【和歌山県】でヒラメ・マゴチ・青物がルアーで釣れるポイント(場所:サーフ・・河口・堤防・漁港)

大阪からのアクセスも良く、ヒラメ・マゴチが釣れる和歌山県のポイント(場所)についてご紹介させて頂きます。



スポンサードリンク


ポイントマップ

和歌山県でヒラメ・マゴチが釣れるポイント(場所)のマップを作成しました。車でランガンする際にご活用ください。



スポンサードリンク


【和歌山県】でヒラメ(平目)・マゴチが釣れるサーフ(ポイント・場所)


加太港

淡路島を望み、紀淡海峡に突き出た位置にある加太港は、ルアー釣りに最適のポイントです。紀淡海峡の早い潮流に乗せられ、多くのベイトが集まります。これを狙った、ヒラメ等の大型の魚が集まります。その魚種の魚影も濃く釣りやすいため、初心者におすすめのポイント(場所)です。

加太港の北側は、シモリが多く複雑な地形になっているためヒラメが好んで着きます。南側は、ゴロタ石の海底になっています。加太港の堤防先端も水深がありおすすめです。


紀ノ川河口


磯ノ浦サーフ

紀ノ川河口にほど近い磯ノ浦サーフでヒラメ・マゴチを釣ることができます。


青岸

青岸は紀ノ川河口にある堤防で紀ノ川と和歌山港のちょうど出口にあたるところにあります。海底が砂地になっていてヒラメ・マゴチの実績が高いポイントです。ヒラメ・マゴチ以外にも、青物、シーバス(鱸)も釣ることができます。


日高川河口

ヒラメ・マゴチをはじめ、シーバスを釣ることができます。河口外側では青物の回遊もあり、チヌ、メッキも狙うことができます。ヒラメ・マゴチは河口域がおすすめです。


煙樹ヶ浜

日高川河口にほど近い煙樹ヶ浜でヒラメ・マゴチを釣ることができます。


富田川河口

大型のヒラメ・マゴチが釣れるポイント(場所)として有名です。メジャーポイントは、河口左岸にあるカラス岩と呼ばれるポイントです。また、ヒラメ以外にシーバスも良く釣れ、日本に生息するヒラスズキ、マルスズキ、タイリクスズキの何れも釣ることができるポイント(場所)です。大型のヒラメ・マゴチを求めランガンするのがおすすめです。


日置川河口

ヒラメ・マゴチの他、ヒラスズキも釣れるポイント(場所)です。南側のエリアは消波ブロックがあり、周囲が荒れた時の特に良く釣れます。北側エリアには、村島磯という有名な磯があり岩礁帯があります。多くのベイトが集まるため、ヒラメ・マゴチ・シーバス・青物が集まります。


古座川河口

大型のヒラメの実績が高いポイントです。河口北側は、磯が広がり、南側はサーフが広がっています。どちらもヒラメを釣ることができます。初心者は根かかりの少ないサーフからはじめるのがおすすめです。


太田川河口

那智勝浦町を流れる太田川の河口とその周辺はヒラメ・マゴチを狙える1級ポイントです。ヒラメは座布団クラスの実績が高く、関西のメジャーフィールドと言えます。関西きってのヒラメフィールド。ベストシーズンは11~2月になります。


熊野川河口

急深の小砂利浜で、例年11月頃から釣れはじめます。大型の平ヒラメの実績もあり有望ポイントです。狙う場所は、河口とその周囲のサーフになります。ヒラメ・マゴチの他に、ワラサ、サゴシ等の青物、濁りが入るとシーバス(鱸)を狙う事ができます。潮目、地形が変化している場所がおすすめです。

ヒラメの釣り方
マゴチの釣り方
青物の釣り方
最強(人気・おすすめ)【サーフで釣れるヒラメ(平目)ルアー】これだ持ってれば必ず釣れます!ミノー・メタルジグ・ワーム 最強(人気・おすすめ)【サーフで釣れるヒラメ(平目)ルアー】これだ持ってれば必ず釣れます!ミノー・メタルジグ・ワーム



スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか。今回は和歌山県でヒラメ・マゴチが釣れるポイント(場所)を【まとめ】てみました。大阪在住の方は、近くにヒラメ・マゴチを釣ることができるポイントが少ないため、ヒラメ・マゴチを釣りたい場合は、和歌山に足を延ばすのがおすすです。


ヒラメ釣り ブログランキングへ



スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ