【マゴチをルアーで釣ろう】釣り方、場所、時期、時間、装備、人気おすすめ【ランキング】

%e3%83%9e%e3%82%b4%e3%83%81-%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%bc

マゴチをルアーで釣る、釣り方、場所、時期、時間、装備、人気おすすめのルアー【ランキング】等について【まとめ】てみました。



スポンサードリンク


マゴチについて

マゴチは夏が旬の魚でシーズンは5~11月になります。釣る場所は、サーフ、漁港、河口等、ヒラメとほぼ同じ場所(ポイント)で釣る事が可能です。ヒラメより湾奥を好むため湾奥エリアでも釣ることが可能です。

生息域は日本海で新潟以南、太平洋側で宮城以南。ヒラメと同じく、キス、メゴチ、ハゼ、イワシ、エビなどを好んで捕食します。キス、メゴチの居るサーフには、必ずマゴチが居ます。大型のマゴチは70cmを超えます。


%e3%83%9e%e3%82%b4%e3%83%81-%e5%88%ba%e8%ba%ab

マゴチはヒラメより美味しいと言う人も多いくらい美味しい魚です。刺身、塩焼き等が一般的です。旬は6月~8月。実際には旬から外れていても身が薄いだけで美味しく食べられます。通常の刺し身だけでなく、昆布締めや唐揚げにするのもおすすめです。



スポンサードリンク


場所(ポイント)

マゴチは、ヒラメと同様に、外洋向きのサーフエリアが中心となります。狙うポイント(場所)としては、砂地サーフのカケアガリ(急に深くなっている場所)や河口エリア、漁港のミオ筋などが狙い目です。ヒラメと少し違う点は、マゴチはヒラメほど潮通しの良い場所に居つくことはなく、ベイトとなる小魚さえ居れば、泥砂地底の内湾の漁港エリアでも釣り上げることが可能です。


サーフでのポイント


離岸流

離岸流は、岸から沖へ向かう流れです。この離岸流は、ヒラメ・マゴチ釣りでは一級ポイントになります。離岸流は小型のベイトが溜まるポイントで、その小魚を捕食するためにヒラメ。マゴチが付きます。離岸流を攻めるときは、その流れの両端を狙うのが高確率でヒラメ・マゴチを釣るコツです。


馬の背

馬の背とは海底が部分的にもりあがっている場所を言います。地形の変化があるために小魚が集まりやすく、ヒラメ・マゴチも付きます。馬の背は、海面に白波が立っている場合があるため、良く注意して波を観察するようにしてください。


ブレイクライン(かけあがり)

かけあがりは、急に水深が落ちる場所です。小魚はこのかけあがりに沿って移動する場合が多く、このかけあがりにヒラメ・マゴチも付いています。


ベイトが居る場所

ベイトの存在はマゴチ・ヒラメを釣る上で重要な要素になります。逆に、ベイトが居ない場合は釣れる確率が極端に下がります。波打ち際にイワシ等のベイトが打ち上げられている場合等は、高確率でマゴチ・ヒラメを釣ることが出来ます。


サーフ以外のポイント


堤防

堤防はマゴチ・ヒラメを釣ることが出来ます。特に潮通しが良い外洋に面した堤防の先端は良いポイント(場所)になります。


河口

淡水と海水が混ざる汽水域はベイトが豊富なエリアです。



スポンサードリンク


タックル(ロッド・リール・ライン)

マゴチ用のタックルは、シーバス、ヒラメを釣るルアーを使うため、シーバス、ヒラメ用のタックルで釣ることが可能です。ヒラメ(平目)をルアー釣りでは多くの場合、サーフでの釣りになります。


ロッド

サーフでは、9ftクラスだと長さが足りないという場合があります。出来るだけルアーを遠くに飛ばして釣る可能性を上げるためにも長さは、10ft(約3m)以上のロッドがおすすめです。


リール

リールは遠投できるスピニングリールがおすすめです。シマノでは4000番台、ダイワでは3000番台がおすすめです。ギア比は、サーフでの巻きとりスピードに対応できるハイギアがおすすめです。

ハイギアにする理由は、手返し良く広範囲をスピーディーに探れることと、ルアーを早く巻く事ができるためです。


ライン

ラインは飛距離と強度を両立したPEラインをメインラインとして、根ズレ対策等としてショックリーダーを付けるのが一般的です。PEラインの太さは0.8~1.5号、リーダーの太さは2~3号(8~12lb)程度がおすすめです。リーダーの材質は、ボトム(底)付近をトレースする事が多いヒラメ(平目)釣りでは、フロロカーボンがおすすめです。

関連コンテンツ

ロッド
リール
ライン


装備(道具)

サーフでの釣りが中心となるマゴチ釣りでは、フローティングベスト、ウェーダーは必須アイテムです。また、夜間の釣行にはヘッドライトも必要です。ヒラメ釣りの装備を以下に【まとめ】てみました。マゴチも同様の装備で問題ありません。是非、参考にしてみてください。

関連コンテンツ

ヒラメ釣りの道具(装備)
フローティングベスト
ウェーダー
ヘッドライト
フィッシュクリップ
プライヤー



スポンサードリンク


【時期・時間・潮】


時期

マゴチはヒラメと同じ様な時期に釣ることができます。地域的な差はあるものの、概ね、の産卵期となる4~6月、そして冬を前にたくさんエサを食べる9~11月がベストシーズンになります。晩秋から初春はヒラメ、晩春から夏にかけてはマゴチ釣りのピークになります。


時間

昼間、夜(夜間)の何れも釣ることが可能です。朝マズメ、夕マズメは、他の魚同様に釣りやすい時間です。朝マズメと夕マズメは季節により、釣れやすさが異なります。夏は、朝マズメが最も水温が低く魚の活性があがります。一方で、夕マズメは、水温が高いため、比較的釣れにくくなります。一方、冬は、最も水温が高い時間が夕マズメになります。このため、ベイトの活性もあがり、マゴチも釣れやすくなります。


昼間

昼間は、リアクションで食わせる釣りが有効です。早い動きやイレギュラーな動きに反応しやすくなります。


夜(夜間)

夜は視認性が落ちる時間であるためスローな釣りが有効です。

関連コンテンツ

夜ゴチを釣る方法


潮が動いている時間が釣れやすい時間です。特に下げ潮の時は、波打ち際に居たベイトが、潮が引くタイミングで、深場に移動しはじめます。このベイトをマゴチが待ち受けています。潮が動いているタイミングと朝夕マズメが重なる時間は、最も釣れやすい時間と言えます。



スポンサードリンク


釣り方(アクション)

マゴチとヒラメ釣りは非常に良く似ています。ルアーアクションヒラメと同じで釣る事が出来ます。但し、マゴチはヒラメ程活発に動かないため、どちらかというとスローなイメージでルアーを動かすと良いでしょう。実際にシーズンもほぼヒラメとかぶっており、ヒラメを狙っていたら、マゴチが釣れたと言う事も多いです。釣り方は、海底付近を丁寧に探るのが有効的です。

一方で、着底からのバイブレーションのファーストリトリーブで水面近くで食う事もあり、食いが立っていれ活発にルアーを追いまわします。

ヒラメとマゴチの違いは目の位置です。ヒラメは上に目が付いているため、自分の真上を通るルアーに反応します。マゴチの目は前方に向いています。このため、自分の前にあるルアーに良く反応します。ヒラメの場合は、ボトムから50cm位の水深を引くのがベストです。一方で、マゴチはボトム(底)をズル引きする方が釣れやすくなります。ルアーは必ず底を取ってからアクションさせるのが有効です。


  • ただ巻き
  • リフト&フォール


ただ巻き

底をズルズルただ巻きします。


リフト&フォール

ロッドの先端を持ち上げ、ロッドを下げて糸ふけを巻き取ります。ロッドを上げないで、ストップ&ゴーでも釣ることが可能です。

スポンサードリンク


【ルアー】の選び方


カラー(色)

ヒラメやシーバス同様に、昼間は派手なアピール系のカラー、夜は、白、チャート等の膨張色がおすすめです。その日のコンディションにより、反応の良いカラーが異なる場合があります。このため、お気に入りのルアーの色違いを揃えておくのが有効です。


サイズ

出来るだけマゴチが捕食してるベイトの大きさに合わせるのが有効です。しかし、一方で、同一サイズでは悔いが渋い場合は、サイズ変更を行う事で、釣果が改善する場合があります。従って、カラー同様、お気に入りのルアーでサイズ違いを揃えるのがおすすめです。



スポンサードリンク


人気おすすめ【ランキング】

マゴチにおすすめのルアーは、ヒラメ同様、ボトム(底)付近をレンジキープ出来るルアーです。ヘビーシンキングミノー、バイブレーション、メタルジグ、ワームがおすすめです。飛距離がほしい場合は、バイブレーション、メタルジグが有効です。食いが渋い時は、ワームが有効です。

ヒラメルアー【TOP】
ミノー
メタルジグ
バイブレーション
鉄板バイブ
スプーン
スピナーベイト
ワーム
激安ルアー



スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか。近年マゴチフィッシングは、ヒラメ(平目)と並び人気の釣りです。是非、本記事を参考に実践してみてください。きっと新しいフィッシングルアーフィッシングの魅力に取りつかれることになるんではないでしょうか。

【ルアーフィッシングをはじめよう!】ブラックバス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、青物まで【ルアーフィッシングの全て】 【ルアーフィッシングをはじめよう!】ブラックバス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、青物まで【ルアーフィッシングの全て】


ヒラメ釣り ブログランキングへ



スポンサードリンク


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ