『シーバス・ヒラメ・マゴチ・青物』をワインド釣法で釣ろう!【ワインド釣法】(釣り方、タックル、ルアー(ワーム))【まとめ】おすすめ(人気)【ランキング】

シーバス-ワインド

シーバス、ヒラメ(平目)、マゴチ、青物をワームで釣る方法として、ワインド釣法という釣り方がある。時に、青物が爆釣となったりする。今回は、この【ワインド釣法】の釣り方、タックル、ルアー(ワーム)等についてまとめてみた。



スポンサードリンク




ワインド釣法とは!?

ワインドというのはジグヘッドにワームをつけてエギングのようにしゃくる釣り方。ワームの動作は左右にダートさせ、それにより生まれる波動で食性を刺激し魚を釣る方法だ。

この釣法はいままでの様々なプラグやジグなどのルアーでは実現できなかった釣法であり、『ワインド釣法』では浅いところから、深場までジグヘッドの交換でたやすく攻め込むことが可能です。

また、ルアーがダートする際に『高速でターン』するわけですが、この『高速ターン』の際の波動が魚の捕食スイッチを入れさらには遠くから魚を集魚する『高い集魚効果』があります。(半径35m以内に魚がいれば反応すると言われています。)




どんな魚が釣れるの!?

ワインド釣法はシーバス以外にも、ルアーフィッシングで釣れる対象魚はほとんど釣ることができます。ヒラメ、マゴチ、イナダ、サワラ、チヌ、カマス、シイラ、アイナメ、メッキ、カサゴ…etc 


シーバス

シーバス-ワインド


ヒラメ

ヒラメ


マゴチ

マゴチ


イナダ(青物)

イナダ


サワラ(青物)

サワラ




ワインド釣法のメリット

ワインド釣法は、おそらく、一番『釣果に近い』、『爆釣!』という言葉を用いられ紹介される大人気な釣法ではないでしょうか。釣り方とワームセッティングの基本を押さえれば、『初心者』の方でも、ベテラン以上の釣果を上げる事が出来る魅力的な釣法です。


  • 釣れる可能性が高い
  • 手軽にエントリー出来る
  • 奥が深い
  • 釣味がおもしろい
  • 魚の活性や状況に左右されにくい



スポンサードリンク




ワインド釣法はどこで(場所)やればいいの!?

まず、ターゲットがいっぱい集まってそうな場所が狙い目だ。夏から秋のデイゲームでは、シーバスは護岸、テトラ、シェイド(影)部に身を隠している。

ベイトフィッシュを追い回す魚を釣るのは意外と難しいときがある。ボイルしているのに食わない場合だ。そんな時にも強制的に反射食いさせる。そんな釣りを出来るのがこのワインド釣法だ。

また、シェイドにたたずむニュートラルな魚にもスイッチを入れることができる釣り方でもある。シーバスを狙う具体的なスポットは、護岸、テトラ、シェイド部などがある。これらのポイント(場所)がワインド釣法を主に試すポイント(場所)になる。


サーフ

サーフは、魚種も豊富であるため、ヒラメ、マゴチ、青物も釣ることが出来ます。

サーフ シーバス
サーフでのポイント(場所)の絞り方などについては、こちらの記事をご覧ください。
・サーフでシーバスを釣ろう!ポイント(場所)、時期(季節)、釣り方、タックル、おすすめ(ランキング)のルアーは!?


磯でも、シーバスの他に、青物等が釣れます。


磯でのシーバスフィッシングについては、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスを磯で釣ろう!釣り方、装備、タックル、ライン、おすすめのルアーは!?


堤防

堤防はワインドの1級ポイントです。堤防沿いや沖に向かってキャストしワインドしてみましょう。時には太刀魚などの青物も釣ることができます。

堤防-シーバス
堤防でのシーバスフィッシングについては、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスを堤防で釣ろう!ポイント(場所)、釣り方、装備(道具)、おすすめのルアー【ランキング】は!?


護岸

護岸

護岸ではおすすめはテクトロワインド。テクトロしながらジャークするのは結構技術が必要だが左手でもダートを生み出せるようになるとシーバスを釣れるようになります。


テトラ

テトラ

テトラは潮通しの良いポイント(場所)にある場合が多いので最高のワインドポイントになります。また、シーバスのストック量も比較的多いため、比較的ワインドで釣りやすいポイントになります。根にもぐられる可能性があるので注意が必要です。リーダーは2メートルくらいとっておくと良いでしょう。




ワインド釣法のやり方(釣り方)


ワインド釣法のやり方(釣り方)【動画】

分りやすい動画をネットで見つけました。何度も見て練習してみてください。


ワインド釣り法の流れ
  • 1.ワームのセッティングを確認する。
  • 2.キャストして着水したらカウントしながらボトムまで落とす。
  • 3.ボトムに着いたら、一度ロッドを立ててワームを浮かす。
  • 4.その後ワインドアクションを開始。


ワームのつけ方

ワインド釣法で大切なのはワームのつけ方。真っ直ぐについていないと、綺麗にダートしない。近くにキャストしてまっすぐ泳ぐかを確認しよう。


ワインドアクションのポイント


  • ラインが張った状態から引っ張るのではなく、ロッドを下げてラインスラッグを作った状態からロッドを素早く立てる。
  • ロッドの上げ下げ1回につき、リールを1回転させる。
  • 手首だけでロッドをしゃくるのではなく、肘や腕を使って力を使わず軽くしゃくる。




ワインド釣法のタックルは何を選べばいいの!?

エギング用のロッドを持っている人は、エギング用のロッドを流用するのが良いでしょう。エギングロッドはエギをシャクり、キビキビと動かす為、先調子のものが多く『ワインド釣法』の使用方法に近い為、ベターです。長さは8f(約240cm)前後 7.6f~8.6ftくらいで 3.5号のエギを投げる事が出来るロッドであれば『ワインド向き』です。 

シーバスロッドは食い込みを良くする為、胴調子のものが多く『ワインド釣法』には、不向きのものが多くありますのであまりおすすめ出来ません。

▼代表的なタックル例

ワインド-タックル
出典:http://www.point-i.jp/index.php?id=wind


ワインド専用ロッド

ワインドロッドは専用品がおすすめです。ロッド選定の基準を表にまとまました。

項目 サイズ 選定基準等
長さ 8.0〜8.6フィート ハリのあるアクション(8.0Ft)~ゆったり目のアクション(8.6Ft)
硬さ M〜MH 硬くすればするほど跳ねるような動きになる
ルアーウェイト 7〜30g 使用したいジグヘッドの重さに合わせる

ワインド専用ロッドが無くても、ルアーウェイトを満たしている『エギングロッド』で代用可能です。但し、『エギングロッド』はグリップが短めである為、『エギングロッド』だとアクションが疲れる場合があります。

ワインド専用ロッドはグリップが長めに作られている為、疲労が溜まりにくく、一定のリズムでアクションをすることができるメリットを備えています。予算に余裕がある人は、専用ロッドをお勧めします。


7~17.5gに対応しているワインド専用ロッド

・メジャークラフト(Major Craft) ロッド ソルパラワインドモデル ソルパラワインドモデル SPS-832MLW


7グラム~21グラムに対応しているワインド専用ロッド

・メジャークラフト(Major Craft) ロッド クロステージワインド CRK-862MW


10~28gグラムに対応しているワインド専用ロッド

▼おすすめ

・メジャークラフト(Major Craft) ロッド クロステージワインド CRK-832MHW


30gまでに対応しているワインドロッドワインド専用ロッド

・メジャークラフト(Major Craft) ロッド ソルパラ太刀魚 SPS-902Tachi


ワインド専用リール

ワインド釣法では、アクション時に出るラインスラッグ(糸ふけ)を利用することで、ジグヘッドを左右にダートさせます。このため、1しゃくりとリールの1回転で巻き取る量のバランスが大切となります。

ワンアクションしたときのジグヘッドの動きからでるラインスラッグ(糸ふけ)の量よりも、リールを1回転させたときの巻き取り量が同じ、もしくは、少し多い程度に設定されているリールが理想です。

ハイギアなどの巻き取る量が多いリールは、ラインスラッグ(糸ふけ)を回収した後のジグヘッドが前進する幅が広くなります。小さいリールでは、アクションする幅が狭まってしまい、キレが無くなったアクションとなってしまいます。

ワインド用リールの選定について以下にまとめました。

項目 サイズ 選定基準等
品番 2500番〜3000番 汎用性がある:2500番、しゃくりが大きい:3000番
質量 軽いもの アクションに疲れないものがBetter
糸巻き量 PE:0.8号〜1.2号を150m以上巻けるリール ダートに違和感を与えない大きさ
ギア ノーマルギア ハイギアは巻き取り量が多い為、非推奨

ロッドが長いとアクションする際にラインスラッグ(糸ふけ)が多くなる為、通常のワインドに使うロッドに対するリールの大きさよりも、スプールの大きいものを選択するのが良いだろう。

8.0フィート(Ft)前後のロッドを使用する場合は2500番のリールを、9.0フィート(Ft)前後のロッドを使用する場合は3000番のリールを使用すると、丁度良いラインスラッグ(糸ふけ)を回収しながらアクションすることができる為バランスが良い。


8.0Ft前後のロッドを使用している方は万能タイプのワインドリール(2500番)

・SHIMANO(シマノ) リール 12 アルテグラ 2500S 29331

・ダイワ(Daiwa) リール 15 フリームス 2506

・ダイワ(Daiwa) リール 14 カルディア 2506


9.0Ft以上のロッドを使用している方は大きいシャクリによるラインスラッグを取ることができる熟練タイプ(3000番)

・SHIMANO(シマノ) リール 13 セフィアBB C3000S 31860

▼おすすめ

・SHIMANO(シマノ) リール 15ストラディック C3000

・ダイワ(Daiwa) リール 12 ジョイナス 3000




ワインド釣法のルアー(ジグヘッド)

ジグヘッドの重さは軽いもので7g、重いもので56gグラムと幅広く存在する。ただ、重めのジグヘッドを投げるには、ロッドのルアーウェイトにも対応させる必要がある。

大抵のワインドロッドは7~30gグラムと軽量のジグヘッドに対応している為、56グラムを投げるとなると専用のロッドでは無く、ショアジギングロッドなどのパワーのあるロッドを選ぶことになる。ジグヘッドはワインド専用のZZヘッドがおすすめです。

ZZヘッド




ワインド釣法のルアー(ワーム)

ワームは定番のマナティがおすすめです。

マナティー

▼おすすめ




まとめ

いかがでしたか!?素早くキレのあるアクションと波動で、活性の低い魚のスイッチを入れることのできるワインド釣法はどんな魚にも強力に効果を発揮します。ワインド釣法をマスターして釣果をさらに上げよう。

シーバス-ワーム
ワームでシーバスを釣る方法については、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスを『ワーム』で釣ろう!釣り方、『ワーム』『ジグヘッド』についてまとめてみた!おすすめは!?


関連記事

【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】 【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】


シーバス ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ