ブログのアクセスアップさせたい人必見!『Google』が考える評価の高いブログ(サイト)ってどんなブログ(サイト)?『直帰率』『ページ/セッション数』『セッションの平均時間』って何?

Googleアナリティクス

GoogleアナリティクスはGoogleが提供するブログ分析ツールです。インターネットのアクセスは検索エンジンからのアクセスが大部分を占めます。


検索数の約90%はYahooとGoogleから検索 検索数の約90%はYahooとGoogleから検索


また、検索数の約90%はYahooとGoogleから検索されているといわれています。つまり、Googleが重要と考えていることがどんなことであるかが分かれば、Googleで上位表示され、アクセスを伸ばすことが可能になります。

Googleアナリティクスの評価項目に対して良い結果をなれば、上位表示は夢ではありません。Googleアナリティクスの評価項目にたいしてどの様にすれば評価を上げることができるか各々の項目について施策を考えてみました。



スポンサードリンク




Google アナリティクスとは?

Googleが提供する、高機能な無料アクセス解析ツール。Googleアカウントを取得すれば、誰でも月間アクセス500万ページビューまで無料で利用することができる。
Google Analyticsは、世界中の大規模サイトに導入実績のある高機能なアクセス解析ツール、Urchinをベースにしたもので、広告効果の測定、ユーザーのサイト内での移動履歴の確認、検索キーワード解析など、ネットビジネスの効率化に必要な様々なデータを取得することができる。


Googleアナリティクスで重要な分析項目

Googleアナリティクスはいくつかの分析項目について細かく結果を表示してくれます。この分析項目は、Googleがブログ(サイト)を評価するのに重要な要素と考えている項目です。


Google アナリティクスの分析項目

Google アナリティクスの分析項目はいくつかの項目で構成されています。特に重要と考えられているのは『直帰率』『ページ/セッション』セッションの平均時間です。今回はこの3つの項目について評価を上げるためにはどの様にするばいいかについて解説いたします。

Google アナリティクス

【拡大図】
Googleアナリティクス-01

Googleアナリティクスで特に需要な分析項目として考えられているのは『直帰率』『』


直帰率

直帰率とは、1 ページだけを閲覧した訪問数(ランディング ページでサイトを離脱したユーザーの訪問)の割合です。


ページ/セッション

セッション中に表示された平均ページ数です。同じページが繰り返し表示された場合も集計されます。


セッションの平均時間

セッションの平均時間です。

スポンサードリンク




『直帰率』『ページ/セッション数』『セッションの平均時間』


『直帰率』『ページ/セッション数』『セッションの平均時間』の改善は大きな関係があります。『直帰率』を改善すれば『ページ/セッション数』が増える可能性があります。また『直帰率』が低いコンテンツは『セッション時間』が長いコンテンツになります。『直帰率』を下げることで『ページ/セッション数』『セッションの平均時間』を改善することができます。


直帰率を低くするために必要なこと

直帰率とは、1 ページだけを閲覧した訪問数(ランディング ページでサイトを離脱したユーザーの訪問)の割合です。

直帰率を上げるためには、2ページ目を閲覧して貰えばいい訳です。では、サイトを訪れた人が目的のページに辿り着き、2ページ目を訪れるサイトにするにはどの様にすればいいでしょう?

一般的に良いコンテンツだと思われた場合には直帰率が下がり、期待していたほど役に立たなかった場合は上がると言われていますが、ウェブサイトの性質によっても見方は変わってきます。

『直帰率が高いほど、ユーザーにとって有用なものがないと判断している人が多いため、ユーザーエクスペリエンスが低いサイト』と言えます。


平均的な直帰率

米国のアクセス解析ツールの会社であるKISSMetricsのデータによれば、直帰率は以下のように示されている。自分のサイトがどの様なサイトでどの様な直帰率なのか確認してみましょう。

サイトのタイプ 直帰率の目標 サイトの種類
全体平均 40.5% サイト全体
ECサイト 20%-40% ECサイト(イーシーサイト)は、自社の商品(広義では他社の商品)やサービスを、インターネット上に置いた独自運営のウェブサイトで販売するサイトのことである。
ランディングページ 70-90% インターネット広告や、検索エンジンの検索結果からのリンク先となるウェブページ。広告を見る人にとっては、広告(又は検索結果)をクリックすると最初に表示されるページ。
ポータルサイト 10-30% WWWにアクセスするときの入口となるウェブサイトのこと。
コンテンツ系サイト 40-60% 映像や画像、音楽、文章、あるいはそれらの組み合わせたサイト。
リードジェネレーション 30-50% リードジェネレーションを簡潔に表現すれば、見込み顧客を獲得すること。自社の商品やサービスに興味、関心を示しそうな個人や企業に焦点を絞り、情報提供や提案するサイト。


ユーザーが直帰する理由


直帰してしまう主な理由
・見にくいサイト
・良いコンテンツがないサイト
・表示の重いサイト


見にくいサイトを改善する方法

サイトの見にくさを改善するにはいくつかの要素があります。各々の項目について改善を行いましょう。


文字の読みやすさを高める


  • 見やすい色合いにする
  • 大きなフォントを使う
  • 見出しを大きくする
  • 箇条書きを用いる
  • 空白の利用
  • ひとつの文章で区切りスペースを空ける


見やすいレイアウト


  • ナビゲーションにすぐアクセスできる
  • 検索がすぐに行える
  • コンテンツへすぐアクセスできる
  • レスポンシブウェブデザインでどんなプラットフォーム、ブラウザでも対応できるようにする


良いコンテンツをつくる方法


  • 伝えたいメッセージを明確にする
  • 分かりやすい見出しと小見出しを考える
  • 鮮麗されたキャッチコピーと美しい画像を使う
  • コール・トゥ・アクションを分かりやすくする
  • 次のステップに繋がるリンクを貼る


表示の重いサイトの改善


  • ウェブサイトの高速化
  • 外部リンクを開く際には新しいタブ、もしくはウィンドウで開くようにする
  • 静的な広告を掲載
  • ポップアップ広告を利用しない
  • セルフローディングが行われるマルチメディア広告は利用しない




まとめ


サイト改善は一朝一夕にできるものではありません。但し、狙いをもって改善していくことが重要です。今回はGoogleアナリティクスが考える良いサイトについて解説いたしました。

Googleとしても良いコンテンツを上位表示させたいと考えています。今回解説させていただいた『直帰率』『ページ/セッション数』『セッションの平均時間』に着目してサイト改善を行うのが効率の良い方法です。

ブログのアクセスアップ全て無料で教えます!これだけやれば上位表示間違いなし! ブログのアクセスアップ全て無料で教えます!これだけやれば上位表示間違いなし!


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ