【ヒラメを漁港・港湾で釣る方法】釣り方、ポイント、時期、時間、人気おすすめ【ランキング】

ヒラメをルアーで釣るポイント(場所)として、サーフ、河口と並んで有望ポイントである漁港・港湾での釣り方、ポイント(場所)、時間、時期、人気おすすめのルアー【ランキング】について【まとめ】てみました。



スポンサードリンク


漁港・港湾

漁港や港湾はヒラメの餌となるベイトが多くヒラメが着きやすいポイント(場所)です。但し、ヒラメが着きやすい漁港・港湾には特徴があります。


釣れる漁港の探し方


  • 小さな漁港
  • 潮通しが良い漁港


小さな漁港

小さな漁港は、多くの漁船の往来もなく水質が綺麗であるためヒラメが着きやすい条件が整っています。一方で大きな漁港は、漁船の往来も多く水質が悪くおすすめできません。加えて、水産加工場等の排水等により水質悪化の要因が多くなります。


潮通しが良い漁港

小さな漁港は、その規模から波の影響を受けにくい場所にある場合が多く、このような漁港では、外洋との潮の入れ替わりが少なくなります。従って、ヒラメを釣る環境としてはあまり良くありません。また、ベイトの入れ替わりが少なくヒラメの釣果もあまり期待できない。一方、漁港内にベイトが入った時は穴場的な場所になる可能性もあります。このため釣果にムラができやすい。

ヒラメを漁港で釣る場合は、潮通しが良い漁港が理想になります。このような漁港の探し方の目安としては、大きなテトラポットで囲まれていたり、高い堤防がある漁港が多い。漁港の堤防から常時回遊魚の実績が高い堤防がある漁港は有望ポイントになります。また、複合要素として、漁港内に根や河川の流れ込み等があれば尚良いポイントになります。



スポンサードリンク


場所(ポイント)

漁港内の有望ポイントについて解説させていただきます。


  • 船道


船道

漁港内で最も有望なポイントは船道です。船道は、船が問題なく往来するために深くなっています。この船道は、ヒラメが外洋から出入りするルートにもなります。

船道は、船が往来に使うため、直ぐに見つけることができます。漁港に着いたら船が通るルートを確認してください。


漁港の入り口付近

特におすすめのポイントは、潮の出入りが多い漁港の入り口付近と船道が重なるエリアです。
ヒラメは船道のボトム(底)、かけあがり、付近のシャロー(浅場)、根周り等を移動しながら捕食します。朝、夕マズメ、夜間は浅場(船道の外側)、昼間はベイトが溜まる深場を充填的に狙うと効率良く釣ることができます。


スロープ

漁港にある漁船をあげるためのスロープはヒラメが着きやすいポイントです。水深が浅いため、トップウォーター等で狙うのがおすすめです。


堤防

外洋に面した堤防もヒラメが着きやすいポイントです。波が堤防にあたり複雑な流れを作る先端部分やテトラポットの際等がおすすめです。足元まで水深が深いため、足元まで探ることができるバイブレーション、メタルジグ等が有効です。夜間は常夜灯周りに的を絞ると効率的です。



スポンサードリンク


ヒラメ用の【ルアー】

ヒラメルアー【TOP】
ミノー
メタルジグ
バイブレーション
鉄板バイブ
スプーン
スピナーベイト
ワーム
激安ルアー
最強(人気・おすすめ)【サーフで釣れるヒラメ(平目)ルアー】これだ持ってれば必ず釣れます!ミノー・メタルジグ・ワーム 最強(人気・おすすめ)【サーフで釣れるヒラメ(平目)ルアー】これだ持ってれば必ず釣れます!ミノー・メタルジグ・ワーム



スポンサードリンク


まとめ

今回はヒラメを漁港で釣る場所等についてご紹介させて頂きました。ポイントを押さえて釣行することで効率良く釣果を上げることが可能になります。是非、参考にしてみてください。

関連コンテンツ

ヒラメの釣り方
【これを見ればヒラメ(平目)は釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ヒラメ(平目)フィッシングの全て】 【これを見ればヒラメ(平目)は釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ヒラメ(平目)フィッシングの全て】


ヒラメ釣り ブログランキングへ
 



スポンサードリンク


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ