ヒラメ(平目)、マゴチをスプーンで狙う!どんな時に使えるの!?釣り方、カラー、重さは!?おすすめのスプーンは!?

ヒラメ-スプーン

以外に知られていないのがヒラメ(平目)やマゴチをスプーンで狙う方法です。スプーンはトラウトフィッシングなどで有効なルアーですが、ヒラメ(平目)、マゴチも釣ることができます。




スポンサードリンク



スプーンのメリット


  • 安価
  • ワームなどでスレたヒラメ(平目)やマゴチに有効


安価

価格も数百円と惜しげもなく使える価格は魅力的です。


ワームなどでスレたヒラメ(平目)やマゴチに有効

サーフなどでも使用している人をあまり見かけることがなく、ワームなどにスレてるヒラメ(平目)、マゴチに有効です。



スプーンが有効なのはどんな場合!?


  • 河口の様な流れのある場所でドリフトさせ対場合
  • サーフなどでボトムをゆっくりアピールさせたい場合
  • 周りがソフトルアーを使っていて違うルアーで誘いたい時め



スプーンの使い方(釣り方)

河口での使い方

河口などで使用する場合は、トラウトフィッシングで使用する様に、ただ巻きが有効です。


サーフでの使い方

サーフで使う場合は、比較的流れの穏やかな場所がいい様です。流れの速い場所は、重さのあるメタルジグを使用するのが有効的です。

また、周りがソフトルアーばかりキャストしている時はスプーンが効果的です。同時に、金属特有のフラッシングがマゴチを誘います。



スポンサードリンク



どんなスプーンがいいの!?【おすすめのスプーン】

スプーンの重さは、14~28gぐらいを使い分けて使用しましょう。何種類か代表的なカラーも持っていると有効です。


おすすめのスプーンは!?

登場以来、30年を経過した今もなお、定番中の定番として愛用されつづける『クルセイダー』。長さと幅の好バランス、適度な肉厚を備えた形状はスプーンとしては実にスタンダードなシェイプで、クラシックタイプとも呼ばれます、特に『クルセイダー』は、テールのカップが深い為、流れを良くつかみ、非常に大きなアクションを発生し、止水~河川のほぼあらゆるシチュエーションに対応します。

  • ダイワ(Daiwa) クルセイダー

    altタグ

    口コミ(レビュー)1
    ショアからのヒラメ用に購入。正直懐かしいです。大昔、バス用に同じもの使ってました。 ため池だとえらく重く感じたのですが、ソルトだと着底がもどかしく感じるかな!?  こーいう息の長い商品って、日本メーカーでは少なくてとても貴重だと思いますよ。 これからも気を吐いてほしいです。

    口コミ(レビュー)2
    ロングセラーであるクルセイダーのスモールバージョン。 海でのメッキやカマス、淡水でのブルーギル、ハスなどに有効です。 青銀は万能カラーですね。

    口コミ(レビュー)3
    小さめのシーバスなどにも一口サイズ。 パタパタ泳ぐ感じでアピール系です。 コストパフォーマンスが非常に良い。 針は交換した方が良いです。



まとめ

実際に私もスプーンでヒラメ(平目)を釣ったことがあります。価格も安く、ただ巻きで、アピールしてくれるスプーンで、ヒラメ(平目)、マゴチフィッシングを実践してみてください。驚きの釣果に繋がるかもしれません。


関連記事

【これを見ればヒラメ(平目)は釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ヒラメ(平目)フィッシングの全て】 【これを見ればヒラメ(平目)は釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ヒラメ(平目)フィッシングの全て】



ヒラメ釣り ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ