最強のシャッドテール(ワーム)【ハートテール(ゲーリーヤマモト)】タックル(ロッド・リール・ライン)、使い方(アクション)、フックサイズ、評価・評判・口コミ・レビュー

ハートテール(ゲーリーヤマモト)は釣れると聞いたことあるけど、実際に、どのように使えばいいのか、また、どんなフックを使い、どんなタックル(ロッド・リール・ライン)で使えばいいか分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか!?そこで今回は、そのハートテールについて解説させて頂きます。



スポンサードリンク


ハートテール(ゲーリーヤマモト)とは!?

ゲーリーヤマモトから発売されているハートテール。いわゆるシャッドテールワーム、スイムベイトというジャンルのルアーです。

市村直之が琵琶湖をメインステージに長いテスト期間を経て開発したアイテムです。発色鮮やかなノンソルティ素材をボディの上部に、スイムバランスを安定させる従来の高比重ソルティ素材をボディの下部に配置することにより、ハート型のテールが生み出すギル波動で、比類無きスイミングアピールを実現しました。

ボディのスリットはフッキング性能を向上させ、そのボリュームバランスはあらゆるリグにアジャストできるようデザインされています。これまでのスイミング系ワームとは明らかに一線を画す、まさにバスのハートを射抜くアイテムです。


ハートテールの釣果

・画像


ハートテールの種類

ハートテールのサイズは1種類で、13色のバリエーションとなっています。



スポンサードリンク


タックル?

ルアー自体の重さが約20gと思いため、ベイトキャスティングタックルがおすすめです。


ロッド

ハートテールは、面下30cm~50cm程度と浅めのレンジを引いてくるため、張りがあってパワーのあるロッドでしっかり掛けることが重要です。従ってロッドはMHクラスのパワーものがおすすめです。


バス釣り用ロッドの選び方
バス-ロッド
バスフィッシング用のロッドの選び方については、こちらの記事をご覧ください。
・ブラックバス用のロッド(竿)の選び方『長さ・硬さ』『ベイト・スピニング用』何を選べばいいの!?おすすめは!?


リール

リールはトルクのあるものがおすすめです。シマノ製のリールであれば、カルカッタコンクエスト100、200か、メタニウム等がおすすめです。

画像 品名 販売サイト
カルカッタコンクエスト100(シマノ) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
カルカッタコンクエスト200(シマノ) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
メタニウム(シマノ) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム


ベイトリールの選び方

ベイトリールについては、こちらの記事をご覧ください。
・ベイトリールの【メリット・デメリット】、選び方、おすすめは!?


ライン

ラインはフロロカーボンの14〜16lbがおすすめです。


バス釣り用のラインについて

【バスフィッシングのライン(糸)】は何を選べばいいの!?材質(ナイロン・フロロカーボン・PE)・太さ・人気(おすすめ)【ランキング】



スポンサードリンク


仕掛け(リグ)

ノーシンカーリグが最適です。


使い方(釣り方)


ただ巻き

ハートテールの使い方はただ巻きです。フォールさせたり、ジャークさせたりする必要はなく、そのまま巻き続けるのがコツです。

同様のスイムベイトで、OSPのドライブシャッド4.5インチがありますが、ドライブシャッドは、フォールさせた際に、テールが動きバスを誘います。

しかしながら、ハートテールはフォールさせるとアクションが良くないため、ひたすらただ巻きするのがコツです。


釣り方動画



スポンサードリンク


ハートテール(ゲーリーヤマモト)を使う場所(ポイント)

ハートテールを使用する場所(ポイント)は、以下の場所がおすすめです。


  • 岸際
  • ストラクチャー


岸際

バスは、岸際のちょっとしたカバーやストラクチャーなどに潜み、通り過ぎるベイトなどを捕食しています。従って釣り方(使い方)は、岸際を平行に引く、または、少し沖に投げて岸に向けて斜めに引いてくる使い方がおすすめです。少し沖目に投げる目的は、岸際にベイトを追い込んで捕食するバスの習性を演出しバイトを誘発するためです。


ストラクチャー

カバーやストラクチャーの横を通す使い方(釣り方)がおすすめです。カバーやストラクチャーで餌を待ち構えているバスが通り過ぎるベイトだと思い、横からまたは下からバイトします。

ハートテール(ゲーリーヤマモト)の様なスイムベイトは、バルキーなボディとサイズでナチュラルに強く水を押し、バスを遠くや下から浮かせる集魚効果が高いのが特徴です。


バスが釣れる場所(ポイント)



スポンサードリンク


おすすめのカラー(色)は!?

水質やその日のポイントの状況に合わせてルアーカラー(色)を選択してください。


ワームカラー(色)の選び方

バスプロが評価する、バスフィッシング(バス釣り)用のワームのカラーについて【まとめ】ました。迷ったら、ブラック・スモーク。ウォーターメロン等がおすすめです。

▼おすすめ


ルアーの見えやすさが解明されていた

実験により、魚が反応しやすい色があるようです。

▼おすすめ


おすすめのフックは!?


FINAのハイパートルネード#5/0

フックは、FINAのハイパートルネードがおすすめです。フックサイズは#7/0がおすすめです。ハイパートルネードは、シンカー無しとフックにシンカーが付いている物が発売されています。その日のバスのポジションに合わせて使い分けてください。

バスが表層を意識している場合は、シンカー無し、バスがボトム(底)を意識している時はシンカー付きと言う様に使い分ければ良いと思います。

画像 品名 販売サイト
ハヤブサ(Hayabusa) シングルフック ハイパートルネード 5/0号 3本 FF207 ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
ハヤブサ(Hayabusa) FF208 フック 釣り針 ・Amazon
・楽天
・ナチュラム



スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか!?今回は、ゲーリーヤマモトのハートテールについて【まとめ】てみました。余計んアクションをさせないで、ただ巻きするだけで、圧倒的な釣果をあげることが出来るワームです。是非、実践してみてください。

画像 品名 販売サイト
ハートテール(ゲーリーヤマモト) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム


評価・評判・口コミ・レビュー

飛距離も十分。ノーシンカーで使いましたが釣れるワームです。


ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)

その他ゲーリーヤマモトのワームについては、以下の記事をご覧ください。

ゲーリーヤマモト
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)ワームランキングについては、こちらの記事をご覧ください。
・【最強ワーム】ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)のワームランキング、おすすめは!?


釣れるワーム
【最強・定番・名作】バス釣り用【ワーム】人気(おすすめ)【ランキング】これだけあればバスは必ず釣れる! 【最強・定番・名作】バス釣り用【ワーム】人気(おすすめ)【ランキング】これだけあればバスは必ず釣れる!


釣れるハードルアー
【釣れる】ルアーだけ集めてみました!【名作・定番・最強】はどれ!?バス・シーバス・ヒラメ・マゴチ・青物【まとめ】 【釣れる】ルアーだけ集めてみました!【名作・定番・最強】はどれ!?バス・シーバス・ヒラメ・マゴチ・青物【まとめ】



スポンサードリンク


関連記事


ワームの釣り方

【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】 【これを見ればブラックバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ブラックバスフィッシングの全て】


バス釣り ブログランキングへ
 



スポンサードリンク


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ