ヒラメ-スプーン

トラウト釣りでは良く使われるスプーンですが、海のルアー釣りでも有効です。対象は、ヒラメ。マゴチ・シーバス・青物等、どんな魚も釣ることが可能です。今回は、そのスプーンについて、釣り方、アクション、場所、人気おすすめ【ランキング】等をご紹介させて頂きます。




スプーンについて

食器のスプーンから柄を取り去った形状のルアー。細い楕円形の金属板の両端に小さな穴が開いており、片方には糸を結び、もう片方にはフックが付く。主に内水面の釣りに使用する。トラウトフィッシング(特に管理釣り場)やキャスティング、レイクトローリングなどで使用する。


【メリット】


  • 安価


安価

他のルアーに比べ数百円から買うことができるため根がかりを恐れずに使うことができます。他のルアーと比べても、遜色なく釣ることが可能です。


場所(ポイント)

比較的流れが少ないエリアで使用するのがおすすめです。流れが緩やかになった河口付近。凪のサーフ等ではおすすめです。

  • 河口でのドリフト
  • ボトムをゆっくりトレースしたい場合


スプーンの使い方(釣り方)

ただ巻きするだけで釣ることができます。


重さ

海で使用する場合は、潮の流れも強いため、14~28gがおすすめです。



スポンサードリンク


人気おすすめ【ランキング】

登場以来、30年を経過した今もなお、定番中の定番として愛用されつづける【クルセイダー】。長さと幅の好バランス、適度な肉厚を備えた形状はスプーンとしては実にスタンダードなシェイプで、クラシックタイプとも呼ばれます、特にテールのカップが深い為、流れを良くつかみ、非常に大きなアクションを発生し、ほぼあらゆるシチュエーションに対応します。カラーは、ゴールド系とシルバー系の2種類を使い分けてください。

  • ダイワ(Daiwa) クルセイダー

    altタグ

    口コミ(レビュー)1
    ショアからのヒラメ用に購入。正直懐かしいです。大昔、バス用に同じもの使ってました。 ため池だとえらく重く感じたのですが、ソルトだと着底がもどかしく感じるかな!?  こーいう息の長い商品って、日本メーカーでは少なくてとても貴重だと思いますよ。 これからも気を吐いてほしいです。

    口コミ(レビュー)2
    ロングセラーであるクルセイダーのスモールバージョン。 海でのメッキやカマス、淡水でのブルーギル、ハスなどに有効です。 青銀は万能カラーですね。

    口コミ(レビュー)3
    小さめのシーバスなどにも一口サイズ。 パタパタ泳ぐ感じでアピール系です。 コストパフォーマンスが非常に良い。 針は交換した方が良いです。



スポンサードリンク


まとめ

実際に私もスプーンでヒラメ(平目)を釣ったことがあります。価格も安く、ただ巻きで、アピールしてくれるスプーンで、ヒラメ(平目)、マゴチフィッシングを実践してみてください。驚きの釣果に繋がるかもしれません。

最強(人気・おすすめ)【サーフで釣れるヒラメ(平目)ルアー】これだ持ってれば必ず釣れます!ミノー・メタルジグ・ワーム 最強(人気・おすすめ)【サーフで釣れるヒラメ(平目)ルアー】これだ持ってれば必ず釣れます!ミノー・メタルジグ・ワーム