【シーバス(鱸)が釣れる時間帯】早朝・昼間・夜・深夜、どの時間が一番釣れる!?時間帯別のおすすめ【ルアー】

シーバスを釣る時間は何時が良いのか知りたいと言う方も多いのではないでしょうか!?そこで今回は、朝マズメ(早朝~朝)、昼間、夕マズメ(夕方)、夜間(深夜)の時間帯に分けて、どのような時期やポイントでシーバスを釣ることができるかについて【まとめ】てみました。


朝マズメ(早朝~朝)

早朝は、日の光も薄暗く、シーバスの警戒心も低いため釣りやすい時間帯です。薄明るい時間までは、比較的釣りやすい時間が続きます。この時間は地合いになりやすい時間でシーバスの活性も高くルアーへの反応も良い時間です。完全に明るくなると、この時間は、ルアーが良く見えるようになってしまうためシーバスの警戒心が高くなり釣れにくくなります。深場(ディープ)に沈む場合がほとんどです。


ベイトの存在が重要

朝マズメが活性が高いとはいえ、ベイトの存在が無いとシーバスを釣るのは難しくなります。イワシ、コノシロ等の回遊性のベイトが前提のポイントでは、ベイトが居ないと釣ることが難しくなります。その場合は、シーバスが多く居着く場所(ポイント)が有望です。例えば、ベイエリアでは、入り組んでシーバスの数が多い場所、イナッコ等が豊富な河口等が比較的釣りやすい場所(ポイント)になります。


時期(季節)

一年を通じて釣ることが出来る時間帯ですが、最も釣れる時期は夏です。これは、海水温が関係していると言われています。夏は最も朝が海水温が低くなります。このため、暑くて動きが鈍かったシーバスも、この朝だけは高活性になる場合があります。逆に、夕マズメは温度が高い状態であるため、朝マズメより釣り難い時間と言えます。


夏は流れがポイント

朝マズメに釣れる時期は夏ですが、この夏のポイント(場所)選定は重要です。夏は水温も上昇し、シーバスの活性も低い時期です。その活性が低い理由は、水温による酸素濃度の低下にあります。酸素濃度が低下すると、ベイトやシーバスの動きが悪くなります。一方、夏の水温が高い時期でも酸素濃度が濃い場所が流れ込みになります。流れ込みは(流れのある場所)は、常時水が動き、大量の酸素を供給します。従って、朝マズメと流れとい複合的な要因がある場所(ポイント)で釣るのが効果的です。


潮回りは確認するようにしてください。朝マズメの時間に、大きく潮が動くときはシーバスも釣りやすい地合いになる場合が多くなります。


【ルアー】と【釣り方】

この時間帯は、春・夏・秋であれば、この時間は、まだシーバスがルアーを良く見ることができないため、リアクション系の釣りが有効です。スローな釣りすると数を伸ばすことが出来ないため、手返しの良いバイブレーションやメタルジグがおすすめです。手返しを良くするため、ルアーのウェイトは軽めの物を選ぶのがおすすめです。

一方、真冬は、シーバスの活性が上がってもベイトの動きが鈍いため、速すぎるバイブレーションや、ミノーのジャークではバイトしてこない場合もあります。従ってベイエリアではワーム、河口ではシンペン、リップレスミノーのドリフト等でスローに狙うのがおすすめです。


ベイトの確認をする

暗いうちは、釣りもしにくいため、朝マズメの時間を狙う場合は、現地(ポイント)でベイトの確認を行ってください。ルアーは、その時回遊しているベイトのサイズに合わせるのがおすすめです。例えば、マイクロ系のベイトを捕食していいる春等は、小型のバイブレーション等が有効です。秋にベイトサイズが上がり、コノシロ等を捕食している場合は、大型のミノー、ビックベイト等が有効になります。

最強・定番・名作 【釣れるシーバス用ルアー】人気おすすめ【ランキング】これだけあればシーバスは釣れる! 最強・定番・名作 【釣れるシーバス用ルアー】人気おすすめ【ランキング】これだけあればシーバスは釣れる!



スポンサードリンク


昼間


場所(ポイント)

シーバスが主に捕食する回遊系のイワシ、コノシロ等のベイトは、群れが昼間に浮いている事は珍しく、ほとんどがディープ(深場)に沈んでいます。従って、港湾部では、船の通る道(ミオ筋)、サーフでは沖目のブレイクライン、日陰を作るストラクチャー周りを狙うのがおすすめです。河川では、テトラポット等も有効な場所(ポイント)です。


状況を見極める

昼間でも時折、ベイトが表層付近を回遊することがあります。また、その際に、ナブラ等が発生する場合もあります。


ナブラ(ボイル)が起きている時

海面でナブラが発生しボイルしてる時は、表層系のルアーがおすすめです。トップウォーター、ミノー等、ルアーローテーションしながら狙う様にしてください。


ベイトが表層付近に居るがナブラ(ボイル)が起きない時

表層にベイトが居るものの、ナブラにはならず、ボイルしていない場合には、少し表層より下のレンジ(層)を通せるミノー等を使用して狙う様にしてください。


表層にベイトが居ない時

この場合は、ディープ(底)にシーバスが居る可能性が高いため、メタルジグ、バイブレーション、スピンテールジグ等でディープ(底)を広範囲に探るようにしてください。


【ルアー】と【釣り方】

昼間に有効なルアーは、シーバスが居るであろう、沖目のブレイクライン等に届くルアーで、尚且つディープを狙う事が出来るルアーがおすすめです。また、アピール力の高いルアーが有効です。

光量の多い昼間は、ルアーがシーバスに見切られる場合が多いため、アクションは出来るだけリアクションで食わせる様に動かすのが有効です。

ディープエリアまで届かせるルアーとしては、メタルジグ、バイブレーションがおすすめです。メタルジグは、圧倒的な飛距離が出るため、どうしても届かないと言うポイント(場所)にもルアーを送り込むことが出来るため、特に昼間は有効なルアーになります。しかし、メタルジグは、その表面積の小ささから、アピール度としては低いため、バイブレーション、スピンテールジグを併用するのがおすすめです。

ミノー等も時に有効です。ミノーを使う場合は、ただ巻きで使うより、ジャーク&トウィッチを使い、見切られない様にアクションさせるのがおすすめです。

これらのルアーで食いが悪い場合は、ワームを使ったワインド釣法がおすすめです。ワームが左右に派手に動くワインドは、昼間のリアクション主体の釣りには高い効果を発揮します。

最強・定番・名作 【釣れるシーバス用ルアー】人気おすすめ【ランキング】これだけあればシーバスは釣れる! 最強・定番・名作 【釣れるシーバス用ルアー】人気おすすめ【ランキング】これだけあればシーバスは釣れる!



スポンサードリンク


夕マズメ


時期(季節)

夕マズメが最も釣れる時期は冬です。これは水温に関係しています。冬は最も温度が低いのが朝です。これに対し、夕方は、昼間の日光を浴びて朝より温度が高くなります。低活性だったベイトやシーバスもこの時間は、若干活性が上がります。春や秋でも温度が低い時期は、夕マズメの方が比較的釣りやすい時間になります。夏は、最も温度が高い時期であるため、釣り難くなります。


【ルアー】と【釣り方】

夕マズメは小魚の活性も上がります。従って、バイブレーション、メタルジグ等でリアクション系の釣りを展開するのがおすすめです。但し、水温が低い冬場は、温度が上がったとしても、ベイトの動きが鈍い場合があります。この場合は、そのベイトの動きに合わせて、スローなアクションが有効になる場合があるため、ミノー等でゆっくり誘うのが有効な場合があります。

最強・定番・名作 【釣れるシーバス用ルアー】人気おすすめ【ランキング】これだけあればシーバスは釣れる! 最強・定番・名作 【釣れるシーバス用ルアー】人気おすすめ【ランキング】これだけあればシーバスは釣れる!



スポンサードリンク


夜間(夜~深夜)


時期(季節)

夜間は、水温が低下します。従って、昼間の温度が高い夏場は比較的釣りやすい時期です。秋は、河川での一大イベントである落ち鮎(アユ)パターンがあります。この落ち鮎(アユ)パターンは、夜間の釣りが有効です。


潮という観点で言うと、冬は夜間に潮が動きます。このため、温度的な要因以外では、冬はシーバスが最も釣りやすいのは夜間(深夜)になります。


ベイト

春は、水温は低いもののバチ抜けと言う、シーバスに取って一大イベントがあります。この時期は夜間もシーバスを良く釣ることが出来ます。


深夜は釣れる

深夜は、人的なプレッシャーも少なくなるためm、シーバスの警戒心が最も薄くなる時間です。このため、比較的釣りやすい時間と言えます。


レンジ(層)

警戒心が薄れる夜(深夜)は、シーバスが徐々に表層に上付いてきます。しかし、全ての魚が表層を意識するわけではありません。従って、表層から徐々にレンジを落とし、シーバスが最も多いレンジ(層)を探り当てる必要があります。


引き抵抗は重要なヒント

夜間は、人間も資格からの情報が薄くなります。このため、ルアーからの情報は重要になります。ルアーを引いていて、ルアーが障害物に当たるポイント、急にひき抵抗が高くなるポイントは、水中の変化がある場所である場合が多く、シーバスが付近に居る可能性が高いポイント(場所)です。これらの情報を敏感に感じ、集中的に狙う事で釣果を効率的に上げることが可能になります。


下見は重要

夜間(深夜)に効率的に釣果を上げたい場合、昼間の下見が重要です。下見するポイントは、ベイトの存在、流れ、ストラクチャー、ブレイクラインの位置等です。これらの場所は、夜(深夜)でもシーバスが回遊する場合が多いポイントであるため、予め、その情報を知っておくことで、夜(深夜)に釣果を上げられるようになります。下見には、水中の中が見えやすい偏光サングラスを使うと便利です。


【ルアー】と【釣り方】

昼間のシーバス釣りでは、派手なリアクション中心の釣りでしたが、夜間は想像以上にゆっくり動かすのが基本です。昼間は明るいためシーバスの視認性も良く、ゆっくりルアーを動かすとルアーを見切られる可能性が高いため、ファーストリトリーブ有効でした。一方、夜(夜間)は、シーバスの視認性が悪くなるため、出来るだけルアーをゆっくり動かしシーバスにルアーを認識させる必要があります。

このため、ゆっくりリトリーブさせることができる、ミノーやシンキングペンシルがおすすめのルアーになります。


カラー

視認性の低下する深夜は、派手目のカラー選定が有効です。特にホワイト(膨張色)やゴールド系のカラーが有効です。但し、常夜灯や光がある場所(ポイント)は、昼間に使うルアーで釣ることが可能です。状況に合わせてルアーするのが良いでしょう。


アクション

スローリトリーブが前提の夜間(深夜)のルアーは、ゆっくり巻いてもアクションするルアーを選ぶ様にしてください。


サイズ

ルアーサイズは、昼間の下見などで、そのポイント(場所)にどのようなベイトが居るかを確認し、そのベイトサイズに合わせるのが一般的です。

最強・定番・名作 【釣れるシーバス用ルアー】人気おすすめ【ランキング】これだけあればシーバスは釣れる! 最強・定番・名作 【釣れるシーバス用ルアー】人気おすすめ【ランキング】これだけあればシーバスは釣れる!



スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか!?今回はシーバスの釣れる時間帯に付いてご紹介させていただきました。実際にシーバスは条件さえ合えば、どんな時間帯にも釣ることが可能です。是非、参考にしてみてください。

【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】 【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】


シーバス ブログランキングへ

スポンサードリンク


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ