Google AdSense(グーグルアドセンス)は効率の良い広告

google-Adsence

Google AdSense(グーグルアドセンス)(インターネット広告)は既存の広告に対して効率が良いと言われている。その理由について説明いたします。


スポンサードリンク



Google AdSense(グーグルアドセンス)(インターネット広告)は効率が良い!

Google AdSense(グーグルアドセンス)を含むインターネット広告は既存のテレビ、新聞、雑誌の広告よりも効率が良いと言われています。ここで言う効率とは広告主の費用対効果です。つまり、支払う広告費に対して商品やサービスが売れる効率を示しています。ではなぜその効率がいいか?について説明します。



なぜGoogle AdSense(グーグルアドセンス)は効率がいいか?

なぜ

Google AdSense(グーグルアドセンス)は2つの大きな特徴を持っています。


Content match(コンテンツ・マッチ)

Google AdSense(グーグルアドセンス)はウェブページのコンテンツに合わせて、関連性のある広告を自動的に判断して表示してくれます。これを『Content match(コンテンツ・マッチ)』といいます。例えば、車関係の記事(新車情報、中古車情報…etc)こんなコンテンツには、車関係の広告を自動で表示します。


Interest-based(インタレスト・ベース)

Google AdSense(グーグルアドセンス)は、『Interest-based(インタレスト・ベース)』という『Behavioral targeting(行動ターゲッティング)』を基にした広告プログラム運用しています。インタレスト・ベース広告では、ユーザーの過去の行動や嗜好によって、個人個人が興味を持つと思われるであろう広告を表示します。例えば、旅行関係のサイトを頻繁に訪問したり、旅行系のYoutubeビデオを視聴することが多かったりすると、旅行に関連するAdSense広告を優先的に表示します。



既存メディアの広告とGoogle AdSense(グーグルアドセンス)の違い

 既存メデァイであるテレビ、新聞、雑誌の広告は、ある意味では無差別(専門誌などは別)に広告を掲載しています。例えば月9のドラマにCM(広告)を出したとします。よく見るCMとしては家電(TVや洗濯機、掃除機など…etc)や車関係のCM(新車情報など)があると思います。このCM(広告)を見るのはどんな人達でしょう?月9のドラマの視聴者です。当たり前ですね…(笑)この視聴者はどのような人たちがいるでしょう?一般的には子供から大人まで、学生、サラリーマン、主婦というようにあらゆる年齢層の人が見る訳です。テレビCM(広告)はこの様にあらゆる年齢層の人達になかば『無差別』CM(広告)を流しています。

 一方、Google AdSense(グーグルアドセンス)は、『Content match(コンテンツ・マッチ)』や『Interest-based(インタレスト・ベース)』により、閲覧者が興味のある属性の広告を表示します。車の広告であれば、車関係のコンテンツを閲覧した人や、車を検索した人に選択的に車の広告を表示する仕組みがあります。つまり、Google AdSense(グーグルアドセンス)はある属性を持った潜在顧客層にその属性の商品やサービスの広告を選択的に表示する事で広告効率を上げられる訳です。この様な理由からGoogle AdSense(グーグルアドセンス)は効率的な広告媒体と言える訳です。

スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ