シーバスを堤防で釣ろう!ポイント(場所)、釣り方、装備(道具)、おすすめのルアー【ランキング】は!?

シーバスをを堤防で釣るための、ポイント(場所)、釣り方、装備(道具)、おすすめのルアー【ランキング】等について【まとめ】てみました。



スポンサードリンク




堤防とは!?


堤防は、外洋からの荒波を低減するために、漁港や河口等、割といたる所に設置されている。この様な、堤防は、イワシ、アジをはじめとした小魚の拠所になっている。これらの小魚を捕食するために、シーバス、ヒラメ等も集まる、ルアーフィッシングの一級ポイントにもある。




堤防はどんなポイント(場所)が良いの!?


一重に堤防と言っても、なかなかポイント(場所)が絞りづらい、そこで有望なポイント(場所)の絞り方をご紹介させて頂きます。


  • 堤防の先端
  • 堤防の壁
  • 潮目
  • ミオ筋・かけ上がり
  • 常夜灯周り
  • 地形に変化のある場所



堤防の先端


堤防の先端は、潮の流速も変化している、こんな場所では、シーバスが、小魚を待ち受けている場合が多い。先端の角の流れの下流側に潜んでいる場合が多いため、流れの上流側からルアーを流し込むと良いだろう。



堤防の壁


堤防の周囲の壁は、全てがポイントと言っても良い。一番簡単な方法は、ラン&ガンしながら探るのが良いだろう。実際にキャストしなくても足元で釣れる事も多い。沖堤防等では、このパターンが最も釣れるパターンだったりする。ただ、先行者等が居て、既に叩かれた後だと、釣果に繋がりにくい。



潮目


沖の潮目は、遅い流れと早い流れが交わる場所で、ベイトフィッシュも多い。潮目も一級のポイントになる。潮目は時間(潮の満ち引き)で異なる場所にできる。キャスト可能なところに潮目が来たらキャストしてみよう。



ミオ筋・かけ上がり


漁港等では、漁船が通るミオ筋が必ずある、このミオ筋は、船が通すため、他の場所より深くなっている場合が多い。このため、ミオ筋は、かけあげりになっているこの様な場所にシーバスが付いている場合が多い。理想は、かけ上がりに平行にルアーを通すのが良い。



常夜灯周り


夜の一級ポイントは、常夜灯周りだ。小魚は、明りに集まる習性がある。その小魚を狙い、シーバスも現れる。シーバスは、明暗の境目の暗い側に着いて、小魚を狙っている。明暗の境目にルアーを通してみよう。



地形に変化のある場所


堤防周りにも根などの変化がある場所がある。この様な場所には、シーバスも身を隠している場合が多い。地形の変化を見つけたら、集中的に探ってみよう。




どんな釣り方が良いの!?

先ずは広範囲をボトムから表層まで探ります。バイトが得られないようであれば、壁周り等を丹念に探る釣りに切り替えるのが良いでしょう。

シーバス
レンジ毎のルアー選定については、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスに使うルアーの種類と選定方法!【レンジに合わせたルアー選定方法と戦略】



一般的なルアーでの釣り方(アクション)

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%90%e3%82%b9-%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%bc-%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3
ルアーのアクションについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスのルアーのアクションはどおすればいいの!?どんなアクションが釣れるの!?やり方【まとめ】



ワインド


ワームをダート(左右に大きく動かす)釣り方です。最近注目されている釣り方で、シーバスをはじめとして、ヒラメ、マゴチ、青物にも有効な釣り方です。是非、試してみてください。

▼おすすめ



岸ジギング


・現在作成中




堤防でのシーバスフィッシングの装備(道具)

堤防は、外洋に面しているため、時より高波等が来る場合があります、必ずライフジャケット(フローティングべスト)は着用してください。堤防での装備(道具)等について解説させて頂きます。


  • ライフジャケット(フローティングベスト)
  • タックル



ライフジャケット(フローティングベスト)

シーバスフィッシングの場合は、通常のライフジャケットより、ポケット等の収納が充実している、フローティングベストが便利です。

フローティングベスト
フローティングベストについては、こちらの記事をご覧ください。
・シーバス用フローティングベストの選び方、機能から考えるおすすめはこれだ!【ランキング】



タックル


ロッドは標準的な9ftクラスがおすすめです。足場が高いところでは、長いロッドのほうが釣りやすいのがその理由です。また、長いロッドは、遠投性能も良いため一石二鳥です。



ロッド



リール

ステラ
リールの選定については、こちらの記事をご覧ください。
・シーバス用のリールは何を選べばいい!?【機能・選び方】おすすめのリールは!?



タモ網

堤防では、必ずと言っていい程必要な道具です。大物が釣れた場合は、引き抜く事が出来ないため、無いとバラシや最悪ラインブレイク等で魚を逃す場合があります。

シーバス-玉網
タモ網については、こちらの記事をご覧ください。
・シーバス用の使いやすい(お勧め)タモ網(玉網)はこうやって選べ!




どんなルアーがおすすめ!?【ランキング】

遠投が出来て、広範囲を探る事が出来るルアーがおすすめです。広範囲を探ってもなかなか釣れない場合は、足元をワーム等で釣るのも良いでしょう。

スピンテールやバイブレーション、メタルジグは、遠投もできるため、広範囲を探るルアーとして愛的です。メタルジグは、さらに岸際の『岸ジギング』にも有効なので便利なルアーです。潮目が出た場合等は、ミノーで狙ってみるのも良いでしょう。メタルジグでの岸ジギングでもバイトしない場合は、ワームでスローに狙うのも良いでしょう。



カラー選定

▼おすすめ



サイズ選定

シーバス ベイト
季節毎にシーバスが捕食しているベイトについては、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスは季節毎に食べる餌が違う!春・夏・秋・冬、シーバスは何を食べてる(捕食してる)の!?【マッチザベイト】



バイブレーション

<名作>
 ・レンジバイブ【最強】
 ・ローリングベイト【定番】



スピンテール



メタルジグ



ミノー



ワーム

シーバス-ワーム
ワームでシーバスを釣る方法については、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスを『ワーム』で釣ろう!釣り方、『ワーム』『ジグヘッド』についてまとめてみた!おすすめは!?




まとめ

堤防は、ボート等にも載らないで、気軽にシーバスを釣ることができる有望ポイントです。私も初めてシーバスを釣ったのは堤防でした。是非、堤防でのシーバス釣りを堪能してみてください。


関連記事

【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】 【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】


シーバス ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ