【ヒラメ(平目)を狙うルアーの種類と使い分け】

ヒラメ(平目)をルアーで釣りたいと考えている人も多いのではないでしょうか!?そこで今回は、そのヒラメを狙うルアーの種類とその使い分けに付いてご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク


ルアーの種類

画像 種類 特徴と使い分け
ミノー 特徴
小魚に近い細めのシルエットのルアー。ミノーは、リップ付きとリップ無しの2種類があります。リップ付きのミノーは、ピッチが速く大きめのアクション、無いものがピッチが遅く小さめのアクションになるます。状況に合わせて使い分けるのが良いでしょう。
使う場所と状況
・遠浅の磯や河口
・サーフで波があまりない時
釣り方
・ただ巻き
・トゥイッチ&ジャーク
・ストップ&ゴー
シンキングペンシル 特徴
空気抵抗が無く飛距離が出せるルアーです。何もしないと沈みます。
使う場所と状況
・サーフや河口で流れがある時
・他のフィッシュイーターが多い時
・飛距離がほしい時
・スローに誘いたい時
釣り方
・ただ巻き
・ドリフト
バイブレーション 特徴
ルアーの重さがあり、バイブレーションするため、アピール力の高いルアーです。
使う場所と状況
・波が少し高いとき
・フォールで食わせたい時
・メタルジグよりアピールがほしい時
釣り方
・ただ巻き
・リフト&フォール(ストップ&ゴー)
メタル(鉄板)バイブレーション 特徴
ルアーの重さがあり、バイブレーションするため、アピール力の高いルアーです。材質が鉄板であるため、バイブレーションより安く買う事ができます。
使う場所と状況
・波が少し高いとき
・フォールで食わせたい時
・メタルジグよりアピールがほしい時
釣り方
・ただ巻き
・リフト&フォール(ストップ&ゴー)
スピンテールジグ 特徴
小型でありながら重さがあるため飛距離を出すことができます。ブレードの回転による光の反射と、細かなバイブレーションでアピール力の高いルアーです。
使う場所と状況
・波が無い時
・昼間
・ベイトが小さい時
釣り方
・ただ巻き
・リフト&フォール(ストップ&ゴー)
昼間でヒラメの食いが落ちた場合等に有効です。春先のベイトサイズが小さい時に有効です。巻く速度は、ブレードが回転する最低限の速度で巻くのがおすすめです。
メタルジル 特徴
ルアーの表面積に対して、重さがあるため、圧倒的な飛距離がでます。どのルアーでも届かない場所(ポイント)にルアーを投げたい場合は、メタルジグがおすすめです。
使う場所と状況
・ポイント(場所)が遠いい場合
・風が強い時
・波が高い時
釣り方
・ただ巻き
・リフト&フォール(ストップ&ゴー)
altタグ スプーン 特徴
独特なアクションでヒラメを誘います。
使う場所と状況
・波が無い時
・スローで誘いたい時
釣り方
・ただ巻き
・リフト&フォール(ストップ&ゴー)
ワーム 特徴
巻くだけでテールが動き、ボディーもその動きに合わせてアクションします。ハードルアーでは生み出せないナチュラルなアクションが特徴です。
使う場所と状況
・ハードルアーに反応がないとき
釣り方
・ただ巻き
・リフト&フォール(ストップ&ゴー)

ヒラメルアー【TOP】
ミノー
メタルジグ
バイブレーション
鉄板バイブ
スプーン
スピナーベイト
ワーム
激安ルアー
最強(人気・おすすめ)【サーフで釣れるヒラメ(平目)ルアー】これだ持ってれば必ず釣れます!ミノー・メタルジグ・ワーム 最強(人気・おすすめ)【サーフで釣れるヒラメ(平目)ルアー】これだ持ってれば必ず釣れます!ミノー・メタルジグ・ワーム



スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか!?今回は、ヒラメを狙うルアーの種類について【まとめ】てみました。是非参考にして頂ければと思います。

【これを見ればヒラメ(平目)は釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ヒラメ(平目)フィッシングの全て】 【これを見ればヒラメ(平目)は釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【ヒラメ(平目)フィッシングの全て】


ヒラメ釣り ブログランキングへ

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ