【バス釣り初心者(入門者)必見】魅力・場所・季節・時間・釣り方・道具・釣れない時の対処法

初心者(入門者)でバスフィッシングをはじめたいけど、場所(ポイント)・季節(時期)・時間・釣り方・アクション・道具(ロッド・リール・ルアー)等について全然分からないと言う人も多いのではないでしょうか!?そこで今回は、先ずバスフィッシングをはじめるための基礎知識について【まとめ】てみました。



スポンサードリンク


バス釣りの魅力

バス釣りの魅力は何と言っても、そのゲーム性の高さにあります。バスが居る場所を探し、ポイントを移動し、自然環境を感じながら最適な釣り方やルアーを選択し、バスを釣り上げる事が最大の魅力です。

初めてのルアーフィッシングがブラックバスフィッシングであると言う人も多いのではないでしょうか。バスフィッシングは、ルアーフィッシングの中では、比較的はじめることが簡単で、早ければ小学生程度の年齢からはじめている子供もいます。


多彩なルアー

バスフィッシング程、道具(ロッド・リール・ルアー)のバリエーションが豊富な釣りは無いのではないでしょうか。特にタックルやルアーは収集家もいるくらいお洒落で恰好が良い道具が多いのが特徴です。


難易度

バスフィッシングは、簡単には釣ることが出来ないため、アングラーのチャレンジ精神を掻き立てます。


知的なゲーム性

バスフィッシングは、季節、時間、温度、釣り方等により、その釣果が大きく変わります。このため、様々な事を頭に入れて釣りをしないと、なかなかバスを釣り上げることができません。

一方で、釣れるパターンを見つけることが出来れば、逆に入れ食いなんて状況を作りだすことが出来ます。このゲーム性の高さが、多くのアングラーを魅了している理由です。


強烈なファイト

ブラックバスを釣り上げた事がある人であれば、バスの引きを忘れることはできないでしょう。バスは、釣れると、強烈な引きでアングラーを楽しませてくれます。


場所(ポイント)

全国の湖・野池・河川等、ありとあらゆる淡水エリアで釣ることが可能です。


時期(季節)

バスは春・夏・秋・冬、一年中を通して釣ることが可能です。ベストシーズンは、春・秋です。バスが活発に動き回る適水温は15℃前後と言われています。この適水温になる春・秋は、最もバスが釣りやすい時期と言えます。


時間(地合い)

釣ろうと思えば24時間釣ることが出来ます。特に釣りやすいのは、朝、夕方です。


場所(ポイント)

バスは、フィッシュイーターと呼ばれ小魚や甲殻類等を捕食しています。このため、これらのベイト(餌となる小魚・甲殻類)等に気がつかれないように物陰(ストラクチャー)に潜んでいる場合がほとんどです。

朝マズメ・夕マズメには、ストラクチャーから離れ、小魚の群れ等について移動し、活発に捕食を行う場合があります。


考え方

バスフィッシングで重要な事は、バスが居る場所で釣りを行い、そのバスが反応する最適な釣り方で釣ることが重要になります。


温度

バスは、自分が過ごしやすい適水温を動き回ります。冬は水温が最も安定する深場、水温の上昇とともに浅場に上がり産卵の準備をします。夏場は川の流れ込みや日陰等、水温が低いエリアに固まります。秋は、温度も下がり全てのエリアが適水温になるため、広範囲に動き回ります。このように、温度によってバスは居場所を変えます。


釣れる場所

バスは、フィッシュイーターであるため、自分の存在を出来るだけ隠そうとします。小魚や甲殻類などの捕食対象に気がつかれると、捕食出来なくなるためです。

このため、バスは水中に障害物がある場所等に好んで付きます。物陰に隠れて、ベイトが近づいてくるのを待ち受けています。従って、立木、桟橋、レイダウン(倒れた木)等に付いている事がほとんどです。


風はバスフィッシングには欠かせない要素です。風が吹くと小型の小魚や甲殻類等のベイトは、その風で出来た流れにより、岸際に寄せられます。この寄せられたベイトを捕食するために、バスが岸際に隣接します。これらのタイミングでルアーを投げると釣れる可能性が高くなります。


ベイト(餌)

餌となる小魚や甲殻類等のベイトが居るエリアには、それらのベイトを捕食するバスも必ず居ます。


地形や流れの変化

地形が急激に変化している場所や、流れの縁かがある場所にはバスが居る可能性が高くなります。例えば、水深が急激に変化する場所、底が泥からコンクリートに変わる場所、流れでいえば、急激な流れが緩やかになる場所、反転流が発生している場所等は、バスが居る可能性があります。


初心者(入門者)はどんなルアーを使えばいい!?

初心者(入門者)は、どんなルアーを使えばいいか、あまりにも種類が多すぎて迷うのではないでしょうか。


初心者(入門者)が釣りやすい時期(季節)は!?

初心者(入門者)の方に最もおすすめのシーズンは、バスが最も釣りやすい春がおすすめです。その理由は、春はバスの産卵時期です。越冬したバスは産卵のために深場(ディープ)から浅場(シャロー)に移動してきます。体力を回復と産卵のために荒食いする時期です。従って、この春が、最もバスを釣る簡単な季節と言えます。


【ルアー】

バスフィッシング用のルアーについてはこちらの記事でご紹介させて頂きます。

altタグ
バスフィッシング用のルアーについては、こちらの記事をご覧ください。
・バスフィッシングに使う、ルアーの種類【まとめ】


初心者(入門者)向きのタックル

初心者(入門者)では、どんなタックル(ロッド・リール・ライン・ルアー)を買ったらよく分からないと言う人のために、初めに購入するタックル(ロッド・リール・ライン)について【まとめ】てみました。先ずは、これらの道具を買いそろえてはじめてみるのが良いのではないでしょうか。

名前
初心者(入門者)用のタックルについては、こちらの記事をご覧ください。
・初心者におすすめの【1万円】で揃えるバスタックル【ロッド・リール・rainn ルアー】スピニング編



スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか!?今回は初心者(入門者)のために、バスフィッシングの魅力、バスの釣り方、初めに購入する道具等をご紹介させて頂きました。是非、参考にしてみてください。

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】



バス釣り ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ