【ヒラメ(平目)をルアーで釣ろう(攻略しよう)!】釣り方、時期、時間、ポイント、装備、タックル、人気おすすめの【ルアー】ランキング

ヒラメ-00

ヒラメ(平目)をルアーで釣るための、時期(季節)・時間、場所(ポイント)、ルアーの選び方(重さ・カラー)等について【まとめ】てみました。また、合わせて人気(おすすめ)のヒラメ(平目)用のルアー【ランキングう】をご紹介させていただきます。



スポンサードリンク

ヒラメ(平目)について

ヒラメ-バイト

ヒラメ(平目)は、海底に潜り目だけを出して獲物を待ち伏せているというイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか!?実際は、非常によく泳ぎ回って獲物を捜し求めている魚で、ボトム(底)のみではなく表層を泳ぎ回るイワシを追ってボイルすることもある貪欲な魚です。ヒラメ(平目)のルアー釣りは、80cmを超えるサイズがサーフから狙える魅力的な超高級魚である。


ヒラメの生態

ヒラメの生態について分かっている事を以下に記載します。

・最大で全長1m、体重10kg以上になる。
・雄が最大60cm程度、メスは最大で1m以上になる。
・世界最大のヒラメ(平目)は神奈川県の大磯海岸釣られた1m5mm、重さ10kg。
・歯が鋭く基本的には生きたベイト(小魚)、甲殻類(カニ)等を捕食する。
・昼は砂の中に身を潜めベイトを狙っている。
・活性が高い時は砂に潜らず上を通るイワシ等のベイト積極的に捕食する。
・カメレオン同様に砂の色に合わせて体の色を変化させる事ができる。
・産卵時期は3月~7月(九州南部では1月~3月、本州では2月~6月、北海道では6月~8月)。
・産卵する個体は概ね50cm以上から。
・3年でオスが40cm、メスで50cm程度まで成長する。
・寿命は数年。
・磯などにも多く生息する。
・天然のヒラメの裏側は真っ白なのに対し養殖物は裏側に黒い斑点が見られる。
・朝まずめ、夕まずめに活発的に捕食活動を行う。
・夜行性のため日が沈んだ後も積極的に捕食活動を行う。
・基本的は夜行性と言われているが日中でも捕食活動を行う
・獰猛な性格でベイトを積極的に襲い、逃げられた場合は追い食いする。
・水深50cm~100mまでの生息している。
・捕食は下手だが頭上を通る魚に食いつく際は全身を使い俊敏に捕食する。
・淡水を好まないと言われているが河口付近の汽水域でも良く釣れる。



スポンサードリンク


ヒラメ(平目)が釣れる時期

ヒラメ(平目)は基本的には1年を通して釣ることができます。ただ実際にはベストシーズンがあります。おすすめの時期は、4月~11月頃です。細かく言うと、4~6月、9~11月がベストシーズンです。

サーフでヒラメ(平目)が釣りやすい時期は、サーフの波打ち際は 小魚の群れで賑やかになる時期です。これらのベイト(餌)を追ってヒラメ(平目)も浅場へと接岸してきます。従って、春から初冬が サーフからヒラメが釣りやすい時期になります。


暑過ぎても釣れない

ヒラメ(平目)の適水温は18~20度程度であると言われています。このため、真夏は水温の上昇も著しいため、釣れにくくなります。


寒すぎると釣れない

一方、極寒の時期になると、 水深が浅い場所は水温が低下しやすくなります。このため、多くの魚がこの時期は深場へと潜ります。ヒラメの餌(ベイト)となる小魚も 浅瀬にはほとんどいなくなるため、ヒラメ(平目)も釣り難くなります。

関連コンテンツ


ヒラメ(平目)が美味しい時期(季節)

ヒラメ(平目)を釣って食べたいという人も多いと思います。平目(ヒラメ)を食べるのにおいしい時期は、秋から冬(10月~2月くらい)にかけてです。これは釣るベストシーズンと少しずれています。

この時期のヒラメ(平目)は【寒ビラメ】と言われ、身が厚くなり上品な脂がのります。3月に入ると身が痩せていき4月~6月の産卵後は【夏ヒラメは猫マタギ】と言われるように猫でも食わぬというほど味が落ちます。

関連コンテンツ

人気のレシピ
捌き方



スポンサードリンク


場所(ポイント)

サーフ


  • サーフ
  • 港湾部
  • 河口


サーフ

サーフは、ヒラメ(平目)が捕食するベイト(餌)が豊富です。イワシ、シロギス等はヒラメ(平目)が好んで捕食するベイト(餌)です。日本海や太平洋外洋向きのサーフでは、ほとんどの場所でヒラメ(平目)を釣ることが可能です。内海でも潮通しがよく地形的に変化がある場所であれば釣ることができます。

サーフでのポイント(場所)は、カケアガリ(急に深くなっている場所)や河口付近、サンドバー、ゴロタ浜など、地形に変化があるような場所では、エサとなるベイトが付きやすくおすすめです。また、流れの変化がある場所では、流れのあたる反転流や離岸流の中で、餌となるベイトが流れてくるのをヒラメ(平目)が待ち受けて居ます。


港湾部

港湾部もポイント(場所)になります。特に周辺より深くなっているミオ筋がおすすめです。


河口

河口は河川から流れです土砂などにより、かけ上がりと窪みが混在するエリアでキビナゴやイナッコ等のベイト(餌)も豊富です。

関連記事

サーフのポイント


釣るコツ

ヒラメ(平目)を釣るコツは、【歩く】ことです。サーフ等では、ひたすら地形の変化しているポイントを点でルアーを打ち込んでいきます。出来るだけ、多くの点を打ち込むことが出来ればヒラメ(平目)を釣る確率を上げることができます。実際に上級者の釣り人は、1日に数km歩いてヒラメ(平目)を釣っています。


釣れる時間と潮

一般的に良く釣れる時間帯は、朝マズメ、夕マズメです。昼間や夜間でもベイトの回遊があれば問題なく釣れます。潮については、一般的に言われている、海の魚が最も釣れる【上げ3分・下げ7分】がおすすめの潮です。潮位と流れ(離岸流)がヒラメ(平目)の好みであれば、どちらでもヒラメ(平目)を釣ることが可能です。どちらかと言うと下げ潮がおすすめです。この理由は、上げ潮の時にベイトが岸際に接岸します。これを追ってヒラメ(平目)も接岸します。下げ潮に転じると、これらのベイトが潮が下げるのと同時にディープ(深場)へ移動しはじめます。このベイトを待ち受けてヒラメ(平目)が捕食します。比較的釣れやすい潮は下げ潮になります。

関連コンテンツ

釣れる時間と潮


生態

ヒラメ(平目)は時期と時間によりボトム(底)に居たり、浮いている場合があります。春は、夜間浮いて昼間ボトムに居る事が多く、秋は夜間浮いて昼間ボトムに居る事が多いようです。

ヒラメの生態


釣り方

  • ボトムを攻略
  • 水深・活性を考える
  • 風とベイト
  • ルアーを巻く速度


ボトムを攻略

ヒラメ(平目)の釣れるレンジはボトム(底)です。シーバス等は水面直下やミドルレンジをトレースしますが、ヒラメ(平目)は、ボトム攻略が基本です。ルアーは底から50㎝から1m程度を意識して釣るのが一般的です。

ヒラメ(平目)は、横の動きが得意ではありません。一方で、上下の動きにはとても機敏です。ヒラメ(平目)を釣る上で最も重要なことは、ピンポイントでヒラメ(平目)の真上にルアーを通すことがです。


ヒラメ(平目)の目は上向き

ヒラメ(平目)の目は上向きに付いています。このため、自分の上を通過するルアーに敏感に反応します。ヒラメ(平目)同様にフラットフィッシュとしては、マゴチがいますが、マゴチは目が前を向いています。

ヒラメはボトム(底)から50cm程度の少し浮かした水深で良く食います。一方、ボトム(底)のズル引きでは食いが悪くなります。マゴチは、その逆で、ズル引きの方が良く食います。この習性の違いを理解しておくとヒラメ(平目)とマゴチの釣り分けが可能です。


水深・活性を考える

ヒラメ(平目)が最も釣れるレンジは、ボトムから50㎝です。ベイトがハゼ、キスの場合は、ボトム付近でバイトします。鰯(イワシ)等の回遊魚がベイトになっている場合、50㎝より高いレンジでバイトする場合があります。レンジを変えたら喰ってきたということもあります。メインで捕食してるベイトに合わせてルアーをトレースするレンジを変更する対応が必要です。


風とベイト

ヒラメ(平目)を釣りやすいのは、べたなぎ、澄み潮の時です。この時にベイトが接岸しているとかなりの好条件です。少々うねりが出ている場合も、ベイトが接岸すれば釣れる場合があります。つまり、ヒラメ(平目)を釣る上では、ベイトが重要な役割を果たしています。


ルアーを巻く速度

ルアーを巻く速度の目安は、押し寄せる波より早いスピードです。波より遅い速度でルアーを巻くとルアーがうまく泳がないためヒラメにルアーをアピールすることが出来ないため、ヒラメ(平目)釣ることが難しくなります。



スポンサードリンク


タックル


ロッド

ヒラメ(平目)に限らず、サーフでのルアー釣りは、遠投力がそのまま釣果につながる場合があります。このため、遠心力が大きくなる長いロッドが有利になります。ヒラメ(平目)専用のロッドは遠投することを前提に作られているため、ロッドは長いのが一般的です。また、ヒラメ(平目)は、バラしやすい魚であるため、ロッドの穂先が ある程度柔らかいほうが釣りやすくなります。専用ロッドは、これら必要な性能を満足するように設計されています。


リール

リールは遠投できるスピニングリールがおすすめです。シマノでは4000番台、ダイワでは3000番台がおすすめです。ギア比は、サーフでの巻きとりスピードに対応できるハイギアがおすすめです。

ハイギアにする理由は、手返し良く広範囲をスピーディーに探れることと、ルアーを早く巻く事ができるためです。


ライン

ラインは飛距離と強度を両立したPEラインをメインラインとして、根ズレ対策等としてショックリーダーを付けるのが一般的です。PEラインの太さは0.8~1.5号、リーダーの太さは2~3号(8~12lb)程度がおすすめです。リーダーの材質は、ボトム(底)付近をトレースする事が多いヒラメ(平目)釣りでは、フロロカーボンがおすすめです。

ロッド
リール
ライン


装備(道具)

ヒラメ釣りの道具(装備)
フローティングベスト
ウェーダー
ヘッドライト
フィッシュクリップ
プライヤー



スポンサードリンク


【ルアー】の選び方

  • 重さが必要
  • しっかり動くルアー
  • カラーは派手で目立つ色
  • ミノーで喰わない時はワーム


重さが必要

ヒラメ(平目)用ルアーは重い方が有効です。これはサーフで風が強くても遠くにルアーを飛ばし出来るだけヒラメ(平目)を釣る確率を上げるためです。重さは20g~30g程度がおすすめです。


波の中でもしっかり動くルアー

重さの次に大事なのが動き(アクション)です。広いサーフで、ヒラメ(平目)にルアーを発見してもらうために動きによるアピールは重要です。

ヒラメ(平目)用ルアーはよく【バタバタ系の動き】と言われるが、ローリングであったり、ウォブリング、ふたつを合わせたウォブロールなど、とにかく引いて大きくアクションさせることが必須となります。

サーフでは、ルアーが打ち寄せる波の影響を受けます。波の打ち寄せるスピード以下で巻いてもルアーは動かない場合があり、最低でも打ち寄せる波のスピードより速く巻く必要があります。

波の状態は一定ではないので、そこはリトリーブのスピードを変えて対応することが重要になります。必要なルアーの性能としては、ある程度のスピードで巻いてもしっかり動くルアーが必要になります。


カラーは派手で目立つ色

ヒラメ(平目)を広大なサーフで釣るためには、ヒラメ(平目)にルアーを見つけてもらう必要があります。サーフでは、とにかく目立つことが重要になります。ゴールドは定番だが、ピンク系も必須です。実際に釣れている色も派手なカラー(色)が多い様です。

ルアーのカラー(色)選定
レッドヘッドの優位性


ミノーで喰わない時はワーム

動きの大きいミノーで釣れない時は、ワームの出番です。ミノーとの違いは、ワームの質感と動き。硬質なミノーより、やはり柔らかいワームの方がヒラメ(平目)に警戒心を与えずに食わせることが可能です。また、ワームは波動により魚を寄せる効果もありまする。


ヒラメ(平目)用【ルアー】

ミノー、メタルジグ、バイブレーション、ワームは必ず持っていたいアイテムです。ミノーは、ボトム(底)でアピールさせたい時、メタルジグ、バイブレーションは遠投で広範囲を狙いたい時、食いが渋くてどうしても食わない時はワームというような使い分けがおすすめです。

ヒラメルアー【TOP】
ミノー
メタルジグ
バイブレーション
鉄板バイブ
スプーン
スピナーベイト
ワーム
激安ルアー
最強(人気・おすすめ)【サーフで釣れるヒラメ(平目)ルアー】これだ持ってれば必ず釣れます!ミノー・メタルジグ・ワーム 最強(人気・おすすめ)【サーフで釣れるヒラメ(平目)ルアー】これだ持ってれば必ず釣れます!ミノー・メタルジグ・ワーム



スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか。近年人気のヒラメ(平目)フィッシング。是非、本記事を参考に実践してみてください。きっと新しいフィッシングルアーフィッシングの魅力に取りつかれることになるんではないでしょうか。


ヒラメ釣り ブログランキングへ

スポンサードリンク


海の【ルアー】釣り

シーバス
ヒラメ
マゴチ
青物
黒鯛
アジ(鯵)
根魚

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ