秋(9月、10月、11月)のブラックバスはどおすれば釣れる!?パターン(釣り方)、おすすめのルアーは!?トップウォーター、ワーム!?

%e3%83%90%e3%82%b9-%e7%a7%8b

秋は、ブラックバスが荒食いするシーズンであるため、基本的には釣りやすくなる。今回はこの秋のブラックバスフィッシングについて、釣り方(パターン)、おすすめのルアーなどについて解説させていただきます。

秋は荒食いするため釣れやすくなる一方、急激な温度(水温)変化により、まったく釣れなくなる場合がある。バス釣りで最も難しいシーズンとも言えます。



スポンサードリンク




秋のブラックバスのコンディション

秋は夏の水温上昇から、次第に気温も下がり、それに合わせて水温低下する。夏場、水温が高すぎて、木陰等に身をひそめていたバスも、水温低下とともに広い範囲に散るようになる。また、シャロー(浅場に)ベイトフィッシュが入ってくるため、そのベイトを活発に追いかけ回すようになる。




パターン(釣り方)とポイント(場所)

秋のブラックバスは、広範囲に散っている。バスを効率良く釣るためにはこのバスを探す必要がある。このため、ルアーは広範囲を探れるものが主体となります。バスを釣るためには、先ずバスがどこにいるか探す必要があります。ひとたびいる場所が発見できれば、入れ食いになる場合もあります。逆に探せなければ釣れない可能性もあるわけです。


急激な水温変化によるターンオーバー時はポイント(場所)を変えよう!

秋は急激な冷え込みが起きる場合がある。これにより、水面の水が冷やされて一気に底へ沈み(冷たい水は重いので)底に溜まっていた酸素の少ない悪い水が水面の方へ押し出されて湖全体の水が急激に悪化することがあります。これを一般的にターンオーバーといいます。

ターンオーバーは、底にたまった汚れが浮き、水面が汚れた感じになる。水面の泡がいつまでたっても消えないような状況はターンオーバーである場合が多い。

こうなると湖は低酸素状態で魚の動きは非常にわるくなる。状況が良くなるまでは魚は動こうとしないため、全然釣れなくなる場合がある。こんな場合は、ターンオーバーの影響が出にくいエリアで釣りをすることが重要です。


  • シャロー
  • ウィードエリア
  • 竹藪


シャロー

シャローは、水深が浅いためターンオーバーの影響が出にくいエリアです。


ウィードエリア

ウィードエリアは酸素量が多いため、ターンオーバーの影響が出にくいエリアです。


竹藪

竹藪は水の浄化作用があるため、ターンオーバーの影響が出にくいエリアです。



スポンサードリンク




おすすめのルアーは!?

おすすめのルアーは、広範囲を探れる、スピナーベイト、クランクベイト、バイブレーション等になります。


スピナーベイト


クランクベイト


バイブレーション

altタグ
バイブレーションについては、こちらの記事をご覧ください。
・ブラックバスをバイブレーションで釣ろう!種類、釣り方、時期、カラー、おすすめは!?




まとめ

いかがでしたか!?秋は温度(水温)変化で大きく状況が変化します。状況の変化を把握しながら釣る事で入れ食いなどのシチュエーションになる場合もあります。是非、環境変化を気にしながら釣りをして大物を仕留めてください。



バス釣り ブログランキングへ


関連記事

これだけ読めば『バスは釣れる!』バスフィッシングのあれこれ これだけ読めば『バスは釣れる!』バスフィッシングのあれこれ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!
スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ