【名作】『カットテール』でバスを釣ろう!魅力、釣り方(アクション)、仕掛け(リグ)、カラー、サイズ、おすすめは!?

今回は、名作ワームの『カットテール』について、魅力、釣り方(アクション)、仕掛け(リグ)、カラー、サイズ選定等について解説させて頂きます。



スポンサードリンク




カットテールとは!?


カットテールは、ゲーリヤマモトの細身のストレートワームです。テールの形状がカットした形状になっているため『カットテール』と言う名前になっています。




カットテールの魅力


  • フォール中のアクション
  • フォール後のアクション
  •  

  • スイミング中の小気味の良いアクション


フォール中のアクション

テキサスリグ等で使用する場合、沈む際の何とも言えないアクションが、バスのバイトをフォールで誘います。ヤマセンコーやイモグラブでは、ボディが太いため、細かいバイブレーションを発生させながらフォールするのに対し、カットテールは、細身のボディであるため、何とも言えないウネウネという感じのフォールでバスを誘います。


フォール後のアクション

フォール後、ボトム(底)でステイさせた時の、アクションがバスを誘います。カットテールは、テール部分が細く、ボトム(底)に着くと、テールを浮かした状態になります。ステイしていても、このテールが水流を受けて、ゆらゆらします。これだけでもバスのバイトを誘います。


スイミング中の小気味の良いアクション

スイミングをさせると、細身のカットテールは、小気味の良いアクションをします。




釣り方(アクション)


フォール

フォールさせるだけで釣ることができます。


ステイ

ボトム(底)でステイすれば釣ることが出来ます。


ただ巻き(スイミング)

ただ巻きするだけで釣ることが出来ます。


リフト&フォール

ボトムをリフト&フォールさせることで釣ることができます。


フリッピング

チョンチョン竿先を動かし、ルアーにアクションを与えます。ネコリグ等に有効です。




仕掛け(リグ)

自重が軽いカットテールは、ノーシンカーリグでは飛距離がでない。また、フォール速度も遅いので手返しが悪いため、シンカーを付けた仕掛け(リグ)が主体となります。


  • テキサスリグ
  • ジグヘッドリグ
  • ネコリグ

キャロライナリグ


テキサスリグ

テキサスリグが最もおすすめの仕掛け(リグ)です。シンカーのウェイトを変えながら、フォール速度の調整をします。


ジグヘッドリグ

テキサスリグとほぼ同等の仕掛け(リグ)です。ただ、ジグヘッドを重くすると、フックも大きくなるため、若干使い勝手が悪い仕掛け(リグ)です。


ネコリグ

最近は、これで使う人がかなり多いのではないでしょうか。ジグヘッドと組み合わせてネコリグをやる人も最近多い気がします。ネイルシンカーとの組合せもナチュラルでおすすめです。また、ネコリグは、根がかりしにくいため、攻めにくい障害物が点在している様なポイントでは特におすすめのリグです。


ネコリグの場合のネイルシンカー重さ(ウェイト)とフックサイズの目安

ネイルシンカーの重さ(ウェイト)は、水深によって使い分けます。浅い水深から、0.4g~2.0g程度を使い分けます。フォール速度によってもバスの食いが変わる場合があるので、こまめに、重さ(ウェイト)を変更してみてください。フックサイズについては、4番程度がおすすめです。


キャロライナリグ

意外とお勧めなのは、このキャロライナリグです。リーダーを付けるキャロライナリグは、リーダーを細くすれば、ボトムでノーシンカーリグと同様の動きになります。また、シンカーを重くしてヘビーキャロライナリグにすれば、かなり広範囲を探ることが可能です。




釣り方(アクション)


  • ただ巻き
  • ステイ
  • リフト&フォール


ただ巻き

テキサス、ジグヘッドリグ、キャロライナリグは、ただ巻きが有効です。


ステイ

どのリグでも有効なアクションです。


リフト&フォール

テキサス、ジグヘッドリグの時には、小気味良い動きになります。リフト&フォールの大きさを変化させることにより、アクションを変化させる事ができます。


シェイク(フリッピング)

ネコリグ等では、シェイキング(フリッピング)がおすすめです。


バスフィッシングのワームアクション(動かし方)については、こちらの記事をご覧ください。
・『バス釣り』ワームの動かし方(アクション)、合わせ方は!?




サイズ

一般的には4インチがおすすめです。さらにアピール力を高めたい時に5インチを選定するのが良いでしょう。私は、ネコリグ以外は4インチ、ネコリグは5インチという使い方をしています。




カラー

フィールドの水質、天気等によってカラーを使い分けてください。

▼おすすめ




まとめ

いかがでしたか!?カットテールは、ヤマセンコー、イモグラブとは少し毛色の違うアクションをするワームです。ラインナップには必ず加えておきたいワームのひとつです。

ゲーリーヤマモト
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)ワームランキングについては、こちらの記事をご覧ください。
・【最強ワーム】ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)のワームランキング、おすすめは!?


その他の『バスフィッシング』用のルアー

altタグ
バスフィッシング用のルアーについては、こちらの記事をご覧ください。
・バスフィッシングに使う、ルアーの種類【まとめ】


関連記事

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】



バス釣り ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!
スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ