青物をルアーで釣ろう!ライトショアジギングの季節(時期)、装備(タックル)、場所(ポイント)、釣り方(アクション)、ルアー『サイズ・カラー』、おすすめ【ランキング】のルアーは!?

青物をルアーで釣るための、装備(タックル)、場所(ポイント)、釣り方(アクション)、ルアー『サイズ・カラー』、おすすめ【ランキング】ルアー等について【まとめ】てみました。



スポンサードリンク




対象魚(ターゲット)は!?

青物と言っても、その種類は多彩で、具体的には、ワカシ、イナダ、ブリ、ソウダガツオ、サワラ、サバ、シイラ等が主なターゲットになります。時に大型のブリ、カンパチ等が掛る場合もあります。




場所(ポイント)

ルアーで釣れる場所は、潮通しいの良いサーフ(ショア)、堤防、磯等が、おすすめのポイントです。周囲にルアーマンが居るかを確認しましょう。餌が居なければ、青物も居ないので、ベイトを探しながら、ポイントを決めるのが良いでしょう。いかにベイトを探せるかが、釣果の鍵になります。ベイトさえいれば、おかっぱりから割と簡単に釣ることができます。逆にベイトが居ないエリアは早々切り上げるのが効率的です。




季節(時期)と時間

青物は、餌となるイワシ等の付いて回遊します。季節としては、イワシが接岸する夏から秋にかけてが有望な時期となります。基本的には、朝夕マズメがおすすめですが、ベイトの回遊次第では、昼間でも釣ることは可能です。




装備(タックル)

タックルは、ショアジギングを本格的にやりたいと言う場合でなければ、ヒラメ、シーバス等を釣るタックルの流用で問題ありません。但し、青物は、岸からどのくらい離れた位置を回遊するかが分からないので、出来るだけ、ルアーの飛距離を出せる長めのロッド、また、飛距離を出せる重いルアーを投げられる仕様のロッドがおすすめです。


ロッド

長さ:10フィート程度
硬さ:M以上


リール

青物の場合、ルアーを高速で巻く必要があるため、ハイギアモデルがおすすめです。

リール:スピニング
番手:シマノ3000~4000番、ダイワ2500~3000番
仕様:ハイギヤモデルが有利。

ステラ
リールの選定については、こちらの記事をご覧ください。
・シーバス用のリールは何を選べばいい!?【機能・選び方】おすすめのリールは!?


ライン

PE1~1.5号+リーダー5~7号(長さ:1.5m程度)




釣り方(アクション)

青物は、表層で食わせる釣りです。表層で釣れない場合は、カウントダウン等で、レンジをコントロールしてください。常に、早く巻くを意識すると釣果に繋がります。


  • ファーストリトリーブ
  • トゥイッチ&ジャーク
  • リフト&フォール
  • ワインド


ファーストリトリーブ

出来るだけ早いスピードでルアーを巻いてください。青物が居れば、基本これで釣れます。ナブラがでた場合は、ナブラの前後や少し下を通すと釣れやすい場合があります。


トゥイッチ&ジャーク

ファーストリトリーブで食わない場合は、トゥイッチ&ジャークを入れてください。


リフト&フォール

表層付近でメタルジグを上下にアクションさせる事で釣ることができます。


ワインド

最近流行りのアクションです。

▼おすすめ




ルアーの重さ(ウェイト)とカラーについて


重さ(ウェイト)

メタルジグ15~30g
トップウォーター9~13cm
ミノープラグ9~13cm


カラー

▼おすすめ



スポンサードリンク




おすすめ【ランキング】のルアー

特に専用のルアーは必要なく、シーバス用のルアーで釣ることが可能です。


メタルジグ

重さで飛距離を調整できるので有効なルアーです。


トップウォーター

釣れた時の迫力が最高なので、持っておきたいルアーです。


ミノー

トゥイッチ&ジャークの際は有効なルアーです。フローティングまたはサスペンドが有効です。


バイブレーション

重さで飛距離を調整できるので有効なルアーです。

<名作>
 ・レンジバイブ【最強】
 ・ローリングベイト【定番】




まとめ

青物のルアーフィッシングは、季節限定のエキサイティングな釣りです。何といってもシーバス等では味わえない、釣れてから強烈に走る青物の引きは、釣ってても大変楽しい釣りです。是非、挑戦してみてください。

【ルアーフィッシングをはじめよう!】ブラックバス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、青物まで【ルアーフィッシングの全て】 【ルアーフィッシングをはじめよう!】ブラックバス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、青物まで【ルアーフィッシングの全て】
スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ