シーバスを『ミノー』で釣ろう!種類、釣り方、サイズ、重さ、カラー【まとめ】、おすすめ(人気)【ランキング】は!?

ミノー

今回は、シーバスを『ミノー』で釣る方法について、種類、釣り方(アクション)、サイズ(大きさ)、重さ(ウェイト)、カラー(色)、選定方法、おすすめ(人気)【ランキング】について【まとめ】てみました。



スポンサードリンク



『ミノー』とは!?

リップ

『ミノー』はその形状を魚に似せたルアーで、ルアーの先端に『リップ』という水の抵抗を受ける部品が付いており、その『リップ』が水を受けルアーを左右に動かす。『ミノー』はこのリップの形状、ルアーのサイズ(大きさ)、ルアーの重さ(ウエィト)等で動きが変わります。



『ミノー』の種類


形状による違い


  • リップレス
  • リップ付き


リップレス

アムズデザイン(ima)-サスケ 120 裂波

リップレスミノーはその名の通り『リップ』がないミノーです。


リップ付きミノー

altタグ

リップが付いているミノーになります。


比重による違いと表記


  • フローティング
  • サスペンド
  • シンキング


フローティングミノー

フローティングミノーは、海水より比重が軽いため、止めると浮き上がるルアーです。表記は、型番の末尾に『F』と記載されている場合が多いのが特徴です。


サスペンドミノー

サスペンドミノーは、海水よと比重がほぼ同等に設計されています。このため、ルアーを止めると、その水深で停止します。表記は、型番の末尾に『SP』と記載されている場合が多いのが特徴です。


シンキングミノー

シンキングミノーは、海水より比重が重く設計されています。このため、ルアーを停止させると沈みます。表記は、型番の末尾に『S』と記載されている場合が多いのが特徴です。



『ミノー』の種類別用途と使い分け


リップレスとリップ付きの用途と使い分け

リップレスとリップ付きの使い分けはルアーの潜れる水深による使い分ける。リップレスは、割と表層から数十センチ程度のほぼ表層に近いところを泳ぐ物が多い、一方のリップ付きは、数十センチ~1m程度潜るのが特徴だ。

従って、どうしても沈めたくない場合、例えば磯等で根が点在し、すぐに根がかってしまう様な場所や、サーフからの釣りで、釣るポイントが、シャローエリア等で底にルアーを付けたくない場合等はリップレスが有効になる。その他の場所では、特にどちらと言う事も無い気がする。


『フローティング』『サスペンド』『シンキング』の用途と使い分け


『フローティング』

フローティングミノーについては停止すると浮き上がるため、止めた時に浮き上がらせたいと思った時は、フローティングを選定すればいい。

例えば、磯の様な沈み根が点在する場所では、沈み根手前までスイミングさせ、その手前でストップさせ、一旦表層までルアーを浮き上がらせ、沈み根があるポイントでは、水深の無いところを引き、沈み根を通過させた後、再度潜らせて、スイミングさせる等の方法を取る場合がある。

サーフ等でも同様で、手前に向かって水深が徐々に浅くなる場合等は、時折ストップさせ、ルアーを一旦浮き上がらせ、底にルアーを当て無い様にアクションさせたい場合には有効である。

また、河川等で、ルアーをヨロヨロ表層付近をゆっくり引くドリフト等では、フローティングが有効な場合がある。


『サスペンド』

サスペンドは、ルアー停止時にその場に停止する。フローティングもサスペンドも良くストップ&ゴーで誘うが、このアクションでフローティングにはバイトしない場合でもサスペンドにはバイトする場合がある。ストップした時に、その場で止めたいと思った時はサスペンドを使用するのが良いだろう。

同じ水深を泳ぐフローティングとサスペンドでもバイトに差が出る場合がある。フローティングと、サスペンドをうまく使い分けて釣果を伸ばすのが良いのではないだろうか。一般的には、最も多く使われるルアーがサスペンドタイプになるのではないだろうか。


『シンキング』

シンキングは、停止させると沈むルアーである。このため、ストップさせれば、ボトムまで沈める事が可能である。水中にブレイクライン等があり、そこまで鎮めたい場合等には有効なルアーになる。バイブレーション等では、ボトムをスローに引けない場合等、シンキングミノーでボトムをゆっくり引くのが良いだろう。

シーバス
レンジ毎のルアー選定については、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスに使うルアーの種類と選定方法!【レンジに合わせたルアー選定方法と戦略】



『ミノー』の釣り方(アクション)


ただ巻き

『ミノー』は基本的に『ただ巻き』で良い。『ミノー』は『ただ巻き』でしっかりと動作してくれる。重要なのは『ただ巻き』のスピードだ。『ミノー』には『ルアー』がアクションする最低のスピードと最高のスピードがある。その適切なスピード範囲内でうまく使おう。


トゥイッチ&ジャーク

トゥイッチ-ジャーク

『トゥイッチ』と『ジャーク』は『ルアー』にイレギュラーな動きを付けてシーバスのバイトを誘うテクニックの代表例。

これらのメリットは、ただ巻きに反応しないシーバスのバイトを引き出せる点、長時間狙いたいポイントにルアーをとどめておける点にある。 そのため、ただ巻きで反応が悪くなったときに使ったり、橋脚際や潮目、流れの変化など、ここぞというピンポイントで使うテクニックです。

コツはロッドを動かしたあとにラインスラック(ラインのたるみ)を作ること。これにより左右にダートし始めたルアーに抵抗がかからず、より大きくダートアクションさせることができます。


トゥイッチ

トゥイッチは小刻みにハイペースにロッドを動かして、『ルアー』を小刻みに何度も動かすテクニック。


ジャーク

ジャークはロッドを大きく動かして、『ルアー』は一度に大きく動かすテクニックです。


ドリフト

上級者が『ミノー』やシンキングペンシルを使う際のテクニックとして『ドリフト』がある。『ドリフト』とは、水の流れや風を利用して『ルアー』をナチュラルに漂わせるテクニックである。ナイトゲームでの河川の橋脚周りの明暗を狙う釣りでは特に大切なテクニックです。



サイズ(大きさ)

基本的には、その時期にシーバスが保証くしているベイトサイズが有効です。稚アユを捕食している春等は、小型、大型のコノシロを捕食している秋には大型のサイズを選定するのが良いでしょう。

ベイトサイズ

シーバス ベイト
季節毎にシーバスが捕食しているベイトについては、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスは季節毎に食べる餌が違う!春・夏・秋・冬、シーバスは何を食べてる(捕食してる)の!?【マッチザベイト】



重さ(ウェイト)

重さ(ウェイト)は、小さければ軽く、大きいと重くなる。ロッドのウエィトを確認して、その範囲内で選定するのが良いだろう。



カラー(色)

ルアーカラーの選定は、ルアーの背景色がどの様な色かをポイントに選ぶのが良いでしょう。

例えば、フローティグでは魚が、下から上を見上げるため、空の色が背景色になります。サスペンドやシンキングでは、中層で平行に魚がルアーを見るため、水の色が背景色になります。

▼おすすめ



スポンサードリンク



おすすめの『ミノー』って何!?【ランキング】

とりあえずこれだけ買っておけば外さないという『ルアー』をランキング形式でご紹介いたします。


リップレスミノーおすすめ【ランキング】

  • 1位 アムズデザイン(ima) サスケ 120 裂波(レッパ)F

    altタグ

    レビュー1
    このルアー見た目がいいのでいつも手持ちの中にいれときたいです。

    レビュー2
    定番ですね!つれます!全色がほしくなります!入門者でも扱いやすいルアーだとおもいます。

    レビュー3
    サーフで使用しています。まさにヒラメキラーです。

  • 2位 アムズデザイン(ima) ima komomo SF-130 Slim

    altタグ

    レビュー1
    冬~春のサーフなどのシャローエリアで使用します。個人の釣果としてはマヅメ時の実績が高く、サイズも大型が多いです。60センチ以上を対象に狙う時にメインとして使用しています。

    レビュー2
    スリムボディーが欲しくて、コレを購入飛距離、泳ぎ、どれをとっても満足しています。

  • 3位 邪道 チョーサン

    altタグ

    レビュー1
    都内河川河口部でランカーを釣れてきてくれたルアーです。 スーサンと違い、タングステンウエイトなので 『カリカリ』という巻き心地です。


リップレスミノー【口コミランキング】おすすめ(最新)

日々移り変わる最新のリップ付きミノー【口コミランキング】をまとめています。

シーバス用リップレスミノー【口コミランキング】おすすめ(最新) シーバス用リップレスミノー【口コミランキング】おすすめ(最新)
シーバス用『ミノー』の購入に迷ったら、先ずは『アマゾン(Amazon)』ランキングを確認しよう! シーバス用『ミノー』の購入に迷ったら、先ずは『アマゾン(Amazon)』ランキングを確認しよう!


リップ付きおすすめ【ランキング】

  • 1位 ダイワ(Daiwa) ショアラインシャイナーZ 97F

    altタグ

    ショアラインシャイナーシリーズ。ソルトルアーシーンを黎明期から現在まで牽引し続けるモンスターミノーです。

    レビュー1
    周りの評判が良かったので購入しました。確かによく飛びます。これでシーバスをと思いましたがゴマサバがあがりました!いい泳ぎに満足です。

    レビュー2
    良く飛ぶ→良く投げる→釣れる。フックも#4ですので大型も射程内です。

    レビュー3
    ロストしたので再購入。飛距離、使い勝手は高レベル

  • 2位 ダイワ(Daiwa) ショアラインシャイナーZ 120F

    altタグ

    ショアラインシャイナーシリーズの120mm。ベイトのサイズで使い分けましょう!

  • 3位 邪道 ERDA Teufel(アーダ トイフェル)

    altタグ

    スローからミディアムで起こる細かなハイピッチロールが一転、ファストで起こる「パニックアクション」がキモ!。ファストのパニックアクションからスローのロールアクションへの可変でターゲットを魅了します。

<名作>


リップ付きミノー【口コミランキング】おすすめ(最新)

日々移り変わる最新のリップ付きミノー【口コミランキング】をまとめています。

シーバス用リップ付きミノー【口コミランキング】おすすめ(最新) シーバス用リップ付きミノー【口コミランキング】おすすめ(最新)
シーバス用『ミノー』の購入に迷ったら、先ずは『アマゾン(Amazon)』ランキングを確認しよう! シーバス用『ミノー』の購入に迷ったら、先ずは『アマゾン(Amazon)』ランキングを確認しよう!



まとめ

いかがでしたか?今回はシーバス用ルアーのメインとも言える『ミノー』について解説させて頂きました。『ミノー』は使っていてもわくわくする『ルアー』です。私の場合、機能そっちのけで、見た目がカッコ良い『ルアー』ばかり集めてしまっています(笑)。こんなに良い『ルアー』もあるぞ!という意見など頂けたら幸いです。


その他のシーバス用ルアー


関連記事

【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】 【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】


シーバス ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ