ワイヤレス(Bluetooth)ヘッドホン『BOSEのQuietComfort 35 wireless headphones』を購入してレビューしてみました!音質、ノイズキャンセリング機能、apt-X、音漏れ等を評価してみました。

どうしてもほしかった、ワイヤレス(Bluetooth)ヘッドホン『BOSEのQuietComfort 35 wireless headphones』を購入してレビューしてみました。音質、ノイズキャンセリング機能、apt-X、音漏れ等出来る限りの評価を行ってみました。



スポンサードリンク




商品概要

BOSEのノイズキャンセリングヘッドフォン『QuietComfort』は、販売されているワイヤレス(Bluetooth)ヘッドホンとしても最高級モデルに近い価格帯のヘッドホンだ。その特徴は、高いノイズキャンセリング機能と言えるだろう。実際の機能についてレビューしてみることにした。




外観

外観は、QCシリーズを踏襲し、イヤーカップが耳全体を包み込むアラウンドイヤーになっている。外観は、ソフトでシックなイメージといった感じで、嫌みのない商品に仕上がっている。


ヘッドバンド

ヘッドバンドは、高級車のシート等によく使われている人工皮革『アルカンターラ』を内側に採用している。


イヤーカップ

イヤーパッドは、表側に合成皮革のプロテインレザーを採用。滑らかな肌触りを持たせた。内部のクッションにも柔らかい素材を使用し、パッシブでのノイズキャンセリング性能も同時に高めている。




装着感

耳と接する部分のプロテインレザーが何とも言えない心地よさを与えてくれる。長時間の使用でもストレスを感じる事が無かった。イヤーカップの側圧も強すぎず、弱すぎず、大変バランスのいい仕様になっている。




操作性


ペアリング

Android/iOSに対応する専用のアプリケーション『Bose Connect』をスマホにダウンロードすると、アプリを立ち上げて、ヘッドホンの電源をONにするとペアリングが完了する。アプリを使用することで、余計な設定をする必要がないのでかなり便利と言える。


有線接続も可能

本体に着脱式のヘッドホンケーブルが同梱されており、ヘッドホンに接続することで、有線のノイズキャンセリング ヘッドホンとしても使用可能だ。従って、バッテリーが切れた場合は有線接続を行えば、普通に音楽を聞く事ができる仕様になっている。


バッテリーの性能

QC35は、内臓バッテリーを搭載している。充電時間は、約2時間程度で古状態となり、ワイヤレス接続で、約20時間程度の使用が可能だ。実際に、通勤通学の使用のみであれば、充電しないで1週間程度は使える。




音質

肝心の音質について解説いたします。ざっくりとした感覚ですが、ワイヤレス(Bluetooth)接続時は、どちらかというと、低音を強調したチューニングになっています。一方で、ケーブル接続時は、従来機のBose QC25に近い、比較的フラットなチューニングになってる様です。従って、ワイヤレス(Bluetooth)接続時とケーブル接続時では異なる印象を受けました。


ノイズキャンセリング機能

BOSEは古くからノイズキャンセリング技術を開発してきた。1978年に創始者であるアマー・G・ボーズ博士がそのアイデアを想起してから現在まで、40年近くもノイズキャンセラ技術を研究している。2000年に初めてのコンシューマーモデルである『QuietComfort』シリーズが発売され、現在でも最先端のノイズキャンセラ技術を有していると言っていいだろう。

ノイズキャンセリングの仕組みは、『QuietComfort 15』で採用されたものをベースに採用されてる。イヤーカップの内側と外側に搭載した小型の集音マイクを使い、高精度なハイブリッド方式にて、独自アルゴリズムで音楽信号に悪影響を及ぼす騒音だけをより除いている。


音楽再生無しで効果を確認

実際の音楽を再生させる前に、ノイズキャンセリング効果の確認を行った。先ずは屋内で試してみた。条件は、ファンヒーターを付け近くで装着してみた。付けてみるとファンヒーターのモーターの動作音などはほぼ完全に聞こえなくなる。

次に屋外で付けてみた。通り去る車のロードノイズもほとんど聞こえない感じだ。ファミレスでも装着してみたが、ざわざわした人声が、ほとんど聞こえなくなった。これらの実験より、かなりレベルの高いノイズキャンセリングレベルを体感できた。




まとめ

外観、操作性、音質などヘッドホンを構成する要素で全て合格点と言えるヘッドホンという印象です。実際価格も高いので、当たり前という気もしますが、当たり前を表現できるBoseはやはり健在という気がしました。Boseを超える安価なノイズキャンセル ヘッドホンの出現に期待したいですね。


関連記事

これだけ見れはヘッドホンは完璧!?ヘッドホンに関する基礎知識 これだけ見れはヘッドホンは完璧!?ヘッドホンに関する基礎知識


スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ