釣れる一軍(最強)ワーム【カットテール(ゲーリーヤマモト)でバスを釣ろう】魅力、釣り方、仕掛け、カラー、サイズ、人気おすすめ【ランキング】

定番・最強の名作【カットテールワーム(ゲーリーヤマモト)】について、その魅力、種類、釣り方(アクション)、仕掛け(リグ)、付け方、場所(ポイント)、カラー(色)、サイズ(大きさ)選定等について解説させて頂きます。



スポンサードリンク


カットテールについて

カットテールは、ゲーリヤマモトの細身のストレートワームです。テールの形状がカットした形状になっているため【カットテール】と言う名前になっています。釣り人の実績から言っても、絶対に外すことができないワームのひとつです。


種類(長さ)

カットテールワームの種類は、3.5インチ、ECO3.5インチ、4インチ、ECO4インチ、5インチ、5-3/4インチ、6.5インチ、7.75インチ、10インチの全9種類になります。

おすすめのサイズは4インチになります。大型のバス(デカバス)を狙う場合は、6.5インチ以上の大きいサイズがおすすめです。


重さ

ワームサイズ 重さ(g)
3.5 約2.1~2.7
4 約3.0
5 約4.7
6.5 約10.0


多くの人が一軍ワームに推奨

Yahoo知恵袋で【バス釣り 皆さまの一軍ワームを教えてください】と言う質問に対して、多くの人が【カットテール】を入れています。質問と回答を抜粋させて頂きました。


質問と回答

質問
バス釣り 皆さまの一軍ワームを教えてください。ワームも高くなり簡単には手は出せない為、効率の良い買い方をしたいものです。ウエストに入れる欠かせない皆さまの一軍を参考に致したくご回答をお願いします。

ベストアンサー
どんなフィールドで釣りをするかで、大きく意見の分かれるところでしょうね。他の回答者の皆さんの回答を見ていると、すごく興味深いですね。さて、私の1軍ルアーは、
※スピニング用
4inグラブ
4inカットテール
4inセンコー(以上3種はとにかく外せない最強ルアーでしょう)
スワンプクローラーJr.(先日フリックシェイクから乗り換えました。だって安いんだもん(笑))
3inスラッグゴー(売ってる所少なくなってるかも…でも活性高い時の小バスには有効です)
活虫(最近品薄気味。廃盤間近?虫ワームの中では最強です)
※ベイト用
6inジャンボグラブ(メッチャ効きます。個人的に一番好きなワーム)
6.5inカットテール(他の回答者様も書いてましたが、こいつにしか出せないアピールがあります。ネコリグが効きます)
3.5inバイスクロー(テキサス専用。クロー系色々試しましたが今はこれがメインです)
4.5inキッカーバグ(自分的にクロー系の新星。今年のスポーニングの時期にこれで50up釣りました)
4inワンナップシャッド(シェード下攻略用。スキッピングがメチャしやすいです。スイミングはもちろん、意外とフォールで喰ったりもします)
ワームって色々買い始めるとほんときりないですよね。あくまでも私の選択なので、質問者様のスタイルにフィットするかどうかは分りませんが…参考になれば幸いです。

その他の回答1
だいたい似たようなものですね。
ゲーリーのカットテール、4インチ、5インチ、6.5インチ
同ヤマセンコー、4インチ、5インチ
同プロセンコー
同グラブ4インチ、5インチ、6インチ
フラッシュJ3.5インチ
ビビッドテール
Ⅰシャッド4.8
デスアダースティック6.5
ジャバロン140
色は、Wメロン、アユ、黒等が多いですね。

その他の回答2
デスアダー(ノーシンカー、ライトテキサス)
ダイナゴン(ノーシンカー)
霞クロー(テキサス、ジグトレーラー)
5-3/4インチカットテールワーム(ネコ)
4インチシュリンプ(ライトテキサス、ノーシンカー、フィネスジグのトレーラー)
ジャバロン90(ノーシンカー、テキサス)
セクシーアンクル(ネコ、ダウンショット)
カラーはウォーターメロンとグリパンが基本ですが、一部ワームはプロブルーやジュンバグしかストックしていません。

その他の回答3
そっすね
ゲーリーだと
カットテール4inch
グラブ2inch
ファットイカ
シャッドシェイプ2inch

depsのデスアダー4inch
イマカツのジャバロン110

ジャッカル
フリックシェイク48inch
アイシャッド28inch、38inch

ベイトブレス
バイズチャンク
バイブラツイン
バイズクロー

ケイテック
色々(笑

その他の回答4
常備となると、ドライブクロー、ドライブクローラー、マイクロスワンプ、フリックシェイク、カットテール位です

その他の回答5
ゲーリーヤマモト6.5インチカットテール
カラー何でもOK
最初見ると「デカっ!」と思いますがそのうち6.5インチじゃなきゃダメと思うようになります。
是非試してみてください。

この質問には8人が回答して、5人がカットテールと答えています。多くのアングラーから一軍ルアーとして認識されていると言えるのではないでしょうか。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1294174617?page=1


動画

・Youtube動画



スポンサードリンク


カットテールの魅力

どんな状態でもバスを釣ることができるワームです。


  • アクション


アクション


フォール中のアクション

テキサスリグ等で使用する場合、沈む際の何とも言えないアクションが、バスのバイトをフォールで誘います。ヤマセンコーやイモグラブでは、ボディが太いため、細かいバイブレーションを発生させながらフォールするのに対し、カットテールは、細身のボディであるため、何とも言えないウネウネという感じのフォールでバスを誘います。


フォール後のアクション

フォール後、ボトム(底)でステイさせた時の、アクションがバスを誘います。カットテールは、テール部分が細く、ボトム(底)に着くと、ステイしていても、このテールが水流を受けて、ゆらゆらします。これだけでもバスのバイトを誘います。


スイミング中の小気味の良いアクション

スイミングをさせると、細身のカットテールは、小気味の良いアクションをします。



スポンサードリンク


場所(ポイント)

どのような場所でも釣ることができます。バスが居ればかなりの高確率で釣ることができます。



スポンサードリンク


釣り方(アクション)


フォール

フォールさせるだけでバスが食ってきます。


ステイ

ボトム(底)でステイすれば釣ることが出来ます。


ただ巻き(スイミング)

ただ巻きするだけで釣ることが出来ます。


リフト&フォール

ボトムをリフト&フォールさせることで釣ることができます。


フリッピング

チョンチョン竿先を動かし、ルアーにアクションを与えます。ネコリグ等に有効です。


ワームを巻く速度について

ワームを巻く速度は、アリが歩く速度程度と言われています。特にボトム(底)を引いてくる場合には、ゆっくり巻くのが有効です。ジグヘッドリグ等を使い、中層をスイミングさせるような使い方の場合には、ベイトフィッシュが泳ぐ早さで巻いても問題ありません。



スポンサードリンク


仕掛け(リグ)

ノーシンカーリグ等、全てのリグ(仕掛け)に対応出来るワームです。状況や好みに合わせてご使用ください。


  • ノーシンカーリグ
  • ネコリグ
  • テキサスリグ
  • ジグヘッドリグ
  • ワッキーリグ
  • キャロライナリグ
  • スプリットショットリグ


ノーシンカーリグ

4インチ以上のカットテールであれば、自重もあるため、ノーシンカーリグでナチュラルに誘う場合はおすすめです。特に水深が浅いポイントでは、ノーシンカーリグが有効です。

関連コンテンツ

ワームフックの選び方


ネコリグ

最近は、これで使う人がかなり多いのではないでしょうか。ジグヘッドと組み合わせてネコリグをやる人も最近多い気がします。ネイルシンカーとの組合せもナチュラルでおすすめです。また、ネコリグは、根がかりしにくいため、攻めにくい障害物が点在している様なポイントでは特におすすめのリグです。


ネコリグの場合のネイルシンカー重さ(ウェイト)とフックサイズの目安

ネイルシンカーの重さ(ウェイト)は、水深によって使い分けます。浅い水深から、0.4g~2.0g程度を使い分けます。フォール速度によってもバスの食いが変わる場合があるので、こまめに、重さ(ウェイト)を変更してみてください。フックサイズについては、4番程度がおすすめです。

関連コンテンツ

ネコリググ


テキサスリグ

テキサスリグが最もおすすめの仕掛け(リグ)です。シンカーのウェイトを変えながら、フォール速度の調整をします。水深があるポイントで、バスがボトム(底)に付いている場合はテキサスリグがおすすめです

関連コンテンツ

テキサスリグ


ジグヘッドリグ

テキサスリグとほぼ同等の仕掛け(リグ)です。ただ、ジグヘッドを重くすると、フックも大きくなるため、若干使い勝手が悪い仕掛け(リグ)です。中層にバスがサスペンドしている時に有効です。カットテールの小気味良いアクションがバスを誘います。


キャロライナリグ

意外とお勧めなのは、このキャロライナリグです。リーダーを付けるキャロライナリグは、リーダーを細くすれば、ボトムでノーシンカーリグと同様の動きになります。また、シンカーを重くしてヘビーキャロライナリグにすれば、かなり広範囲を探ることが可能です。


スプリットショットリグ

ガン玉を使用したリグ(仕掛け)です。ガン玉以下の部分がノーシンカー状態にできるため、沖のブレイクライン等の飛距離が必要で、かつボトム(底)でナチュラルなアクションをさせたい場合に有効です。スプリットショットはシンカーがある分、飛距離を伸ばしやすくなります。またシンカーとワームの間に距離(リーダー)があるために、ワームはリーダー分ノーシンカー状態の自然なアクションになります。メインのアクションはボトムでのズル引き。スプリットショットで釣れない人はワームを動かしすぎという事もありますので、1投になるべく時間をかけるようにしましょう。


ダウンショットリグ

ダウンショットリグはスプリットショットに比べてシンカーを介さないため、細かなアクションをつけやすくなります。低層をゆっくり巻いて探ったり、バスが潜んでいそうな障害物にあたったら、小刻みにシェイクしてみましょう。ボトム付近でのリフト&フォールや、中層スイミングも有効です。


付け方

ワームの付け方は、どのリグ、どのワームでも共通です。どんなワームでも、必ずフックを付け終わった後に、ワームが真っ直ぐ(ストレート)になっているかを確認してください。ワームが真っ直ぐ(ストレート)に付けられていないと、ワーム本来のアクション(動作)にならない場合があります。釣果が悪くなる場合があります。


フックサイズ

フックは【デコイSSフック】がおすすめです。

ワームサイズ フックサイズ 販売サイト
3.5 #2~#1 ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
4 #1/0 ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
5 #2/0~#3/0 ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
6.5 #3/0~#5/0 ・Amazon
・楽天
・ナチュラム



スポンサードリンク


サイズ

とりあえず釣りたいと言う場合は、4インチ以下がおすすめです。デカバスを釣りたいと思っている方には6.5インチがおすすめです。6.5インチのカットテールは、4インチを相似形状にしたワームですが、4インチと存在感が異なりデカバスにアピールしてくれます。

6.5インチのアクションを見ると、4インチの小気味の良い動きは無く、少し重そうなアクションをします。アクション的には4インチの方が釣れそうな気がしますが、デカバスに限って言うと、この6.5インチが圧倒的に有利な気がします。恐らく、人間には分からないアクション的な魅力があるのではないかと考えています。デカバスを狙いたい場合は、是非試してみてください。


カラー(色)

定番のカラーは、グリーンパンプキン、ウォーターメロンです。カラー(色)の選定に迷ったらこれらのカラー(色)を持っていれば問題ありません。

関連コンテンツ

バスプロが選んだ良く釣れるワームカラー(色)【ランキング】
見えやすいルアーカラー(色)【実験】


チューニング

カットテールは、テールをカットするチューニングが密かに有名です。テールをカットすると、ストレートワームになります。このストレート形状が太さの異なるヤマセンコーのようなワームになり、釣れると言われています。テール付きのカットテールやヤマセンコーで食いが悪いと思ったt機は試してみてください。



スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか。カットテールは、ヤマセンコー、イモグラブとは少し毛色の違うアクションをするワームです。

ゲーリーヤマモト
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)ワームランキングについては、こちらの記事をご覧ください。
・【最強ワーム】ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)のワームランキング、おすすめは!?
【最強・定番・名作】バス釣り用【ワーム】人気(おすすめ)【ランキング】これだけあればバスは必ず釣れる! 【最強・定番・名作】バス釣り用【ワーム】人気(おすすめ)【ランキング】これだけあればバスは必ず釣れる!


バス釣り ブログランキングへ
 

関連記事

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】



スポンサードリンク


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ