Google AdSense(グーグルアドセンス)はなぜ儲かるか?

google-Adsence

Google AdSense(グーグルアドセンス)でなぜ儲けることができるかについて解説いたします。


スポンサードリンク



Google AdSense(グーグルアドセンス)からの収入はどこから払われているか?

Google AdSense(グーグルアドセンス)はインターネット広告です。Google AdSense(グーグルアドセンス)を使いで収入を得るという事は、広告収入を得るという事になります。

この収入は、直接的にはGoogle AdSense(グーグルアドセンス)より振り込まれます。間接的にはGoogle AdSense(グーグルアドセンス)に広告を依頼している企業が支払っている広告費から収入を得ていることになります。

この企業とは、トヨタ自動車や日産自動車。電気製品で言えば日立製作所など、誰でも知っている企業から支払われます。(それ以外の小さい会社が出している広告もたくさんあります)



広告を見ない日はない!

広告

毎日生活をしていて広告を見ない日はありません。例えばテレビを見ます。テレビ番組の途中には必ず広告(CM)がでます。通勤時に駅を通れば貼り紙広告を見ます。電車に乗っても貼り紙広告を見ない日は無いでしょう。この様に広告を見ない日はありません。



なぜ企業が広告を出すか?

なぜ

これは、企業が儲かるからです。企業が広告を出して儲からなければ、広告は無くなります。企業は広告を出して儲かっているので、その利益から広告を出し続けることが出来る訳です。

広告を出すには莫大な広告費がかかります。企業は莫大な広告費を支払って商品やサービスが売れなければ、赤字になります。このため広告費を捻出することすらできなくなります。

企業は、広告を出すことで売り上げを増やす事ができます。


スポンサードリンク



Google AdSense(グーグルアドセンス)はインターネットの発達により生まれた広告形態

今まで広告は既存のメディアだけのものでした。既存メディアとは、テレビや新聞、雑誌などで、広告は既存メディアだけのものでした。

しかし、近年インターネットが発達し、多くの人がインターネットを見るようになり、またスマートフォンの発達により、さらにインターネットを見る人が増えています。

このインターネットに広告として発達したのがGoogle AdSense(グーグルアドセンス)の様なインターネット広告です。


インターネットの発達で富の分配が起きている

インターネットの発達により富の分配が起きています。先ほど説明した様に、今まで広告は既存メディアでしか見かける事はありませんでした。

しかしインターネット発達以後、インターネットでも広告を見るようになりました。既存メディアとは一般的に大企業(大資本)が運営しています。従って、広告はお金持ちにしかできなかった事でした。今まではこのお金持ちが広告収入を独り占めしていました。

一方、インターネット発達以後、ブログなどの発達により個人が企業並みに情報発信可能な時代になりました。これにより、広告収入の一部が個人に入るように成りました。

この様に、インターネットが発達したおかげで、大資本(お金持ち)が独り占めしてきた広告収入という富が、個人が得られる様になった訳です。これは、大資本(お金持ち)から個人に富の分配が起きた事になります。



ヒットブログは人気テレビドラマと同じ効果がある

広告効果の観点から言うと、ヒットブログは人気テレビドラマの様な視聴率番組の高い番組と同じ広告効果があります。テレビ局が視聴率を気にするのもこのためです。



個人が広告収入を得られる時代になった!

勝利

この様に、今ではインターネットを利用する事で個人が、企業と同じように広告収入を得られる時代になりました。

情報先進国のアメリカでは、Youtube動画を作っている個人が年間に数千万円の収入を得るケースもあるようです。この様に、個人がメディアを持ちGoogle AdSense(グーグルアドセンス)の様なインターネット広告を使う事で、広告収入を得られる時代になったのです。

スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ