【FX】で自動取引を行ないたいと考えている人も多いのではないでしょうか。例えばサラリーマンのように昼間働いている場合、昼間は当然のことながらチャートを見ることができません。残業になれば夜遅くまで仕事をしなければいけないため、夜もトレードすることができません。このように、日々、FX取引をしたくてもその時間すら割くことができないのが現実ではないでしょうか。今回は、そんな人にも時間に関係なく、システムが自動で売買を行うことでFXトレードができる自動売買に焦点をあてて、その種類、やり方等をご紹介させて頂きます。



スポンサードリンク


売買の種類

自動売買を説明する前に、取引方法の種類についてご紹介させて頂きます。


  • 裁量取引
  • 自動取引


裁量取引

裁量取引とは、全て自分で注文を行う方法です。チャートや経済指標の情報を基に、全ての注文を自分で行います。裁量取引は、自分の思ったと売りに取引できる一方、全てが自分の裁量となるため、判断ミスやルールを守れない等の心理的な要因が影響するトレードです。


自動取引

一方の自動取引は、シストレ等とも言われ、全てのトレードを自動で行います。このため、予め決められた設定通りに注文、決済が行われます。最大の【メリット】は時間の拘束が無く、ミスなくシステムが全てを実行してくれる点です。裁量トレードでルールが守れない人や投資の方針が決められない人にはおすすめのトレード方法になります。


自動売買について

FXn自動売買とは、自分が裁量的に取引を行うのではなく、機械(コンピューター)が自動で注文、(利益確定・損切り)等を行ってくれる取引を指します。FXの相場が動いている時に中々忙しく取引ができない人のためのシステムです。実際にサラリーマンでは、昼間も夜も会社に拘束される時間も多く、思い通りに取引できないのが現実です。


【メリット】【デメリット】


  • 【メリット】
  • 【デメリット】


【メリット】

自動取引の【メリット】は、自分が取引をしなくともツールが自動で取引を行ってくれる点です。特に時間がない人にはおすすめのトレード方法です。エントリーも利益確定もシステムが行ってくれるため、収益だけを見れば済みます。


【デメリット】

システムトレードでは、システムを設定するための数値(パラメーター)を自分で設定する必要があります。この数値(パラメーター)の設定次第で、トレードの成績が変わります。


リスクについて

自動売買の最大のリスクは設定間違いによるご発注です。予め設定をする数値を間違えれば、実際のトレードも間違って実行されます。数値を間違いなく設定することが最も重要とも言えます。



スポンサードリンク


自動取引の種類

自動取引には幾つかの種類があります。代表的なものをご紹介させて頂きます。


  • リピート注文型
  • ミラートレード
  • プログラム選択型


リピート注文型

リピート注文型は【トラップリピートイフダン】等、予め証券会社等の作られたシステムを使う方法です。例えばボックス相場であれば、上昇局面で買い、下落局面で売りの注文を予め出しておき、その設定値に沿って取引する方法です。自動取引の中では、最も難しく、また、リスクの多い方法です。

FX取引は、経済指標の発表等で大きく値が動く場合が多く、思ったような値動きをしない場合があり、そのような場合に損切りが多発し損益を拡大する場合があります。有る程度資金力があり、投資経験がある人であれば対応できる場合もありますが、初心者にはおすすめできない方法です。


ミラートレード

ミラートレードは、証券会社やFX業者が契約している好成績なトレーダーと同じ取引を行うと言うものです。この方法は、投資の知識が無くても高確率で利益をだせる可能性があるためおすすめです。好成績のトレーダーは、テクニカル、ファンダメンタルの両方を考慮し好成績を収めている人です。投資の知識がほとんどないと言う方には最もおすすめの方法です。


プログラム選択型

自動売買ソフト(EA)を使用しトレードを行う方法です。EAとはMT4というチャートソフト上で動くプログラムです。このプログラムは、全世界の人が開発しています。このEAは一般的に、過去の膨大なデータを分析し、勝てるパターンを組み込んであります。このため、ミラートレード同様に高確率で勝つ可能性があります。一方で、過去のデータにそぐわない動きに対し対応力が低くなる可能性があります。しかし、人間が判断するより的確でルールを守って動きます。


人気おすすめ【ランキング】

ミラートレードとプログラム選択型は安定感もあり特に初心者におすすめです。リピート注文型については、ある程度知識のある上級者におおすすめの方法です。自動取引をはじめたいという方は、先ず、ミラートレード型、または、プログラム選択型を選ぶのが良いでしょう。

但し、ミラートレード型、プログラム選択型は、国内の証券会社ではほとんど取扱がなく、海外が中心のサービスになります。従って、自動取引を行う場合には、海外のFX業者の口座開設が必要になります。

海外のFX業者と聞くけん制する人もいらっしゃると思いますが、最近では、日本国内の業者同等、または、それ以上のサービスを受けることができます。是非、実践してみてください。



スポンサードリンク


まとめ

今回は、FXの自動取引についてその種類、おすすめ【ランキング】等をご紹介させて頂きました。参考にして頂ければと思います。



スポンサードリンク