【ヒラメを昼間にルアーで釣る方法】場所、潮、釣り方、人気おすすめ【ランキング】

【ヒラメ】をルアーで昼間に釣りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。ゴールデンタイムの朝マズメが終わり海も比較的静かな状態になります。今回は、昼間の【ヒラメ】に焦点をあてて、その釣り方、場所(ポイント)等をご紹介させて頂きます。



スポンサードリンク


昼間のヒラメ

朝マズメが終わると、ヒラメの餌となっていたイワシ等のベイトは、海底付近に沈む場合が多くなります。これに合わせて、表層付近まで活発に餌を追っていたヒラメも活性が下がります。【ヒラメ】は低位置である海底付近に居ることが多くなります。


場所

昼間とは言え、【ヒラメ】をルアーで釣るためには、ベイトの存在が不可欠です。餌となるベイトが居なければ【ヒラメ】を釣ることができません。


  • 河口
  • 離岸流


河口

河口は豊富なプランクトンを供給するため、常時【ヒラメ】の餌となるベイトが居る場所です。ベイトが豊富であるため、【ヒラメ】も安定的に釣ることができます。特におすすめは、下げ潮の時間帯です。潮が下げている時は、河川を遡上していたベイトも河川に上ることができなくなる場合があります。この場合、河口付近にベイトが溜まる可能性があります。


離岸流

岸から沖に流れ出る離岸流はベイトのストック量も多く【ヒラメ】がう釣れる可能性が高いポイントです。離岸流にも規模の差があり、潮の影響で消える離岸流もあります。昼間に【ヒラメ】を釣る離岸流は、潮の影響でも消えない離岸流です。このような離岸流は、安定的にベイトをストックしている可能性が高く有望ポイントになります。


【ヒラメ】の餌となる多くのベイトは、沖の海底付近に居ます。このため、遠投できるルアーを使い水深の深いポイントまで投げられるルアーで釣るのがおすすめです。



スポンサードリンク


ベイトの存在を確認する

【ヒラメ】を釣るためには、ベイトの存在は不可欠です。当たりをつけたポイントではベイトの存在を確認する必要があります。ベイトが周囲に溜まっている場合、目視で確認することができます。ギラついた海面を見る場合、【偏光】サングラスがあると便利です。


釣り方


  • 粘る
  • 広範囲を探る


粘る

昼間は【ヒラメ】の活性も低いため、河口や離岸流などの有望ポイントを見つけることができたら、粘るのもひとつの戦略です。移動しても釣る確率を下げる場合があります。


広範囲を探る

大部分の【ヒラメ】は、沖の深場に移動します。このため、飛距離を稼げるルアーで沖の広い範囲を探るのがおすすめです。


ルアー

浅場の有望ポイントでは、多くのルアーが有効です。【ヒラメ】釣りにはあまり使わないフローティングミノー等もおすすめです。フローティングミノーはシンキングミノーに比べ、比較的ゆっくり巻いてもアクションがでやすいためです。シンキングミノーは、その重さから、弱い流れの中ではアクションしにくい場合もあります。その他、リアクションをだしやすいバイブレーション等もおすすめです。

一方、沖の深場を探る場合は、遠投できるルアーが必要になります。メタルジグ、バイブレーションは飛距離をかせげるためおすすめです。



スポンサードリンク


まとめ

昼間の【ヒラメ】は朝マズメ、夕マズメ、夜間に比べ釣り難い時間ではあります。しかし、ベイトが居る場所では、昼間でも活発に捕食する場合があります。是非、実践してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ