は表層よりも下の層でエサを食っていることが多い。そこで使うルアーは中層から底の方を狙えるルアーが有効となる。


バイブレーション

バイブレーション

・シーバス用バイブレーションルアーの選び方(種類、メリット・デメリット)をまとめてみた。おすすめはどんなルアー?


シンキングミノー

altタグ

・シーバス用ルアー『ミノー』ってどんな種類があるの!?おすすめは【ランキング】!?


スピンテールジグ

春で厄介なのが極小ベイトパターンと呼ばれるイナッコや小型の稚魚が湧いている時にはミノーやバイブレーションではあまり釣れないことがある。そんな時に無くてはならないルアーが『スピンテールジグ』が有効な場合がある。

・シーバスフィッシングに使うスピンテールルアー(ジグ)、使い方ってどうすればいいの!?おすすめは!?




まとめ

春は、シーバスの体力が低下している時期ではありますが、時とし大物が釣れる季節でもあります。諦めないでルアーを投げ続ければ、意外な大物を釣り上げることが出来るかもしれません。是非い、実践してみてください。

シーバスのシーズナルパターン、【春・夏・秋・冬】シーバスの釣り方、パターン、おすすめルアー等 シーバスのシーズナルパターン、【春・夏・秋・冬】シーバスの釣り方、パターン、おすすめルアー等
【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】 【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】


シーバス ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ