【最強・定番・一軍】釣れるヒラメ・マゴチ【ルアー】人気おすすめ【ランキング】ミノー、メタルジグ、ワーム

ヒラメ(平目)・マゴチをサーフで釣っているけどなかなか釣れないと言う人も多いのではないでしょうか!?実際に、サーフでのヒラメ(平目)・マゴチフィッシングはタフです。しかしながらコツやルアーをうまく合わせこむことで、割と簡単に釣れる場合があります。

また、サーフでの釣行では、収納の問題から持ち運べるルアーの数にも限界があります。これらを考えると、激選した最強のルアーが必要になります。

そこで今回は、あらためて、サーフでヒラメ(平目)・マゴチを釣るために必要なルアーの条件、これを満足する最強のヒラメ(平目)・マゴチルアーについてご紹介させていただきます。



スポンサードリンク


サーフでヒラメ(平目)・マゴチを釣るための条件

今一度、サーフでヒラメ(平目)・マゴチを釣るためのルアーの条件について考えてみました。


  • 広範囲を探れるルアー
  • 浮き上がらないルアー


広範囲を探れるルアー

ヒラメ(平目)・マゴチはそれほど数が多い魚ではありません。このためルアーでヒラメ(平目)・マゴチを狙う場合は、出来るだけ広範囲を探る必要があります。これはヒラメ(平目)・マゴチを釣るために重要な条件になります。

このため、ルアーに求められる条件は、飛距離になります。飛距離を出すためには、重さ(ウエイト)が必要になります。


浮き上がらないルアー

ヒラメ(平目)・マゴチ釣りで同じく重要なことはボトムのレンジキープです。出来るだけボトムに着いているヒラメ(平目)・マゴチの頭上を通すためには、ボトムのレンジキープが重要になります。

意外と多いのは、レンジキープしているつもりが、ルアーは実際には浮き上がっている場合等があります。

特に初心者の方の場合、レンジキープしているつもりが、ルアーが浮き上がっていたなんてことも少なくありません。

従って、ルアーの性能として、レンジキープしやすいルアーがおすすめとなります。

スポンサードリンク


【ミノー】人気おすすめ【ランキング】

順位 画像 名称 販売サイト
1位
デュオ ミノー ビーチウォーカー ファルクラム ・Amazon
・ナチュラム
・楽天
仕様
堀田光哉xBeach Walkerコラボ第二弾は、アクシオンとブランドの双璧を担うヘビーシンキングミノー『ファルクラム』。振り切れが良くブッ飛びのウエイトセッティングに、リップは水絡みに優れるベベルドリップを採用。
高いレンジキープ力と心地よい引き抵抗を備えます。アクションは、ヒラメ(平目)・マゴチの食い気に刺激を与える、強いローリング+ときどきヒラ打ちイレギュラー。
強いアクションが活性の高いヒラメ(平目)・マゴチをいち早くサーチするのはもちろん、飛距離と沈みの早さを生かしての離岸流攻略、瀬の裏側や急深サーフ、ブレイクライン狙いに活躍。波浪や向かい風等のラフコンディションにも対応します。
使い方
ご紹介のファルクラムは、次に紹介するスピンドリフトととの使い分けになります。浮き上がり防止性能は、スピンドリフトの方が優勢で、このファルクラムは、スピンドリフトより浮き上がりやすいのが特徴です。
ファルクラムは着低後、ゆっくり(スロー)リトリーブすることで、ベストレンジを泳がすことができます。従って、凪に近いコンディションで使用するのがおすすめなルアーです。
また、浮き上がりやすい性能を生かして、サンドバー上を狙う場合等にもおすすめです。
評価・評判・口コミ(インプレ)

重さがある分飛距離がヤバイです! ヒラメ用ルアーだけどサクラマスが追っかけてきました!

アクシオンとローテで使ってます。良く飛ぶし波打ち際ギリギリまで しっかり泳いでくれます。

このルアーでは何が釣れるか判らないが今度投げて釣り上げるぞ。海の仕様ですが湖でも何が釣れそうな形状と重さが気に入りました!

順位 画像 名称 販売サイト
2位
シマノ(SHIMANO) ミノー 熱砂 スピンドリフト90HS ・Amazon
・ナチュラム
・楽天
仕様
「『スピンドリフト』は簡単に言えばヘビーシンキングミノー。よく飛んでよく沈むのが武器のルアーです。水深が深いところや流れが速いところで使いやすく、サーフを前提としたヒラメ用ミノーとしては根が少ないところで活躍するタイプです。
僕の大好きなルアーですが、実績もすごい。“釣れるというのは当たり前?”なんですが、2009年に登場してすでに6年選手。入れ替わりが早いソルトルアーの世界で、息が長く支持されていることは、釣れていることの裏返しですよね。
多くのヒラメファンのボックスに入っているルアーだと思いますよ」 『スピンドリフト』のなかで最初に世に出たのは90HS。あえて固定重心が選択された。重心が動かないので誰が使っても安定した飛距離を出せる、というのがその理由だった。
波の中でもまれてもウェイトが動くことがないので、離岸流のなかでも飛び出すことがない。泳ぎの安定性もいい。多くのヒラメフリークを虜にした。
だが、重心移動システムは進化した。飛び、泳ぎの安定性を確保したうえで優れた飛距離を生み出すことに成功した、『AR-C重心移動システム』が登場したのだ。「ぶっちぎりの飛距離としっかり大きく動くのが強み。
『スピンドリフト』の基本的なアクションはウォブンロールですが、ウォブリングが80、ローリングが20くらいのイメージ。ボディを左右に振って、大きく動くルアーなんです」 飛んでアピールするという、ヒラメルアーの大切な要素を高い基準でクリア。ここが支持を集める理由でもある。
使い方
このスピンドリフトはファルクラムに比べ、浮き上がり性能が弱いため、風が強い時、流れが強い時、真夏、濁りが強い時等、よりボトムを意識した釣りにおすすめです。先ずはこの2つのミノーを使い分けることで、多くの状況に対応できます。
ミノーで言えば、これら2つあれば、先ず間違いなくヒラメ(平目)を釣ることが可能です。
評価・評判・口コミ(インプレ)

一つは持っていたい鮃用ルアーと思っています。 普通に釣れます。

順位 画像 名称 販売サイト
3位
熱砂 ヒラメミノーIII シマノ(SHIMANO) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
進化を続けるヒラメミノーシリーズ。飛距離19%向上で、より広範囲を探るパイロットミノーに!※テスト結果OM-125J ヒラメミノーII 125F AR-C平均52.4m
2011年のヒラメミノーIIの発売以降、各地から多くの釣果報告を頂き、ヒラメスペシャルで培ったヒラメを寄せるアクション、喰わせのレンジなどの基本のノウハウを熟成させることが出来ました。アクションはワイドなウォブロールで、広範囲に光を拡散させつつ、高い浮力を活かして強い水押しを狙ったファットボディ設計です。
評価・評判・口コミ(インプレ)

初使用で、マゴチ1匹 ヒラメ2匹がつれました購入後まだ一回しか行けておりませんが、釣り場にキスがいるならきっといいおもいができるとおもいます 個人的にはもう少しウエイトがあるといいと思うんですが 飛距離もまあまあ出ます。

ヒラメ用に購入 ファーストキャストで 大物がバイトしてきた ヒラメかシーバスか 歯型が付いたのでヒラメかな 残念ながらバラシ いずれアピール力たかし

ヒラメ狙いのシンキングミノーは、このルアーとスピンドリフトで十分だと思います。 飛距離が出るのでこのルアーでのヒラメGET率が高いです。



スポンサードリンク


【メタルジグ】人気おすすめ【ランキング】



順位 画像 名称 販売サイト
1位
シマノ ルアー 熱砂 スピンビーム ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
ガンガンに流れる離岸流や、急深なサーフのボトムは、従来のヘビーシンキングミノーだけではなかなか攻略しきれません。また、春先や晩秋~冬の浜風が強い日に、しっかりと狙ったポイントにルアーを届かせるのは至難の業です。
そんなシチュエーションではやはりメタルジグが効果を発揮します。しかし、普通のメタルジグでは、サーフのヒラメ狙いという特別なフィールドの特別な魚を釣る場面において、満足できる物がなかなか見当たりませんでした。
とにかく飛ぶ。流れの中でも底取り性がよい。リトリーブで泳いでちゃんとアピールする。頭から喰いに行くヒラメを確実にフッキングさせるフックセッティング。
どれも基本のようで、でもヒラメ専用にいちから設計された物はなかなか見当たらないメタルジグ。だからスピンビームが開発されたのです。
使い方
上記のルアーで食いが悪い時は、メタルジグを使用してください。また、上記のミノーで釣りきったと言う時もおすすめです。プレッシャーを回避することで、複数枚のヒラメ(平目)をキャッチすることができます。
ミノーよりも広範囲を探ることが出来ます。丁寧に、広範囲を探るようにしてください。
評価・評判・口コミ(インプレ)

フラットには間違いありません!! ただ、塗装が弱すぎ!!

今やサーフでこれ投げない手は無いでしょう。

ヒラメハンターのノウハウが入ってるだけあってヒラメがよく釣れます。おすすめです。

順位 画像 名称 販売サイト
2位
ビーチウォーカー フリッパー デュオ(DUO) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
距離の死角を埋めるメタルジグ
ヒラメゲームをリードするビーチウォーカーにとって越えなければいけない壁。如何に高比重に設計したとしても物理的にインジェクションモデルには越えられない壁。距離、水深、潮流、ビーチウォーカーの攻略レンジを飛躍させる第4の刺客「ビーチウォーカーフリッパー」シリーズ初となるメタルジグの誕生です。
評価・評判・口コミ(インプレ)

堀田マジックにハマり、ついバイト。。。 形の割に良く飛びます。泳ぎも安定してしっかり泳いでくれます。

飛びますね。タングステン製より汎用性があると感じます。日本製なのもグッド。

父親に購入。購入した次の日に、ヒラメピンクII で53cmのヒラメ釣りました。その後も2匹釣ってます。自分はピンクゴールドOBで釣果まだです。アクション 、飛距離言うことなし。



スポンサードリンク


【ワーム】人気おすすめ【ランキング】

順位 画像 名称 販売サイト
1位
デュオ ルアー ビーチウォーカー ハウル ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
堀田光哉×Beach Walkerコラボ第三弾は、シリーズ初のジグヘッド+ワームのビーチウォーカー「ハウル」。堀田が見据えていたのは、誰にでも簡単に使いこなせ、ヒラメを獲ることができるジグヘッド+ワーム。そのために、ワンランク上の飛距離、優れたフッキングシステムといった基本性能に加え、レンジコントロールや煩わしいワームのセットの容易さという機能の集約化。更にサイズやワームの柔軟性など、数々の「釣れる要素」を具現化。使い手を選ばずビーチウォーカーの死角を埋める、それが「ハウル」。トリプルフックを前後に2本搭載したヒラメ専用ジグヘッド。ヘッド重量は14g、21g、27gの3タイプ。14gと21gはマテリアルの違いによるもので同一サイズ、27gだけはワンサイズ大きな設定。ヘッドカラーはビーチウォーカーシリーズに準じた全8色。独自のヘッド形状と絶妙なラインアイの設定により、ハウルヘッドはボトムを小突くことなく、ボトムから中層までのレンジをきっちりとトレースすることが可能
評価・評判・口コミ(インプレ)

サーフのヒラメ.マゴチはこれが一番釣れます。

サーフのヒラメ、マゴチに最適でした。

冬場のサーフで、これで70cmオーバーのヒラスズキが釣れました。いいルアーだと思います。


ワーム

画像 名称 販売サイト
ビーチウォーカー ハウルシャッド ・Amazon
・楽天
・ナチュラム


ジグヘッド

画像 名称 販売サイト
ビーチウォーカー ハウルヘッド ・Amazon
・楽天
・ナチュラム



順位 画像 名称 販売サイト
2位
パワーシャッド エコギア(ECOGEAR) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
ノーシンカーから1~2oz.のヘビーウエイト・ジグヘッドまで、オールラウンドに使用できる設計です。ターゲットへ強烈にアピールするボディウォブリングが「パワーシャッド」最大の特長。ベイトフィッシュが水面に見えるような場合、表層をノーシンカーリグでスイミングさせてみるのも効果的です。ボディ後方部に重心があるため、自重だけでなく無理なく飛距離が得られます。4インチと5インチはレギュラーマテリアル、3インチは高遠投性のナチュラルシンキングマテリアルを採用。
評価・評判・口コミ(インプレ)

定番なだけあって結果が出るのも早いですね。 今回は喰わせ重視で小さいのを購入しました。

普通に釣れます。 高いものでもないので迷ったら買っていいと思います。

購入した次の日に使用し、すぐに結果が出ました。最高です。


ジグヘッド

画像 名称 販売サイト
3Dジグヘッド エコギア ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
画像 名称 販売サイト
スイミングテンヤ エコギア ・Amazon
・楽天
・ナチュラム



順位 画像 名称 販売サイト
3位
SUPER SPINDLE WORM(スーパースピンドルワーム)
メガバス(Megabass)
・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
高比重・強波動のVIOSミネラルマテリアルに、高浮力&ライブリーアクションを実現するスーパーマテリアルが登場。ミネラル成分を含みながらも最適なマテリアル比重にセッティング。生命感溢れるアクションとナマ感覚の触感を徹底追求し、ダルになりがちな超スローリトリーブや、わずかなロッドワークにもレスポンスよく反応。軽快で活き活きとしたライブアクションの演出が可能。また、ニオイはXLAYERで高い実績を誇る天然アニスフレーバーを配合。ソルトウォーターゲームにおいて存分に威力を発揮します。爆釣必至!ヒラメ特効スペシャルカラー!
見る角度によってシルエットや存在感の大きく変わる-色。プレッシャーのかかっているような状況で特に効果的。
評価・評判・口コミ(インプレ)

メガバスのソルトルアーは、ヒラメルアーも最強だと思います。

フラットが釣れる定番ワームですね。 波動、感度共に申し分ないワームです。 お勧めです。

とても良い商品です、また購入しようと思います。


ジグヘッド

画像 名称 販売サイト
BOTTOM SLASH(ボトムスラッシュ) メガバス(Megabass) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム



順位 画像 名称 販売サイト
4位
熱砂 グランデシャッド シマノ(SHIMANO) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
ただ巻きからカーブフォールまで、じっくりとアプローチできるシャッドテールモデル!ハイレスポンスのシャッドテールデザインを活かし、アングラーがゆっくり巻いてもしっかりタイトなロールアクションで泳いでくれます。ベイトフィッシュのイワシパターンには定番モデルとなります。


ワーム

画像 名称 販売サイト
熱砂 グランデシャッド ・Amazon
・楽天
・ナチュラム


ジグヘッド

画像 名称 販売サイト
熱砂 サンドライザー シマノ(SHIMANO) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム



順位 画像 名称 販売サイト
5位
熱砂 ツインラッシュ シマノ(SHIMANO) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
ハイレスポンスのツインラッシュテールデザインがナチュラルに誘う!スレた魚に効く!ゆっくり巻いても高頻度で「ピリピリ」と動くテールはベイトフィッシュの波動を意識したナチュラルなアクションとよりベイトに近いシルエットでヒラメやマゴチなどにアプローチ!



スポンサードリンク


【シンキングペンシル】人気おすすめ【ランキング】



順位 画像 名称 販売サイト
1位
熱砂 シースパロー シマノ(SHIMANO) ・Amazon
・楽天
・ナチュラム
仕様
ナブラ直撃!飛距離90mOVER!シースパローに105mmが追加!メタルジグ並に飛んで、シャローレンジをキープする、シャローシンペン。
カタクチライクな95mmとベイトライクな105mm!
アクションはタイトなローリング。また、フォール時は水平フォールで細かくボディを揺らせるフォーリングバイブレーションを発生。ベイトフィッシュをイメージした105mmのサイジングは季節・場所を問わず、サーフの青物狙いに効果あり!
評価・評判・口コミ(インプレ)

飛距離も出て青物には持ってこいのルアーですね~。このルアーでワラサが釣れました。

ナブラ打ちの時は、ジグより断然こっちのほうがイイ感じです。

前作よりウェイトが上がり飛距離がすごいです。投げ方にコツがいりミスキャストすると回転しながら飛んで行きます。ゆっくり7割の力でキャストするのがコツですかね。オススメです。



スポンサードリンク


ヒラメ用の【ルアー】

ヒラメルアー【TOP】
ミノー
メタルジグ
バイブレーション
鉄板バイブ
スプーン
スピナーベイト
ワーム
激安ルアー

スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか!?今回は、激選のミノー、メタルジグ、ワームについてご紹介させていただきました。実績から考えても、これら4種類のルアーさえあれば、サーフでのヒラメ(平目)フィッシングには対応出来ます。是非、実践してみてください。

【これを見ればヒラメ(平目)は釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ヒラメ(平目)フィッシングの全て】 【これを見ればヒラメ(平目)は釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ヒラメ(平目)フィッシングの全て】


ヒラメ釣り ブログランキングへ

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ