【バスフィッシング(釣り)に使うルアーの大きさ(サイズ)】選び方・デカバスは大きいルアーが良い!?

バス釣り(バスフィッシング)に使うルアーの大きさ(サイズ)選定に迷う時はないだろうか!?そこで今回は、そのバス釣り(フィッシング)に使うルアーのサイズ(大きさ)について解説させて頂きます。


サイズはどのように選べば良いの!?

ハードルアーやソフトルアー(ワーム)を見ても様々なサイズがラインナップされています。このサイズをどの様に使い分ければ良いか悩む場合も多いのではないだろうか!?

どのサイズをどの様な順番で使えば良いか分からない場合も多いと思います。唯一言えることは、釣れた結果=答えという事です。

決してそこに明確な答えは無く、結果が答えになっていると言う事だけは言えるのではないでしょうか。


マッチザベイト

基本的には、このマッチザベイトでルアーサイズを選ぶのが一つの目安になります。その時にバスが何を捕食し、どのくらいのサイズであるかはルアーの大きさ(サイズ)を選定するうえで重要になります。バスは、食べ慣れている餌のサイズを捕食する傾向があります。

従って、自分が通うポイントで、バスが捕食しているベイトのサイズを出来るだけ観察するようにしましょう。


釣れるバスのサイズとルアーサイズ

どんなバスのサイズを釣りたいかによって、ルアーのサイズを使い分ける人も多いようです。例えば、大きいルアーを使えば、比較的小さいサイズのバスはバイトしません。一方、小さいルアーを使用すると、小型のバスから大型のバスまで釣ることが出来ます。小さいルアーを使用すると比較的、小さなバスが多く釣れる様な気がします。

大きいルアーを使用している時は、一切バスが釣れなかったのに、ルアーサイズを落としたら、バスが釣れる様になる時もあります。


大型のバスが食べるベイトサイズは!?

バスは大型になればなるほど、必要なカロリーが増えます。つまり大きなバスは、餌をたくさん食べる必要があります。狩りの回数を少なくするためには、大型の餌を食べる必要があります。一方、小さ餌を捕食して必要なカロリーを補おうとすると、体が大きくなればなるほど、狩りの回数が増えることになります。

このような状況からも、大きいバスは、大きな餌を捕食する傾向があると言う事は仮説として成り立つのではないでしょうか。

従って、大きいサイズのバスを釣りたい場合は、大きなサイズのルアーを使うと言うのは、一つの方法だと思います。


どのサイズのベイトが捕食しやすい!?

一般的に、小さいサイズのベイトは警戒心が低く、大きいサイズのベイトは警戒心が高くなります。つまり、捕食するベイトとしては、小さいサイズのベイトが捕食しやすいベイトと言えるのではないでしょうか。

従って、バスが捕食しやすいサイズのベイトを演出するためには、小さいルアーを使うのが有効だと思います。


アピール力が大きいのはどのサイズ!?

アピール力の高いルアーサイズは、大きいサイズのルアーになります。また、状況により、大きなルアーじゃないと、バスが反応しにくい場合があります。


  • 流れの速い川
  • 雨の日のトップウォーター
  • 風が強い日のトップウォーター


流れの速い川

流れの速い川では、ルアーサイズが大きいルアーが有効です。


雨の日のトップウォーター

雨により水面に浮かぶトップウォーターがバスに認識しづらい場合は、大きめのルアーが有効です。


風が強い日のトップウォーター

風により、水面が波立っている場合のトップウォーターは大きめのサイズが有効です。


まとめ

いかがでしたか!?今回は、バス釣り用のルアーのサイズについて解説させていただきました。サイズ選びには、以下の事を気にしながら選ぶのが良いのではないでしょうか。


  • ベイトサイズ
  • 釣りたい魚のサイズ
  • 雨・風の状況



スポンサードリンク


関連記事

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】


バス釣り ブログランキングへ



スポンサードリンク


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ