【初心者】が読むべき【バス釣りの入門書】バスの生態、パターン戦略を学ぼう!人気おすすめ【ランキング】

バス釣りをはじめたばかり、または、これからバス釣りをはじめようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか!?バスを釣るためには、バスについての正しい知識が必要です。そこで今回は、バス釣り初心者が読むと役に立つ入門書の人気おすすめ【ランキング】等をご紹介させていただきます。



スポンサードリンク


バス釣りになぜ【入門書】をおすすめするか!?

バス釣りに限らず、何かを成功させたいと考えた時に、最も重要な事は、正しい情報を得ることです。正しい情報さえあれば、はじめに全体を把握することが可能であるため、最悪の状況にも備えることができます。一方、正しい情報が無い場合、何か問題が起きた場合にもその場しのぎの対応しかできず、なかなか良い成果を出すことが出来ます。

これはバス釣りにおいても言えることです。バスについての正しい知識、バス釣りの正しい知識をはじめに知っておくことは、大変重要です。


バスは意外と釣れない

テレビやYoutube動画等で、バス釣りを見ると、比較的かんたんに釣れてる様に見えるのではないでしょうか!?しかし、一方で、釣りに行くと中々釣れないという状況に陥る場合があります。

同じ様に釣してるのになかなか釣れない…この場合、おそらく何かの情報が抜けているのではないでしょうか。従って、先ず、バス釣りをはじめる前に、必要な情報を知っておく必要があります。


バス釣りについてどんなことを知ってれば良い!?

バス釣りで必要な知識は、釣る対象であるバスについての知識、また、そのバスを釣るための知識が必要になります。


  • バスについての知識
  • バスを釣るための知識


バスについての知識


  • バスの生態


バスの生態

バスを釣るためには、バスの生態を知ることは不可欠です。生態とは、バスがどのような餌を食べ、どのような場所に居るか、どのような季節にどのような行動をしているか等を知ることが必要になります。


バスを釣るための知識


  • 道具
  • パターン戦略


道具

道具は、タックル(ロッド・リール・ライン)にはじめり使用するルアーの知識が重要になります。どのようなルアーをどのような季節・時間・場所で使えば釣りやすいか、そのルアーを投げるためには、どのようなタックルが良いか等の知識が重要です。また、それらの道具をどのように使用すれば良い等も重要な情報です。


パターン戦略

バス釣りで最も重要な事は、バスを釣るパターンを見つける事です。このパターンを見つけるために、どのような短時間で多くの釣果をえるための戦略が重要です。



スポンサードリンク


どんな入門書がおすすめ!?

上記の事が的確に書かれている入門書がおすすめです。


どんな人が書いた入門書がおすすめ!?

おすすめは、バスプロが書いた本です。その理由は、短い時間で最大の成果をあげる必要があるのがバスプロです。この短時間で結果を出さなければ、彼らは生活も出来なくなります。従って、正しい知識や経験が無いと結果を出すことができません。実際に結果を出している人は、逆に、正しい知識を持っていると言えます。



スポンサードリンク


おすすめの【入門書】

・【最新】バス釣り【入門書】人気【ランキング】(Amazon)

順位 画像 名称 販売サイト
1位
バスフィッシング―野に憩う魚と遊ぶパスポート ・Amazon
評価・評判・口コミ(インプレ)

我々は狙っている魚の生態をどれだけ理解しているだろうか。アメリカでは釣り人によってバスの生態が研究され、ストラクチャーフィッシングと呼ばれる理論が生まれた。この考え方は50年以上経った今日でもバスフィッシングの基礎となっている。一般的な入門書ではまずタックルから解説されるが、この本は筆者が実験で確かめたバスの生態、カバーとストラクチャーの違いから解説されている。近年地形の釣りがプロやガイドのシークレットテクニックのように語られているが、本来は最初に知るべき基礎知識だ。高価なタックルを揃えて誰かの物真似をする前にまず手に取ってほしい一冊。

ヒロ内藤さんの他のDVDや本と内容は変わりません。考え方が合理的であり、真実を突いているので、普遍性が有るのだと思います。釣りは趣味ですから、自由に楽しく出来れば良いと思いますが、考え方の幅を広げるには、本当に良い本だと思います。
この本に出会えて良かったと思います。

コマーシャルのないとても地味な本ですが、それだけに内容の濃い本です。一見入門書的な構成はとっていますが、初心者には難しい部分があります。むしろ行き詰まり感のある中級者に多くのヒントが隠されている内容です。新製品ありき、シークレットありきから、一歩離れて基本知識と考え方を再構築して釣りの幅を広げる教科書だと思います。

最近のバス関連の本にありがちなルアーや道具のカタログ、マル秘テク、裏技など目を引く広告ナシ純粋に基本を抑えた本です。DVDのジアンサーシリーズの文章版みたいな感じ

商売(道具を売りたい商売人たち)に左右されない基本的なことが記載されている。新人もベテランもこの1冊をオススメ。バス釣りの教科書です。

2位
適材適所のルアーセレクト ・Amazon
評価・評判・口コミ(インプレ)

青木大介の、いかにして魚を多くキャッチするか、というノウハウが凝縮されている。
この本を読んで、青木流の知識を得て実践する事で、得られた魚は多いと感じる。

トップトーナメンター青木大介の釣りの理解が事細かにかいてあり面白い!言葉の定義の説明もあり、わかりやすい。こういう自分の理論を押し込む本が大好きな人はいっぱいいるでしょう

この値段で青木大介選手の知識や状況把握の仕方を学べるのは素晴らしい。初心者、中級者は買って損はしないと思う。

なるほどと思わせる考え方、とても参考になりました。楽しい1冊でした!!

色々なルアーの使い方が分かる本でした。釣行時に持参してます。

3位
バス釣りビッグフィッシュパターン (Rod and Reelの本) ・Amazon
評価・評判・口コミ(インプレ)

現在ビッグフィッシュでストロングな田辺さんになるまでのメンタル、テクニックなどが載っている。もう、フィネスの数釣りを目指すのはいいやみたいな人には超おすすめ!

こ、このクオリティは田辺さんにしか書けない。ボリュームも満点で読み応えがある。これほど説得力のある持論を展開できるのは田辺さんのみであると思います

彼がよくCS番組で言っている「強いルアー・強い食わせ」等の私にはなんとなくでしかわからなかった言葉の解説が、この本には載っています。わたしは彼のCS番組の解説書として、テレビの前で使っています。また、シーズン・水質別のビッグフィッシュパターンや、他のバスプロとのビッグフィッシュマッチプレー等も掲載されており、釣りに行く前日の予習にも使えますよ。

田辺哲男氏のバシングパターンブックと合わせるとバスの季節による動きがより分かるようになります。

3部構成の本で、第1部が「田辺哲男の”BIG FISH”理論」、第2部が「シーズナル”BIG FISH”パターン」、第3部が「田辺哲男の”BIG FISH”Match Play」となっています。 田辺氏は「最後のパターンブックとなるべく」本書を書かれたようですが、第1部と第2部はそれに見合う内容の充実度だと思います。第3部もトップアングラーの現場思考をうかがえ、また臨場感を感じられため、読んでいて楽しかったです。

4位
村田基のバス釣りクリニックQ&A 119―60cmアップの釣り方教えます! (Rod and Reelの本) ・Amazon
評価・評判・口コミ(インプレ)

村田さんの太いラインを使用するという意見・・・・とても共感できます。

内容は古いけれど、一度は読むべきだと思う。好き嫌いが分かれる人だが、決して間違ったことは言っていない。最近はもう、こういう本を書いてくれる人がいないので寂しい。

目につくのが、著者のブランド「ウォーターランド」の宣伝。初心者はまずウォーターランドのテールスピンジグ(ルアーの種類だよ)、スピンソニックという商品を薦めていたり、某海外バスプロが新しい分野のルアー(スピナーベイト)で爆釣したのを見て各社のスピナーベイトを全部買い占めて独占して売ったり、など事業家的?な面。そんな話も織り交ぜつつ、マニュアル本として重宝するうえ、中級者も読める本だと思います。実際スピンソニックは良く釣れるし。糸の結び方から投げ方、各種ルアーの使い方、巻き方からバスの生態まで載せている。欲をいえば初心者用に軽い単語帳をつければ、もっと売れる本になったのでは。いきなり「タックル」「ベイト」「スピニング」とか言われても意味わかりません。ちゃんと読めば、前後の語彙からなんとなく意味がわかるのでどーでもいいですが。初心者は、この本買って、3000円の釣竿と1000円のリール(糸巻き)と、スピンソニック700円の出費で、バス釣りの醍醐味が味わえると思います。初心者(俺)が買って幸せになれた1冊。

5位
基礎から始める ブラックバス釣り入門 (つり情報BOOKS) ・Amazon
評価・評判・口コミ(インプレ)

子供がバス釣りをしだしたので、購入しました。本の中もきれいでしたし、お店の対応も早くてすぐに届きました。この本は、本当に初心者向けです。私でも見ていて分かり易いです。息子は、今小学4年生ですが、他の釣りの本よりわかると言っています。

ページの多くはルアー別アクションに割かれています。個人的にはブラックバスの習性やポイント別攻略にもう少し重点を置いてもらいたかったと思います。ただ、ロッドアクションやラインの結び方など基本には十分です。写真やイラストなども丁寧で読みやすいと思います。価格以上の内容はあります。

ルアー別アクションの頁にて、シンキングペンシルの使い方までのっている所が新しいと思う。リリーパッドや、川のポイントの狙い方などの個別のフィールドごとの釣り方も分かりやすい。

読み進める順番としては、上位から順番がおすすめです。バスの生態について学び、その後、その後戦略関係の本を学ぶ事が可能です。


Youtube動画もおすすめ

最近では、かなりバス釣り関連のYoutube動画があります。活字で読むのが苦手な人は、動画で見るのもおすすめです。



スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか!?今回は、入門者におすすめのバス釣り【入門書】についてご紹介させていただきました。初心者の方だけではなく、中級者以上の人にとっても、いままで知識が欠落していた部分、誤解していた部分等を洗い出すには最適な本だと思います。是非、参考にしてみてください。

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】


バス釣り ブログランキングへ



スポンサードリンク


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!



スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ