『バス釣り』ワームの動かし方(アクション)、合わせ方は!?

バスフィッシングでワームの動かし方(アクション)はどおすればいいの!?と思っている方も多いのではないでしょうか!?そこで今回は、ワームをどの様に動かせばいいか、解説させて頂きます。



スポンサードリンク




ただ巻き

言葉通り、ただ巻くだけで、釣ることが可能です。ただ巻きの場合は、ワームを引くレンジ(層)、スピードを変え、広範囲に、底(ボトム)から表層まで探る様にしてください。

ルアーの重さ(シンカーを含む)を重くすれば、通したいレンジ(層)を早く巻く事が出来ます。逆に軽くした場合は、ゆっくり巻いてくる事ができます。

どのレンジ(層)を、どの程度の早さで巻いたかをある程度把握しながら釣ることで、効率良く探ることが可能です。

主に、オープンウォーターや、ブレイクライン(かけ上がり)、護岸やアシ際等、平行に引いてくる場合に使用するアクションです。


おすすめのワーム

スイムベイト、カーリーテール等




フォーリング

ワームを落とし込んで使うアクションです。バスのバイトは、このフォール中に起きる場合も多く、ワームでは、最も代表的な釣り方ではないでしょうか。

カバーの下、立木周り、橋脚周り、岩盤際にワームを落とし込む場合等に有効です。基本落とし込むだけです。

フォールには2つの方法があります、どちらも有効ですが、垂直に落としたい場合は、フリーフォール、斜めに落としたい場合はカーブフォールを使います。

ベイトリールを使用している場合に、フリーフォールをさせたい場合は、ワームが着水した後、ラインを送り出す動作が必要です。

フリーフォールは、カバーの真下を狙いたい場合、カーブフォールは、ストラクチャー等を、斜めに落としたい場合等に使います。また、各々、フォールする時のアクションが変わるため、その特徴をよく観察して使い分けるのが良いでしょう。

フリーフォール中に糸が弛んだ状態の時に、バイトする場合があります。フリーフォール中にバイトした場合は、急にラインが走りだしたり、止まったりします。

また、フォールの注意点ですが、バスは上から落ちてくるものに反射的に食いつく習性があります。特に重要なのは、フォールのスピードです。スローだと食うと言うわけではありません、重めのシンカーで早いフォールをさせた場合だけバイトがでると言う場合も多いです。

フォールスピードは、かなり重要なので、ワームとシンカーのバランスを考え、また、そのフィールドに合った最適なフォール速度を見つけてください。

この速度を変えることで、大きく釣果が変わる場合があるので、是非、実行してみてください。


フリーフォール

ラインにテンションを与えないでフォールさせます。


カーブフォール

ラインにテンションを与えてフォールさせます。


おすすめのワーム

カーリーテール、ストレート、ホッグ系ワーム等




シェイキング(フリッピング)

ロッド先端を細かく動かし、ワームを小刻みに動かします。ピンポイントを狙って、ほぼワームを動かさずに、同じ場所で行うと有効です。


おすすめのワーム

カーリーテール、ストレート、ホッグ系等




ジャーキング&トゥイッチ

ミノー等で良く使うアクションです。ワームは、カウントダウンすることで
、ボトム(底)から表層までどのレンジ(層)でもジャーキング&トゥイッチが可能です。ただ巻きで食わない時は試してみてください。ただ巻きに、アクションを加えるイメージです。


おすすめのワーム

ストレート等




リフト&フォール

ワームを上下に動かしながら引いてくるアクションです。ジャーキング&トゥイッチが左右のアクションだったのに対し、リフト&フォールは、上下の動きになります。ただ巻きで反応が無い時等は試してみてください。


おすすめのワーム

カーリーテール、ストレート、ホッグ系ワーム等




ズル引き

ワームを底(ボトム)につけ、ズルズルと引いてきます。エビ等を意識したアクションです。時折り、ポーズ(停止)等を入れると有効的です。


おすすめのワーム

カーリーテール、ストレート、ホッグ系ワーム等




ステイ

投げたらそのまま放置します。水流の影響等により、ワームが勝手にアクションし、バスがバイトするのを待ちます。実は、意外とこれが釣れます。


おすすめのワーム

カーリーテール、ストレート、ホッグ系ワーム等



スポンサードリンク




合わせ方

最後に、ワームフィッシングでバスがバイトした時の合わせ方について解説させて頂きます。


ただ巻きの場合

ただ巻きで食う場合は、すぐにルアーが持って行かれた感覚が分かるので、反射的にロッドをあおればフッキングします。


フォールの場合

着水後、ラインが『スー』と言う感じで走り出します。これは、ワームを加えたバスが、元居た場所に戻ろうとするためです。この場合は、『スー』と糸が走り出したタイミングで、ロッドを煽り、合わせてください。


リフト&フォール・ステイの場合

リフト&フォールやステイで食った場合は、ルアーを止めた時や、動かしはじめた時にバイトが出る事が多くあります。その際のあたりは、『グン、グン』『ゴン、ゴン』という感じでテンションを感じます。先ず、その際は、糸ふけを取り、少し間をおいてガツンと合わせてください。あまり食わせすぎると丸のみされて針が外れなくなる事があるので、必ず合わせを行ってください。

これでフッキングしない場合は、針が付いてない部分を食われている場合がほとんどです。そのポイントには、まだバスが居て、食う可能性があるので、再度試してください。それでもフッキングしない場合は、子バスの可能性があるので、ワームサイズや、フックサイズを落として再度挑戦するのが良いでしょう。




まとめ

バスフィッシングのルアーの中でも、これだけ多くのアクションに対応出来るのはワームだけだと思います。底(ボトム)から表層まで探ることができ、ある意味万能なルアーではないでしょうか。釣りとしてはかったるさもありますが、釣果御良いし、バスフィッシングには欠かせない釣り方です。是非、実践してみてください。


関連記事

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】



バス釣り ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!
スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ