シーバス釣りの魅力、釣り方(仕掛け、道具、ルアー)、ポイント、等、初心(入門)者でも分かるようにまとめてみました!

シーバス

シーバスフィッシングをはじめたいけど、何からはじめたらいいか分からないと言う人のために、シーバス釣りの魅力、釣り方(仕掛け、道具、ルアー)、ポイント、等について、初心(入門)者でも分かるように解説いたします。



スポンサードリンク




シーバスフィッシングの魅力


  • 引きが強い
  • 手軽に大物が狙える


引きが強い

何といってシーバスフィッシングの魅力は、釣った時の『引き』ではないでしょうか。圧倒的なその『引き』は、一度釣ったら病みつきになります。


手軽に大物が狙える

シーバスは、北は北海道の南部から南は九州の鹿児島までの日本沿岸部と朝鮮半島の一部の沿岸に生息しています。また、河川にも生息しています。




シーバスはどんなポイント(場所)で釣れるの!?

シーバスが生息しているポイント(場所)はエサの量が豊富なポイント(場所)です。代表的なポイント(場所)を以下に記載します。これらのポイント(場所)は、一年を通して魚影が濃く、陸っぱりポイント(場所)になります。


  • 漁港
  • 堤防、埠頭
  • 運河
  • 干潟
  • サーフ
  • 河川、河川河口


漁港

広大な海の中で、堤防で囲まれた漁港は、小魚等の避難所にもなります。豊富なベイトフィッシュが居るため、シーバスも集まります。漁港内のスロープ、漁船の下、堤防周りがシーバスの釣れるポイント(場所)になります。


堤防、埠頭

漁港と同様に堤防の内側は小魚の避難所になります。また、外側も堤防という障害物に多くの小魚が付くため、シーバスは堤防周りに集まります。主に堤防周りが、シーバスが釣れるポイント(場所)になります。


運河

運河にもベイトフィッシュが多く集まるため、シーバスが集まります。運河では目立ったストラクチャーがないため、運河の壁際、常夜灯周り等がシーバスが釣れるポイント(場所)になります。


干潟

干潟にも多くのベイトフィッシュが集まるため、シーバスも集まります。基本的に遠浅な干潟では、ブレイクラインや、ストラクチャー周りが、シーバスの釣れるポイント(場所)になります。

干潟(ひがた、英語:mudflat)とは、海岸部に発達する砂や泥により形成された低湿地が、ある程度以上の面積で維持されている、朔望平均満潮面と朔望平均干潮面との潮間帯。潮汐による海水面の上下変動があるので、時間によって陸地と海面下になることを繰り返す地形である。砂浜と比べ、波浪の影響が少なく、勾配が緩やかで、土砂粒径が小さく、生物相が多様な平坦地形である。環境省の定義は「干出幅100m以上、干出面積が1ha 以上、移動しやすい基底(砂,礫,砂泥,泥)」を満たしたものを干潟と呼んでいる。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B2%E6%BD%9F


サーフ

サーフでシーバスを釣ろう!ポイント(場所)、時期(季節)、釣り方、タックル、おすすめ(ランキング)のルアーは!?
一般的な海岸沿いをサーフと言います。潮通しが良いため、ベイトフィッシュも多く、そのベイトを捕食しにシーバスも集まります。サーフでは、シーバスの他にヒラメ(平目)、マゴチ、青物等が釣れます。シーバスが釣れるポイント(場所)は、沖のブレイクライン、離岸流、流れ込み等です。


サーフ同様、潮通しが良くベイトフィッシュが集まるため、シーバスも集まります。シーバスが釣れるポイントは、潮目、根周り等です。

磯でのシーバスフィッシングについては、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスを磯で釣ろう!釣り方、装備、タックル、ライン、おすすめのルアーは!?


河川、河口

夏になると水温の上昇を嫌い、河川に上ります。河川はベイトフィッシュも豊富なため、シーバスも集まります。また、秋にかけては、落ちアユをベイトとするため、河川や河口にシーバスの群れが押し寄せます。



スポンサードリンク




シーバスは何時釣れるの!?

シーバスは一年を通して釣る事ができる魚です。また、時間も昼夜を問わず釣る事が出来ます。釣れやすい時間は、朝マズメ、夕マズメ、潮が動いてる時です。基本的には他の魚と同じです。

季節毎のシーバスの狙い方については、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスのシーズナルパターン、【春・夏・秋・冬】シーバスの釣り方、パターン、おすすめルアー等




釣り方(仕掛け)は!?

シーバスは小魚などを捕食する、フィッシュイーターです。釣る場合は、ルアー(小魚等に似せた疑似餌)を使用し釣ります。ルアーを使い表層~ボトム(底)を探り当て、シーバスを釣ります。また、障害物の周り等にルアーを通す事で釣れることもあります。

ルアーは、餌を付ける手間もなく手軽に釣りをする事が出来ます。またルアーで釣れる魚は、餌釣りより比較的大きな魚が釣れます。

ルアーの選定は、そのポイント(場所)にいるベイト(餌)に近い物を選定するのが有効です。従って、釣りをしている時期に合わせたルアー選定が重要になります。


シーバスフィッシングに使うルアー

シーバスを釣るには、ルアーの選定が重要になります。また、ルアーをレンジ(層)に合わせて使いこなす事で、釣果を効率良く上げる事が可能になります。




シーバスフィッシングに必要な道具は!?

基本的には、タックル(ロッド、リール)とルアーがあればはじめる事が出来ます。

シーバスフィッシングに必要な道具については、こちらの記事をご覧ください。
・初心者必見!シーバスに必要なアイテム(道具)一式調べてみた、予算はどれくらい必要?




シーバスは食べられるの!?

基本的にはリリースする人が多いようですが、食べてもおいしい魚です。

シーバスの食べ方については、こちらの記事をご覧ください。
・シーバスを食べてみよう!どんな料理がおいしいの!?川で釣れたシーバスは食べられる!?




まとめ

私は、ブラックバスのルアーフィッシングからはじめました。その後、シーバスフィッシングがメインとなりました。何といってもその魅力は魚のサイズではないでしょうか。ブラックバスでは、60cmもいけば超大物ですが、シーバスでは、80cm級もそれほど難しくなく釣れてしまいます。こんなに大きな魚が、身近なフィールドで釣れるのかと思ってしまうほど、大きな魚が釣れる場合があります。

また、海のルアーフィッシングは魚種が豊富で、釣れた時に何が上がってくるか分からないというのも魅力の一つではないでしょうか。これはシーバスフィッシングの魅力ではありませんが…是非身近なフィールドでシーバスフィッシングをはじめてみてはいかがでしょうか。


関連記事

【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】 【これを見ればシーバスは釣れる!】ルアー、道具、ポイント(場所)、季節等【シーバスフィッシングの全て】


シーバス ブログランキングへ


自由な時間とお金を手に入れよう!

もし自由な時間とお金が手に入ったらどおしますか!?好きなルアーを買って毎日釣りに行くことも可能です。ネットの力を使えば今は誰でも可能な時代です。

毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します! 毎日釣りして暮らそう!もし時間とお金が自由になったら!?先ずは【10万円プレゼント】します!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ