最強(人気・おすすめ)【サーフで釣れるヒラメ(平目)ルアー】これだ持ってれば必ず釣れます!ミノー・メタルジグ・ワーム

ヒラメ(平目)をサーフで釣っているけどなかなか釣れないと言う人も多いのではないでしょうか!?実際に、サーフでのヒラメ(平目)フィッシングはタフです。しかしながらコツやルアーをうまく合わせこむことで、割と簡単に釣れる場合があります。

また、サーフでの釣行では、収納の問題から持ち運べるルアーの数にも限界があります。これらを考えると、激選した最強のルアーが必要になります。

そこで今回は、あらためて、サーフでヒラメ(平目)を釣るために必要なルアーの条件、これを満足する最強のヒラメ(平目)ルアーについてご紹介させていただきます。


サーフでヒラメ(平目)を釣るための条件

今一度、サーフでヒラメ(平目)を釣るためのルアーの条件について考えてみました。


  • 広範囲を探れるルアー
  • 浮き上がらないルアー


広範囲を探れるルアー

ヒラメ(平目)はそれほど数が多い魚ではありません。このためルアーでヒラメ(平目)を狙う場合は、出来るだけ広範囲を探る必要があります。これはヒラメ(平目)を釣るために重要な条件になります。

このため、ルアーに求められる条件は、飛距離になります。飛距離を出すためには、重さ(ウエイト)が必要になります。


浮き上がらないルアー

ヒラメ(平目)釣りで同じく重要なことはボトムのレンジキープです。出来るだけボトムに着いているヒラメ(平目)の頭上を通すためには、ボトムのレンジキープが重要になります。

意外と多いのは、レンジキープしているつもりが、ルアーは実際には浮き上がっている場合等があります。

特に初心者の方の場合、レンジキープしているつもりが、ルアーが浮き上がっていたなんてことも少なくありません。

従って、ルアーの性能として、レンジキープしやすいルアーがおすすめとなります。

スポンサードリンク


サーフのヒラメ(平目)フィッシングでおすすめのルアー【ランキング】

これらのルアーは上記の条件である『飛距離』『浮き上がらない』を満たしたルアーです。ヒラメ(平目)が居れば必ず釣れます。数個すか釣行に持っていけないとしたらこれらのルアーを選んでおけば間違いないでしょう。


デュオ ミノー ビーチウォーカー ファルクラム

画像 商品名 販売サイト
デュオ ミノー ビーチウォーカー ファルクラム ・Amazon
・ナチュラム
・楽天


商品説明

堀田光哉xBeach Walkerコラボ第二弾は、アクシオンとブランドの双璧を担うヘビーシンキングミノー『ファルクラム』。振り切れが良くブッ飛びのウエイトセッティングに、リップは水絡みに優れるベベルドリップを採用。

高いレンジキープ力と心地よい引き抵抗を備えます。アクションは、ヒラメの食い気に刺激を与える、強いローリング+ときどきヒラ打ちイレギュラー。

強いアクションが活性の高いヒラメをいち早くサーチするのはもちろん、飛距離と沈みの早さを生かしての離岸流攻略、瀬の裏側や急深サーフ、ブレイクライン狙いに活躍。波浪や向かい風等のラフコンディションにも対応します。


使い方

ご紹介のファルクラムは、次に紹介するスピンドリフトととの使い分けになります。浮き上がり防止性能は、スピンドリフトの方が優勢で、このファルクラムは、スピンドリフトより浮き上がりやすいのが特徴です。

ファルクラムは着低後、ゆっくり(スロー)リトリーブすることで、ベストレンジを泳がすことができます。従って、凪に近いコンディションで使用するのがおすすめなルアーです。

また、浮き上がりやすい性能を生かして、サンドバー上を狙う場合等にもおすすめです。


評価・評判・口コミ(レビュー)

重さがある分飛距離がヤバイです! ヒラメ用ルアーだけどサクラマスが追っかけてきました!

アクシオンとローテで使ってます。良く飛ぶし波打ち際ギリギリまで しっかり泳いでくれます。

このルアーでは何が釣れるか判らないが今度投げて釣り上げるぞ。海の仕様ですが湖でも何が釣れそうな形状と重さが気に入りました!


シマノ(SHIMANO) ミノー 熱砂 スピンドリフト90HS

画像 商品名 販売サイト
シマノ(SHIMANO) ミノー 熱砂 スピンドリフト90HS ・Amazon
・ナチュラム
・楽天


商品説明

「『スピンドリフト』は簡単に言えばヘビーシンキングミノー。よく飛んでよく沈むのが武器のルアーです。水深が深いところや流れが速いところで使いやすく、サーフを前提としたヒラメ用ミノーとしては根が少ないところで活躍するタイプです。

僕の大好きなルアーですが、実績もすごい。“釣れるというのは当たり前?”なんですが、2009年に登場してすでに6年選手。入れ替わりが早いソルトルアーの世界で、息が長く支持されていることは、釣れていることの裏返しですよね。

多くのヒラメファンのボックスに入っているルアーだと思いますよ」 『スピンドリフト』のなかで最初に世に出たのは90HS。あえて固定重心が選択された。重心が動かないので誰が使っても安定した飛距離を出せる、というのがその理由だった。

波の中でもまれてもウェイトが動くことがないので、離岸流のなかでも飛び出すことがない。泳ぎの安定性もいい。多くのヒラメフリークを虜にした。

だが、重心移動システムは進化した。飛び、泳ぎの安定性を確保したうえで優れた飛距離を生み出すことに成功した、『AR-C重心移動システム』が登場したのだ。「ぶっちぎりの飛距離としっかり大きく動くのが強み。

『スピンドリフト』の基本的なアクションはウォブンロールですが、ウォブリングが80、ローリングが20くらいのイメージ。ボディを左右に振って、大きく動くルアーなんです」 飛んでアピールするという、ヒラメルアーの大切な要素を高い基準でクリア。ここが支持を集める理由でもある。


使い方

このスピンドリフトはファルクラムに比べ、浮き上がり性能が弱いため、風が強い時、流れが強い時、真夏、濁りが強い時等、よりボトムを意識した釣りにおすすめです。先ずはこの2つのミノーを使い分けることで、多くの状況に対応できます。

ミノーで言えば、これら2つあれば、先ず間違いなくヒラメ(平目)を釣ることが可能です。


評価・評判・口コミ(レビュー)

一つは持っていたい鮃用ルアーと思っています。 普通に釣れます。


シマノ ルアー 熱砂 スピンビーム

画像 商品名 販売サイト
シマノ ルアー 熱砂 スピンビーム ・Amazon
・ナチュラム
・楽天


商品説明

ガンガンに流れる離岸流や、急深なサーフのボトムは、従来のヘビーシンキングミノーだけではなかなか攻略しきれません。また、春先や晩秋~冬の浜風が強い日に、しっかりと狙ったポイントにルアーを届かせるのは至難の業です。

そんなシチュエーションではやはりメタルジグが効果を発揮します。しかし、普通のメタルジグでは、サーフのヒラメ狙いという特別なフィールドの特別な魚を釣る場面において、満足できる物がなかなか見当たりませんでした。

とにかく飛ぶ。流れの中でも底取り性がよい。リトリーブで泳いでちゃんとアピールする。頭から喰いに行くヒラメを確実にフッキングさせるフックセッティング。
どれも基本のようで、でもヒラメ専用にいちから設計された物はなかなか見当たらないメタルジグ。だからスピンビームが開発されたのです。


使い方

上記のルアーで食いが悪い時は、メタルジグを使用してください。また、上記のミノーで釣りきったと言う時もおすすめです。プレッシャーを回避することで、複数枚のヒラメ(平目)をキャッチすることができます。

ミノーよりも広範囲を探ることが出来ます。丁寧に、広範囲を探るようにしてください。


評価・評判・口コミ(レビュー)

フラットには間違いありません!! ただ、塗装が弱すぎ!!

今やサーフでこれ投げない手は無いでしょう。

ヒラメハンターのノウハウが入ってるだけあってヒラメがよく釣れます。おすすめです。


デュオ ルアー ビーチウォーカー ハウル

画像 商品名 販売サイト
デュオ ルアー ビーチウォーカー ハウル ・Amazon
・ナチュラム
・楽天


商品説明

堀田光哉×Beach Walkerコラボ第三弾は、シリーズ初のジグヘッド+ワームのビーチウォーカー『ハウル』。

堀田が見据えていたのは、誰にでも簡単に使いこなせ、ヒラメを獲ることができるジグヘッド+ワーム。そのために、ワンランク上の飛距離、優れたフッキングシステムといった基本性能に加え、レンジコントロールや煩わしいワームのセットの容易さという機能の集約化。

更にサイズやワームの柔軟性など、数々の”釣れる要素”を具現化。使い手を選ばずビーチウォーカーの死角を埋める、それが『ハウル』


使い方

最後にビーチウォーカーのご紹介になります。先程のスピンビームと同様に、複数枚のヒラメ(平目)を目指す場合に有効です。

ここには絶対にヒラメ(平目)が居るであろう点のポイントを重点的に狙うには有効なルアーです。フォローで入れるイメージで使用してみてください。いつもより釣果を延ばすことが可能です。


評価・評判・口コミ(レビュー)

サーフのヒラメ、マゴチに最適でした。

冬場のサーフで、これで70cmオーバーのヒラスズキが釣れました。いいルアーだと思います。

普段は21gですが、潮流が強いときや急深のときは27gを使っています。


まとめ

いかがでしたか!?今回は、激選のミノー、メタルジグ、ワームについてご紹介させていただきました。実績から考えても、これら4種類のルアーさえあれば、サーフでのヒラメ(平目)フィッシングには対応出来ます。是非、実践してみてください。


関連記事

【これを見ればヒラメ(平目)は釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ヒラメ(平目)フィッシングの全て】 【これを見ればヒラメ(平目)は釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ヒラメ(平目)フィッシングの全て】


ヒラメ釣り ブログランキングへ

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ