【名作】『イモグラブ(ゲーリーヤマモト)』ノーシンカーリグ最強!魅力、使い方、カラー、サイズ、おすすめ【ランキング】は!?

イモグラブ

イモグラブは本当に釣れるのと思っている方も多いのではないでしょうか!?そこで今回は、そのイモグラブについて、釣り方(アクション)、仕掛け(リグ)、場所(ポイント)等についてご紹介させていただきます。



スポンサードリンク


目次

イモグラブとは!?

イモグラブは、ゲーリーヤマモトが発売しているワーム。グラブとは一般的に、テールが付いていて、主にスイミングで使うワーム。イモグラブは、このグラブのテールが無い形状のワームです。


グラブについて


イモグラブはなぜ釣れる!?

太いボディーから生まれる独特のバイブレーションと高比重素材の強みである飛距離とノーシンカー時のフォール速度とアクションにより、多くの釣果をもたらしてくれます。


イモグラブの魅力

ヤマセンコーもイモグラブも、基本的にはノーシンカーリグで使用することが多いワームです。その理由は、んーシンカーでも飛距離が出るためです。通常、ノーシンカーワームは、シンカーが無いので、あまり遠くに飛ばす事が出来ません。

一方、イモグラブは、ゲーリーが誇る高比重素材で作られているため、かなりの飛距離が出ます。


比重とは!?

比重は、ある単位体積当たりの重さの割合を示す値です。比重が高いとは、同じ体積でも重い場合、高比重、その逆が低比重になります。ゲーリーヤマモトのワームは、素材が特徴的で、他のワームに比べかなりの高比重となっています。


イモグラブの魅力


  • ノーシンカーで良く飛ぶ
  • ノーシンカー時のフォールが絶妙な速度とバイブレーション
  • 塩を含んだ素材が一旦バイトしたバスを逃がさない
  • フォールがヤマセンコーより早く手返しが良い
  • バックスライドできる


ノーシンカーで良く飛ぶ

高比重であるため、良く飛びます。ノーシンカーリグとは思えないほどの飛距離がでます。また、ヤマセンコーに比べてもさらに飛びます。この理由は、形状がヤマセンコーより小さく、空気抵抗が少ないためです。


ノーシンカー時のフォールが絶妙な速度とバイブレーション

これもヤマセンコーとの比較になりますが、フォールスピードはワームの質量と表面積で決まります。同一の重さのヤマセンコーがあったとすると、イモグラブは、それより早い速度でフォールします。これは、表面積が小さいため、水の抵抗が小さいためです。


塩を含んだ素材が一旦バイトしたバスを逃がさない

これは、ゲーリーヤマモトのワームに共通して言える事ですが、塩を含んだワームの威力は最強です。一度バスがバイトしたら、ほとんどの場合、吐き出す事はありません。他のワームの場合、一旦バスが加えても吐き出す場合があり、大きく釣果を左右する場合があります。塩は、魚の体液を想定していると言われています。


フォールがヤマセンコーより早く手返しが良い

イモグラブは、ヤマセンコーよりフォール速度が速くなります。このため、手返し良く、ポイントを探ることが可能です。飛距離も出るため、広範囲を探る場合等は、ヤマセンコーより上かもしれません。


バックスライドできる

通常の付け方だと、フォールはフリーフォールかカーブフォールになる、針を逆から付けると(形状が丸まった方から針を付ける)、バックスライドが出来るようになる。このバックスライドは、キャスティングで入れる事が出来ない水面まで張り出したオーバーハング等に有効で、オーバーハングの手前にイモグラブを落とすと、バックスライドしながら、オーバーハングの下にワームを入れる事ができる。これは、イモグラブならではの大きな特徴ではないだろうか。


魅力まとめ

イモグラブはヤマセンコーに比べても、メリットの多いワームです。唯一の欠点と言えば、切れやすく、他のワームに比べ値段が高いと言う点です。しかし切れやすさも、細身のヤマセンコーに比べれば切れにくいためおすすめのワームです。



スポンサードリンク


イモグラブの仕掛け(リグ)・釣り方(アクション)


  • ノーシンカー
  • テキサスリグ
  • バックスライドリグ


ノーシンカー

イモグラブのポテンシャルを最大限に生かす使い方は、ノーシンカーリグです。


フォール&ステイ

フィリーフォールやカーブフォールで落とします。カバー等を狙う場合はフリーフォールで落とします。オープンエリア等では、カーブフォールが有効です。その後は基本的にステイで問題無く釣れます。


ジャーク&トゥイッチ

ノーシンカーで表層を少し早めジャーク&トゥイッチをすると、左右に動きながらアクションします。この使い方も結構釣れます。


テキサスリグ

カバー周り等は、テキサスリグがおすすめです。


フォール&ステイ

フォール速度を少し早くしたい場合は、シンカーを付けて、テキサスリグにします。フォール速度で、バスのバイトに差が出る場合があります。ノーシンカーで反応が無い場合は試してください。


リフト&フォール

ボトムをリフト&フォールしながら広範囲を探ります。これは通常のワームと同じ様に釣る方法です。


バックスライドリグ

ワームフックを反対に取り付けることで、水中でバックスライドするリグ(仕掛け)を作ることが出来ます。カバーの下にワームを投げ入れて、さらに奥までワームを入れたい場合に有効です。


フォール

フォール中にバイトを誘う事ができます。


ステイ

キャストしてステイすることでバイトを誘う事が出来ます。


リフト&フォール

カバー等に入れた後リフト&フォールさせバイトを誘う事ができます。


ワームを巻く速度について



スポンサードリンク


どんな時期が良い!?

春~秋にかけて特に有効なルアーです。冬場は、バスがディープエリアに居るため、その水深まで落とす必要があり、イモグラブが最大の威力を発揮するノーシンカーリグだと、ボトムを取るまでに時間がかかり、手返しが悪くなり、効率が悪化します。なのでバスがシャローに指してくる、春~秋が最も効率が良くイモグラブで釣れるシーズンだと思います。


どんな場所(ポイント)で使うのが良い!?

イモグラブは、場所を選びません、どこでも釣れます。特にオーバーハングの下や立木周等のストラクチャー周辺で威力を発揮します。


  • カバー周り
  • オープンウォーター


カバー周り

カバーの下にイモグラブを入れ、フリーフォールで落とし、ステイします。これでバスは釣れます。特にアクションを加える必要はありません。


ストラクチャー周り

ストラクチャー周りを攻める場合も同様で、フォール&ステイで釣ることが出来ます。フォールは、フリーフォール、カーブフォールを試してください。


オープンウォーター

ジャーク&トゥイッチ、リフト&フォールが有効です。レンジを変えながら、探ってみてください。


バスが居る場所(ポイント)


サイズは何がおすすめ!?

特にこれがおすすめと言う事はありませんが、使い分けは、フォール速度で決めるのが良いのではないでしょうか。早くフォールさせたい場合は、大きめのサイズへ変更するローテンションにするのが良いでしょう。


ルアーの大きさ



スポンサードリンク


イモグラブのカラー(色)は!?


ワームのカラー(色)について

バスプロが評価する、バスフィッシング(バス釣り)用のワームのカラーについて【まとめ】ました。迷ったら、ブラック・スモーク。ウォーターメロン等がおすすめです。

▼おすすめ


ルアーの見えやすさが解明されていた

実験により、魚が反応しやすい色があるようです。

▼おすすめ


イモグラブに最適な『タックル』

4インチ以下はスピニング、5インチ以上は10g前後の重さになるため、ベイトタックルがおすすめです。


ロッド

バス-ロッド
バスフィッシング用のロッドの選び方については、こちらの記事をご覧ください。
・ブラックバス用のロッド(竿)の選び方『長さ・硬さ』『ベイト・スピニング用』何を選べばいいの!?おすすめは!?


リール


【ベイトリールの選び方】については、こちらの記事をご覧ください。
・『ベイトリール(バス釣り用)』の【メリット・デメリット】選び方、おすすめは!?


ライン


ファットイカに最適な『フックサイズ』

ワームサイズに合わせてフックサイズを選んでください。


ワームフックについて


まとめ

いかがでしたか!?ヤマセンコーを知った時は、衝撃を受けましたが、イモグラブについても同様です。好みのや使い方で好みは分かれると思います。

ワームで何を買ったら良いか分からないと言う人がいたら、このイモグラブを買っておけば問題ありません。是非、実践して、その釣果を体感してみてください。イモグラブで釣れない場合は、そのポイントにはバスが居ないと疑った方が良いかもしれません。

  • イモグラブ(ゲーリーヤマモト)

    altタグ

    口コミ(レビュー)1
    何故か釣れます。 凄く飛びます。

    口コミ(レビュー)2
    イモグラブ最強。タフった時、困った時はやっぱりコレが一番効きます。

    口コミ(レビュー)3
    定番です!必ず助けてくれます!

ゲーリーヤマモト
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)ワームランキングについては、こちらの記事をご覧ください。
・【最強ワーム】ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)のワームランキング、おすすめは!?

その他の『バスフィッシング用ルアー』

altタグ
バスフィッシング用のルアーについては、こちらの記事をご覧ください。
・バスフィッシングに使う、ルアーの種類【まとめ】

 

関連記事

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】


バス釣り ブログランキングへ

スポンサードリンク

 

自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ