【青物(イナダ、サワラ等)をワームで釣ろう!】季節(時期)、釣り方(アクション)、装備(タックル)、おすすめ【ランキング】!?

青物

今回は、青物(イナダ、サワラ等)をワームで釣る方法について、季節(時期)、釣り方(アクション)、装備(タックル)、おすすめ【ランキング】を【まとめ】てみました。



スポンサードリンク




青物(イナダ、サワラ等)はワームで釣れる!?

青物がワームで釣れる!?と思った人も多いのではないでしょうか!?実際には、釣ることが可能です。私も実際に何度かワームで釣りあげたことがあります。




季節(時期)・時間

季節(時期)は、夏から秋にかけて釣ることが可能です。特に秋は大型の青物が釣れる可能性が高い季節でおすすめです。時間は、特に関係なく、青物が回遊していれば釣ることが可能です。




装備(タックル等)


タックル

タックルについては、サーフでシーバス、ヒラメ、マゴチ等を釣るタックルがおすすめです。青物は、青物が回遊しているエリアにルアーが届かないと釣ることが出来ません。従ってサーフで使うような、少し長めのロッドで、出来るだけ飛距離を出せるタックルを選んでおくのがポイントです。


タックル

長さは、10ft(約3m)以上で硬さはM以上のロッドがおすすめです。


ロッド


リール

リールは、ルアーをどの程度飛ばしたいかによって決まります。有名メーカの『シマノ』であれば、3000番台のリール、『ダイワ』であれば2500番手がおすすめです。これらのリールは、共にナイロン3号で150m巻くことが可能です。

ステラ
シーバス用のリールの選定については、こちらの記事をご覧ください。
・シーバス用のリールは何を選べばいい!?【機能・選び方】おすすめのリールは!?


ライン

ナイロン8~12Lb(2~3号)、またはPEラインで1号号前後がおすすめです。


その他


フローティングベスト

どんな場所で釣りする場合でも、安全のために、フローティングベストは着用するようにしましょう。

フローティングベスト
フローティングベストについては、こちらの記事をご覧ください。
・シーバス用フローティングベストの選び方、機能から考えるおすすめはこれだ!【ランキング】




青物をワームで釣る場所(ポイント)

青物をワームで釣る場所(ポイント)としては、サーフ、堤防、磯等になります。


サーフ

サーフでは、ヒラメ(平目)、マゴチ等を狙っている時に、青物が回遊した場合に釣れることが多いです。


堤防

堤防もサーフと同様に、青物の回遊があれば釣ることが出来ます。


磯でも、青物の回遊に合わせてワームで釣ることが出来ます。




釣り方(アクション)


  • ただ巻き
  • ワインド


ただ巻き

基本的なアクションはただ巻きになります。どのレンジでも釣ることが可能です。青物の回遊しているレンジをいち早く掴むことが重要です。青物は、高速で巻くと反応が出やすいです。出来るだけ早く巻く事を心がけてください。但し、ボトム付近を青物が回遊している場合、かなりスローでも食う事があります。


ワインド

ワインドは、最近流行りの釣り方です。特に青物には有効で、青物をワームで釣る場合は、このワインドがおすすめです。

▼おすすめ



スポンサードリンク




おすすめ【ランキング】


ワームカラーの選定

ワームのカラー選定は、出来るだけ魚にとって目立つ色を選定してください。

▼おすすめ


おすすめの【ワーム】

通常のワームフィッシングでは、ヒラメ、マゴチを釣る時に使うワームがおすすめです。

▼おすすめ


ワインド

ワインドの場合は、ワインド専用の『マナティー』と専用ジグヘッドの組合せがおすすめです。

▼おすすめ




まとめ

ルアーで青物を釣る場合、ショアジギング(メタルジグを使った釣り方)が代表的ではありますが、ワームでも同じ様に釣ることが可能です。特に最近流行りのワインド釣法はおすすめの釣り方です。是非、実践してみてください。

スポンサードリンク
AUSDOM
サブコンテンツ

このページの先頭へ