ブログで稼ぎたかったらこのブログを見ろ!ヒットブログを分析してみた!これでアクセス数も稼げる!

成功

ビジネスで成功するために最も簡単な方法は真似することだと思います。私もいくつかのビジネスの収益化に成功しましたが、全てのビジネスを真似しました。

これは世の中でも一般的に言われていることで、成功しているビジネスで、完全に新しいビジネスは少なく、ほとんどのビジネスが既存ビジネスと同じか、そのビジネスを発展させたものだと言われています。ブログについても同様なことが言えます。

月間数十万PVを達成しているブログもはじめは誰かのブログを真似したか、誰かに教えて貰っている場合が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、実際に収益を上げていると言われているブログをご紹介しながら、そのブログの分析を行ってみたいと思います。



スポンサードリンク




ブログは何を分析すればいいか?


分析-01

ブログのアクセスが上がる要素にはいくつかあります。いくつかカテゴリーに分けて解説します。出来るだけ細かく分析し、その手法や内容を再現することで、その調査を行ったブログのアクセス数に近づくことができます。

大衆心理は同じです、そのヒットブログに近いものを作ることができれば、同様のアクセス数を期待することができます。


稼いでいる額

稼ぐ

ブログの収益は『アクセス数』『制約率』『販売単価』で決まります。

ブログの収入=アクセス数×制約率×販売単価


なのでアクセス数が多くても販売単価が低い場合や、その逆にアクセス数が悪くても販売単価が高い場合などは、収入的にどちらが上になるか分からない場合があります。

実際に私がやっているトレンドアフィリエイトのブログは月間で100万PV程度アクセス数がある時もありましたが、Google Adsenceの広告収入はせいぜい月収30万円程度です。一方、月間2000PV程度でも月収100万を超えるブログも実際に存在します。

私の友人で『2chまとめサイト』で月間400万PVを稼いでいるブログの収入は平均で月間18万円だそうです。このサイトは一日に3~6記事を平均的に公開しています。

この様に、アクセス数だけでは、そのサイトの収益の良し悪しが分らない場合があります。私たちの目的は、効率よくブログで収入を得ることです。効率のいい仕事の方法を知るためにも、この『稼いでいる額』が重要になります。収益情報などを公開しているブログも結構あるので調査してみましょう。この『稼いでいる額』によりこのブログを真似するかどうかを決定しましょう。


ターゲット

アフィリエイトで収益を稼ぐ場合、また、Google Adsenceで広告クリックで収益を稼ぐ場合、重要な事は、そのブログがどの様な『ターゲット』を狙っているかです。

アフィリエイトする商品やサービスは種類によって単価が大きく異なります。同じ制約率であっても商品単価が高い場合、絶対額として稼ぐ事が可能です。

また、Google Adsenceも同様です。Googleアドセンスにはコンテンツ同期型の広告があります。広告単価の高い広告と連動してコンテンツを作ると単価の高い広告が表示されるため収入が上がります。

従って、そのブログがどの様なターゲットを狙っているかが重要な要素になります。アクセス数が同じでも、集客できたターゲットによってその収益は大きく異なります。

ブログを分析する際にはどの様なターゲット(集客層)を狙っているのかを調査しましょう。


どんな商品を販売しているか

ブログのアクセスを稼ぎ、何らかの商品をアフィリエイトして収入を得る場合、そのブログがどのような商品を販売しているかが重要になります。どの様なコンテンツでどの様な商品を販売しているか確認しましょう。

また、その販売商品の広告が、どの様な位置におかれているかも重要です。特にGoogle Adsenceの場合、その広告の配置によってクリック率が大きく異なる場合があります。広告の位置を確認しましょう。

特にアクセス数が少ないのに大きく稼げているブログが扱っている商品は、利益率が高い商品である可能性が高いため、自身のブログでもその様な商品を販売することで高収益化を狙える様になります。


コンテンツ

コンテンツ

コンテンツについてはいくつかの項目に分けてチェックを行います。コンテンツはアクセスの源です。できるだけ細かく分析を行いましょう。

タイトル

タイトルはそのコンテンツの要約になっている場合が多いです。また、タイトル1つでアクセスを伸ばすことも可能です。

タイトルにどの様なキーワードを使用しているか確認しましょう。また、タイトルに書かれている内容とコンテンツの内容がどの様な関係性になっているか確認しましょう。コンテンツは、タイトルの答えになっているのが理想です。

コンテンツの内容

先ほどのターゲットと関わる項目ですが、どのようなターゲットにどの様なコンテンツを提供しているかが重要になります。メインのコンテンツはどの様なコンテンツなのか確認しましょう。

コンテンツ構成

コンテンツ構成を調べましょう。ノウハウ系、まとめ系のコンテンツなのか、ランキングコンテンツなのか等、どの様なコンテンツがどのくらいの量書かれているかなどを確認しましょう。

コンテンツ数

コンテンツ数が分れば、そのブログの規模がどの程度かを把握することができます。アクセス数とコンテンツ数を調べることで、目標とするアクセス数がその程度のコンテンツで達成できるかの目安になります。

コンテンツの平均文字数

平均的な文字数がどの程度で書かれているかで1つのコンテンツをどの程度の文字数でまとめているかが分ります。文字数はサイト滞在時間にも影響を与えます。一般的にサイト滞在時間が長ければ検索エンジンの評価が高くなります。実際に、Googleもこのサイト滞在時間をサイト評価の指標としています。

1つのカテゴリーでどのくらいの文字数になっているかも重要な要素です。長すぎたり短すぎたり、必要な事を必要な文字数で伝える最少の文字数になっている場合が多い気がします。

文章の長さが短すぎて必要な事が伝わらなければ、ブログを訪れた人はブログから離れます。また長すぎる文章もブログを訪れた人が見たい情報がどこに書いてあるか分らないため離れていきます。

ヒットコンテンツの確認

多くのブログでは、アクセス数の多い記事をランキング形式で表示している場合があります。多くのアクセスを集めた記事には、必ずヒントが隠されています。そのコンテンツがどの様な内容について、どのような文章構成で書かれているか、また、どの様な結論を記載しているかなどを確認しましょう。

カテゴリーの種類

カテゴリーの種類によってそのブログのターゲットが明確になります。類似したカテゴリーが多いのか、または統一性のないカテゴリーになっているかなどを確認しましょう。


デザイン

デザインはサイト滞在時間に影響を与えます。訪れた人が見にくいと思えば去っていきます。どのようなデザインになっているか確認しましょう。画像配置はどの様になっているか、文字のサイズ、行間はどの様になっているかなど特徴を調査しましょう。

また、Google Adsenceなどの広告配置がどのような位置になっているか、広告のサイズ、画像広告かテキスト広告かなども同時に確認しましょう。


スポンサードリンク




ブログの分析をしてみよう!


実際にアクセス数を稼いでいるブログを分析しました。分析したブログは、『ももねいろ』というブログを分析しました。


ももねいろ

ももねいろ

フリーランスとなった桃音さんのブログです。カテゴリーが細かく分かれていてすごく見やすいブログです。コンテンツの内容は『妻目線』『母目線』『会社員目線』を軸として展開されています。

2015 年 8 月現在の PV 数は月間約100万とのことです。そのうちリピーターが8割、はっきりした収益は公開されていませんが単純計算しても平均的なサラリーマンなみの月収程度と推定できます。

カテゴリー分析

カテゴリーグラフ

カテゴリー毎の記事数の分析を行ってみました。総コンテンツ数としては、1,421有りました。カテゴリー毎の記事で最も多かったのは『家計管理』で135コンテンツでした。(グラフはコンテンツ数が多いカテゴリーを集めています)

カテゴリーの種類は子育てをしている主婦の悩みやノウハウなどに関わるカテゴリーが多いのが特徴です。

サイト構成

ページのレイアウトはどのコンテンツも図のような構成になっていました。

画像について
画像については、コンテンツがはじまるまえに画面いっぱいの画像が貼り付けられています。

コンテンツについて
1つのコンテンツは大体、200~300文字程度でまとめられています。全体のコンテンツとしては、4~5個の文字コンテンツとなっており、文字数としては、800~1500文字程度になっていました。

広告の貼り付け位置について
広告(Google Adsence)は、文字コンテンツが終わったところに貼り付けられています。私の経験でも、この貼り方が最もクリック率が高かった貼り方でした。

サイト構成

サイト分析結果まとめ

月収としては、大卒初任給を抜く水準です。在宅でできる仕事として考えてもかなりの高水準であることが分ります。

項目 分析結果
稼いでいる額

月収:218,400円(月間100万PVから推定した月収)

Google Adsenceの利益=アクセス数×クリック率×広告単価
⇒100万×0.84%×26=218,400円

計算は私が運営しているサイトの数値を採用しています。
Google AdSense(グーグルアドセンス)はどのくらい儲かるか?

ターゲット
中年の子持ちの男女

ターゲットについて
中年の子持ちの男女は、最も購買力の高い年齢層だと思います。給与収入も高く、子育てもあるため収入のほとんどを消費にまわします。また、車や家などの高額商品を購入する年齢層でもあります。

Google Adsenceのクリック単価も、車や不動産関連は高い単価設定がされている場合が多いため、ターゲットを『中年の子持ちの男女』としている点は、高収益が見込める年齢層をターゲットにしていると言えます。

収入源
・Google Adsenceの広告収入がメイン
・補助的に楽天アフィリエイト
総コンテンツ数
1,421
総カテゴリー数
74
人気コンテンツ
住宅ローン返済が苦しい方は夫婦仲に要注意!あなたの奥さんは実はこんなことを密かに考えている
『家計管理』のカテゴリーのコンテンツが最も多かったのでこのカテゴリーの中で直近最もヒットしている記事をヒットコンテンツとしました。ヒットコンテンツとした理由は『はてなブックマーク』の投稿数が多いものを選定しました
コンテンツの内容
ノウハウ系、心理系

タイトル例
・ママの間違いだらけの車選び。10回買い替えてわかった子供がいる家庭の車の選び方のポイントとは
⇒車の購入方法ノウハウ(ノウハウ系)

・500万円貯金出来た時の家計簿に必要な力は手抜き力だった。お金を貯めるために細かく付けなくてもいい
⇒家計簿の付け方(ノウハウ系)

・住宅ローン返済が苦しい方は夫婦仲に要注意!あなたの奥さんは実はこんなことを密かに考えている
⇒奥さんの心理(心理系)

・REXカード漢方スタイルカード共に改悪!我が家がクレジットカード選びで重要視したこととは
⇒クレジットカードの選定方法(ノウハウ系)

・お金が貯まらない人は家計簿を付けることより先にやることがある!お金の不安を解消する人生の地図とは
⇒お金の不安を解消する方法(ノウハウ系)

コンテンツの内容について
コンテンツの大部分は『ターゲット』とした『中年の子持ちの男女』に対する悩みを解決するコンテンツになっています。

このブログでその悩みに対する答えを出すことで大きな支持を得られているのではないかと考えます。




分析結果をもとに自分のブログを改良しよう!


修理

分析結果をもとに自分のブログを改良しましょう。重要なことは、分析したブログと自分のブログとの相違点を見つけることです。

  • 分析したブログは自分のブログと何が違うか?
  • ターゲットにしている集客層は、自分のブログはターゲットが明確か?
  • 収入源としている商品はどんなものか、配置はどの様にしているか?
  • どの様なコンテンツが中心か、自分のブログと文章の書き方に相違はないか?
  • デザインはどの様になっているか、自分のブログデザインとどの様に異なるか?

分析した結果を箇条書きにまとめるたり、一覧表を作ってみるのも1つの方法です。具体的に何が異なるかをまとめるのがポイントになります。これらの結果から、少しずつブログを改良していきましょう。


相違点分析例


箇条書き

箇条書きは、頭の思考を整理するのに便利な手法です。

自分のブログ
・ターゲットにしている集客層が不明確
・コンテンツテーマがバラバラ
・フォントのサイズが○○

分析のブログ
・ターゲットにしている集客層は『中年の子持ちの男女』
・コンテンツテーマが『中年の子持ちの男女』の悩み解決に関わるネタが多数
・フォントのサイズが○○


一覧表

自分のブログ
分析したブログ
ターゲットにしている集客層が不明確
ターゲットにしている集客層は『中年の子持ちの男女』
コンテンツテーマがバラバラ
コンテンツテーマが『中年の子持ちの男女』の悩み解決に関わるネタが多数
フォントのサイズが○○
フォントのサイズが●●




まとめ


ブログ分析をおこなった結果はどうだったでしょうか。自分のブログと分析したブログの何が違っていたのかが明確になったのではないでしょうか。こんかいご紹介した分析項目以外にも、ブログを分析する要素はまだまだあります。できるだけ細かく分析すると他の人が気がつかないことに気がつくかもしれません。

ヒットしているブログには必ず『ヒットの理由』があります。このヒットの理由が分かればあなたのブログも確実にヒットさせることが可能になります。アクセスアップをするために、一緒にがんばっていきましょう。

スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ