テレビや新聞で報道している『国の借金1000兆円』は真っ赤なウソだった!?

テレビや新聞で報道している『国の借金1000兆円』と良く報道されていますが、実は、真っ赤なウソです。今回は、その嘘について解説させて頂きます。



スポンサードリンク




『国の借金1,000兆円』は真っ赤なウソ!

良くこのニュースをテレビや新聞で見ることがあるのではないだろうか!?実はこれは大ウソです。




誰が誰に借金しているか!?

冒頭の新聞記事の切り抜きに『国の借金1,000兆円突破』という見出しがすでにおかしい。そもそも国とは、政府と国民の事を指します。誰が誰にいくらの借金したかという事が分からないので、この文章では、事実関係が全くよくわからない訳です。




国とは誰のこと!?

国とは、国民と日本政府の事を指しています。なのでこの場合は、誰がに当たる部分が国民なのか、日本政府なのかわかりません。

借金をしている場合は、『○が○にいくらの借金をしている』と書かれてはじめて事実関係が理解できます。しかし、テレビや新聞の報道は何時もこの不明確な表現で報道しています。ここで言われている国とは、日本政府の事を指します。




1,000兆円は誰が誰に借りたもの!?

1,000兆円の中身は、日本政府が国民から借りているお金のことです。つまり日本国民が、日本政府にお金を貸しています。

一人当たり、約800万円の借金と書かれていますが、これは単純に、日本政府が国民に借金している額を、国民の数で割った、無意味な数値です。




日本政府が国民に借金してるって!?

日本政府は、国債を発行しています。これが約1000兆円あります。これをテレビや新聞は、『国の借金』と言っています。この国債は、銀行や保険会社が購入して運用しています。

私達、国民は、銀行に貯金したり、保険会社に保険料を支払っています。銀行や保険会社は、これらのお金を使い、日本国債を政府から購入しています。従って、間接的に(銀行や保険会社を通して)私達が、国債を購入していることになります。つまり、日本政府にお金を貸している債権者は、国民になります。債権者とは、借金取りでいえば、借金を取り立てる側の人間を言います。

国債とは!?
国債というのは「債券」と呼ばれる有価証券の中でも、「国家(政府)」が発行するものです。日本の場合は「日本国政府」が発行するものです。国は「国債」を発行します。発行された国債は証券会社、銀行、保険会社などが買っています。




日本は財政破綻しないの!?

日本が借金のために、財政破綻すると言われていますが、実際はどうなのでしょうか!?財政破たんするかしないかで言うと、破たんはしません。

日本国家が海外から借金している額は、約600兆円あります。一方、日本が海外に貸し付けているお金は、約950兆円あります。貸付金から借入金を差し引きすると、350兆円です。つまり純資産は、+350兆円有る訳です。

一般的に、純資産を持っている人をお金持ちと言います。また、この純資産額は、世界一位です。つまり、現状日本は、世界一のお金持ち国家という事になります。


国債を所有しているのは日本の金融機関

青:預金取扱機関=銀行(約25%)
保険・年金基金:保険会社(約25%)
黄色:日本銀行(約33%)

国内の金融機関が政府に貸しているお金は、全て国内の金融機関です。


日本銀行は政府の子会社

日本政府がが保有している国債は、日本政府が通貨を発行し国債を買い取れば、借金はなくなります。日本銀行は、政府の子会社なので、子会社が、親会社の借金を、通貨を発行し返済することが可能です。


日本国債は全て円建てなので安全!

日本の国債は、全て円建ての債券です。貸してる側も、借りる側も円であるため、日本国債は、世界で最も信用力が高く安全な国債です。

一方、数年前に世界で問題となった、ギリシャ国債の場合、国民が国債を保有していた割合は、約3割といわれています。その他7割は、国債相場で売買され、他の国が保有していました。これは、信用力がないギリシャ国債が不人気であったためです。

このためギリシャは、国債が満期になった場合、返済するために現金が必要になります。しかし、ギリシャは、通貨発行も出来ないことと、お金をあまり持っていなかったため、その資金が調達できなくなり財政破綻しました。

一方、日本政府は、通貨を発行することが可能です。いざ国債の満期を迎えた場合、日本政府が入札して返済すれば問題はありません。実際には、日本銀行が通貨を発行して返済すれば問題ないわけです。なので財政が破たんすることは、現状のところありません。

当時のギリシャ国債の金利は、約15%、一方、日本の国債金利は0.数%です。ここには十倍以上の金利差があります。国債の金利は、信用力が高ければ低くなり、信用力が無いと低くなります。


円は世界一安全な通貨!

何か有事が起きると、必ず円高になります。これは世界が円を購入するために起きる現象です。これは、最も円が安全だと世界の人が思っている証拠です。世界がそのように判断している訳です。


政府の負債も減少している

図は、青い部分が政府が金融機関などに返済しなければ行けない借金になりますが、2012年ぐらいから減少傾向になっています。これは日銀が通貨を発行して返済しているためです。つまり、借金自体も減少傾向にあります。あたかも借金が増え続けてるかのようにいつも報道されています。



スポンサードリンク




なぜそんなウソの報道をするのか!?

一般的に、新聞等の報道機関は、財務省にある財政研究会(記者クラブ)が報道機関向けに出すコメントをもとに記事を書きます。この情報を、どの報道期間もそのまま報道していると言われています。つまり、財務省の言った通りに報道している訳です。なので、どの報道機関の報道内容も同じになります。


財務省はなんでそんな事を言うか!?

財務省は増税する事を望んでいるからです。なので、いま議論されている消費税等を上げられないと、財務省にとっては都合が悪い~です。財務省の評価は、税収を上げることでしか評価されないと言われています。つまり、財務省は、税金をあげたくてしょうがないわけです。

従って、正しく情報を伝国民に伝え、消費税などを上げる必要が無いと思われると困る訳です。実際に、財務省が、この様に説明したことはありません。

結論としては、正しく情報を説明しない財務省、また、そのコメントを精査もしないで、報道するマスコミがおかしいと言うことではないでしょうか。



Youtube動画

分かり易く説明している動画をご紹介させて頂きます。


三橋貴明「“国の借金”というウソ!」 政府の負債・日本国債所有者 [モーニングCROSS]


日本の借金を超わかりやすく説明!麻生太郎 J-NSC



まとめ

正しい情報を正しく伝えるのがマスコミの仕事です。しかし、現実には、このように嘘が平気で報道されています。最近では、Youtubeなどのインターネットメディアが発達したおかげで、正しい情報が得られるようになりました。多くの人は、今まで、これらの報道を信じていたのではないでしょうか!?私もその一人です。

積極的に、正しい情報が報道されないのには、恐らく何らかの狙いがあるのだと思います。

なので、国民が、正しい情報を掴み、判断することが求められて一る時代なんだろうと、あらためて感じました。ネットの発達ってすばらしいですね。

スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ