【効果的なバス釣りのルアーローテーションの方法】大きさ・カラー(色)・レンジ(層)・巻くスピード

バス釣りでは、【ルアー】ローテーションを行う事により、バスを釣る確率を変えることが可能です。今回は、その【ルアー】ローテーションについて解説させて頂きます。【ルアー】ローテーションすることにより、異なるレンジ(層)を探る事ができるようになり、多くのバスに【ルアー】をアピールすることができます。



スポンサードリンク


【ルアー】ローテーション

【ルアー】ローテーションすることにより、以下のことを意識しながら釣りをすると効果的です。


  • レンジ(層)
  • 巻くスピード(早さ)
  • アクション


レンジ(層)

バスは時期(季節)により様々なレンジ(層)を回遊します。


温度上昇と共に、深場から浅場に移動してきます。徐々にそのレンジ(層)を上げ、表層付近にも姿を現します。


夏は水温も上昇するため、温度が低い中層、ボトムに付くことが多くなります。サーモクラインという冷たい水と温かい水の層が交わる中層にサスペンドすることが多くなります。水温が低いバックウォーター(上流部)、インレット(流れ込み)、シェード(日陰)では、表層付近に居る場合もあります。


秋は、水温がバスの適水温になるため、様々なレンジ(層)に居る場合が多くなります。


冬は水温が安定するボトム(底)付近に付く場合が多くなります。


巻くスピード


春の初期段階では、比較的早い動きに反応します。その後、スポーニングに入ると、あまり早い動きには反応しなくなり、スポーニング後に、サイド早い動きに反応しはじめます。


夏は水温が上昇し、昼間はあまり早い動きには反応しにくくなります。朝、夕マズメは、比較的早い動きに反応します。


秋は適水温になるため、早い動き、遅い動きの両方に反応します。


冬は、著しく活性が落ちるため、早い動きには反応しなくなります。


アクション

アクションは、ナチュラルに動かすアクションが基本です。食いが悪い時はリアクションで食わせるのが有効です。リアクションとは、突然大きくルアーを大きく動かすなどして、バスを反射的に食わせる方法です。



スポンサードリンク


【ルアー】ローテーションの効果的な方法


  • レンジ(層)
  • 巻くスピード(早さ)
  • アクション


レンジ(層)

レンジ(層)の探り方は、表層からボトム(底)まで探ります。表層はトップウォーター、表層直下は、ミノー、シャロークランク、中層は、バイブレーション、クランクベイト、スピナーベイト、チャターベイト等を使います。中層を探れるルアーは、ルアーウェイトや巻くスピードを変えることでボトム(底)付近まで探ることができます。ボトム(底)をスローで探る場合は、ワーム、ラバージグ等で探ります。

バスは、自分の上を通過する餌に反応することが多いため、表層から順番にレンジ(層)を下げて探るのが効率の良い方法です。

表層を探ることができるトップウォーターでも、派手に音を出す、バズベイト、ポッパー等には反応しない場合も、ペンシルベイトでは、反応する場合もあるため、同じレンジ(層)を探る場合でも幾つかの種類を変更するのがおすすめです。サイズ、カラー(色)についても同様な事が言えます。反応が薄い場合は、種類、サイズ、カラー(色)の変更を釣れるまで試してください。


巻くスピード(早さ)

巻くスピード(早さ)は、バスの活性が良い場合は早く、低い場合は、スロー(遅く)巻くのが有効です。ルアーへの反応で、概ね、その日のバスの活性を知ることが可能です。活性の高いバスは、遅い動きには反応しにくく、活性の低バスは、早い動きには反応しにくい場合があります。

早い動きから、徐々に遅い動きの順番で探ります。


アクション

アクションは、ナチュラル系のアクション(ただ巻く)と、リアクションで食わせるアクションに分けることができます。バスの活性が高い場合は、ナチュラル系のアクションに反応しやすくなります。バスの活性が低い場合は、リアクションで食わせるアクションが有効です。リアクションで食わせる場合は、ジャーク、トゥイッチ、ボトムバンピング等があります。

ナチュラルなアクションで反応しない場合は、リアクションで食わせるアクションに変更します。


具体的なルアーローテーション

表層:トップウォーター(バスベイト・ポッパー・ペンシルベイト等)
表層直下:ミノー、シャロークランク
中層:スピナーベイト、チャターベイト、バイブレーション
ボトム(底):ワーム、ラバージグ



スポンサードリンク


【ルアー】ローテーションしなくても効率良く探る方法

バスを釣るためには、出来るだけ多くルアーをバスの居る場所に通す事が最も重要です。この回数を増やすためには、できるだけ多くの時間ルアーを投げられればその回数を増やす事ができます。

ルアーをできるだけ多く投げるためには、それ以外の作業をいかに低減できるかと言うのもポイントになります。

例えば、ルアーを交換する時間も無駄と考えると、できるだけ1つのルアーで広範囲を探れるルアーが有効になります。

広範囲を探れ、あらゆる水深も探ることができるルアーとしては、ラバージグ、ワームがあります。これらのルアーは、巻くスピードを変えることで、表層からボトム(底)までを探ることが可能なルアーです。

特に、おすすめの理由は、スピナーベイト、クランクベイトのような巻き物系のルアーで拾えないバスを釣ることができる点です。

スピナーベイトやクランクベイトは、広範囲を探ることが可能ですが、スローにしか反応しないバスを取りこぼす可能性が高いルアーです。

一方、ラバージグやワームは、スピナーベイトやクランクベイトでバスが追ってきたけど食わないような状況でフォローとして使う場合が多いルアーです。

このルアーではじめから広範囲を探り、時にスローな誘い方をすることで、ルアーを変更する時間を低減することが可能になります。

従って、人より多く、釣果をあげたいと考えた場合、ルアーを交換しないで済む、ラバージグ、ワームで投げる時間を増やすのもおすすめの方法です。

ラバージグは、トレーラーを使う事で、中層をスイミングさせても、スピナーベイトやクランクベイトのような挙動でバスにアピールすることができます。また、ワームもネコリグ等にすることで、中層をスイミングさせながらアピールすることも可能です。

このような工夫をすることで、多くのバスを釣ることも可能です。



スポンサードリンク


バス釣り用の【ルアー】

バス釣り用のルアー【TOP】
トップウォーター【TOP】
ポッパー ノイジー ペンシルベイト スイッシャー フロッグ バズベイト
ミノー
シャッド
クランクベイト
バイブレーション
スピナーベイト
チャターベイト
スピンテールジグ
メタルジグ
ラバージグ
ワーム
アラバマリグ
ビックベイト
【釣れる】ルアーだけ集めてみました!【名作・定番・最強】はどれ!?バス・シーバス・ヒラメ・マゴチ・青物【まとめ】 【釣れる】ルアーだけ集めてみました!【名作・定番・最強】はどれ!?バス・シーバス・ヒラメ・マゴチ・青物【まとめ】
【最強・定番・名作】バス釣り用【ワーム】人気(おすすめ)【ランキング】これだけあればバスは必ず釣れる! 【最強・定番・名作】バス釣り用【ワーム】人気(おすすめ)【ランキング】これだけあればバスは必ず釣れる!



スポンサードリンク


まとめ

このようにして、ルアーローテーションを行う事で、概ね、その日に反応が多いレンジ(層)、ルアー等を特定することが可能です。これを戦略的に繰り返すことで、季節(時期)毎のバスが釣れるパターンを自分のものにすることができます。是非、実践してみてください。

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】



バス釣り ブログランキングへ
 

スポンサードリンク


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ