シーバス用のルアーの種類・使い方(アクション)・選び方等【まとめ】おすすめ(人気)【ランキング】!?

シーバス用のルアーの種類・使い方(アクション)・選び方、おすすめ(人気)【ランキング】について【まとめ】てみました。



スポンサードリンク




トップウォーター

トップウォーター(topwater)はルアーフィッシングにおいて、水面および極めて水面に近いところで使用するルアーである。トップウォータープラグ、もしくはこれらのルアーを使用する釣りのスタイルをトップウォーターフィッシングという。

トップウォーターフィッシングは、ルアーを引いていると、不意に水中から『ガバッ』と水面を割ってルアーに食いつくシーバスの姿が見られるので、ルアーフィッシングの中でも最もエキサイティングな釣りになる。




シンキングペンシル

シンキングペンシルとは、形状はペンシルベイトでシンキングミノーと同じで、リトリーブを止めると沈みます。水の抵抗を受けにくい形状であるため、リトリーブすると表層にすぐ浮いてきます。空気抵抗が少ない形状をしているため飛距離が出やすいのも特徴です。




ミノー

『ミノー』はその形状を魚に似せたルアーで、ルアーの先端に『リップ』という水の抵抗を受ける部品が付いており、その『リップ』が水を受けルアーを左右に動かす。『ミノー』はこのリップの形状、ルアーのサイズ(大きさ)、ルアーの重さ(ウエィト)等で動きが変わります。

<名作>
 ・カウントダウン ラパラ




バイブレーション

バイブレーションとはその名の通り、リールを巻くと小刻みに震えながら動くルアーである。小刻みに水を切りながら動くので、アピール力が強く広範囲からシーバスを寄せてくる。大きさは、50mm~90mm程度。

<名作>
 ・レンジバイブ【最強】
 ・ローリングベイト【定番】




スピンテール

スピンテールは『スピンテールジグ』とも呼ばれ、シーバスフィッシングでは定番のルアーです。ルアーは、金属のボディーとテールに付いたブレードで構成されているのが特徴で、テールについたブレードのフラッシング効果とブレードが起こす波動によってシーバスを食わせます。

デイゲームではパイロットルアーとして使用可能で、ブラックバスフィッシングではスピナーベイトの様な的な的位置付けのルアーになります。ルアーサイズは大体15~20グラムの小サイズか25~30グラム大サイズの2パターンに分類できます。

シーバス以外にも根魚や真鯛やクロダイなど様々な魚を釣ることができる万能ルアーと言ってもいいでしょう。




メタルジグ

メタルジグとは金属でできたルアーである。 比重が大きく空気抵抗が少ないため、ほかのルアーには無い圧倒的な飛距離を出すことができる。 風の強い場合でも風を切ってしっかりと飛んでくれ、沈降速度が速いことも特徴である。 フォールが遅すぎるとシーバスは偽物だと見切って食ってこないため、30g程度の重さのものがよく使われる。




ワーム

『ワーム』は、ソフトルアーとも呼ばれ、『ジグヘッド』と呼ばれる重りつきの針につけて使うルアーの事を言います。 ここ数年で急激にシーバス釣りに浸透しはじめた『ルアー』です。


関連記事

【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】 【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】


シーバス ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ